月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 山下達郎 PERFORMANCE 2008-2009 @ 中野サンプラザ

<<   作成日時 : 2009/04/19 03:35   >>

トラックバック 0 / コメント 17

画像木曜日の夜、タツローさんのライブ行ってきました。中野サンプラザの一夜めのほう。(以下、感想というよりほとんど自分語り…。)

TATSURO YAMASHITA PERFORMANCE 2008-2009
2009/04/16 THU
中野サンプラザ
18:00 open / 18:30 start
The Band
小笠原拓海(Drums)
伊藤広規(Bass)
難波弘之(Acoustic Piano & Rhodes)
柴田俊文(Keyboards)
佐橋佳幸(Guitars)
土岐英史(Saxophone)
国分友里惠(Background Vocal)
佐々木久美(Background Vocal)
三谷泰弘(Background Vocal)

今回は12月を皮切りに全47公演(その後追加公演が増えて全50公演)、と、久しぶりの大規模なツアー。でも、チケ運的に、ファンクラブ優先で申し込める1回が足を運べる唯一のチャンスだろうと思っていたので、じゃあやっぱり中野サンプラザしかないだろう!とこの日を選んでた。私がはじめてタツローさんのコンサート見たの中野サンプラザだし(83〜84年のツアー、なんと25年前…)、当然ここで一番見てるので。やっぱり思い入れがね…。で、12月からひたすら待って、やっとこの日。

サンプラザ2日あるうちでも初日を選んだのは、2日めよりは1日めのほうがいい席が取れるんじゃないかなというあまり根拠のない予測の元にだったのだけど、チケットが届いてみたら、ちょっと目を疑うような良席が取れてて、ハイ、もう今年のチケ運はここにすべて使ったってことで了解です…。

とはいえ、じつはここ数年はタツローさんの活動をあまり追いかけていない不届きなファンだったので、それほどの思い入れはないつもりだった。わりと軽い気持ちで席に着いたつもりだった。ところが、客電が落ちてメンバー入場のイントロダクションの音楽が会場に響いたら、途端にぶわっと涙があふれちゃって。さらに、バンドメンバーの最後にタツローさんが登場して、テレキャスかついで鳴らしたあのイントロで、もう涙がボロボロ止まんなくなっちゃった。もう、なんだよこれ!

タツローさんがいなかったら、タツローさんのこの音がなかったら、私は今の私じゃないだろうな。私がいまだにこんなに音楽を好きで好きでしょうがない大人でいるのは、あのとき、タツローさんがこの場所に連れてきてくれたから。10代半ばだった私にとって、大滝さんが扉で、タツローさんがその先へと私を連れ出したピーターパンだった。タツローさんがいなかったら、今の私はここにいない。

彼に導かれて音楽をディープに聴き始め、この中野サンプラザではじめて彼のナマの音に度肝を抜かれた高校生が、あのときと同じ音をこうして同じ場所で聴いてるなんて…。

…そんな思いが一気に私の中を駆け巡って、自分でもビックリしちゃうぐらい心が揺さぶられてしまった。当然のことながら思いの外深かったよ、タツローさんの存在は…。また目の前のタツローさんのカッティングがかっこよすぎだし!

それにしても、セットリストの特に前半、はげしく私好みだったーーー!中でも特に最初の3曲!!超好きすぎる!!っていうかそのソレ3曲め!!!それ、私のためだよね!!!???やーもう悪いけどそうだと思います(キッパリ)。ほんと予想外のことで倒れそうになった。私が、タツローさんのレパートリーの中で、ほぼいちばん好きな曲。どちらかというと地味めなこの曲を、まさかライブで聴けるなんて思ってもみなかった…。ほんとうに、かけがえのない至福の時間だった。

なんだかいろいろな意味で、高校生から大学生時分の、私がいちばんタツローさんに参ってた頃の気持ちを思い出しちゃったようなライブだった。セットリスト(特に前半)のせいかもしれないし、私自身がこの2〜3年、びゅんと音楽に飛び込める体勢を戻してきてるからかもしれない。でも何よりも、ステージの上のタツローさんが、20年前と何も変わらなく見えて驚いた。ギターのタフな弾きっぷりも、声の響きも弾力も、負けん気にあふれたステージングも、何もかも!私が本気で結婚したいと思ってたあのころとひとつも変わってない!あー、今もやっぱ結婚したいかも、タツロー!

私、こういうタツローさんがほんとに好きなんだよね。バンドサウンドの中でひたすらカッティング刻む、ただのロックンローラー・山下達郎が。彼がいちばん輝いてるのって、シュガーベイブのときからひとつも変わらない、ここの部分なんだと思ってるから。

そのバンド、ね。今さら言うのも野暮だとわかってて言うけどすごかったよ!私高校生のとき広規ギャルでもあったから(笑)、まずは広規さんのベースというか広規さんの姿見るだけで無条件にドキドキしてしまう。ベースのネックから布たらりんと垂らしてて、あー広規さんだー!って(笑)。佐橋くんはちょうど見えない位置で残念。佐橋くんのギターの音久しぶりに聴いたけど、なんだか大河ドラマみたいだと思ったなあ。スケールでかくて、いい意味で王道なんだよね、すばらしい。あと難波さん、あいかわらずの愛らしさ。難波さんがいて、あの5曲め、というのにはグッときちゃった。それからコーラス隊の三谷さん、ここ何年か彼のライブを見る機会がとても多くて私にとっては近しい人に(勝手に)なってるので、彼の姿をタツローさんのステージで見るってダブルでうれしい。三谷さん(も国分さんも久美さんも)楽しそうだったな〜!そして何よりも、ドラムスの弱冠24歳小笠原くんの凄いこと!なんというセンスよく技量のあるドラマーなんでしょう。これはタツローさん惚れるわけだ…。間違いなく、彼こそがこのバンドのサウンドを引っ張ってた。やっぱりドラマーって、バンドのエンジンなんだな…。と最近強く感じることを、ここでも心底感じた。

私、タツローさんのバラード曲はそれほど好きじゃない場合が多いんだけど、ライブで聴くと、断然ロックンロール成分高いんだよね。好きじゃない宣言を撤回しようかと何度も思わされた(笑)。後半は怒涛の定番曲パレード、これがまたタツローさんが言うとおり「ロックンロールは演奏して命を吹き込み続ける限り懐メロにはならない」わけで、このメロディとこの演奏とこの歌が強いテンションで結ばれ駆けていく高揚感と緊迫感は、マンネリという言葉のつけ入るスキなんかまるでない。たとえこの先何千回聴いたって、そうだと思う。

ほんとカッコイイよタツロー!年齢のわりには、とか、大御所のわりには、なんてエクスキューズ、もとより思い浮かびもしない。高校生のときそう思ってたのと同じように、ただ好き!ただカッコイイ!ただ結婚したい!と思う。ロックンロールのカッコよさに理屈なんかないのさ!

何がうれしかったって、タツローさんが「いいメンバーが見つかったし、この先はしばらく、頻繁にライブやろうかなと思ってる」と言ってくれたこと。うん、それだよ!そりゃヒットはあるに越したことないしタイアップだってたくさんあったほうがいいだろうしCDは売れたらいいに決まってるしスタンダード曲だってたくさん生まれたほうがいいだろうけど、でも、そんなの、究極にはどうでもいいんだ。バンドのグルーヴにノッて汗まみれでギターを弾き、メンバーと目くばせしてエンディングを派手にキメ、客の熱気に応えながら心底楽しそうに歌いまくる、そんなタツローさんの、保存のきかない「瞬間」が好き。ただの、そしてそれゆえに“最高の”、ロックンローラー・山下達郎を、もっともっと見たいんだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
3月1日のNHKのコンサートで初めて達郎さんの生ライブを体験し、心揺さぶられてから、以来ツアーにいかれた方のブログを読むことであの時の震えを思い出し、共感している私です。
貴方さまの書かれている文章に素直にうなずき、私も先日あの素晴らしい声に、触れたときに、ほとんど惚れそうになってしまったひとりだということをお伝えしたくてコメントしています。
かっこよすぎますよね。56歳で、罪です。
生で見ないと、聴かないとわからない魅力ですよね。
本当の、真のプロフェッショナル。魂を感じる職人ですよね。

唐突にすみませんでした。


5月のサンプラザはいかれないのですか。

Jのおかあさま
2009/04/19 21:20
お久しぶりです。
達郎さん、行かれたのですね。
私は、大阪フェスティバルの最終日に行きました。
ぴあの、先行予約に何度もトライして、三度目の正直でなんと、友達が当たったよという報せ。
行くことが出来ました。
まだまだツアー中だから、何も言えないけど、よかったですね。
コ−ラスの三谷さんも、素敵。
本当に行くことが出来て、幸せでした。
ところで、三谷さんesqのトリオライブは、行かれた?
みなみかぜ
2009/04/20 14:54
■Jのおかあさまさん
ハジメマシテ、コメントありがとうございます!惚れそうになりましたか(笑)、そうですよね。ツアー始まる前は、ツアー自体が久しぶりだし、体調や声の具合とか、どうなのかな…とちょっと心配していたのですが、もう、心配なんてとんでもなかったです!目の前にいるタツローさん、10年前20年前とぜんぜん変わらず見えて驚きました。もうね〜タツローさんはほんと、ナマがいいですよね!ふだんなかなかオモテに出てこない“ただのロックンロール小僧”になってるタツローさん、最高です。5月のサンプラザはやはり取れませんでしたねー。そのぶん、この日体験した一夜を隅から隅まで何度も大切に思い返そうと思います!
moonlightdrive
2009/04/20 15:52
■みなみかぜさん
お久しぶりです!BLOGは欠かさず拝見してますよー。わぁ〜みなみかぜさんは大阪最終日!それは忘れられない貴重な体験になりましたね。なんてったって、大阪フェスティバルホールのためのツアー、ですもんね。三谷さんもステキでした〜。本当に楽しそうに歌ってて、メンバー間のいい雰囲気がこちらにまで伝わってきて。esqトリオ、私はまだなんですよー。もう、ツアー中のバンドの進化が気になって気になって…。ステージ右端の三谷さんに「もうすぐesqのほうも行くので待っててくださいね!」と心の中で呼びかけました(笑)。
moonlightdrive
2009/04/20 15:56
ごぶさたしております。
タツロー語りは自分語り、最高っす。
俺もタツローと結婚したいぜ。

私がロックンロールという言葉を使う時、
最初に思い浮かぶのは、
ミック・ジャガーでもジョン・レノンでもなく、
エルヴィスでも内田裕也でもなく、
山下達郎です。
htchtc
2009/04/20 20:08
お〜達郎ですか!3曲目って何だろう?私、チケットないですからこっそり教えてください!ヒントでもいいや。しかしドラム20代ですか〜聴いてみたいな。
ここの「ジャック達からタツローまで」という振幅って(知名度的には)広いような(年代的には)狭いような、微妙さがいいですねえ。
ところで「ピーターパンの衣装でタツロー顔」を想像して、ニヤケてしまいました(笑)

nakamura8cm
2009/04/20 22:35
はーいー。こんばんは!熱さが伝わってきます!
私はサンプラザ2日目に行きました。いやもう最高。というか孤高。
達郎ビギナーである私の達郎さんのイメージは、すんごいひねくれもののジジイなんだけど、夕暮れに捨て猫を見たらきゅーんとして連れて帰っちゃうような、そんな感じなのです。勝手に妄想してスミマセン。
2日目はまりやさん登場でSeptember!きれい!細い!同じ人種か?!
その後コーラス隊に混ざり、久美さんの振り付けをたどたどしくやられてました。でも許すよー。何でも許しますよ、ねえ。衝撃でした…。
moonlightdriveさん、次回はTrioで!(笑)
より
2009/04/21 00:08
■htchtcさん
おぉっ、どうもごぶさたです!コメントありがとうございます!ねねね結婚したいでしょ(笑)?タツローさんに惚れてる人、むしろ男子のほうが多そうだしなー(笑)。うん、私も今回のライブ観ててつくづく感じ入ったのが「山下達郎=ロックンロール」だなあっていう、そこんとこでした。達郎さんは今やこれだけの人をコンサートに集められる、人から見ればまあ「大御所」ということにはなるんだろうけど、本人はたぶん量とか数とかで計れるものにはほとんど興味がなくて、大事なのは「心踊る音楽かどうか」、つまり「ロックンロールかどうか」だけなんだと思いますよ。そこだけはいつまでも小僧ですね。彼のそういうとこホント好きだ、やっぱ結婚したい(笑)。
moonlightdrive
2009/04/21 02:19
■nakamura8cmさん
どもどもです!3曲めね、ツアーが終わったらあらためて記事に書こうかな。これまでも地味に「タツローさんの曲の中でいちばん好きかも」と言ってたナンバーなんだー。20代ドラマー小笠原くん、めちゃめちゃよかったですよ。タツローさんが“50公演”を決心できたのも彼の存在があったからでしょうね。…振り幅、月ドラは狭いじゃん、結局は「はっぴいライダーズ」の9文字の中に全部収まっちゃうもん(笑)。で〜、nakamura8cmさん!
>「ピーターパンの衣装でタツロー顔」を想像して、ニヤケてしまいました
そこ、ニヤケるとこじゃなくて、うっとりするとこだから(笑)!やーもうタツローカッコいいよ〜、中年体型にも縁遠く、ギター似合うったら。ジーパンなんかあれ20代のときからサイズ変わってないですよたぶん。すてきー、やっぱ結婚したい…(まだ言う)。
moonlightdrive
2009/04/21 02:20
■よりさん
コメントありがとうございます!わー、よりさんは私の次の日に行かれたのですね!わははは、「ひねくれもののジジイ」だけど「捨て猫連れて帰っちゃう」って、爆笑!そんな感じなんですね(笑)。そうそう2日めはまりやさんが飛び入りで歌ったんですってね〜、すごいスペシャル!でも私にとってまりやさんは恋敵なので(笑)まあ私は1日めでよかったかな…(笑)。これまたいつか書こうと思ってるんだけど、私はまりやさんのいちばんすごいところはソングライティング能力でも美しさを保ってるとこでもなく、山下達郎と結婚したとこだと思ってるので(笑)。ふつうの人にはできないですよ…。あ、よりさんとはそうですね、esqトリオで〜!
moonlightdrive
2009/04/21 02:20
お世話になります。

友人からチケット一枚譲渡の連絡があって
悩んでたら他の方に決まってしまったんですが、
なんだか残念です、レポを拝見しますと。

カッティング、観たかったなー。

しかし面子が凄いです。

個人的にやはり佐橋さんには憧れますだ。
GGP
2009/04/21 09:02
ご無沙汰していますm(__)m

達郎さんのライブに行かれたんですね!

私は最終日の中野サンプラザに行かれる事になって、連れと共に喜んでいます♪

私よりも連れの彼の方が、達郎さんに『ゾッコン☆Love』で(笑)、
毎日毎日、達郎さんのライブに熱い想いを馳せています♪
来月の座席は後ろの方ですが、最終公演を楽しんで来ようと思います。


そうそう、esqトリオライブも佳境に入って来ました♪
これからのライブで私は、大阪と横浜に行く予定です。
3人のコンビネーションも、ライブを重ねる度に良くなっています。

このライブ後は、暫くトリオは見られないみたいなので、
演奏の隅々まで楽しめたらと思います(*^_^*)

もしかしたら、一緒の会場にいるかもしれませんね!
カボチャ娘
2009/04/21 15:10
レス遅れましてすみません〜。

■GGPさん
わぁ、お忙しいところコメントありがとうございます!そうか〜チケ残念でしたね。でもこれからlive頻繁にやるってタツローさん言ってたので、きっと近いうちにまたチャンスがあると思います!は〜プロのギタリストから見ても佐橋くんはやはり憧れの対象なんですね、あの小さいカラダでスケールの大きなギターの音、かっこいいですよね〜。ギターを弾く人弾ける人ってたっくさんいるけど、人の心を掴むギタリストって、絶対的に独立した大陸持ってて、他の場所では出合えない花や鳥を育てている気がしますね。もちろん、GGPさんもそのひとりです。
moonlightdrive
2009/04/23 09:38
■カボチャ娘さん
ごぶさたしてます!コメントうれしいです〜♪ えええっカボチャ娘さん、5月のサンプラザへ!それはすごいなー、よかったですね!サンプラザなら最後尾だったとしてもじゅうぶん近い感じしますしね、ぜひどっぷり堪能してきてください。
ああーesqトリオ、すっごく気になります。前回のツアー私は2カ所行ったんだけど、2回のあいだでもすごく変化があったし、あのトリオは演れば演るほど良くなるように思うので早く1度めを見たいなー。そうですね、もしかしたら一緒の会場にいるかもですね〜。私は三谷さん初心者ファンですがこんなふうにコアなファンの方とお話できてウレシイです。
moonlightdrive
2009/04/23 09:38
>私はまりやさんのいちばんすごいところはソングライティング能力でも美しさを保ってるとこでもなく、山下達郎と結婚したとこだと思ってるので(笑)。

確かに。です。
Septemberのとき、ギターを弾いてる達郎さんにコーラスを強いる(ちょっとジェラシー入ってますか?)まりやさんってすごいなーと思いました。
より
2009/04/24 00:25
■よりさん
うはは、さらなるご報告ありがとうございます!強いてましたか(笑)。そんなことタツローさんにできるのまりやさんだけでしょうねー。頭の上がらないメロメロタツローさんがかわいい(笑)。
moonlightdrive
2009/04/24 17:21
自分用メモとしてセットリスト。
01.SPARKLE
02.JUNGLE SWING
03.BLOW
04.ドーナツ・ソング
05.夏への扉
06.ついておいで
07.PAPER DOLL
08.さよなら夏の日
09.FOREVER MINE
10.バラ色の人生〜ラヴィアンローズ
11.CHAPEL OF DREAMS
12.HAVE YOURSELF A MERRY LITTLE CHRISTMAS
13.We Wish You A Merry Christmas 〜 クリスマス・イブ
14.蒼氓
15.GET BACK IN LOVE
16.BOMBER
17.LET'S DANCE BABY
18.高気圧ガール
19.RIDE ON TIME
(encore)
20.ずっと一緒さ
21.アトムの子
22.DOWN TOWN
23.CIRCUS TOWN
24.YOUR EYES
moonlightdrive
2013/02/25 05:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山下達郎 PERFORMANCE 2008-2009 @ 中野サンプラザ 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる