月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャック達、R・O・M・A@吉祥寺MANDA-LA2

<<   作成日時 : 2007/02/27 15:23   >>

トラックバック 1 / コメント 3

画像はー。ジャック達、観てきた…。恋だ、恋。私どうかしてんのかもな…。なんど観ても飽きもせずあきれもせず愛想も尽かさず、ますます好きになるばっかだよこのバンド。曲よすぎ。演奏よすぎ。メンバーカッコよすぎ。一色さん可笑しすぎ。昨日のステージは粗くてテンション高くて勢いあって、高校生かよ!ってツッコみたくなったけど(笑)。ドラム爆音だし。何であのきゃしゃなカラダからあのドラミングが出るのか謎すぎる…。あーほんとカッコよかった。熱出ちゃって日常生活に支障ありまくりですが…。(以下、いつものことだけどムダに長いよ!)
『WILD WORLD WIDE SHOW』
2007/2/26(mon.)
@吉祥寺MANDA-LA2
ジャック達
 一色進(vo.g) 宙GGPキハラ(g) 福島ピート幹夫(b) 夏秋文尚(ds)
R・O・M・A
 村松邦男(vo.g) 安部Ohji(b.vo) 友田真吾(ds) 櫛野啓介(g.vo)

ちなみに昨日のライブ、私のチケット整理番号「1」番だったんだ!って、気合入りすぎ(笑)。そのわりには着いたのは開場ずっと過ぎてからでしたが…。

■R・O・M・A
最初の登場は噂のR・O・M・A。ちょっとね…この衝撃も大きかったんだけど、書ききれないのでものすごくサラッといきます。まずはなにより、村松邦男さんのギターーー!!!前の記事でも書いたけど、私、村松さんのソロアルバムそりゃもう大好きで高校生のとき聴き倒してたし出自がナイアガラーだから村松さんのギターは若い身空ですでにカラダに回りまくってるわけなんだけど、ナマで聴くのは初めて!もう、すごかったー。「あの音」がしてた。ポップで、甘くて、軽ーく弾いてるのに正確無比。なんだよこれ…驚愕。サイケデリックペイントのギターを凝視ですよもう。そして村松さんのあのメロディも健在。たぶん「BooDoo Child」って曲だと思うけど、聴いた瞬間うわ村松さんだ…って思ったもん。ポップな中に繊細で甘い揺らぎがある、まぎれもなく村松さんのメロディ。これを鉄壁の演奏が奏でるわけだから悪いわけないんだけど…、もっと驚愕すべきは、歌詞がくっだらないんだよ(笑)!1曲めなんかEDの歌だったし(笑)。あそこまでいいメロディといい演奏をあの詞に費やして平気なラディカルさがおそろしい(笑)。MCも一色さん以上にグダグダだし。演奏とMCの落差の激しさはジャック達以来の衝撃だったかも…。っていうか、そんな芸風のバンド2つもいてどうすんだよ(笑)。達観なのかパンクなのか、このふっ切れぶり見ちゃうとその辺の自己憐憫ロックが甘っちょろく見えるね。村松さん、3月に55歳の誕生日を迎えるんだって。こないだ観た鈴木茂さんや、鈴木慶一さんと同い年かあ…かなわないねホントこのおじさんたち。と、そんな感じのR・O・M・Aでした。ぜんぜん書ききれてないけど。

■ジャック達
(勢いづいて全曲感想になっちゃった…。よほどヒマな人以外はいちばんサイゴに飛んでくれー)

【MY BEAUTIFUL GIRL】
で、少々の休憩を挟み、お待たせジャック達!あーもうダメ、この4人が揃ってるの見ただけで心臓バクバクしちゃうんだもん、重症…。この日は2バンドでR・O・M・AのMCも長かった(笑)ってことで、進行のテンポ早かったね。一色さん「今日は時間ないので、要所要所をかいつまんでボケますんで、みなさん家に帰ってBLOGとか日記とかでツッコんでください」って、どんなボケ&ツッコミだよそれ…(笑)。1曲め、なんと「MY BEAUTIFUL GIRL」。家出てくる前に聴いてきたばっか。いきなり泣ける…。

【乙女座ダンデライオン】
もうね。この日のセットリストもすごかったよ。もうファーストの曲なんて3曲きりだもん。あとの9曲はぜんぶセカンド以降の曲。まだ出てないのに(笑)。2曲め、「乙女座ダンデライオン」。うあーこのギターのリフとドラムのパターンのカッコよさ、どうしてくれよう…。マジブッ倒れる。ほんとに一色さん、名曲生み出しすぎだよ…ありえない。

【キッチンでデート】
3曲め「キッチンでデート」。あーなんだかさー、もうなんども聞かせてもらってる曲なんだけど、そのたび演奏がちがうんだよ!いや当たりハズレがあるってことではなく(笑)。聴くたび進化してて、どこまでカッコよくなっちゃうんだろう、と。アルバム出るのあんまり遅いとアルバムの演奏をも追い越しちゃうんじゃないかって心配になるんだけど。この曲の間奏も、ほんとヤラレる。この演奏を求める、楽曲の志の高さがすばらしい。

【スーパーソニックトースター】
「スーパーソニックトースター」。もう、この曲のとんでもないカッコよさ、毎度クラクラする。シツコイぐらい書いてるけど、こんな曲書けるの日本に一色進ひとりだけだろうし(イギリスにはもう何人かいそうだけど…)、この曲をこんなにセンスよく演奏できるバンド、日本でジャック達だけだろうなあ。そろそろ日本でもこんな曲がヒットしちゃってもいいんじゃないの。間奏前の夏秋さんのドラムのブレイク、もう、壊れる…。ほんと、カンベンして…。

【恋はこりごり】
「恋はこりごり」、なんかものすげー威勢よくて高校生みたいだった(笑)!ギターのヨレだろうがボーカルのヨレだろうがまとめて面倒見るぜ!かっちょえーーー。

【ロッカバラッド・クロック】
そして。これが凄かった…「ロッカバラッド・クロック」。この日、いちばん驚いたかも。終演後、あやさんと「あの曲、あんなにすごかったっけ?」ってタメイキついちゃったもん…。なに、あの間奏の壮絶さ!基調は甘いロッカバラッドなのに、ふっと気を許した隙に、おっそろしい演奏になりやがる…。ほんとこのバンド野放しにしておくと危険だ…。

【easy to fall】
こないだのクリスマス・イヴ・ライブでもやってくれた「easy to fall」。キハラさんのスライド、ファンキーでいい音〜。そういえば、一色さんとキハラさんのギタリスト2人は「セカンドの録音、このテレキャス(一色)とストラト(キハラ)、2本だけで済ませましたから。…他のギター持ってないのかよ!」って話がおかしかった。いまどき高校生だっていいギター3本くらい器用に使い分けてそうだよね(笑)。いいなあジャック達のギタリスト。

【オンボロ】
間髪入れず「オンボロ」。夏秋さんのバスドラ、カッコイイー。ギタリスト2人のユニゾンのリフ、ちょっとヨレるのがステキー(笑)。そして…このやわらかいメロディを裏切るかのような、嵐のごとき間奏…どうすりゃいいのよ、もうーーー!あーほんと、生きててよかったと思う、これ聴くと…。ジャック達の演奏があれば、生きていくのに他には何ひとついらないなー。(←ちょっと言い過ぎ、でもかなりホント。)

【ジャンパー】
初めて聴くナンバー、「ジャンパー」って言ってたかな。セカンドに入る曲ではなくて、ジャック達でやるのは初めてって言ってたから、過去作品なのかも。なんかね、66年あたりにブリティッシュ・インヴェイジョンの波間で7位あたりまでいっちゃった一発屋のヒットチューンみたいな曲(ホメてるよ)。サビとリフのメロディは有名なんだけどこのバンド誰だっけ、みたいな(ホメてるよ)。いやーつくづく一色進って人は天才だな…。

【水溜りギャラリー】
この先が…まさか、この2曲を続けてやるとは思わなかった…。おかげで瀕死の状態に陥った…。まず、前回のイヴ・ライブでブッとんだ新曲「水溜りギャラリー」。イントロはこないだのほうがちょっぴりよかったような気がしつつも(笑)、ああ、やっぱりたまらなくうつくしい曲だ…。ちょっとジャック達のキャラには名曲すぎるんじゃないのって思うぐらい。「スーパーソニックトースター」があって、この曲がある。それだけで、ジャック達ってバンドのおそろしいほどのポテンシャルが十分すぎるくらいわかるな…。

【キャンセル】
さらにたたみかけるように「キャンセル」。この大作2曲を続けてやる体力がジャック達にあるとは…(笑)。やーもうB級どころか超本格派ロックバンドだよ、MCもなしでこの2曲つなげられた暁には。ほんと息するの忘れそうなぐらいのテンション張りつめた演奏。物も知らないのにやたら断言するのはやめようと思いつつ断言するんだけど、こんなおっそろしい演奏できるバンド、日本でもそんなにいないだろうと思う。

【アンコール】
いちどソデに引っ込んだメンバーが拍手で出てきてくれて、最後は「What's New Love Song」。私にとっての「永遠」。もう何も言うことなんてない…。あージャック達、いいバンドだなあ。すげーバンドだよ。50%ぐらいは私の妄想含みとしても、あとの50%だけでも十分、世界を震撼させると思うよ、ほんとに。

■後記
一色さんのMCもいろいろあったんだけど(シャンプーの話とか、あと爆笑の「コードギャグ」ね)、もう、この演奏の前には割愛だ!またそれは別の機会あったら書きます。セカンドアルバムの話も出たんだけど、夏秋さんがミックスしてる現段階で「あと4曲半」と…「半」ってどんな(笑)? で、一色さんの歌がすごくいいらしいよ! 「あのCD出たらオレライブで歌えないよ」って一色さん談(笑)。でも、アルバムが出るのはかなり先っぽくて、ちょっとへこむ…。次のライブも、今のとこ予定決まってないそうで、かなりへこむ…。でも、ここまで待ったんだからもーいくらでも待つよ、ね。出してさえくれるのなら!

なんかねー、今目の前にあるジャック達の演奏のスゴさを体験しちゃうと、現在の世界情勢における「ジャック達配分」の格差(←大げさ)がもどかしい。もう私ごときが辺境でちまちま騒いでるレベルじゃないんだもん、今のジャック達…。早くセカンドアルバム出してもらって、世界中でジャック達をシェアしようぜ!



*セットリスト(たぶん、だいたい、おおまかに)

MY BEAUTIFUL GIRL
乙女座ダンデライオン
キッチンでデート
スーパーソニックトースター
恋はこりごり
ロッカバラッド・クロック
easy to fall
オンボロ
ジャンパー
水溜りギャラリー
キャンセル

(encore)
What's New Love Song



あと、ヒトリゴト…ライブ始まる前だけど、ぜんぜん別なことで、弾丸撃ちこまれた…。かなりグラつくタイプの。重症っぽい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2/26 WILD WORLD WIDE SHOW 吉祥寺
ジャック達 一色進(vo.g) 宙GGPキハラ(g) 福島ピート幹夫(b) 夏秋文尚(ds) R・O・M・A 村松邦男(vo.g) 安部Ohji(b.vo) 友田真吾(ds) 櫛野啓介(g.vo) 2ヶ月ぶりのデート、ジャック達行ってきたー。あああー今回もよかったよう。もう、堪能堪能。ニューベリーのあの近さ.. ...続きを見る
気楽にやりすぎ?
2007/03/03 03:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう、一色さんのMCで「うちのバンドは花粉症の人、いますか?」(誰も手挙げず)「おー、花粉症率ゼロ%!な〜んだ、ヒトゴトじゃん!せいぜい苦しめよー(笑)」ってのもおかしかった。あージャック達のライブ、ほんとスゴイなー(MCじゃなく演奏)。次のライブなるべく早くやってほしいな…切に望む。
(この記事、コメントの受付設定まちがえてた…。もしコメントくれようとトライしてくださってた人がいらしたら、スミマセン…!)
moonlightdrive
2007/02/28 05:16
トライしたトライした! だからってこんな朝イチで再トライするこたないのだが。
そうそうー、私も興奮冷めやんでないよー。特に本編最後2曲が泣きそうにやばかったね。あと思い出したんだけど、「ジャンパー」はスリーベリージャムのときに演った曲だった。新曲新曲。このままジャック達の曲になるのかな? アルバムの話は・・・ショックだったけどね、待つしかないね。きっとすぐ 3rd が出るだろうし(笑)
あや
2007/02/28 08:21
あ〜あやさん、ゴメン、やっぱそうだったか。再コメントありがとー!
そっかー、「ジャンパー」は一色さんソロのときの新曲なんだ。ということは、こないだのライブは1stから3曲、2ndから7曲、3rdから2曲、やったってことになるのか?って、まだ出てねーよ(笑)。あーほんと、「水溜りギャラリー」「キャンセル」この2曲を続けてやるなんて反則ワザもいいとこだったよね…。両方とも名曲すぎて、ジャック達ってバンドのキャラを誤解しそうになる(笑)。ほんとヤバい、あの曲、あの演奏は。あー早くアルバム聴きたいよー!!!!
moonlightdrive
2007/02/28 08:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジャック達、R・O・M・A@吉祥寺MANDA-LA2  月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる