詩集とTシャツと九段の余韻

画像
奥付に「発行日 2004年12月12日」と記された、手にしっくりなじむ形と重さの「COLD RAIN & SNOW」というその詩集を繰りながら、直枝さんのやさしさも強さも大好きだけれど、私はやっぱりこの人のイカレたとこにたまらなく魅かれてるんだ、と思う。静かな視界のはしっこが、どこかねじれて歪んで溶け出してる。でもそのイカレた風景の底から、いつでも果てしなく透明な希求が空に向かうことが、涙が出そうにうつくしい。

21年目のスペシャルイベントだった九段会館のコンサートは、私たちファンにとってとんでもなくうれしい3時間だった。でもそれ以上に、カーネーションの3人にとって、そしてこの20年を突っ走ってきた直枝さんにとって、替えがたい贈り物であったのだったら、本当によかったなと思う。直枝さんがやりたいことを、あの場でできたのだったら。「夜の煙突」を歌い終えたあとの燃焼し尽くしたような彼、そして本当にうれしそうに客席に手を振りながらそでに消えていった彼を見ながら、そう思ったのだ。

12/12Tシャツは、まだ着ていない。「地球環境保護のため」再生紙包装にしたというSMAのロゴ入りパッケージが、中々かわいくて。春になったら、子どもを連れて公園へ自転車を飛ばす休日に着て出かけよう。「魚藍坂横断」でもつぶやきながら。カーネーションのレパートリーは、鼻歌にちょうどいいのが多くて、迷うよね。まあテンション高すぎてとても鼻歌に向いてるとは思えない「ダイナマイト・ボイン」なんかも、つい歌っちゃうんだけれど。

この記事へのコメント

一人靜
2004年12月16日 22:21
AC/DC??の様な12/12日ロゴ入り黒いTシャツ、結構、貴重かも!!
直枝さんは、外の右側に居られましたよ。
小柄だから皆に、取り囲まれて、隠れている感じでしたね。
mcで、僕が手渡ししますとか言っていた様な気がしたので、すぐには帰らないぞって。直枝さんの手、フニャフニャでした!?
九段下って余りカフェなど無い様に思ったのですが、有ったのですね。 moonlightdrive さんのブログ見て、知りました。友とお茶したかった!
私、疲れていたのか?九段下で風邪菌もらったのか?今、熱出して会社、休んでます。カネコンサートの後で良かったけど。カーネーションの全力投球さには、頭下がるし、こちらは、興奮もするし、至福な時間でも有るけれど。。
体力がついてゆかない自分を実感しています。もう少し自分的にはペースダウンしてカーネーション聴いてゆこうかな~~。体ボロボロにさせられそうで。。今更、カーネーションやめられませんが。。
ボクハナク。。聴けて幸せでした。
ムーンライダーズ繋がりで、アルバム情報、教えて貰えてホント良かったです。また何か有りましたら宜しくお願いします。
moonlightdrive
2004年12月16日 22:48
一人靜さん、熱出ちゃったんですね。12/12に向けて張り詰めていたキモチが、終わって緊張がとけて、ふっと身体にきちゃったのかも…。そうそう、お互い長ーく地道に、カーネーションと付き合っていきたいものですね。
「ボクハナク」は…私も聞けてシアワセでした。こんどはも少し小さい場所でまた聞けたらいいなー、カーネーション+博文さんで。
風邪、どうぞお大事になさってくださいね。

この記事へのトラックバック