月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS そして「FACTORY」追記

<<   作成日時 : 2005/05/17 09:39   >>

トラックバック 0 / コメント 4

土曜日の「FACTORY」収録で見た、ムーンライダーズ以外のモノについて、今さらだけれど個人的メモ。今後の放映を見ればわかる程度のことしか書けないと思うので、オンエアを楽しみにしている方は読み飛ばしてくださいね〜。

最初に出てきたバンド、ジムノペディとトルネード竜巻は(といきなり2バンドまとめコメントだスミマセン)、どちらも女性ボーカリストだった。サウンドはそれぞれに工夫があったりして悪くなかったのだけれど、つくづく私は女性ボーカリストのストライクゾーンが狭いのだなー、と思う…。ボーカリストには、特にロックのそれには、妖しかったり歪んでたり下品だったりしてほしい私にはちと物足らず。普通に歌のうまい人なら、全国のビッグエコーのステージに数多といるからなあ。ボーカリストも大変な時代ではある。

そうそう、最初の4バンドは私ずっと後ろのほうで見ていたのだけれど、司会も兼ねていた鈴木慶一さんが、舞台上でバンド紹介のMCしたあと会場一番後ろのPAの脇に戻りそれぞれの演奏を聞いている姿が目に入った。「きゃ〜慶一さんだー(はぁと)」とミニラブラブ光線を発しながら、司会のためもあるとはいえ後進のアーティストの演奏にも敬意を払って観賞するその姿勢に頭が下がったのだ。

次のバンドROOSTER(from UK、らしい)は、いきなりドラムの音デカいし、ボーカリストのアクションがバカバカしくもキュートなロック文脈だし、ストレートでしかも美メロでよかったなあ。ケツ見えそうなローライズのジーパン+ヘソ見えそう(っていうか見えてる)なTシャツの若い婦女子たちがキャーキャー言ってたのが印象的。いいねえ若いってな。「ドウモアリガトウ!」と外国人がニホンゴで謝辞を述べると、我々日本人は必要以上にうれしく感じるという事実も再確認。「サマーソニックで会おう!」とも言っていた(これは英語で)。

実際にはバンドとバンドのあいだに、セッティング替えとトイレへ向かう人の大移動と座りこむ人々の嘆息と、という時間があったわけだけど、この時間になるたびに、くだらないことをよくしゃべる男がそばにいたなあ。顔を見ると果たしてこのタイプだ。くだらないことをよくしゃべる男の顔って決まってる。まあ、どうでもいいことだけれど。

無戒秀徳アコースティック&エレクトリック。向井秀徳という名前は知っていたけれど「シュウトク」と読むのは初めて知ったし、ナンバーガールもザゼンボーイズも聞いたことないので、もちろん初めての向井体験。でこれが。グッときちゃった。ギターの歪んだ音に乗せてマシンガンのように放たれる言葉。私は、ラップ、という表現形態に反応する細胞をどうも持ち合わせていないとずっと思っていたのだけれど、この言葉の機銃掃射には撃たれてしまった。というか無戒秀徳アコースティック&エレクトリックのコレを、ラップと呼んでいいのかどうかも怪しくて、私の印象は「辻説法」に近かったんだけど。言いたいことが凶暴的なまでにあふれ出してきてしかたなくって、言葉を置く空間にも困るほどの衝動が選ぶ表現方法。その禍々しさに目を見張る。見当はずれかもしれないけれど、はっぴいえんどを聞くときと同じような感情が、私の中に流れた。

…と4アーティストの演奏のすえ、ムーンライダーズだったのだ〜(→前記事)。ムーンライダーズの演奏が終わったあと、男子が「あの中に入ると、坂田学、若いな」「ていうかあの中に入ったら誰でも若く見えるだろ」とかボソボソ話してたのが可笑しかった。あと、入場前に並んでるとき近くにいたやはり男子の会話で「ところで鈴木慶一って何歳なんだろう?」「…50過ぎぐらい?」「忌野清志郎とどっちが若いかなあ…?」「…うーん、微妙」というのもあったのだけど、ナ〜イス比較!調べたら同い年よー(51年生まれ)。おしゃべりでない男のこういうボソボソ会話はいいね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
告白。私、ナンバーガール聴いてました(笑)。
とりりん
2005/05/17 22:54
ええっ、ホント?って驚くのも変だけど。
またとりりんの意外な面を見た。
moonlightdrive
2005/05/18 00:35
わー、なんかmoonlightdriveさんと感想だぶってる箇所多くて
嬉しいです。
私もナンバガ好きでした。ザゼンボーイズは買ったまま封を切るタイミング
逸したままなのですが、
映画「真夜中の弥次さん喜多さん」の音楽はとてもよかったですよ。

あの夜の向井君のラップは、大昔いとうせいこうがやっていたラップを
少し連想しました。ラッパー、MAC THE SEIKOも大好きだったんです私。
眼福
2005/05/18 06:47
お〜眼福さん、
>感想だぶってる箇所多くて
ほんとですか〜、ウレシイなー。
>私もナンバガ好きでした。
そうなのですか!ナンバガが解散したときのただならぬどよめきを各所で見て、こりゃすごいバンドだったんだろうな〜とぼんやり思ってました。眼福さんも好きというのなら余計気になるなあ。
>ラッパー、MAC THE SEIKOも大好きだったんです私。
さすがサブカルの王道を行く眼福さん(笑)。そういえば私もなぜか「MESS/AGE」は持ってますよ。
moonlightdrive
2005/05/18 10:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
そして「FACTORY」追記 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる