月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ウォーターメロン砦」レコ発ライブにブッ倒れ記 セットリスト

<<   作成日時 : 2005/09/21 14:57   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像
『西村哲也“ウォーターメロン砦”レコ発ライブ マイルストーン・パーティ』
たぶん、こんな感じ、のセットリスト。


第1部 アコースティックセット(with 鳥羽修さん)

夕方の歌
ジェルソミーナ
コンフェッション
GOOD BYE
砂のコリン
少しだけ

第2部 エレクトリックセット(with 大田譲さん、夏秋文尚さん、伊藤隆博さん、青山陽一さん)

HEY HEY(赤い汽車に乗って)
オー!ベイビィ
キッチン・ミュージック
スノーバード
幸せな人生
牛の群になって走る
悲しみのキトュン
ストロベリー・ブルーズ
ウォーターメロン砦
エレクトリック・ラバー

encore.1
Traveling Mood (青山さんvocal)
海豚(イルカ)の歌うとき (西村さんアコギ)

encore.2
ウォーターメロン砦


ぬけモレ記憶違いはあるかもです〜。
ああ、なんてライブだったんだ…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
4つまとめて熟読しちゃった…(感涙)昨日今日ファンになった人間じゃ書けない分厚い思い満載だよ〜!これ本人さん達に読んで欲しい程(余計なお世話だけど)こんなに愛されるって音楽家冥利に尽きるじゃないか。
>「今」の彼らがやるその曲が、あのころよりさらに100倍ぐらいカッコ イイことに泣けた。ノスタルジーのみじんもない
これって実際は凄い難しいことなんだろーなぁって…今やるのが更にカッコイイって最高の褒め言葉だよね!
夏秋さんドラム祭りだったかも知れないけど(笑)実際はどこ観ても祭り状態だよね〜(笑)あぁmoonlightdriveさんいい!!これだからライブって素晴らしいってこれ読んで感動したよ。始まる前のドキドキと妄想、終わってからの満たされ感と余韻と妄想(妄想多いな・笑)私もいつか「私のバンドだった」って言えるくらい大事に音楽聴き続けたいなぁってうらやましくなっちゃった。青山さんの公式に写真も載ってたけどいい顔だよね〜!いや、しつこいけどこんなに思ってくれるファンって素晴らしいよ…あとメガネチェックありがと(笑)今度は髪型チェックもよろしく。
yoiko
2005/09/21 19:58
いやあ、ホント読まされちゃう、熱すぎる名文ですよねー。この爆走ぶりには笑うしかないっていうか(失礼!)。yoikoさんも触れているとおり、ミュージシャンとファンの理想的関係だと思います。このまま突っ走ってください!全部読みますぜ(笑)。
nakamura8cm
2005/09/21 23:42
うわーyoikoさん、書いた本人でも読み返すのがヘトヘトになるバカ長文をよくぞ読んでくださいました、アリガトー。いやほんと今は「どこを思い出しても祭り状態」で、全然落ち着かない、キモチが昂揚しっぱなし。
>始まる前のドキドキと妄想、終わってからの満たされ感と余韻と妄想
わはは、妄想だらけじゃん!ね、さすがyoikoさんとは妄想仲間(笑)。でも、こんな感情をこの年齢になってもリアルタイムで与えてくれる人たちがいるなんて、私、相当なシアワセもんだと思った。ああ、大切にしたい!ほんとに。

nakamura8cmさんも、アリガトー、読んでくれて、コメントまでくださって。ええ、このような状態を見ての感想は「笑うしかない」で正解です!いやほんと、こればっかですが、とんでもないライブだった…。nakamura8cmさんのお許しも出たので、バカ話、まだ続けますよきっと(笑)。
moonlightdrive
2005/09/22 01:30
おおおぉーこりゃ熱のこもった力作ですねぇ、スゴイ。一体なにをコメントしたらいいかわからなくなってきましたよ(笑)。とにかく僕の今年最大級に行きたかったライブ(ある意味、ハイドパークよりもハリケーンフェスティバルよりも)、なんかもう羨ましいとしか言いようがないです。僕は完全にグランドファーザーズ後追いなので、もしその場にいたらmoonlightdriveさんとはまた違った感慨があったんだろうなぁ…。嗚呼、「Traveling Mood」まぢで観たかった!それにしても、グラファンの三人の関係性って不思議ですね。こんなに自然に集まれちゃうというのが、なんか不思議。ホント仲が良いんだなぁというのも分かるし、何より音楽家として互いが互いにリスペクトしてるっていうのがしっかり伝わってくるというか。なんかもうファミリーって感じですよね、いいなぁ。
けすいけ
2005/09/22 11:46
ども、はじめまして。いつものぞかせてもらってます(^^;)読み応えのあるレポート、ありがとうございます。鳥羽さんと二人で夕方の歌とかグッバイとか少しだけとか演奏したんですね。聴きたかった〜。青山さんも日記の中で、「ギターの手元のボリュームとトーンのコントロールだけでバッキングからソロからいろんな音色のヴァリエーションを作れるようになってきていて」と昔との違いに触れていますけど、そうしたことが、moonlight driveさんに昔よりも100倍かっこよくなっていると感じさせたんだろうな〜、なんて思いました。納得です。

めんちかつ
2005/09/22 18:36
けすいけさん、
ああ〜コメントありがとです。
>僕は完全にグランドファーザーズ後追いなので、
>また違った感慨があったんだろうなぁ…。
うんうん、きっとそうだろうと思います、私は勝手に自分の中で15年前のグランドファーザーズと結び付けて感慨深がっているけれど、グラファンを知らなくても、もっと乱暴に言えば西村哲也や青山陽一という人をまったく知らなかったとしても、「ロックが好き」な人であれば、もう魂を揺さぶられたであろう、そんぐらいものすごい演奏でしたよ。
>音楽家として互いが互いにリスペクトしてるっていうのがしっかり伝わってくる
ほんとにそう。こんなミュージシャンたちの音をレコ棚に持てるシアワセ。ホント、シアワセだね、私たち!


めんちかつさん、ハジメマシテ。
こんなバカ文章を読んでくださったなんて、そしてコメントまでくださってありがとうございます。そうそう、青山さんの日記を読んで、ああそうなのかーと、また新たな感動を味わいました…。ただのlessじゃなくて「less is more」、それを飄々と音で実現している西村さんや青山さん、ホント素敵です。
moonlightdrive
2005/09/22 19:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ウォーターメロン砦」レコ発ライブにブッ倒れ記 セットリスト 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる