月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「馬鹿どもの夜」

<<   作成日時 : 2005/09/01 15:40   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
ジャック達にすっかり熱を上げっぱなしの私、“ひとり夏秋さん祭り” 開催中〜。ってどんな祭りだ…。痩身ドラマー・夏秋文尚さんが叩いてるCDはやけにたくさん私の家にありますが、今日は朝からこれをリピートしまくってる。鈴木博文さんのソロアルバム『bonyari bonyari』の7曲め「馬鹿どもの夜」。これが…異常にカッコいいんだ、また!

2003年に出た博文さんのこのソロアルバムは、基本的にはほぼすべてを自分で演っている作品なのだけれど、4曲めの「くれない埠頭」(言うまでもない、ムーンライダーズの名曲のセルフカバーね)と、この「馬鹿どもの夜」だけは、バンドで録音されてる。そのバンドったらあなた、「Drums夏秋文尚、E.Guitar青山陽一、E&A.Guitar西村哲也、Keybords伊藤隆博」。ああ、もーこのクレジットだけで私ぶっ倒れちゃう…。川口さんと青木さんこそ参加していないものの、これはそのまま、こないだ書いた GREAT SKIFFLE AUTREYじゃん!夏秋さんのドラムに青山さんのギターに西村さんのギターだよ?そこに博文さんの歌がのっちゃうんだよ?(だから見りゃわかるってば…。)とにかく聴くたびガッツーンとそのカッコよさに参っちゃう曲。ハンパじゃない。

曲時間がこれまた長い、10分14秒!あなたたちはグレイトフル・デッドかっていう…。でもね、アルバム74分時代にありがちな、どうでもいいことを薄めてダラダラのばしてるだけの10分越えとは、キッパリ違います。楽器ひとつひとつが相手とわたりあう緊迫感が、並じゃないんだよ、もーほんとカッコイイ。最初はわりかしだらりーんとした感じで始まるのがまたデッド的なんだけど、それが次第にスリリングな空気を帯びてきて、しまいにはものすごい迫力モノの演奏に…もーたまんない、この感じ…!左から青山さん、右から西村さんのギターが聞こえてくるんだけど(たぶんそう)、この2人の絡み具合聴いてるだけで意識がどっか飛んじゃいそう。青山さんのギターは肌を撫でるようななまめかしくも色っぽい音色で、西村さんのギターはクレイジーにトンガった挑発するような音で、そしてそれぞれが絡み合いながら絶頂に駆け登っていくのだ…うー、どうしよう…(泣)。夏秋さんのドラムもやっぱ大好き、特別派手じゃないんだけどものすごく「イカす」音なんだもん。そして、彼のドラムの飄々とした持ち味が、バンドのゆる〜い音を許容する懐の深さにつながってるのだ。そういえばこの「馬鹿どもの夜」、一昨年の8月26日に録音されてるんだよね、確か。青山さんが日記で「40歳の誕生日を博文さんの録音で迎えた」と書いていた記憶。

この曲、博文さんの歌詞も歌も凄みがあって、息を呑む。50オトコの開き直りと覚悟は、とんでもないもんだと思うよ。下手な若者よりよっぽどヤバい。博文さんには、ずっとこのまま、やさぐれた大人でいてほしい。そういう人じゃなきゃ、こんなバンドサウンド出せないから。


しかし…私、あきれるほどいつも同じこと書いてるね…。夏秋さん、イカすー!青山さんのギター、素敵ー!西村さんのギター、シビレるー!博文さん、カッコイイー!ってね。だってほんとにそうなんだもん。これは一生治りませんねもう。恋の病。


*『bonyari bonyari』鈴木博文


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
moonlightdriveさんの、
ジャック達と夏秋さんへの熱い文章に触発されて、
久しぶりに、タイツと夏秋さんがいたGYMが収録されてるコンピ盤、
「WILD DRAW FIVE」を聞いてみたくなって、CDをガサゴソと。
2曲ずつ、タイツ、きどりっこ、GYM、ビスケットホリック、ばちかぶり
という並びで、頭の3バンドを聞いて、
15年前のCDだけど、今でもやっぱり好きだなあと再確認。
GYMは、あとCSVのカセットマガジンに1曲入ってた記憶があるんで、
これもまたガサゴソと探してみようかな、と。

fullmoon
2005/09/02 01:09
うひょーfullmoonさんの話、ホント頭殴られるようなレア具合でいつも楽しー。
「GYM」って、そういえばこないだジャック達と対バンだった
ホモサピの池亀さんもいらしたバンドなのですね?
何かすっげーな、東京アングラPOPシーン。そして今に脈々と続く、と…。
私はその辺全然知らないんですよー、今度fullmoonさんに講座開いてもらいたい!
moonlightdrive
2005/09/02 10:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「馬鹿どもの夜」 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる