月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「月夜のドライブ」とオリジナル・ムーンライダーズ

<<   作成日時 : 2005/01/21 13:19   >>

トラックバック 0 / コメント 14

画像
作詞家の松本隆さんのサイト「風待茶房」がリニューアルされて、私はバカキュンのほうにひとつ、思い出話を書いたのだけれど、こっちでは、ずっと書きたかった、このBLOGのタイトルにもしている「月夜のドライブ」について、書いてみようかなと思う。思い入れが勝ちすぎて、たぶんうまくまとまらないこともわかっているのだけれど。

誰もが知っている、というわけではないけれど、哀愁を帯びた詞とメロディが心に残る名曲。作詞・作曲、山本浩美さん。「月夜のドライブ」をレコードに残しているアーティストは私の知っている限りでは(たぶんそれがすべてだと思うけれど)3組いて、ムーンライダーズと、はちみつぱいと、ムーンライダース。全部同じじゃん(笑)と言われそうだけれど、最後に書いたムーンライダースは今あるムーンライダーズとはほぼ別物で、区別するために「オリジナル・ムーンライダーズ」と呼ばれたりしている。って知らない人には何が何だかわからない以上にどうでもいいことかもしれないけれど。このややこしさが70年代的でイイ、なんて思うのは私だけかな。

オリジナル・ムーンライダーズの演奏が唯一レコードとなっているのは、「1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出」。つまりはあの、あまりにも有名な文京公会堂のはっぴいえんど解散コンサートだ。このコンサートは、はっぴいえんどの最後のステージであったと同時に、はっぴいえんどのメンバーが、それぞれの新しい航路を披露した場でもあったそう。その中、松本隆さんの手がけていたプロジェクトが、ひとつは南佳孝さん(この日の一番手として登場)のプロデュースであり、それからこのムーンライダースというバンドだった。クレジットによると、メンバーは「山本浩美、鈴木順、鈴木博文、矢野誠、松本隆」。うーん、ここで私、ばったりと倒れる。松本隆さんと、鈴木博文さんが、ごく短い時期とはいえ、ひとつのバンドにいたという嘘のような事実にね。私の青春時代にとって、この二人を超える詩人は、世界のどこにもいないから。

松本さんと博文さんのちょうど5つという年齢差は、たぶんその頃にはものすごく大きいもので、はっぴいえんどで一時代を築いた松本さんと、まだ高校を出たばかりぐらいの博文さん(既にあがたさんのバックで中津川フォークジャンボリーに出たり、「大寒町」があがたさんのアルバムに取り上げられたりはしていたけれど)の組み合わせに、私が今感じるようなインパクトが当時あったわけではないと思う。何しろ、本当に短い期間で消滅してしまったこのバンドの解散理由は、「ドラムの松本隆さんも、キーボードの矢野誠さんも忙しくなってきちゃってさ」(『火の玉ボーイとコモンマン』の博文さんの回想より)ということだったみたいだから。このバンドが自然消滅した後、「ムーンライダーズ」という名前は、そもそもの発案者だった鈴木慶一さんが、はちみつぱい後の自分のバンドに引き継いで、今も相変わらず生々しく存在してる。鈴木博文さんは慶一さんに誘われてそのムーンライダーズのメンバーになり、松本隆さんは職業作詞家としての旅に出る。

オリジナル・ムーンライダーズのナンバーって、その頃一体いくつぐらいあったんだろう?この「素晴らしき船出」に残っているのはたった2曲。松本さんと博文さんの関係に触れるなら、もうひとつの「ベイビー・カムバック」(作詞・松本隆、作曲・鈴木博文)のほうが適当なのかもしれないけれど、やっぱり印象的なのは、今もムーンライダーズによって歌い継がれている「月夜のドライブ」だ。松本隆さん、鈴木博文さん、鈴木慶一さん、そんな人たちの名前がかかわって30年以上も人の心を動かしているこの曲は、ロックのしたたかさの象徴のようにも思えるし、日本の音楽界をひっそりと照らし続けている月明かりのような気もして仕方ない。だから、私はこの歌に特別な思い入れを勝手に抱いてしまっていて、BLOGのタイトルにもさせてもらった。でも、本当は、こんなに思いの深い言葉を選ぶべきじゃなかったのかもしれない。何だか気軽な気持ちで書けなくなっちゃうから。それに、この歌の作者でありオリジナル・ムーンライダーズのボーカリストでもあった山本浩美さんは、一昨年に亡くなられてしまったそうだから、タイトル借用の断りを、天国にまで馳せ参じてしなくちゃならないという大きな宿題もある。いつになるかはわからないけれど、きちんと伝えなくちゃいけない。


…ここまで書くのに、実はものすごく時間がかかったのだけれど、やっぱり全然まとまらないね。この曲についてどんどんあふれてしまう思いに、私の筆力はついていけない。9.21文京公会堂のこととか、その後ずっとずっと時間を置いて、松本さんと博文さんの組み合わせで生まれる名曲、クミコさんの「やさしい娼婦」のこととか、書き出したら本当に止まらない。それはまた。

*「1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
お・奥が深いですねぇ〜〜。
歴史を知らない私は、何も語れませんが、
月夜のドライブというブログ名は、素敵だなと思ってました。
いろんな想いが、詰まってるんですねぇ〜〜★
貴方の文章力は大したものです。音楽雑誌に投稿できるし、
ライターになったらって思います。稼げます。きっと!?
アマチュア・アカデミー聴きました。
ブックレット読まないで、ただ聴いていたのですが、何か癒されました!?
聴きやすいですし、曲調が明るくて、気が付けば何度もリピートしてました。
森へ帰ろう〜 など歌詞に、カーネーションとかエクスペリエンスとか
出てくると carnation が、浮かんできて。。
全体聴き終わって、好きだった10ccを思い出しました。
彼らもpopで、どこかひねくれているからでしょうか??
こういう感じ、好きです。
他に聴きやすいもので、お薦めのアルバムが有れば教えて下さい!!
キンクス、first! シンプルで、格好良かったです。次に進めそうです!!
お金入ったら、ヴィレッジ・グリーン 買おうかな?
2月、カネライブ有りますね〜〜昨日、発売されましたね♪
一人靜
2005/01/23 20:01
一人靜さん、コンニチハ。
こんな、書いてる本人にとって以外殆んど意味がないのではと思われる記事まで読んでいただき、恐縮ですー。
アマチュア・アカデミー聞かれたのですね。うん、これ聞きやすいですよね、ホントに大好きなアルバムです。そしてキンクスのファーストも…。相変わらず一人靜さんもバリバリCD購入されてますねー。
2月のカーネーションはwith堂島さん、DAUGHTERですね。私も行ければいいなって思ってます。また盛り上がりましょう!
moonlightdrive
2005/01/24 09:34
こんばんは。TBがなぜかうまくいかないので、コメントにします。同じようなことを感じている方がいる、というのは不思議に楽しいものですね。確かタグが効かなかったと思うので、よかったらコピー&ペーストで見て下さい。しかし、gooとbiglobeは相性悪いのかな…
http://blog.goo.ne.jp/nakamuranaika/e/b2fa09306ac901dc45c80ec8f14deade
nakamura8cm
2005/05/31 00:09
>nakamura8cmさん
コンニチハ。そうなんです、どうもgooからココへのTBってうまくいかないようなんです。お手数おかけしちゃってすみませんでした。

遊びに行かせていただきましたが、とっても楽しいBLOGですね〜!「8cm」は、シングルCDのサイズのことだったんですねー。「月夜のドライヴ」という曲についてあれこれ考えている方が私以外にもいるなんてビックリしました、とってもうれしいです。また覗きに行かせていただきますね、どうぞよろしくお願いします。
moonlightdrive
2005/05/31 13:12
あれー、やっぱりTB入らないですね。記事によって(TBアドレス)によって違うんですかねえ…残念。
nakamura8cm
2005/11/18 22:17
ヘンですねえ、成功したりしなかったり。全然仕組みがわからない…。お手数おかけしました!(ところで↑上の会話、なんかよそよそしくっていいですねえ、今では「(湾岸)バカ」呼ばわり平気でしてる…いや、でも師匠としてちゃんと尊敬してますから!)
moonlightdrive
2005/11/18 22:35
ははは、ホントだ!硬いっすね。ところで最近の湾岸大バカっぷりが潔い記事の数々、素晴らしいというか、もう唖然です(笑)。私はまだまだ湾岸小バカくらいだなあ、と。湾岸ねーさん、リスペクト!
懐かしついでにうちの「月夜のドライヴ」記事に半年ぶりのレスしてみました。
nakamura8cm
2005/11/19 00:41
ハイハイ、半年振りのレス(笑)見に行かせていただきました。っていうか、私も忘れてたよ!いやーこんなバカっぷりでリスペクトしていただけるのなら今後も喜んで暴走いたしますが(笑)、どんどんフツウの記事から外れて行ってるような気がする…キケンだ…。
moonlightdrive
2005/11/19 00:55
偶然このブログに辿りつきました。浩美は2003年11月24日に他界しました。2人娘がおります。上の娘が彼の残したテープを形にしたいと切望してます。浩美さんは本当に幸せ者です。ずっとブログ続けて欲しいです。天国で彼は大好きだったズブロッカがぶ飲みしながら喜んでいる筈ですもの!
山本浩美元妻
2008/11/17 16:12
山本浩美さんの元奥様、なのだとしたら、こんなBLOGにコメントを残していただいたこと、ほんとうに恐縮です。ありがとうございます。2003年12月のムーンライダーズのライブで、慶一さんと博文さんが荒くれた感じのデュオでたしか「月夜のドライブ」をやったことがあって、その演奏にとても胸を衝かれたのですが、2004年になってから風の便りで山本さんの死を聞き、そうだったのか…と思ったものでした。亡くなった人もいるし、音楽をやめた人もいるし、相変わらず歌い続けている人もいる、そのすべてを含めて、「日本のロック」なんですね…。タイトルに恥じないBLOGである自信は相変わらずないのですが、もったいない言葉、ありがとうございます。どうかお元気でお過ごしください。
moonlightdrive
2008/11/17 17:35
有難うございます。ライブは、斎藤哲夫さんのライブには、たまに行ってます。浩美と最後まで関わってくれた希少な人です。又ね!
山本浩美元妻
2009/04/08 09:12
■山本浩美さんの元妻さん
また足を運んでいただきありがとうございます。
再度、ここをご覧になってくださればよいのですが…、お伝えしたいことがありまして。実は、山本浩美さんの音源の件で、山本さんの元奥様と連絡を取りたがっているレコード会社の方がいらっしゃいます。ぜひご連絡先を教えていただけないでしょうか。私のメールアドレス
moonlight_drive☆jcom.home.ne.jp
にメールをいただければ幸いです(☆を@に変えてご送信ください)。もしくは、差し支えなければ、下記あてに直接ご連絡を入れていただけないでしょうか。
ディスク・ユニオン 金野(かねの)さん 03-3511-9920
こんなコメント欄での呼びかけ、失礼かとも思いましたが、ぜひにということでしたので、どうかよろしくお願いいたします。
このBLOGへも、ぜひまた遊びに来ていただけたらうれしいです。
moonlightdrive
2009/04/09 16:31
昨日見ました!ありがとうございます。長女からメールがいくと思います。ユニオンに通じてるということは貴殿はかなりの音楽人なんですね!ちなみに私は埼玉在の長崎人であります。しかしありがとう!
山本元妻
2009/07/25 11:22
■山本さま
こんにちは。また目に留めてくださってありがとうございます。私は音楽業界とは関係のない者なのでご連絡を取り次ぐだけしかできませんが、メールを頂くか、もしくはDU金野さんに直接ご連絡入れていただければ幸いです。
moonlightdrive
2009/07/28 10:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「月夜のドライブ」とオリジナル・ムーンライダーズ 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる