月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS メトロファルス LIVE 2008春 @ Shibuya O-West

<<   作成日時 : 2008/04/20 18:18   >>

トラックバック 1 / コメント 14

画像ああ、メトロファルス、最高〜ッ!!ほんっとにカッコよかった…。そして西村さんのギターすごすぎ、惚れまくって戻れない…。あーできることなら来週の大阪も行きたいぐらいだよーーー。(以下、ネタバレ要素アリの感想文です。)

2008年4月18日(金)
  東京 Shibuya O-West
  OPEN 18:45/START 19:30
  前売 3,000円/当日 3,500(Drink別途)

メトロファルス
  伊藤ヨタロウ(Vocal)
  ライオン・メリィ(Keyboard)
  光永"Gun"巌(Bass)
  BOSSI(Drums)
  西村哲也(Guitar)
  川口義之(Sax,Per.)


前日から嵐のような荒天で、この日も強い雨に打たれる渋谷円山町。さすが雨男のヨタロウさん、一昨年暮れのO-Westのときもひどい雨だったものな。雨男というか、もっと激しい、嵐男という感じ。

開場して45分、ほどよく埋まってきた会場の照明が落ち、メンバー入場〜。うー、カッコイイ…。口琴のような音がずっと刻んでいたビートを、西村さんのギターのフレーズが切り裂いて始まったのは…うわ、「風来坊とアーティチョーク」だ!!!!イキナリそんな〜!メトロのナンバーの中でも超強力にロックで大好きな1曲。イントロを受けて入ってくるbossiさんのドラムは、巨大な岩の塊が猛スピードで直撃してくるようなもんで、今日もあまりにも危険。避けることなんかできず、ただふっ飛ばされる。今日のヨタロウさんは見るからにカラダのキレがよく(ここ最近ずっと芝居に出ていたせいかも)、歌いながらの妖しい仕草、独特の身のこなしがギラギラ異彩を放ってる。メリィさんは相変わらず変なカッコで不審な動き、キュートだなー。後方で淡々とベースを鳴らすGUNちゃんは、もちろん本日もモテオーラ全開、さりげないくせに不可避なカッコよさ…。バンドのおそるべき音にふっ飛ばされたまま、起き上がるまもなく「宇宙アンファンテリブル」だって!ヨタロウさんとGUNちゃんのユニゾンボーカルはこれぞメトロファルスと思う、ああすてき!bossiさんのドラムはここでも、重たい鉈が次々飛んでくるように聴き手に命中して、おっかないことこの上ない。さらには息の根止めるように「Zingaro」!「Zingaro」なんて前回は最後の最後のアンコールでやっと出た曲だったのに。西村さんのギター炸裂!カカカカッコイイイーーーー!!!!ライブ始まりからいきなりこの飛ばしっぷり。メトロファルスの芯にある、誰よりもハードで誰よりもストレートなロック魂を真っ正面からぶつけられて、3曲でもう瀕死…。

それにしてもこのバンドも、ライブのあいだ中どこ見たらいいのか私を猛烈悩ませるー。だって、ヨタロウさんのボーカルだよ、bossiさんのドラムだよ、GUNちゃんのベースだよ、メリィさんの鍵盤だよ、そして西村さんのギターに川口さんのサックスだよ!? 別々の、それぞれに複雑で奥行きが深いストーリーが6つ、ステージ上で同時進行してるようなもの。右も左も手前も奥も、ステージ中見逃せない瞬間だらけ。ほんと困る…。

中盤は、メトロファルスらしい、国籍不詳で雑多な曲たちが次々と軽やかに繰り出される。西村さんのマンドリンとメリィさんのアコーディオンが躍る狂騒の「のるかそるかPolka」、GUNちゃんの深く甘いボーカルにうっとりのソロ曲「花」、ステージ上全員足踏み行進しながらの「俺様祭り」…。告知ナシのゲストボーカルだった杵鞭麻衣(きねむちまい)さんとヨタロウさんの「君の心のSad Monkey」は、繁華街の隅っこに置き去りにされた酔っぱらいの男と女みたいで、哀しくうつくしかった。(それにしてもヨタロウさんは美女をそばにはべらせるのが得意だなー。)「LIMBO島」だったかな、珍しくイントロ後の入りが合わなくてやり直し。「ねー今の誰のせい?」って笑い合うゆるさと、その後もとい、でブチかまされる圧倒的なバンドサウンド、その落差もあまりに魅力的。「宇宙は見えるところまでしかない」「Do The Tarascon」、ああ、ほんとにメトロファルスって唯一無二の音を出すバンドだな…。日本でロックバンドといえば、まずはアメリカやイギリスで生まれた音を背骨に、個性という上モノをまとってるのだと思うけれど、メトロファルスは骨格からして他のバンドとはちがう感じ。日本が真に世界に向かって誇れるオリジナルのロックがあるとしたら、それはメトロファルスじゃないかな。国内の評価はいまだにそのことに鈍感すぎる気がするけど。

それにしても、西村さんのギターーー!もうね、メトロファルスのメンバーが4人目の前にいるだけで感無量なのに、そこで西村さんがギターを弾いているという、私にとっては桃源郷のような光景(ま、桃源郷にしちゃ地味だが)。前回もマイりまくったけど、ほんと、メトロファルスでの西村さんのギターは「最高!」のひとこと。ギタリスト西村哲也の魅力が200%炸裂しまくってて、もう惚れるなっていうほうがムり!どこまでも謙虚に「まあちょっとだけ弾かせてもらいますね」みたいな控えめな態度でいながら、こっちをバラバラにし尽くすような殺人的なギター弾くんだよ、面ラホのACKYさんじゃないけど、「ふだん、そんなクマさんのぬいぐるみみたいにしてるくせに…」となじりたくなる、もう…(ACKYさんが西村さんのソロライブにゲストで出たときそんなMCしてた)。エレクトリックギターとマンドリンとアコギを持ち替えて弾く中でも、やっぱりレスポールの音色は絶品で、まるで魂ごっそりぜんぶ抜かれたあと、彼の甘くとろけるような音で満たされて気が遠くなっちゃうような、廃人寸前のような瞬間がなんどもあったな…。もう、どうにでもして…。ほんとヤバすぎる、西村さんのギター…(泣)。

アンコールを求める拍手がかなり長く続いたあと出てきてくれたヨタロウさん、「年のせいで、アンコールで出てくるまでの時間がだんだん長くなってきてる」と笑いながら、「I don't wanna losin' U」。ヨタロウさん、やっぱり今日も歌の途中で涙ぼろぼろ流してた。そして歌の最後にひとこと「HONZIはいつも一緒にいるよ」って。私は初めてナマで聴いた「帝国狂乱」(大好きなアルバム『グッドモーニング・Mr.タリスマン』の中の曲)も、重たくてカッコよかったなー。再アンコールにも応えてくれて、「ジャージー・ロージー」、最後に「さまよえる楽隊」。

はー、なんという満足感。時間というより密度。この濃くてバラエティにとんだ楽曲を次々と鳴らすバンドの体力と技量、すっげーな。ステージ上の6人の音は、それぞれが独立国家のように他におもねることなく屹立していて、その上で結ばれるバンドサウンドは、譜面とかアレンジとか息とか気合なんていうレベルをはるかに超えて、もう、気高い思想のように聴こえる。ま、全員の前にバッチリ譜面台はあって、ヨタロウさんいわく「これロックバンドじゃねえよなぁ(笑)」なんだけど。

ああ、もう最高です、メトロファルス。大阪で来週観られる人がうらやましい。早くまた次が観たい。ヨタロウさんがみんなに「ぜひ書いてね」と言ってたアンケート用紙を、私は書いたあとなぜか失くしてしまったみたいなのだけど(運がよければアンケート箱、そうでなければゴミ箱へと旅したかな〜)、そこには「考え得るいちばん短いタームで、次のライブを!」と要望してありました。「次は秋」とのMCだったけど、秋の中でもいちばん近い秋でぜひ!

あとは、やはりなんとしても、「メトロファルスの新譜」が聴きたいなー。この時代のこの国にメトロファルスというバンドがいて、彼らの最新の音がシーンのどこかに存在してたら、そんなにゆたかなことってないと思うし、それこそが「文化」と呼べる状態だと思うから。もうさ、目くそ鼻くそみたいなバンドが何百あって資源の無駄遣いみたいなCDばっか出しててもしょうがないんだよ、メトロファルスのような誇り高い音を、切実に聴きたい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
4/18 メトロファルス @ Shibuya O-West
出演:伊藤ヨタロウ(Vocal)/ライオン・メリィ(Keyboard)/光永"Gun"巌(Bass)/BOSSI(Drums)/西村哲也(Guitar)/川口義之(Sax, Per.) かーなーり、迷った。寸前までこんなに迷ったのは珍しかったかも。けど、COUCH は来月ワンマンがあるけど、メトロファ.. ...続きを見る
気楽にやりすぎ?
2008/04/22 12:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
今回も熱くて素敵なレポートですね!
久しぶりにメリィさんのキュートさ炸裂な「ドロンコ市場ポルカ・第二弾」があり、
そしてマラスキーノ伯爵の登場にメトロって演劇だわ…とニンマリしたり。
昨日のヨタロウさんは高音がバリバリ出ていて、しかも動きまくりで
すごいわーと思わず見つめてしまいました。確か老舗の月面騎士団な
ヤングチームと同じくらいの年齢のはずなのに(笑)
カネや青山さんとメトロが対バンしてくれたら嬉しいですよね。
そういえば西村さん、「以前グランドファーザーズというバンドを〜」
と振られて照れていましたっけ。
mogu
2008/04/20 23:28
えーー!!今日メトロだったのですか?!時間がないので明日じっくり読みます!!うらやましいなぁ。大阪行きたくなりますよね!メトロやタイツって人を遠征させるバンドだと思います。see you soon!
うーこ
2008/04/21 00:24
■moguさん
ようこそです、コメントありがとうございます!ね、ヨタロウさんすごかったですよね。動きにキレがあって、ステージ狭しと跳ね回って、ほんとに少年のように見えた。ヨタロウさんどんどん若くなってるみたい!とさえ思いました。エロくて猥雑でかわいくて、ほんとすてきな歌い手さんだなー。そうですね、対バンいいなあー、カーネーションでも青山さんでもジャック達でも。とにかくもっと頻繁にメトロのライブ観たいです、あんな凄いバンドのライブが年に1〜2回じゃもったいなさすぎる。西村さんのことヨタロウさんが「以前グランドファーザーズでギターを弾いてた…」って紹介したら客席から「ああ…!」みたいな声が上がってましたねー。あの壮絶なギタープレイの真逆をいく、西村さんのMCでのシャイさは見ものだと思った(笑)。
moonlightdrive
2008/04/21 10:23
■うーこさん
そうなんですよー、“嵐の金曜日”でした!ほんと事情が許すなら大阪まで駆けつけたい…西村さんのギターも地元関西でさらに炸裂しそうだし、バンドとしてもゼッタイ2回め以降のほうがノリがいいと思うし。メトロファルス、いいバンドだなあ…ヨタロウさんとbossiさんとGUNちゃんとメリィさん…メンバーすてきすぎるー。
moonlightdrive
2008/04/21 10:24
ども〜。
私も出来れば来週(あ、もう今週だ)の大阪に行きたい!
そして最初から立って観たい!(苦笑) 踊りたい!
けど仕事が忙しく叶わず…です。
西村さんのギターがもう、本当に本当に最高でしたね!
いや、ライブ自体、最初から最後まで最高!でした。
「マラスキーノ伯爵の大快楽園」をカッコイイ!
と思ったのは初めてです←大変失礼
開店休業中、昔の焼き直しというか踏襲というか、
前のままの変わらないバンド、のままじゃなく、
格好良く進化してるんだ!と感じて嬉しかったです。
ってエラっそうですね(汗)

秋、今から本当楽しみですね〜。
なんかのライブと被らなきゃいいな〜。


yama
2008/04/21 12:34
仕事忙しくて、しばらく月ドラさんとこ来てなかったら…。
ありゃりゃ!今度はメトロですか!?
私なんて、次いつ体験できるのか全く分からないけど、
moonlightdriveさんのあまりに熱いレポにコメントせずにはいられません。
い〜な〜、い〜な〜、い〜な〜。今のメトロも見たいなあ〜。
(あまりにも思考力の無いコメントでごめんなさい)
marumi
2008/04/21 15:27
うわ、メトロファルスの話題に女子が集まってる…。みんな筋金入りでこわいなー…(笑)。やーうれしい、コメントありがとうございます!

■yamaさん
忙しいところコメントどうも!ね〜最初っからあんなブッ飛ばしナンバー3曲とはビックリしたよね。西村さんのギターは最高にもほどがあるよー。というか、並のロックギタリストじゃとてもメトロのサポートはつとまらないだろうなーと、見ていてしみじみ思った。どロックな曲からジャジーなナンバー、カンツォーネ風に行進曲風にポルカに…あれだけの幅をこなさなきゃいけないんだもんね。それに技術的なことだけじゃなく、なんというか、他のバンドとはちがう“メトロファルスだけのWay of Rock”にピンとくる人じゃなきゃダメなんだよなーと思うし。ああ、西村さんサポートのメトロが観られるなんてほんとシアワセ。メトロファルス、カッコイイなあ。秋が待ち遠しいね。
moonlightdrive
2008/04/21 23:21
■marumiさん
ご無沙汰です!仕事、ひと段落したようでよかったですねー。でもロタウイルス、大丈夫? メトロといえばmarumiさんですね〜、メリィさんを見たくて元ちとせさんのコンサートに行ったほどの人だから…(笑)。メトロ、ほんとカッコよかったです。私はmarumiさんの逆で、初めてライブを観たのがつい最近で昔の生メトロファルスを知らないけど、今の、それぞれに年齢を重ねつつますます奇々怪々なロックを展開している彼ら、凄みさえ感じてすばらしいなと思います。もうこうなったらこのまま、ジャパニーズロック界きっての怪しい集団として突っ走ってほしい!marumiさんもまた進行形のメトロに遭遇する日がありますように。っていうかきっとあるでしょう、願いは通じるから。
moonlightdrive
2008/04/21 23:21
ジャック達も青山さんも周辺ミュージシャンがメトロと結構被って
いるんですよね。歴代BM’sにはBOSSIも横川さんも玄ちゃんもいま
したし。誰かメトロの重い腰を上げさせて欲しいですよ。
mogu
2008/04/22 09:49
いやー、私は初メトロファルス!だったもので、ここ読んで観るべきものの半分も観れてないんだなぁと思いましたよ。主に西村さんに意識を奪われてたってこともあるんだけど(笑)。1曲も聴いたことない状態だったので曲名とかありがたい。これから勉強させていただきまっす〜!
それにしても西村さん、カッコよかったなぁ。あとヨタロウさんね。ちょっとクセになるかも。
初心者未満の何の役にもたたない記事ですが、TB させていただきますー。
あや
2008/04/22 12:43
■moguさん
わ〜またまた気持ちが高まる(ワタシ的に)コメント、どーもです!そうそう、そうなんですよー!今、タイツのベスト盤に入ってたファミリーツリーのコピー(いつでも取り出せるところに置いてある)を見ながら書いてますが、一色さんメリィさんGUNちゃんあたりはもうほとんど「人生ひとつ」と言っていいぐらいだもんなー。うん、青山さんとかグランドファーザーズとの縁も深すぎる。対バンライブとか、派手にやってほしいなー。でも西村さんがBLOGで「メトロの今後について話し合ったり」「これから何か面白いことが出来れば良いな」と書いてらしたので、メトロの活動いよいよ火がつくかもですねー。うう、楽しみだ!
moonlightdrive
2008/04/22 14:36
■あやさん
やーどーもどーも!ほんと、あの日あやさんに会えるとは思わず、うれしいビックリだったよ。曲名とか、うーんどうだろ、私もちょこっと怪しいので正確なところはyamaさんに聞いてみよう。ねねね、西村さんカッコよかったーーー!!!!もう、今思い出してもドキドキする…。それにしても1曲も聴いたことなくてメトロのライブに来るあやさん、勇敢だなあ(笑)。私、一昨年初めて行く前こわくて仕方なかったよ、なんかメトロファルスっておっかないイメージあって。あー、明日の大阪がうらやましいな…。
moonlightdrive
2008/04/22 14:36
メトロの時は、あまり会場でお会いできませんね。
キャプテン〜ポリドール期は、
あまりライブを見てなかったので、
「帝国狂乱」は、私も初めてでした。
その前に「今はむかし 」と、
「サカモギソング」の頭を歌いだした時の方が、
「ウオォー」って思いましたけどね。

大満足のライブでしたが、
かつてヴァイオリンで奏されていたフレーズが、
別の楽器で演奏されていると、
あらためて不在を強く感じてしまいますした。
fullmoon
2008/04/23 22:19
■fullmoonさん
こんにちはー!ほんとー、またしても会えませんでした〜、狭い会場なのにね、どうしてだろう(笑)?私は『GOOD MORNING MR.TALISMAN』がメトロとの出合いのアルバムなので、あの中の曲はウレシかったです。大好きな「One Fine Day」をいつかライブで聴けたらいいなー。
>かつてヴァイオリンで奏されていたフレーズ
そうでしょうね、そうなんだろうな…。HONZIさんのいた編成でのメトロファルスを観てきたfullmoonさんのようなファンの方たちには、その思いは強いでしょうね。もちろん演奏している側も、きっとそうなんだろうな…。
moonlightdrive
2008/04/24 09:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
メトロファルス LIVE 2008春 @ Shibuya O-West 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる