月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS esq “The Trio”Tour '08 @ 千葉 LIVE HOUSE ANGA

<<   作成日時 : 2008/08/06 12:56   >>

トラックバック 0 / コメント 12

画像土曜日に、esq(元スターダスト・レビューの三谷泰弘さんソロ)の“The Trio”ツアー千葉公演に行ってきました!三谷さんが、ベースのBARAさん、ドラムの夏秋さんと繰り広げてきた「週末ドライビング・ツアー」も、8カ所めのこの千葉でとうとうファイナル。そんなライブだけあって、やっぱり、この日の3人の演奏はいつも以上の特別な熱さと輝きに満ちているようだった。それにしても、私はたった2公演見ただけだけれど、このesq “The Trio”、心底いいバンド・いいライブツアーだった!これで終わってしまうのが寂しくてしかたないです…。(以下、感激しすぎて長文)

esq “The Trio”Tour '08
メンバー:三谷泰弘(Vo,Key)・BARA(榊原雄一)(Bass)・夏秋文尚(Dr)
千葉公演
日時:2008年8月2日(土) 開場 16:30/開演 17:30
場所:千葉・LIVE HOUSE ANGA
料金:前売:¥5,250(税込)/当日:¥5,500(税込)



■千葉へ
というわけで1カ月前の江ノ島公演に続き、「こんなとこでライブ観ることになるとは思わなかったなあ」シリーズ。またしても週末の遠路を電車に揺られ、こんどは千葉駅へ。花火大会もしくはお祭りがあるのか浴衣姿の女の子であふれる駅周辺を抜けて、会場「LIVE HOUSE ANGA」へ。

ANGAは地下一階にあって、少し縦に長いほぼ長方形のハコ。ステージ奥にはドラム台があり、スピーカーはデカく、照明はばりっとセッティングされ、ミュージシャンもちゃんと舞台ソデから出られるようになってる、しっかりしたライブハウスでした。個人的なハナシだけど、私、esqのライブではわりといつも「ドラマー・ビュー」(どんなビューだ)に恵まれていて、今回もドラムがすごくよく見える位置に座れてしまった…。おかげで夏秋さんの手元までかなり堪能、…うっとり。視界の神様(そんな神様がいればだが)、ありがと!

■前半
前回の江ノ島公演では、意外なアレンジや意外な選曲が特に印象に残ったのだけれど、この日はそれに加えて、スタンダードな曲や王道ポップなナンバーのよさがじーんと心にしみこんできた。ツアー観るのが2度めで、ライブの最初からトリオの音にスッと入れたからかな。それに何しろ、3人の演奏、この日は明らかにいつもより熱く激しかったと思う!「Ride on a bus」やスターダストレビューの「夜間飛行」「Whisky A Go-Go」あたりのナンバー、強く高く空にはじかれてキラキラしてた!このあいだはその繊細さにドキドキした「砂の上のBlues」も、この日は相当ロックな感じで。後半に至って「この曲、こんなに激しかったっけ…?」ってびっくりしちゃうぐらい。ああ、カッコよかったー…。

ふ〜。それにしても、夏秋さんのドラム、だ…。良好なドラマー・ビューを手に入れたおかげで、夏秋さんのスネア(たぶんいつものsonor)の手元がよく見えて、もう、すいこまれるようだったな…。彼の左手を見てるといつも、まるで魔法のよう、と思う。どうしてあんな動きをして、あんな信じられない音を出すんだろう。ハイハットを叩く仕草も、いちいち胸が痛くなるほどカッコよかった…。ときどき、BARAさんと夏秋さんが目を合わせてふっと笑顔になる瞬間があり、それがまた微笑ましくてこちらまでニヤニヤしてしまったり。

■カバー曲リクエスト
中盤、三谷さんのライブではいつも、観客のリクエスト曲を弾き語りで歌ってくれるコーナーがあるのだけど、ここで個人的に忘れられないデキゴトが。そう、この日カバーリクエストの1曲めに歌ってくれたのが、私がリクエスト用紙に書いた「La La Means I Love You」でした(他にも同じ曲を書いた方いたかもしれませんが)。この曲、直前にふっと思いついて用紙に書いたのだけど、「ララララ…はアイ・ラヴ・ユーってことさ」って、すごく三谷さんっぽいなあと思って、ね。三谷さんのファンへの"I Love You"は、いつも何気ないハミングやメロディでできていて、とてもさりげないけれど、いちばん深く相手の心に届く。三谷さんのそんな飾らない人柄や音楽をこそ、みんな愛してるんだよね…。なんて、そんなことを勝手に思いながらリクエストした曲だったので、実際に三谷さんの声で聴くことができてすごくうれしかった。私の身には余るようなデキゴトでした。それにしても、Delfonicsのこのソウルナンバーが、三谷さんにかかるとまったくNYのシンガーソングライターの歌のように聞こえてびっくりしちゃったな。カバー曲の醍醐味。

■メンバー紹介MC
さらに曲をはさんだあとにメンバー紹介MC。おっかしかったー。三谷さんが「今回のツアーで印象に残ったことは?」と振ったら、夏秋さんが「おもしろくなかった日は一日もないですね(笑)」って。そしていくつか目立った事件(魚屋事件やそば事件など)を語ったと思ったら、おもむろに「で、このツアーはまたやるんですかね?」と夏秋さんから三谷さんに鋭いツッコミが。観客の大拍手の中、三谷さんが笑いつつ「やりますやります」と答え「…それ、べつに楽屋で言ってもいいじゃない(笑)」すると夏秋さん「いや、ここで約束したほうがみんな聞いてるし…」って(笑)。ほんとこのツアーすばらしかったから、いつかと言わずまたすぐにでも観たい!たぶん、Trioライブを観た人すべてが同じ思いじゃないかな。

BARAさんの話は、待ってました!の夢の話。パチンコ屋にBARAさんと、なぜかパチンコなんかやりそうにない三谷さんまで並んでいたのだけど、その日入る新台がナント「フィーバー・スターダストレビュー」という台だったと(爆笑!)。しかも三谷さんがそれをフィーバーさせたから、「スタレビの曲が流れるんだろうな」とBARAさんが思ってたら、なんと流れてきたのはJ-WALKの「ジャスト・ビコーズ」だったって…(笑)!もーBARAさんの夢、おかしすぎー。でもそれに対して三谷さんが「まあ、同じようなポジションですからね〜」と身も蓋もないつぶやきを返してたのもけっこうおかしかった。

■後半
MC後はもう、ただただピークに向かって全力で駆け上がっていくような演奏。三谷さん、熱かったなー。私は、ヘッドバンギングしながらキーボードを弾いていたというスタレビ時代の三谷さんを知らないのだけど、それをほうふつとさせるような立ち上がってのプレイ!すごい!ふだんの穏やかな三谷さんとぜんぜんちがう(笑)!「R.E.A.L.」のラスト、3つの楽器の激しい応酬、ちょっと鳥肌立つようだった。さらに「太陽の下で」「Melody」のポップナンバー2連発、もう圧巻!しかもこんな激しい演奏をしながら、三谷さんの歌はますます伸びやかに、空にかかる虹のように遠くまで駆けていくんだなー…、凄すぎ!大好きな「Melody」、江ノ島で聴いたときよりもずっとずっと、演奏がはじけててロックだった!でもこのあたりではもう、Trioツアーも最後なんだな…って気持ちが(2度しか観ていないにもかかわらず)押し寄せてきて、楽しいと同時に、寂しくて寂しくて。

■アンコール
拍手で出てきてくれた三谷さん、アンコールの最初は、オリジナル曲のリクエスト弾き語り。このとき2曲めに歌ってくれた「Stardust〜微笑みとダンス」が、その場に貼りつけられて動けなくなるぐらい、すばらしかった。ピアノ弾き語りというスタイル、ましてしっとりした曲に反応しにくい私には、ほんとうに珍しいことなのだけど。三谷泰弘という歌い手の芯にある、まさに「魂」を感じる歌だった。まるで、三谷さんのもとから無数のキラキラときらめく絹糸がなびいて、そこにいる聴き手ひとりひとりと、やわらかに結び合うのが見えるようだったんだ。とてもうつくしい光景だった。

ラストはトリオの演奏に戻って「One And Only」。この3人の並び、ほんとうにラストなんだな…、となんともいえない思いに包まれながら聴く。さらに、名残惜しさにやまない拍手は、三谷さんをもういちど引っ張り出して、たぶん他の会場ではなかったダブルアンコールまで。三谷さんがキーボードで「Charming」を歌い、ステージを去って、そしてとうとうライトが消える。

■Trioツアー感想
メンバー紹介MCのときに三谷さんが「ナッチーから昨日来たメールに、『なんかさびしいですね』って書いてありました」と明かしていたのだけど、そうだね、観る人以上に、演る人のほうがもっと寂しいかもしれない。約2カ月のあいだに8カ所も一緒に回ったら、カンペキひとつの「バンド」だもんね。(BARAさんが「もうこのバンド、名前つけてオーディションでも受けちゃいましょうか」って言ってたけど。笑)

はじめてこのTrioライブのことを聞いたときは、フルバンドの演奏を3つの楽器で何とかカバーする…というような、ディフェンシヴな感じをイメージしてたのだけど、まったくそうじゃなかった。このバンド、むしろとんでもなくスケールが大きくアグレッシヴだった。三谷さんとBARAさんと夏秋さん、腕の立つ3人のミュージシャンシップと真摯なトライアルが、まったく新しいesqサウンドを生んだんだなーと思う。ナマの音が生まれて、ツアーの中で時間を経て生き物のように変化していく、そんなダイナミズムを味わわせてもらったことも、大変なシアワセだった。

このツアー用の「esq "The Trio" Tour '08ブログ」に投稿された、ファンからの大量のコメント(…ファンだけじゃなく、夏秋さんやBARAさんのコメントまである!)を読んでいても、みんながこのTrioライブに感激した様子が伝わってきて、やっぱりいいツアーだったんだなー、と思う。

私なりにがんばって2カ所に参加できて(ほんとは水戸や柏も行きたかったけどね)、よかったな。江ノ島も、千葉も、夢の中のようなフシギな感じで心に残るライブ…だった。

三谷さん、BARAさん、夏秋さん、すばらしいライブをありがとうございました!そして、灼熱を走破するドライビングツアー、ほんとうにお疲れさま。このTrioライブは、ぜったいぜったいまたやってほしいな。この3人の、やわらかな空気とダイナミックな演奏に、ふたたび出合えることを心待ちにしてます。ほんとうに楽しかった!


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜。今回も「あの時」を反芻して楽しませていただきました!ありがとうございます!ヘンな言い方ですが、moonlightさんの言葉には匂いがありますね。読むとすぐにそこに行ける・・みたいな。

ライブは回を重ねる度にどんどんすごくなっていって、いったいこのヒトたちはどこへ行っちゃうんだろう・・?って思いましたよー。また是非やってほしいなあ。

私はいつもシンガー・ビューなので、残念ながら今回はなっちーさんがほぼ見えない席だったのですが、なっちーさんの音のかっこよさに思わず何回ものぞき込んでしまいました。
三谷さんのお話で栗コーダーのCDを「TSUTAYAでも売っている。でもなっちーの家で作っている」っていうのがシツレイでツボでした(笑)
moonlightさん、9月の横浜でまた!

より
2008/08/08 21:14
■よりさん
コメントありがとです!あー、あの時間と空間の中によりさんもいらしたのですね〜。「回を重ねる度にどんどんすごくなって」…やっぱりそうですよね、私は参加2カ所だけでしたが、すごくそう感じました。約2カ月で8カ所という密度はもちろん、3人いっしょに車で回った濃い時間も、どこかで音に出てくるのかもしれないですね。

>TSUTAYAでも売っている。でもなっちーの家で作っている
ああ、そうだ、三谷さん言ってた(笑)!「でも」、って(笑)。

>9月の横浜でまた!
うはは、要検討事項ですね!よりさんおススメしてくれたんですよね、「なっちーさん抜きの三谷さんもぜひ」って(笑)。んー、三谷さんの魅力にどんどんハマりつつある私、夏秋さんよりも三谷さんがよくなっちゃったら困るしなあ(笑)。
moonlightdrive
2008/08/09 02:58
moonlightdriveさん、初めまして。
私もesqトリオライブ千葉公演に、広島から行っていました!
moonlightdriveさんはナッチーのファンなのですね!
ドラムセットの各楽器の名前とか知る事が出来て、勉強になります(*^_^*)
三谷さんを通してナッチーやBARAちゃん、演奏のスペシャリストと出会えて、本当に良かったです♪なかなか、それぞれの参加ライブには行く事が出来ませんが、
また機会があれば、ライブに行ったり、CDを買ったりもしたいと思います♪
千葉公演では、一番前テーブル席だったので、ナッチーが三谷さんに丸々隠れて、殆ど見えなかったのが残念です(T_T)
最後の盛り上がりで立った時に、ナッチーの全貌を見る事が出来ました。
ため息が出るくらい、素敵な演奏・そしてライブでした。
初めてお邪魔したのに、長々と書いてスミマセンm(__)m
また、お邪魔させて下さいねぇ。
CHIZURU
2008/08/12 17:09
■CHIZURUさん
ハジメマシテ!コメントありがとうございました、ほんとにうれしいです〜。えええ、広島から千葉まで!?それは凄いです、そういうファンの方がいること、三谷さんはじめメンバーのみなさん、アーティスト冥利に尽きるでしょうね〜…!そうそう、あの千葉のライブハウスはしっかり中央にドラム台があったので、三谷さんの真後ろに夏秋さん、という位置取りしかたぶんできなかったですよね(江ノ島のときは3人横並びだったので)。でも、最後に「ナッチーの全貌」が見られて(笑)よかったですね。私もCHIZURUさんと同じように、夏秋さんをとおして三谷さんの音楽に出合ったり、esqバンドメンバーのすばらしい演奏にふれられたこと、本当に感謝してます。いい音楽がいろんな水路でたくさんの場所に届いたら、そしてそれを受け取ってゆたかなキモチになれたら、うれしいですよね。こちらこそ、こんなコメント欄でよければ、またいつでも遊びにきてくださいね〜!
moonlightdrive
2008/08/13 03:27
リクエストのご採用、おめでとうございました。
2回は、参加されるだろうと思ってました(笑)

若かりしの三谷さんのヘッドバンキング、本当に凄かったですよ。
ファンの間では、首が取れたら持って帰ろう〜♪なんて、ジョークが入るくらいでしたから。(笑)
踊りながらの演奏とか、いつもコーフンしておりました私。(笑)

横浜行かれるのかな?(笑)
私も横浜行くことになりまして、当日はよろしく!
みなみかぜ
2008/08/13 08:37
こんにちは(*^_^*)

9月の横浜ライブに行かれるんですね♪

私も行く予定なので、もしかすると会場で、すれ違ったりするかもしれませんね!

また同じ空間でライブを楽しめるなんて、嬉しいですo(^-^)o
CHIZURU
2008/08/13 14:04
■みなみかぜさん
こんにちは!その後、体調いかがですか?ね〜、2回、参加しちゃいました(笑)。今回は東京近郊ばかりだったので、私は2回参加もなんとか可能だったけど、遠方から来られる方は大変だったし、涙をのんであきらめた方もたくさんいらっしゃるでしょうね。でもこのトリオ、すごく評判がいいから、きっともっと大規模なツアーに出る日もあるかもですよね!そのときはまた足を運べるといいなー。うふふ、三谷さんの激しい演奏、観てみたかった!平素が物静かな感じだから、相当なギャップがありますよねー。みなみかぜさんはじめ、三谷さんファンの方はみんな、そのギャップにクラッときちゃうのかな(笑)?
moonlightdrive
2008/08/13 17:02
■CHIZURUさん
またまたコメントありがとうございます!わあ、遠く大阪や広島から横浜へと、みなさん駆けつけるんですねー(驚)。横浜は、私はまだ予定にはないんです〜…!そうですね、三谷さんの完全ソロも一回観てみたいなと思うんですけどねー。バンドとか今回のトリオとか、夏秋さんがいるとついそっちばっかり注目する邪道なリスナーになってしまうので…(笑)。横浜はムリかもしれないけど、もしいつかどこかでお目にかかる機会があったら、そのときはぜひよろしくお願いします♪
moonlightdrive
2008/08/13 17:04
横浜行きました。
三谷さん、ステキでした。夏秋さん、BARAさんとご一緒に来られてましたよ。友達の目撃情報ですが。(笑)
演奏はなかったけどね。
三谷さんと、車で来られたかも。
三時間かかったそうです。連休ですからね!
ピアノもあったので、真近に見れ、指先ばかり注目してしまいました。
また見に行かれる時は、お会い出来たら幸いです。
みなみかぜ
2008/09/19 14:18
■みなみかぜさん
遠征お疲れさまでした!貴重な夏秋さん目撃情報もありがとうございます(笑)。みなみかぜさんのBLOG拝見してましたよー。神戸も横浜もステキだったようですね、いいなあ。で、三谷さん今度タツローさんのツアーなんですね!今回50カ所近くありますよね、凄い!どこかには行こうと思ってますが(チケット取れればですが…)、三谷さんのことこんなに知ってからタツローさんのライブで三谷さんを観られるの、なんだか感慨深いしうれしいです。そうそう、いずれesqライブでもみなみかぜさんにお会いできたらいいですね、その日を楽しみにしてます♪
moonlightdrive
2008/09/19 19:37
そうなんですよ〜達郎さんのツアー、かなり厳しい(チケット取るの)、行けたら行きたいなぁ〜と、思っています。
あと、ネルソンと、三谷さんのライブと…。
何だか目白押しです。
日程、早く出して〜って感じです(笑)
本当に楽しみが、増えて嬉しい限りです。
みなみかぜ
2008/09/20 13:15
■みなみかぜさん
ね、タツローさんのチケは取るの厳しいんですよね…。50カ所もあるからなんとか…とは思うけど、6年ぶりのツアー、っていうのもレアさに輪をかけてるし…ってね。ネルソンのアルバムもうすぐですね、ライブはどうなるのかなあ? んー、いろんな意味でドキドキだ(笑)。三谷さん、忙しすぎてからだ壊さないようがんばってほしいですね。
moonlightdrive
2008/09/20 15:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
esq “The Trio”Tour '08 @ 千葉 LIVE HOUSE ANGA 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる