月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「なんちゃってブルースセッション」を見に行った

<<   作成日時 : 2005/06/20 02:53   >>

トラックバック 1 / コメント 7

画像
昨夜行ってきました、「Root is One〜なんちゃってブルースセッションVol.1」at渋谷クロコダイル。青山陽一さんと、青山さんの事務所の社長である林敏明さんの主宰によるイベント。(であるとともに個人的には“とりりんと初夏のおでかけ”シリーズ第5弾。)いやもう、取り乱すほどスゴイ夜だった。ポイント多すぎてちゃんと書こうと思うと永遠に書けないのでとりあえずメモ。(…と言いながら、長くなっちまったよー。)

昨日の私はなぜか、福生→渋谷クロコダイル、というルートをたどる。なんかロックな感じでしょ。なんて、単に昨夜は子×2の預け先を、実家(福生)の私のチチにした、ってだけの話なのだが。父の日のプレゼントが子守りかよ!と自分ツッコミしつつ…。いやしかしですね、元福生市民かつ元ナイアガラーのひとりとして、福生駅から電車に乗って、あの「福生ストラット(『Niagara Moon』ね)」を叩いてる林立夫さんを見に行くなんてことが、自分の人生に訪れるとは〜〜〜。なんだかよくわかんないけど途方もなく感慨深いぜ!

というわけで着きました渋谷クロコダイル。私は初めてのクロコ。並んでいると、リハを終えてお茶だかメシだかのために(開場〜開演まで2時間あったからね)外に出てくるミュージシャンたち…高樹さん、直枝さん、中森さん、鳥羽さん、などなど。この時点でもう目まいを感じる私…。中に入ると、用意されていた席がステージからほんの3メートルぐらいの近さ。さらに気が遠くなる。そしてステージ脇の変な場所にあるトイレに行くのに、出演者用テーブルにいる青山さんの背中をすり抜けていかなくてはならない。ぶっ倒れそう、どうにかして…。その、既に失神しそうなシチュエーションの2時間を、とりりんとのバカトークで何とかやり過ごすんだけど、通路脇の席だったんでそのあいだにもひっきりなしに通るわけです、おそるべきミュージシャンズが。とりりんと「人生最接近!」のため息を連発。

店内のモニターでは、ブルースを追ったドキュメンタリー映像がずっと流れてた。で、20時になり青山さんが出てきて開演の挨拶〜。青山さん、今日は“プロフェッサー・ロングヘアー”のTシャツですぜ。って名前しか知らないが。そもそも「ブルース」と言われても、私のような洋楽オンチにピンとくるはずもなく、がしかしそんな人のための「なんちゃって」なのだよなあと勝手に解釈して楽しむ。いや実際楽しかったぁー。以下、印象に残ってるとこだけひたすら羅列。

■「進行表」
この日のイベント、3つぐらいのユニットに分かれてやるのかな?と勝手に想像していたらそうじゃなくて、曲ごとにミュージシャンがごそっと入れ替わるのだ。青山さんが進行表見ながら「えーと次は…ギターは鳥羽さんと中森さんですね、出てきてください。ドラムは…あ、そのままですね。あ、あと真城さん、コーラス入ります」とか、遠足の点呼状態。演るほうは大変そうだったけど、見てるほうはすんごいおもしろかった。

■「ギタリストが…」
昨日、ギター持ってた人、いったい何人いたんだろう。青山さん、鳥羽さん、中森さん、直枝さん、キリンジ高樹さん…。もう書くだけで鼻血出そうな人々。そのプレイをひとりひとり間近で見てしまった。クラクラ…。個人的には、生で見たことなかった(なかったんだよなあ)鳥羽さんのギターを味わえて、すっごい感動。クレイジーで重い音。

■「ドラマーが…」
ステージにはドラムセットが2つあり、ほぼ常にツインドラム状態。そのドラマーたるや…上原裕さん、林立夫さん、林敏明さん、中原由貴さん。ああ、ココナツ・バンクとティン・パン・アレイとハックルバックのドラマーをいちどきに見る機会が人生に一度でも訪れようなんて、思いもしなかったですよ…。現在、青山さんの事務所の社長である林敏明さんは、ものすごく久しぶりにドラムを叩いたそうだけれど、いやー昔取った何とかも、あのレベルになると恐ろしいものがある。そしてその歴史上の人物みたいなとんでもないドラマー相手に叩いた女性ドラマー中原由貴さん、またしてもエラすぎです。ほんと男前な叩きっぷり。カッコよかったー。

■「並びが…」
“チッチ&クック”という怪しげなユニットを組んで登場したのは加藤千晶さんと久住昌之さん。「コンニチハァ、クックデース」と怪しげな日本語で通すふたり。そしてそのときのバックが、鳥羽さん、大田さんだったんだよね。何か右から鳥羽・大田、そして久住と並んでいる図が意味もなくスゴ味があって、とりりんとひそかに大ウケ。いや右2名は元同じバンドなわけですからウケることもないんですが…。

■「直枝さん」
直枝さんは、サラッと登場して、青山さんのギターを借りて1曲、それからギター持たずに1曲、歌った。直枝さんはバッキングでの登場はなく、出番はこの2曲のみだったと思う。自分のライブじゃないからMCも少なかったし、ちょっと表情が硬い感じもあったけど、歌うとさすがの色気と迫力。そしてね、このときのバックギタリストが中森さんと、あと鳥羽さんだったんだよねー。なんだか、勝手に、すごくじーんとする。

■「高樹さん」
そういえばこの日の客席は「ブルース」な割には意外なほど女性率が高かったのだけど、それもこの人の仕業か、のキリンジ堀込高樹さん。最初バッキングで出てきたときは、ほとんど喋らなくて仕事人に徹している感じだったけど、後半自分のボーカル曲の番になると、「初め、マイケル・ジャクソンの『ビリー・ジーン』をブルースアレンジでやってみようかなとか青山さんに言ってたんですけど、今日見ていて“やらなくてよかった〜”と思いました」と、高樹節で会場を爆笑させてた。実際演ったのはスティーリー・ダンだったのですが(ゴメンナサイ曲名わからず)、いったん音鳴らし始めると、やっぱメロメロ…。青山さんとの、煽り合うようなそして会話のようなギターバトル、カッコよかったなあー。

■「長見順(fromパンチの効いたブルース)さん」
この日、私がいちばんキたの、彼女かも!っていうぐらい、とてつもなくスゴかった〜。こういう、無駄に迫力のある女性って好きだー!「パンチの効いたブルース」って、グループ名なのやらいまだにわからないのだけど、ともかくもブルースを生業としている方のようで、いや〜カッコよかった!すんげーギター弾くんだよ、ほんと。顔つきからアクションから喋り方から、一般的ではないパワーがあふれていて、よかったなあー。このときのベースが湯川トーベンさん(初めて見たよー)で、彼がまたヤンチャな小僧みたいでイカすイカす。青山さん上原ユカリさん、あと誰だったろう、とにかく音ももんのすごく腹にクる感じでスバラシ。すげーもん見た。

■「中休みのビデオ」
あーそうだ、途中30分ぐらいの休憩時間があって、モニターで流れたビデオに私ととりりん(と会場)はまたブッ飛んだ。ハックルやティンパンの映像〜〜〜。茂王子弾きまくる、細野さんもベース弾いてる、吉田美奈子さんは小坂忠さんとコーラスしてる、松任谷正隆さんも浜口茂外也さんも…そして、林敏明さんの若き日の映像もそこにあり、あとで湯川トーベンさんに「使用前・使用後みたい」とツッコまれてた。うーん休憩時間なのにビデオがスゴすぎて休憩にならねー。

■「青山さん」
いろんなミュージシャンが入れ替わり立ち替わる中、ほぼ出ずっぱりでギター弾き続けてたのが青山さん。「すいません、チューニング変えますんで」といろんなチューニングを駆使し、ボトルネックとかもバリバリ弾いてて、あーカッコよかったなー…。ギター弾いてるときの青山さんのシアワセそうな顔、鳥羽さんや中森さんや高樹さんや大田さんにチラッと視線を送るときの子どもみたいなイタズラっぽい表情、を見ると、ひたすらうっとりしてしまう…。


んがー。思いつくままに書いてたら、なんだこの記事の長さ〜、曲名のひとつもないくせに。でも、これでも全然書ききれてないんだよ、「ぼくがいちばん“なんちゃって”ですね」の神森徹也さんとか、マイペースにノッテいた、トリの佐藤博さん(この方は「Happy End Parade」ライブのときもそんな調子だった記憶)とか、全体にイロドリを与えまくってた真城めぐみさんとか、鹿島達也さんのベースとか…。

好きなミュージシャンをこれだけ見られたってだけで私はもう満足ですが、その音楽も、すっごく楽しめて自分でもうれしかった。ミュージシャンたちの、とりわけ、これだけの人数をまとめるという面倒を買って出た青山さんの、音楽への深い愛情を感じたなー。青山さん、林さん、そしてミュージシャンのみなさんにしみじみアリガトウな夜でした。終演は23時を回り、もう人影も少ない原宿を急ぎ足で歩く(何しろ福生まで帰らなければならない)私は、あまりのデキゴトの濃さにずっとコーフン気味だったのだ。


*「BLUES MASTERS VOL.6」探したらわが家にもRHINOのブルースのコンピレーションCDがあったよ。ソニー・ボーイ・ウィリアムソン、マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ、オーティス・ラッシュ、…なるほど。これからの人生でのほうがより楽しめそうだよね。ムフフ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
6/18 なんちゃってブルースセッション 原宿クロコダイル
出演:青山陽一 / 林 敏明 / 上原ユカリ裕 / 大田 譲 / 鹿島達也 / 神森徹也 / 佐藤博 / Satsuki / サントリィ坂本 / 鳥羽修 / 中島正雄 / 中森泰弘(from:Hicksville) / 中原由貴 / 長見順(from:パンチの効いたブルース) / 直枝政広 / チッチ&クック(加藤千晶&久住昌之) .. ...続きを見る
気楽にやりすぎ?
2005/06/20 21:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
えーなんと!行ってたんですね?私もですよ〜。完璧すれ違ってましたね。ご挨拶くらいしたかったですわ。
私も今レポかいてる最中なんですが、長見順さんにヤられましたねぇ。惚れました。記事出来たらTBしに来ますね。たぶん今夜中には・・・
あや
2005/06/20 14:33
あ〜、そうでしたか!っていうか、そうですよねえ!
あやさんと同時鑑賞率、サイキン高いですね〜(笑)。
でも、あのメンツだからもっとギュウギュウなのかと思ったら
ゆったりと全席指定(っていうのか…)でビックリしませんでした?
長見順さん、無茶苦茶キましたよねえ。青山さんがすんごく楽しそうに
彼女を眺めてる(もちろんギター弾きながらですが)のも印象的だったなー。
あやさんの記事楽しみにしてまーす♪
moonlightdrive
2005/06/20 15:26
よっ!楽しみにしてましたよ〜。って言うか読んでて涙滲んできた。
行かなかったんだ行かなかったんだ…って責めますよ〜。
青山さんはもちろんのこと林立夫さん、林敏明さん、佐藤博さん
そしてキリンジ兄がダンを演ったんだ!!私見てたら泡吹くかも知れん。
そして休憩時間のその映像〜。あぁもうダメだ腹痛くなってきました…
直枝さんのバックに鳥羽さんかぁ、それは確かにジーンと来ますねぇ。
あぁぁもの凄い贅沢ですね。次回は仮病使ってでも行きます。
それにしてもmoonlightdriveさん福生の出身なんですか!かっこ良すぎる〜
yoiko
2005/06/20 19:22
私も行きました〜〜★
贅沢なメンツで、感激しました。長見さんの女性ブルースシンガーには、ヤラレマシタネ♪あれだけ、女性で格好良く、ギター弾かれちゃうと何も言えません。彼女の人生もブルースそのものの様で。。
青山さんの演奏する姿は、お初です。細身で、あの淡々とした話し振りに
、ファンになってしまいそうです。。ずっと出ずっぱりなのに疲れも見せず楽しそうに、みんなとセッションする姿に、ほんとにブルースが好きなんだなぁ〜〜と思いました。キリンジ兄の高樹さんもお初でしたが、とぼけたmcに笑い、ギター上手かったですね。直枝さんをかなり至近距離で、座りながら、ゆったり見られた事は、嬉しかったですが、何か固かったですよね。笑顔もなかったし。少し気になりましたけど、大田さんが側を歩いていたり、鳥羽さんのギターが聴けた事は、収穫です。。大御所ばかりで、クラクラきました。3曲位しか分からなかったけれどブルースの乗りは、激しくなく丁度良く心地良かったです。。良いもの見せて聴かせてもらいました★☆
一人靜
2005/06/20 23:02
>yoikoさん
あ〜そうなんですよ!もう見てるあいだ中「yoikoさんがこれ見たら卒倒するだろうなー。見て欲しいいいー。」とせつなくもなってました。ほんとyoikoさんの悶えポイント満載のイベントだったから。うーん、行きたいライブに行けないのって悔しいけど、社会人だと仕方ないこともある(というかその方が多い…)よね、ほんと…。青山さんは次に向け意欲満々のようだから、次の機会を狙い撃ち!ですねー。そうそう、「福生」といっても私の住んでたのはごくフツウの場所なので、全然カッコよくない(笑)。

>一人靜さん
あ〜一人靜さんもいらしてたのですね。レアなイベントでしたよねー。やっぱり客席かっさらってた長見さん!前知識がないぶん、衝撃が大きかったですねー。いやほんと私なんか名だたるミュージシャンにハフハフしてばかりで、ブルースの真髄はどこへやら…ですが(笑)。客席もステージ上の楽しさに混ぜてもらった感じで、シアワセな時間でした。
moonlightdrive
2005/06/20 23:24
ブルースの話では無いですが、
moonlight driveさん、福生出身なんですか!?
私の長年の友(腐れ縁!??)は、中神です。
私は、国分寺から西武国分寺線に乗って〜〜二つ目の所にずっと居ます。
何か多摩地区という事で、嬉しくなっちゃうんですよね。
福生は、格好良いですよね★古くから有る、いかにもamerican って感じのピザ屋さんに、行きましたよ。。ウエイトレスの制服が、レトロで、
店の照明が妙に暗かった事を覚えています。
直枝さんが行った全寮制!??の男子校も秋川らしいですね。(秋川高校!?)
一人靜
2005/06/21 22:11
一人靜さん、コンバンハ。
お友だち、中神なのですか、あははローカルだ。古いピザ屋さんてたぶんnicolaですかね、私も子どものころよく家族で食べに行きました。って書くとカッコよく聞こえるんだけど、昔はファミレスなどなかったのでやむない選択肢で(笑)。16号沿いのあの辺も、ずいぶんお店が増えて、様変わりしましたねー。
moonlightdrive
2005/06/21 23:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「なんちゃってブルースセッション」を見に行った 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる