月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS the pillows『MY FOOT TOUR』@Shibuya O-EASTに行ってきた!

<<   作成日時 : 2006/04/20 11:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像ピロウズ超初心者の私、昨日ライブに行ってみたりしちゃいました〜。『MY FOOT TOUR』@渋谷O-EAST。そもそも曲名とかほとんど知らないので抽象的な感想しか書いてませんが、最終日のZeppに行く人は、一応、以下ネタバレ注意です〜。

ザ・ピロウズは、結成16年を迎えたベテランといえるバンドなのだけど、私は、この1月に出たアルバム『MY FOOT』が、彼らとの初めての出合いという超初心者(記事はこの辺に)。アルバムがすっごくよかったので、ライブ見たいな〜と思ってたんだけど、ツアー最終のZepp Tokyoは気付いたときにはソールドアウト。そしたらぽっと追加公演が決まって、プレリザーブでチケット取れたので行くことに〜。O-EASTならZeppより近いしね。でも、結成して16年にもなるバンドのライブに、「初めて」行くってすげービビる。どんな雰囲気なのかも、どんな客層なのかもわかんないし…(まあ私がふだん行ってるようなライブよりはかなりファン層若いんだろうなぐらいは想像できたけど)。というわけで、ほんのちょっぴりのロックンロールを心に、渋谷に向かう。たどり着いたのは開演ギリギリ。

nest、duoは行ったことあったけど、O-EASTは初めて。入ると、かなりデカイハコでびっくり。AXよりちょっと小さいぐらいかな。天井が高いんですごく大きく思えるのかも。すでに人はギッシリ。しかも若者たちみんな、Tシャツはもちろんキャミ1枚の子もいて、首にはタオル、腕にはリストバンド、も〜踊る気満々。マジっすか…(笑)。ま、私はおとなしく、後方にて観戦。でも、ステージ結構よく見えたよ。

客電が落ちた瞬間、「ウォーッ」って歓声が上がって、オーディエンス全体がガガッとまた前へ寄っていくんで、一瞬、私の前が2メートルぐらい空いちゃう感じ。すげー、このやる気(笑)!「Gazelle city」のリミックスversionをバックに4人が登場。ファンの歓迎ぶりがものすごく熱い、愛されてるバンドなんだな〜。オープニングが、インストナンバー「MARCH OF THE GOD」だったんだけど、めちゃカッコよかったよ!轟音ロック!

聴く曲聴く曲、あらためて、メロディがいいなあって。旋律はとってもメロディアスで甘いのに、それをあくまで荒っぽいストレートなロックで押し切ってるのが、ものすごくおもしろいバランス。アルバム『MY FOOT』の中の曲は、ほとんど演ったのかな。昨日個人的にじんときたのは、意外に、アルバムでは地味めに思えたミディアムテンポの「My girl」、そしてスローナンバー「さよならユニバース」だった。全力疾走の時間の中で、ふと、山中さわおさんのボーカリストとしての魅力が、空中にピンで留められたように印象に残ったんだよね。

それにしても、カーネーションの直枝さんとかもそうだけど、山中さわおさんも、普通にしてたらレコードジャンキーで音楽オタクな引きこもり気味の青年にしか見えないかもしれないところ、いったんギターしょってステージに立って、コード鳴らしてマイクに向かった途端、とんでもない輝きを放つよね。もう、ロックバンドのボーカリストである以外ない人。ロックをいつまでも叫ぶほかない人。

曲数は結構あったと思うんだけど、どれもすげー速い曲ばっかだから、進行があっという間(笑)!このとんでもない疾走感、そしていい意味で巧さよりも勢い優先の演奏、何かね、フシギな「原石の輝き」を感じる。そう、デビューしたてのアーティストが持ってるのなら何の不思議もない、この粗い乱反射を、もう16年もやっている平均年齢40前後のバンドが放ってることがすごいなって。尋常じゃない、ギターしょったまま何度も高いジャンプをキメる37歳のボーカリストも、あんなロックなドラムを叩き出す41歳のドラマーも。

客席の「ピロウズ」に対する熱気は、やっぱり、結成からの歴史を物語っててすごいんだけど、ここに居心地のよさ「だけ」を感じて内向きになったら、その途端、原石はたちまちショーケースに並べやすい大きさに解体されてたやすく消費されてしまう、その危うさも、このバンドを16年もやってるさわおさんはいちばんよく知っているんだろうな。だから、この後も私たちリスナーのちゃちな予想を蹴っ飛ばしながらあがき続けるのであろう彼らを、ドキドキしながら見てたいな、なんてことも思ったよ。なにしろ、ドンピシャ同世代だから、すげー気になる。この年代のロックが、その先、どこへいくのか?ってことへの答えを、他のいくつかのアーティストとともに、彼らは担ってると思うから。

「MY FOOT」のイントロは、やっぱりグッときたなあ。名曲。個人的には、さわおさんのブッキラボーなMCが妙に可笑しかったりとか、サポート(といってもほとんどメンバーのようなものだと思うけど)のベーシスト鈴木淳さんのたどたどしいMCにひそかにドキドキしたりとか(笑)、細かいポイント満載だったんだけど。その辺は、書くことがあればまた〜。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
the pillows『MY FOOT TOUR』@Shibuya O-EASTに行ってきた! 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる