月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年最後のライブだ!ムーンライダーズ@渋谷AX

<<   作成日時 : 2005/12/31 16:05   >>

トラックバック 4 / コメント 11

画像昨日、今年最後のライブに行ってきました!ムーンライダーズ@SHIBUYA-AX。ぎりぎりまで、行けないかも…って状況だったのだけど、なんとか行けた。やっぱり行けてよかった、ほんとに。私にとっては、2005年を締めくくるにふさわしい、楽しさいっぱいのライブだったな。もう大みそかで感想なんか書いてる場合じゃないんだけど(笑)、カンタンに。

まず、最初の「親愛なるBlack Tie族様、善良なる半魚人より」で、イキナリ悶えた…。中央のマイクで慶一さんがエレキ一本で歌い始めたんだけど、途中の「ビビって行こうぜ…」のコーラスのところで、右側のマイクにスポットライトがあたり、博文さん、良明さん、武川さんのコーラス、さらに岡田さんとかしぶちさんが加わってコーラス!きゃ〜、ロスインディオスかっていうこのアダルティな(笑)声の重なり!「ムーンライダーズのコーラスフェチ」の私、いきなり腰砕け状態…!もーこのありえないぐらい怪しいおじさん6人組、私やっぱ大好きだーーー。このコーラス、ナマで聴きたいなーとCD出たときから夢想してたんだけど、6月のレコ発ツアーではこの曲やらなかったのだ。イキナリ夢がかなってブッ倒れそう…。

で、次の「ニットキャップマン」で、各自が自分の持ち場に戻り、暗かったステージが明るくなったんだけど、そこで初めて私は、右側だけじゃなく左側にもドラムセットがあるのに気付いたのだ!ええっ!?(他のお客さんは最初からわかってたのかも。)うわ〜!右に矢部っち!左にかしぶっちー!ですよ!!ぎゃーーーーー、どうすりゃいいのよ、このツインドラム!予想もしてなかったので、マジブッ倒れそうに。うへーーーカッコイイイイイイ!!!!だって、かしぶちさんと矢部さんだよ? ドラムもカッコイイが見た目も女泣かせ(笑)。ヘルプがあったということは、やっぱり100%本調子ではなかったのかもしれないけど、もーそんなこと全然かまわない!かしぶちさんがドラム叩いてる姿見て、ほんと泣けてきた。これだよね、これがなくちゃ、やっぱムーンライダーズではないんだー、ああかしぶちさん、ウェルカムバック!

サポートミュージシャンに、フルートの国良静治さんとサックスの矢口博康さんという豪華さ!ドラムの矢部さんを含めて、3人ともムーンライダーズの音を、メンバーと同じぐらい知り尽くしてる人ばかり、ほんと贅沢なイイ音出してた。国良さんのフルート入ったライダーズって、すごく好きだー、めちゃアシッド風味濃くなって。矢口さんのサックスはもう今さら言うまでもないぐらいイカシてるし。(それにしても矢口さんって、いつ見ても全然年とらないなー。)矢部っちのドラムもマイッたよ。かしぶちさんがキーボードに回って矢部さんが全面的に叩いてた曲も多かったけど、このムーンライダーズっていうバンドの一筋縄じゃいかない音のカタマリを、力強く見事に引っ張ってたものね。

「Beep Beep Be オーライ」が飛び出して、もー大好きな曲なんでまた泣きそうだったんだけど、このドラムもカッコよかった。この時代の曲ってレコードではわりと繊細な印象があるけど、今日のバージョンはツインドラムの激重たいラウドなロック!でしたよ。めちゃカッコええーーー。

それから、かしぶちさんがアコギ弾きつつ「さすらう青春」。これこそリベンジ!だよね。今年の5〜6月のツアーでは、かしぶちさんのこの曲を、かしぶちさんの回復を祈るように、5人でボーカル回してたなーなんて思い返して、グッとくる。いつもお互いに対して素っ気ない感じのバンドだけど、こういうとこ、実はスッゴイ人間味があってね。本人たち、照れ屋だからそんなことゼッタイ表に出さないけどさ。そういうとこがまた大好きだよ。引き続きかしぶちボーカルの「砂丘」も、じーんとした。

この日は、6人ともまんべんなくボーカルとってて、それもひとつの趣向だったのかな。ライダーズの底知れなさというかとんでもなさというか(笑)、が堪能できたよ。かしぶちボーカルの「砂丘」、武川さんの「A FROZEN GIRL,A BOY IN LOVE」、良明さんボーカルの「夢ギドラ85'」…。岡田さんボーカルの「週末の恋人」は、会場内どよめいてたね、たぶんステージではスッゴイ久しぶりだったんだと思う。岡田さん、声ステキなんだからもっと歌えばいいのにね。

そして。個人的にこの日いちばんきちゃったのは…「僕は負けそうだ」。イントロが始まった途端、クラッとした。博文さんの曲。大好きな大好きな歌。『Bizarre Music For You』(96年)に入ってるこの曲は、でも最近のライブでやることは(私の知っている限りでは)なくて、この曲をナマで聴くのが、私の勝手な悲願だったんだ。だから、うれしかった。手帳にも書きとめてある、大好きな言葉たち。それが、博文さんの声で、放たれる。「そんなに近寄るな きみにはかなわない 花のようなにおいがして 僕は負けそうだ」…こんな言葉遣いをする人、他に知らないよ。

「夢ギドラ85'」の最後のインプロビゼーションは、相変わらず凄まじかったな…。「今」のムーンライダーズの空恐ろしさを、まざまざと感じる。今回は、ここに、各パートのソロが盛り込まれてて、もーブッ倒れた。博文さんのベース!うなりまくってた!超カッコよかったよー。あとね、矢部×かしぶちのドラムソロ!もー、きゃーーーと叫んだきり、どうしようもなかった!ほんと、最高におっそろしい「夢ギドラ」だった。バンドの出す音が、あんな場所まで駆けのぼれることが信じられない…。

「酔いどれダンスミュージック」が、また素晴らしかった。このバンドはさ、30年前の曲をやっても、絶対「今」の音にしかならないんだよね。常に現在進行形で「そのときの音」を出し続けてる。ムーンライダーズってバンドにとって、同じ音なんて、たぶん一回もないんじゃないかな。30年ただ「続けてる」ことが、彼らのすごいところなのでは、全然ない。どんなに認められた音でもどんなに賞賛された方法論でも、さっさと脱ぎ捨てちゃうその潔さが、マジ尋常じゃないんだ。30年間、泥まみれになりながら転がり続ける覚悟なんて、普通持てないよ。

「ダイナマイトとクールガイ」も、初めてカッコイイと思ったかも(笑)。デカイ音の矢部ドラムがきいてたなー。ここ最近のムーンライダーズ、特にライブではおそろしくストレートにロック度増しててさ。50代のおじさん集団のくせして、その辺の若者じゃ出せないような図太い音を鳴らしてる。カッコよすぎ。「ヤッホーヤッホーナンマイダ」も、けったいでバカバカしくてどこまでもライダーズらしくて。

アンコールの「冷えたビールがないなんて」はお腹痛くなるほど笑ったー。矢部ドラムと博文さんのベースを従えて、左から、ギターを持ったかしぶち、武川、慶一、岡田、良明が並ぶ図のスゴさ!ギター5人ってどんなバンドだよ(笑)!ほんと、この自分勝手でワガママなおやじたちに付き合わされる矢部っちは大変だと思った(笑)。でもみんなすげー楽しそう。矢部さんも世話のしがいがあっただろう(笑)。

大ラスはこれまたどことなくラウドで太い印象の「大寒町」。カッコよかった。そういや私、今年最初のライブは、やっぱりこのAXでThe SUZUKIの「大寒町」を聴いたんだったけな。今回のライブ、『P.W Babies Paperback』寄りになるのかなと思っていたけれど、この日はこの日だけのスペシャルイシューだったね。懐の深いバンドだなあ。表現の壮烈さでは、やっぱりレコ発ツアーだった5〜6月のライブの方が上だと私は感じたけど、この日のは、それとは別にスッゴク楽しかった。何より、6人のムーンライダーズだったしね。来年は30周年。告知ですでに、すごいことになってそうだった…。どうなる、来年の私!?

(ライブの話、他にもいろいろ書きたいことまだまだあるんだけど、それはまた。とりあえずこれにて。)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[moonriders・live]ムーンライダーズ・ライブ!!
リュウケンドーのフィギュアを秘かに連れて行きました(笑)。 ■ムーンライダーズ■ The Last Gig〜Six Man Band 2005 @SHIBUYA-AX よかったーーーーーもうもう、私は大満足!!!バンドのメンバー間の和やかな信頼感とニコニコ見守る客席の雰囲気。それら全部をひっくるめた幸せな幸せな大きな、なんだろう、大きな、うーん、そうだ、巨大な暖かいふとんにくるまれたような幸せを感じていますよ、今。(なんだ、この表現・笑) アダルティ〜な前半と、アホだらアホだら〜な脱... ...続きを見る
サブカル思い出し日記1980-2005
2005/12/31 19:48
[Music]MOONRIDERS The Last Gig 〜 Six Man Band 2005...
スタンディングで見るのは久しぶりざんす。あまり背が高くないので、こりゃなんも見えないかなと思ってたけど、モニタが見やすかったので逆に良かったかも。番長よりの立見席の後ろ〜のほうに居ました。ちょっと押しで始まって、1曲目はなんと慶一兄がギター1本に5人がコーラスという編成(!!)で、『親愛なるblack Tie族様、善良なる半魚人より』。しかも1回始めたのに、「タイム!」との声で仕切りなおし。ピック挟んだまんま弾き始めちゃったらしい(苦笑)。つか、5人が1本のマイクに集まってのコーラスかっこよかっ... ...続きを見る
TP:Junk Diary
2006/01/02 07:47
The Last Gig 〜 Six Man Band 2005
 行ってきました。今年最後のムーンライダーズin渋谷AX。開演時間は17時、早っ!僕は今日ようやく仕事納めだったのですが、それも早めに切り上げさせてもらっての参戦になりました。 ...続きを見る
KELOG - blog the fro...
2006/01/03 23:32
12/30 ムーンライダーズ SHIBUYA-AX
年末年始でバタバタしているうちに、やっぱりこんなに時間が経っちゃった。 2005年、去年最後のライブは実はムーンライダーズでしたのだ! 実はあまりに年の瀬過ぎて、どうしようかと思っていたのだけれど、前回見たときはかしぶちさんがお休みだったし、6人がなかなか揃わな.. ...続きを見る
気楽にやりすぎ?
2006/01/07 20:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
うわーい。大晦日にブクオフにCD買いに行って騒いでる私も私だけど、ねーさん、熱い〜っ!(笑)最高だよ。大晦日なのにこんなにキラキラしてるなんて最高だよー。今年も最後の最後までたっぷりと楽しませてもらいました。どうもありがとー。そして来年もまたこんなアタクシですがどうぞよろしくお願い致します。

2005/12/31 21:39
祥さん、ども〜。何で私たち大みそかのこんな時間に会話してんだ?(笑)いやこれを「キラキラしてる」と言ってくれるなんて祥さんぐらいで、普通の人は困った奥さんだと思っているでしょう(苦笑)。たっぷり楽しませてもらったのはこちらのほう、ほんとに祥さんおよびグレノスにはお世話になった〜。来年も、いやがられようとお世話になるんで!ヨロシクね。
moonlightdrive
2005/12/31 22:52
「カンタンに」という割には相変わらず激しいっすね。チラッとだけでしたがお会いできて幸いでした。あやさんにも初めてお会いできました。ふたりともblogでは暴走主婦なのに、ルックス的には常識人なんですね〜。4月にはいろいろイベントがあるみたいだから、その時はまた盛り上がりましょう!今年もよろしく。
ぜん
URL
2006/01/01 07:41
やはりいらしてましたか。
今年も熱いレポ期待しております★
kanirula
2006/01/01 14:24
>ぜんさん
締めくくりにお会いできてよかったっす。今年も、壊れたりブッ倒れたり崩れ落ちたりする私を温かい目で見守ってね〜。

>kanirulaさん
コメントありがとうです!2005年もすごかったけど、今年はさらにすごいことになりそうですね、ライダーズ周辺。私もゼイゼイ言いながら何とかついてければいいのですが…(笑)。今年もどうぞよろしくー。
moonlightdrive
2006/01/02 04:02
あけましておめでとうございます。去年はホントにお世話になりました。
たくさんの素敵な音楽を紹介してくれてありがとう。
しっかしこの日はビックリだったよね。終演後、ロビーできゃあきゃあ抱き合う私たち、おかしすぎる・・・。それにしてもmoonlightdriveさんとは12/10に初めて会ったのにもう4度も会ってるんだよね(笑) ホント、お互い何やってんだか。今年もこんな感じで(どんな感じだ)よろしくです。

>ぜんさん
先日は私もお会いできてうれしかったです。わはは、暴走主婦! なんか光栄ですわ〜。気に入っちゃった(笑) 今年もお会いすることがあると思いますが(まずは4月?)、よろしくお願いしますー。
あや
2006/01/02 11:12
あやさん、あけましておめでとー。
うふふ、終演後ロビーで「矢部さんがーーーっっっ!!」と言ったきり言葉を失ってただ抱き合うふたり。いやホント私が驚いた以上に、あやさんどこかでブッ倒れてんじゃないかといきなり心配になったもの(笑)。そーそー、初めて会ったのが12月のカーネーションだったのに、それから激しく会うこと会うこと。(タワレコでまで…笑)今年もいろいろと、キャーキャー言い合えたらウレシイです。
moonlightdrive
2006/01/02 22:50
あけましておめでとうございます♪
30日は会場のどこかでご一緒していたんですね〜。ブログで繋がった色々な方々が、そういう形でひっそりと集っているなんて、なんだか不思議な感覚です(笑)今後ライブに行くときはキョロキョロと客席にも視線を送っちゃいそう。はは。
僕の位置からはステージ右側がまったく見えず、最初のコーラス隊はその音のみで楽しみました。それでも、ムーンライダーズらしいコーラスに腰が抜けそうでしたけどね。「Beep Beep Be オーライ」はのけぞるほどカッコ良かったです♪ライブだと最近はジャムバンドっぽい方向に向かってるみたいですが、これにはツインドラムがハマりますね。これには感動したなー。
moonlightdriveさんの記事でまたライヴ観た感覚が甦ってきたなー。忙しい中のレポ、ご苦労様です。
石ばし
URL
2006/01/03 23:31
石ばしさん、あけましておめでとです!
ね、ネット上で知り合った人々がリアルで同じ場所にいたかと思うと面白いですよねー。「Beep Beep Be オーライ」のツインドラムはホント、メチャカッコよかったー!名曲を今の音として響かせるライダーズ、最高!石ばしさん、貴重な若いライダーズファン(笑)として、またその他の音楽でも、今年もいろいろなお話につきあってくださいませ〜。ヨロシクです。
moonlightdrive
2006/01/04 10:17
うわー目の毒だ(笑)!ちょっとちょっと、レア曲ばっかじゃないですか!A FROZEN GIRL?僕は負けそうだ?ダイナマイトと?そしてそして、週末の恋人ですって!?もう、行かなかったヒトへのイヤガラセ的な選曲だわ(笑)ああ、いっしょにどよめきたかった…
ところでしつもんですが、週末の恋人は岡田さんひとりで歌ったのですか?女声パートも?それにしても、あと20年くらいやらないんじゃないかな…かなり後悔。
あ、今年もよろしくお願いします!
nakamura8cm
2006/01/05 23:35
nakamura8cmさん、おかえりなさーい!そうなんですよ、こんなことになっちゃてたんです、30日は。「週末の恋人」はね、女声パートを武川さんが華麗に歌い上げてましたよー(たしか…)。しかし、あの演奏しにくそうなコード進行の曲をよく生でやるよねえ、さすが(笑)。そしてnakamura8cmさん、こちらこそ今年もどぞよろしくです!
moonlightdrive
2006/01/06 09:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今年最後のライブだ!ムーンライダーズ@渋谷AX 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる