月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャック達@新宿ニューベリー

<<   作成日時 : 2007/05/15 03:06   >>

トラックバック 1 / コメント 10

画像ジャック達、ってバンドに関して冷静な文章なんか書けないこともわかっていながら、つとめてフラットにものを言おうと思うんだけど…、マジすげーよこのバンド…。一色進という人が書く、日本人には(というかたぶん世界的に見ても)たぐい稀なセンスの楽曲と、その曲が目指す高みを、さらに想像を超えたとんでもない演奏でカタチにしていくバンド。一色進のメロディはこんなバンドに出合えてつくづくシアワセだと思うし、このミュージシャンたちのこれほどのセンスと力量を勢いよく引き出せるのも、一色進の曲あってのこと、と思う。奇跡的。昨日のライブほんと凄すぎて、バラバラになりそうだった…。一夜たった今もね。
NEWBURY Presents 2007
ALCOHOILIDAY SHOW TIME Vol19
2007/5/13(日)
出演:「ジャック達」 一色 進/宙GGPキハラ/福島ピート幹夫/夏秋文尚

(※いつものことだけど、以下、ひたすら長いだけで何かの役に立ったりはしないラブレター兼個人用メモです〜)

昨年3月の初ワンマン、12月のクリスマス・イヴライブ、に続き、ジャック達3度めのニューベリー。よく、スピーカーや楽器って鳴らすほど音が良くなっていくって言うけど、ライブハウスにもそれって当てはまったりするのかな。そう思うぐらい、とんでもなくイイ音が鳴ってたよ、昨日のニューベリー。また昨日のジャック達のマッシヴな音ったらちょっと呆然とするぐらいだった。重くラウドにドライヴしていく轟音の塊!よけきれなくて危ねー!終演後あやさんと「ニューベリーでのジャック達の演奏、回を重ねるごとにぜったい音デカくなってるよね?」と確認しあったぐらい(笑)。たぶんぜったいそう。こんなハコであんな音ぶっ放すなんて信じ難い。

■第一部
1曲め、何をやるのかなと思っていたら、夏秋さんのカウントが入って「乙女座ダンディライオン」。うわ、のっけからコレやっちゃうとは、出し惜しみしないにもほどがあるぜーーーッ。このドラムのフレーズのカッコよさったらほんと尋常じゃない、しかもこの距離でそれを浴びたら瀕死ですよもう…。そして、一色さんのMCにかぶってくる夏秋さんのバスドラがカッコイイ「オンボロ」。嵐のような間奏に至って、また体温が上がり心臓がドキドキして止まらなくなる。ヤ・ヤバイ…巻きこまれて帰れない…。

で、たしかここで一色さんのMC…だったんだけど、「ここはさくさくっといこうか」と一色さんがひとりごとのように言うと、待ってましたとばかりに夏秋さんがさっさと次の曲のカウント取り始めて、しゃべろうとした一色さんとかち合い「あ…」(笑)。で、一色さんが夏秋さんに「『さくさく』っていうのは、(全然しゃべらないっていう意味じゃなく)ちょっとしかしゃべんない、っていう意味だから!」って(笑)。微笑みつつハイハイと頷く夏秋さん。まあだいたい基本的に夏秋さんのカウントは一色さんのMCに対して傍若無人だからね(笑)。のっけからこの調子で爆笑MC&爆笑バンド内やりとり多発。とても書ききれないけど。

次が「I KNOW,SHE KNOWS」、そして「MOTORCYCLE JUSTICE」。一色さんもMCで言っていたけど、ファーストの曲は今や“新鮮”な感じ。だってこの1年ぐらいライブでやる曲っていったらほとんどセカンドからなんだもん、まだセカンド出てないのに(笑)。考えてみりゃすげー大胆な話(笑)。ああ、「I KNOW,SHE KNOWS」の間奏のピートさんのベース、果実のようにメロウで、哀しく甘い。涙出そう…。

ここで一色さんの「今日のスペシャルゲスト〜」のMCに導かれ、一色さんの妹にしてニューベリーのママであるるり子さん、登場〜。「一色兄妹50周年」、つまり、るり子さんがつい最近50歳のお誕生日を迎えられたとのことで、記念して13(ワンサン=一色進+河合徹三の同級生フォークデュオ)のナンバーである「50才」を、るり子さんのコーラス+ジャック達の演奏のスペシャルバージョンで。13をいまだ未見の私は初めて聴く曲だったんだけど、イントロでブッ倒れる!なにこのカッコよさーーー!「50才」ってタイトルで、どうしてこの爆裂ストレートロックが出てくるのか謎すぎる…!ま、サビは「ごーじゅっさいったらごーじゅっさい♪」って、カワイイんだけど(笑)。

「ロッカバラッド・クロック」、また間奏がバージョンアップしてカッコよくなってたよ!?進化論さえ追い越していったいどこまでカッコよくなっちゃうんだろう、ジャック達のレパートリー!?そして第一部の最後「Strange Move」だったんだけど、曲前の一色さんのMC「これが終わったら休憩ってことで、オレも下のほうの処理をしたりしますんで…」って(笑)。そんなMCで曲に入るロックバンドいねーよ(笑)。しかも、爆笑してる客席にかまわず雪崩れこんでくるドラム、ギター、ベースのイントロのカッコよさったらないんだよ!MCと曲の落差、破壊的…。いろんな意味でやっべぇーよ、このバンド…。

第一部、1時間もなくてあっというまだったんだけど、もう私、音のカタマリにぶっ飛ばされて息も絶え絶えの状態。でもこの先、第二部でさらに粉々になるまでぶっ飛ばされ尽くすんだけど。よく生きて帰れたと思う…。

■第二部
だって、あの曲もこの曲も第二部なんだよ?メンバーがステージ(っていうか地続きだけど)に戻って、まずは「MY BEAUTIFUL GIRL」。この曲が最初の糸となって、ジャック達というバンドの物語が紡ぎ始められたこと(その話はココに)を思い、聴きながらまたじーんとする。

さあ、こっから先はもう問答無用のセカンドアルバム曲ちぎっては投げ!まずは「スーパーソニック・トースター」!そして「キッチンでデート」!ジャック達のブリティッシュ魂全開!!カッコエエーー。「スーパーソニック・トースター」の演奏が終わったとこで、一色さんが思わず「シビレるね〜!」とひと言放ったんだけど、この曲演ったあとっていつも一色さんこの手の台詞が出るんだよね(笑)。たぶん相当気持ちいいんだろうと思う、「スーパーソニック・トースター」演奏するの。そりゃそうだろうな、ミュージシャンにとって、こんなイカした曲をこんなイカした演奏でぶちかませるほどの快楽ってないと思うもん!さらに続けて、まだ出てないセカンド通り越して「サード用の曲」(笑)、「Easy To Fall」「ジャンパー」。前回のライブの記事にも書いたけど、この「ジャンパー」って曲もとんでもなくカッコイイなあ、Rhinoのコンピ「Nuggets」シリーズに余裕で入ってそうなナンバー。

で、ここまで演っていないあの2曲。まさかまた続けて演奏するのでは…と思ったら、ほんとにそうだった。「キャンセル」、そして「水溜り画廊(ギャラリー)」。今のジャック達の、まちがいなくツインピークス。「キャンセル」、この演奏の壮絶さは、(アルバムが出る前からこんなこと言うのも相当失礼だとは思うけど、)究極にはライブでしか体験できないものじゃないかとさえ思う。目の前の音の塊に、ほんとに意識ふっ飛ぶからね、おっかないよ…。そして「水溜り画廊」。今、私をもっともとらえて離さないジャック達は、これ。こんな名曲あるものだろうかって、初めて聴いた12月からずっと思ってる。やさしさとせつなさと、強さと情けなさと、うつくしさとどうしようもなさと。地上のすべての微笑みとため息を抱きしめてるような音。一色さんのせつなくささくれた歌とギター、やわらかな甘さがふっと壮絶な表情へとスイッチするキハラさんのギター、静かなたたずまいから抑えきれないパッションがこぼれるピートさんのベース、やさしくたしかで、どこか強情な夏秋さんのドラム。ああ、ジャック達、なんておそろしいバンドなんだろう。凄い、凄い。もう、ただ、泣けてくる。演奏終わっても、呆然としてしまって、しばらく拍手もできなかった。

■アンコール
ここまででもう私は完全に粉々になってたのだけど、アンコールの拍手に応えて、再び現れてくれた4人。「WHAT'S NEW LOVE SONG」そして「月光」を。4人の歌、ギター、ベース、ドラム、そのどれもがそれぞれに魅力的な動きをし、素晴らしい音を出す。どこを見たらいいかずっと悩みながら聴いてた。ジャック達、大好きだ…。

もうすでに120%の燃焼ぶりだったから、再度のアンコールはないと思ったんだ。でも、客席の拍手は止まらなかった。本当に、止まらなかった、というのが正しい。すると、まさかと思ったけど、ステージに出てきてくれたメンバー。「ちょっと待ってね、楽譜探すから…」と言いながら4人とも後ろ向いてガサガサとファイルをめくってたから(笑)、ほんとに予定外のアンコールだったんだろう。そして、このアンコールがまた、凄かった…。「それではみなさんに、“ジャック達に2回もアンコールなんかするもんじゃない”ってことを7〜8分かけてこんこんと教えたいと思います」という一色さんのとんでもないMC(笑)から始まった曲は、「みみずく」。昨日のこれ…私が今まで聴いてきた「みみずく」の中でも、もっとも壮絶だった…。ほんとに今のジャック達、とんでもないバンドになっちゃってるんだ。一色さんの、生傷みたいな音したギターが場を割り、キハラさんの泉のように甘いトレモロギターがそれをやわらかく受けとめ、微熱をはらんだピートさんのベースが浮かんでは沈み、夏秋さんの壊れそうなほど狂おしいドラムが、音をひたすらに孤高な場所へと牽引していく。そうやって、この曲が巡る旅の長さと果てしなさったら…!一色さんがメンバーひとりひとりの名前をコールしたクライマックス、背筋が凍りそうなほどの悲しみに満ちた音だった。そして、すべての夢がさめて熱が引くように、静まり返るラストのいとおしさ。こんな壮絶な音を出すバンド、どこにいるだろう?こんなバンドが目の前にいることを、どう考える?こんなバンドが出そうとしてるセカンドアルバムを、どうやって受けとめればいいんだろう?ジャック達、凄すぎるよ…。

■タメイキ
もう、ほんとに。バラバラです。見事に破砕された。とても元になんか戻れないよ。タメイキ、そして涙涙涙。今もまだ粉々のまま、夢の中を漂ってる。ただひと言、ジャック達、確実にまた「最高のライブ」を更新しちゃったな、ってこと。そして、ジャック達のライブを観られるって、こんなバンドと同時代にいられるって、なんて貴いことなんだろう、ってこと。

なんかね、もう私、セカンドは「楽しみ」というか、むしろ、こわいぐらい。彼らのそのアルバムが、私をとんでもない嵐に巻き込むことが確実に予感できるから。「乙女座ダンディライオン」が入ってるアルバム。「スーパーソニック・トースター」が入ってるアルバム。「キャンセル」が、「水溜り画廊」が入ってるアルバム。さあどうしよう?どうすればいい?

だって…どうなると思う…?



*セットリスト

【第一部】
乙女座ダンディライオン
オンボロ
I KNOW,SHE KNOWS
Motorcycle Justice
50才
ロッカバラッド・クロック
Strange Move

【第二部】
MY BEAUTIFUL GIRL
スーパーソニック・トースター
キッチンでデート
Easy To Fall
ジャンパー
キャンセル
水溜り画廊(ギャラリー)

【アンコール1】
WHAT'S NEW LOVE SONG
月光

【アンコール2】
みみずく



■Here are 感想ズ!
勝手に引っぱるtacarinさんの記事→http://d.hatena.ne.jp/tacarin/20070514
勝手に引っぱるすなっぷすてぃっくさんの記事→http://snapstick.blog3.fc2.com/blog-entry-910.html
勝手に引っぱるSugarさんの記事→http://pink.ap.teacup.com/sugartimes2/675.html
勝手に引っぱるJUNままさんの記事→http://sky.ap.teacup.com/junmama/962.html
(みなさま勝手にスミマセン〜)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
5/13 ジャック達 新宿ニューベリー
ああー、ほんとに最近時間がない、というか、夜起きてられなくなってしまって、書きてー書きてーと思いつつ、あっという間にまた週末が・・・。と、いつも言い訳ばっかしてる気がするな。またしてもギリギリギリギリじんじん(ごめん、ラーメンズネタ:笑)だけど、とりあえ.. ...続きを見る
気楽にやりすぎ?
2007/05/22 01:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
きゃーリンクしてくれてありがとうございます。粗末なもので恥ずかしいですが許してくださいまし。それにつけてもジャック達…。末恐ろしいことになっていますね。コノ調子でセカンドが出てぐんぐん登り詰めちゃうとメジャーデビューしちゃったりして。なんか夢じゃないような気がするんですよ。それ位良い。ワタシタチで勝手にどんどん盛り上げましょう。ジャック達を有名にしてしまいましょう!!
tacarin
2007/05/15 14:43
わ〜tacarinさん、はるばるコメントまでしにきてくださってありがとうございます!ええ、それにつけてもジャック達…、です。ほんと恐ろしいバンドになっちゃってますね。そう、私も「ジャック達をニューベリーやマン2なんて小さいハコで見られる贅沢、今のうちだけかもなー」と、かなりマジに思ってますよ…。それぐらいポップでロックでキャッチーで圧倒的な魅力にあふれてます、今のジャック達。セカンドが、広く広く世の中に鳴り渡るといいなーーーーー。
moonlightdrive
2007/05/15 16:41
月ドラでここまで言われちゃ、という気分もあって(ていうか、ここ見てなければ気付いてなかった。ありがとう!)恥ずかしながら初生ジャック。初めてなのでこのバンドのアベレージは分からないのですが、ぶっちぎりのカッコよさでしたね。なんでこんな狭いトコ(ってちょっと失礼!)でやってんの!?メンバーの皆さんとも膝が触れるほどの距離で、最初こそギョッとしましたが、すぐ慣れました(笑)夏秋さん、細いなあ…なんであんな音出せるんだろ。今さらですが、そんなことを思いました。ほんと、月ドラがなければ見に行ってなかったので、感謝です。ありがとうっ!
nakamura8cm
2007/05/15 23:43
やあやあ、またしてもスゴイ夜でしたね。私なんか熱出しましたよ(←まじ)。そうそう、音でかくてビックリしたよね。久しぶりだからかと思ったけど、やっぱりそうだよね。心臓わしづかみ。

>「キャンセル」〜(中略)〜 究極にはライブでしか体験できないものじゃないかとさえ思う。

思う思う! 曲さえまだ聴いたことがない人がたくさんいる中申し訳ないけど、私もそう思う。アルバムもすごく楽しみだけど、やっぱりもっとたくさんの人にライブを観て欲しいなぁ。
あや
2007/05/16 00:18
オハヨーゴザイマス!ジャック達の音にバラバラにされたまま家事も仕事もできないでいる廃人同様の私です…。ヤバイ…。

>nakamura8cmさん
えええーっ!?師匠、来てたのー!?やーともあれ、初生ジャックおめでとうございます(笑)。ね〜ぶっちぎりだったよねー、あのハコでジャック達は危険です、マジで。nakamura8cmさんはシネマ2回とも観てるし、タイツベストにもブッ倒れてるし、(私も行ってない)昨年末バンブルイベントの一色MCまで聞いてるし(笑)、月ドラなんかなくてもいずれ生ジャックに出合うのは必然だったでしょう!これからもぜひズブズブといきましょう(笑)。
>夏秋さん、細いなあ…なんであんな音出せるんだろ。
あははは、そこに反応(笑)!ね、それは「ジャック達七不思議」のひとつと言われてますよ。(って、あとの6つは何?)
moonlightdrive
2007/05/16 12:01
>あやさん
どもどもです!わー熱出ちゃったの〜(笑)?もう大丈夫?当日はあやさんのおかげであんな席で観れちゃって、もうタイヘンなことになってしまいました(笑)。ありがとね!ほんとにね〜、セカンド早く出てほしいのはもちろんのことだけど、たっくさんの人が生ジャック体験できるといいね。ちょっと私もこれまでリアルタイムでは体験したことないほどの「バンドサウンド」の在りようなんだよなー。ホントおっそろしいことです…。
moonlightdrive
2007/05/16 12:01
いやぁ〜、ほんとに熱い夜でしたねぇ〜
一色さんが、トークもそこそこに(?)真面目に歌ってた。
っていうか、一色さんのジャック達に賭ける想いが伝わってきたよ〜
調子もよかったみたいですしね。(^^)v
ナツアキさんも、ピートさんも、キハラさんも最高!
いいバンドだね〜ほんと(^^)
JUNまま
2007/05/16 20:27
わ〜JUNままさーん、半ば強引に(笑)コメント欄に引っ張り出しちゃってスミマセン!「一色さんのジャック達に賭ける想い」…ああ、ほんとそうだね。こんな素晴らしいバンドのバンマスでいるって、どんなにか誇らしいことだろうと思う。一色進の楽曲をこんなにセンスよく演奏できるミュージシャン、そうはいないと思うもの。それが3人も集まっちゃうなんて奇跡的。ジャック達、最高ですほんと。
moonlightdrive
2007/05/16 22:25
今ごろコメントしちゃいます(笑)。
ジャック達ショック未だに取れませんよ。
今度、昼間っからライヴ見に行く予定です。

それに拙い文章のリンク貼ってもらって感謝します。
Sugar
2007/07/18 06:22
あっ、Sugarさん、時間差攻撃どうもです!
ジャック達のライブは、ほんとにショックですよね。特に「はじめて」のときのショックは凄いから(私もそうだった)、これから「はじめて」を体験する人がちょっぴりうらやましいなー。まあ回を重ねるとまた別のおそろしい深みが待ってて、ほんと底無し沼のようなジャック達地獄(天国なのか?笑)なんですけど。

>今度、昼間っから
ふふふ、それは赤坂のことかな?いろんな意味でスゴそうですよねー、ああ、観たいなあ。でもちょっと厳しいかも…うー。行きてー。
moonlightdrive
2007/07/18 14:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジャック達@新宿ニューベリー 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる