よく聞く、あるいは特別な思い入れのあるカーネーションの5曲

画像
さんざん逡巡したすえにやっぱ選んでみようと取りかかったはいいけど、ヤバイよ、この企画…。聴きこんじゃって聴きこんじゃって全然前に進みません!カーネーションで5曲、難しいとは思ったけどこんなに難しいとは…。だってアルバム1枚から好きな曲ピックアップしてるとそれだけでもう5つ越えちゃうんだもん…。何よ、何なの、この名曲度!

でね。逡巡してたのは、選ぶのが難しいせいもあるんだけど…。(ここでも何度も書いてるので、そこまで読んでくれてる奇特な方ならおわかりかと思うのだけど、)私、カーネーションに関しては(というか他のアーティストについてもだね)本当に申し訳ないほどのへタレファンでね。何しろ90年代中ごろから2000年代に突入してしばらくぐらいまで、ほんっとにまったく音楽から離れてた空白時代があって、カーネーションで言えばとうとう鳥羽さんを生で見てないぐらいだものね、そのヘタレぶりがわかろうというもの。

そんな大いなる中抜けのある私に、「カーネーションの5曲」を選ぶ資格なんてあるかなあと思い巡らせていたのだけど。でも、恋って時間の長さでもない、何よりそのときの瞬間風速。昨日恋して今日熱く語ったって別にいいんだものね。と開き直って、5曲、いきます。ただどうしても、中抜け以前と以後に思い入れは集中してしまう、かなり偏った5曲だけれど。


************************************************************************

1.「ごきげんいかが工場長」
うーんやっぱり出会いのアルバムなので、思い入れは格別。88年の暮れに買ったんだ、なんと先にアナログを。「Angel」のPVでこのジャケットが映し出される印象的なシーンを見たとき、じーんとしてほんと泣きそうになった。彼らのはじめの一歩は、やっぱりここにあるんだなって。直枝さんの心のどこかに、このジャケットはいつも大切に飾られてるんだなって。前に書いた「恋は底ぬけ」(出会いの曲)と「Young Wise Men」(Musical Batonの5曲に入れた)はもちろん大好きなんだけど、この「ごきげんいかが工場長」の蒼さが好き。「堂々と、不器用である」カーネーションの生き方の、高らかな宣言。効率から遠く離れて、プリミティブに、どこまでもロックなんだ。

2.「おはよう」
なにげない曲なんだけど、ものすごく大好きなの。「胸が痛い/声が出ない」…の箇所から次へ至る部分のドラムとギターとベースのドライブ感は、ロックが私たちにもたらしてくれる、考えうる限りの幸福なひとしずくだと思う。いや、なにげない曲なんだけどね。直枝さんの囁き声コーラス「こうなるの」の色っぽさで、胸撃ち抜かれ、立てず。ダメだ…。

3.「The End Of Summer」
私、ほんとにこの曲好きなんだよー。何度聴いても、そのたび泣いちゃいそうなんだよ、何でだろう?青春の情けなさ、バカバカしさ、狂おしさ、そしていとおしさがこの1曲に凝縮されている。そしてそれは青春を抜け出した今も、ずっと続いてて、終わらないんだ。「ぼくのなにかひとつを信じてほしい」、そう、ひとつでいいんだ、きみのいちばん大切ななにかを、私は信じられるかな。イカレた視界。最後のコーラスで、私はいつもどろどろに溶けちゃう。永遠のサマー・オブ・ラブな曲。

4.「やるせなく果てしなく」
もうここではいやというほど書いているのだけれど、ずっとカーネーションの音から離れていた私を、彼らは、たった一発のライブで、また荒れ狂うような恋に引き込んだ。去年の3月、高田馬場クラブフェイズでのこと。再び落雷に撃たれた私は、買ってさえいなかった前年発売の「LIVING/LOVING」を、息せき切って手に入れたんだ。そして、1曲目のこのイントロが飛び込んできたときの衝撃、想像できる?長いこと彼らから離れた場所にいたことをすごく後悔したし、再び出会えたことを心から感謝した。こんなメロディ、世界で直枝さん以外の誰が書けるっていうんだろう?どこまでもやさしくて、どこまでも強い、こんな歌。

5.「十字路」
これも前に書いたんだけどね。勝手に、私がすごく思い入れちゃってるんだ。「どんなことが これから起こるんだろ?/どんな意味が あれば気がすむんだろ?」問いかけの言葉は不安げだけど、直枝さんの声の強さは、もう「次」を決心してる。鳥の翼のように広がるサウンドの、強靭なうつくしさ。直枝さんが音楽を通じて私たちにいろんなものを与えてくれるのと同じように、直枝さん自身を「先」へ連れていくのも、きっと、音楽に他ならないんだろう。「十字路の孤独な黒い鳥/くたばるなよおれも同じなんだ」…そうつぶやく直枝さんの、私は、せめて10分の1の強さでも携えて進んでいけるかな。その覚悟があるかな。

************************************************************************


はー…。書いてみたはいいけれど。無理ですよ、無理!不可能!カーネーションから5曲は!ディスクを聴きながら、曲目を紙に書き出したりしてたんだけど、紙が真っ黒でスゴイことになっちゃいました。今日の気分はなんか、「天国と地獄」でねー、いやあらためて名盤すぎてコワイくらい…。で、こんな選曲になったけど、「GONG SHOW」からも「エレキング」からも選びたいのに~~~。ああ、5曲よ、あなたはどうして5曲なの?でも私の場合、「思い入れ」重視で選ぶと、やっぱり情けなくも中抜けになるのは致し方なし。“あれもこれもそれも入ってないじゃん!”状態。あーこれまたやりたいです、別の視点でね。

このたびこんな苦しくも楽しい企画にそそのかしてくださった、けすいけさん祥さんあやさんには感謝です。アリガトー!またこりずに他アーティストまで手を伸ばしちゃおうかな。実にシアワセな消耗が訪れる。

この記事へのコメント

2005年07月04日 07:33
moonlightdriveさん、TB&コメントどうもです~☆
苦しかったですよねー、お疲れサマでした!
しかし思わず笑ってしまったのはmoonlightdriveさんの
選んだ5曲が自分が最後まで悩んだ中に全部入っていた
曲だってこと(笑)。
選び終わって記事を書き終えてからの疲労…
まさにシアワセな消耗ですよね。クセになりますよ(笑)。
ささ、次のけすいけさんからのお題は青山さんですよ~♪
あや
2005年07月04日 09:15
うわー、すごい時間に書いたんですね。だだいじょうぶですか?おかーたま・・・。
そうかー。moonlightdriveさんも私の羨ましい人なんですよね。YWM、アナログ持ってるなんて羨ましすぎます。それで中抜けしてるところがちょうど私が出会った頃になるのかな?二人合わせたらカンペキですねぇ、なんて。
「The End Of Summer」は私も最後まで候補に挙がってました。CCCD問題で揺れてた頃のライブで演ったとき、『僕の何かひとつを信じて欲しい・・・』というところが、全てを語れない彼らの心の叫びのような気がしてねぇ。
「やるせなく~」もね、3人のカーネーションにすごい不安を持ってた頃だったので、そのイントロの衝撃っていうの、ちょっと分かるわー。

>ああ、5曲よ、あなたはどうして5曲なの?
朝からすごいウケちゃいました。なんか私も燃え尽きてたけどまたやりたくなっちゃった。私の場合、もちろんカーネーションでね。それしか出来ないでやんす。
moonlightdrive
2005年07月04日 10:27
あー祥さんあやさん、さっそくコメントありがとう…!
月曜の朝から呼び出しちゃったよね(笑)、ゴメンナサイ。

祥さん、
>自分が最後まで悩んだ中に全部入っていた曲だってこと(笑)。
わーほんとほんと?なんかウレシイ。
それにしてもいろんな人の「5曲」を見てからその曲を聞くと、
また新たな魅力を感じたりして、さらにいとおしさが増すよね。
そういう意味でもうれしい企画だなー、コレ。

あやさん、
>二人合わせたらカンペキですねぇ、なんて。
あはは、ホント、そうかも(笑)。
普通だったら、私ほど怠惰な触れない時期を持っていたら、
そのあいだにアーティストは(音楽的にも精神的にも)
ずっと遠い存在になっちゃうものだと思うんだけど、
カーネーションは、ずっと変わらずそこにいてくれたんだよね。
そしてそれは「ずっと変わり続けてきた」彼らだからこそ、なんだろうなって。
自分たちは傷だらけになるような闘いをしててさ、
そのくせファンには心が広すぎるぐらいにやさしいんだよね。
って書きながら、私また泣きそうなんですけど…。ヤバイ…。
nakamura8cm
2005年07月04日 13:52
こんにちは。中抜け仲間(笑)です。
さすがの5曲。さすがの筆力。参りました。

私は1stはテープコピーで聴き、2ndはアナログで買って、以降ご無沙汰。Edo riverで復帰したものの何となくのめり込めず、ようやくReal manで「目覚めるときがやって来」てしまったのです。思えば回り道。でも「再会の喜び」も捨てがたかったりしますよね。
今日、久々に「Wan-Gan King」のアナログ(最近はさすがに聴くのはCDなので「久々」です)を取り出し、metrotoronの封筒に入った歌詞カードをしみじみ眺めてしまいました。正確に言うとこのアルバムが私とカーネーションの出会いだったんだなあ、と。あぁ、どうしてYWMアナログ買っとかなかったんだろう!(悔)

しかし3:51AMって・・・どうなの(笑)?
moonlightdrive
2005年07月04日 17:12
nakamura8cmさん、コンニチハ。同士ですね(笑)。
いや中抜け、ほんとに悔しいんだけど、でも個人的な気持ちの揺らぎや
勝手な事情に左右されるからこそ、音楽っておもしろいのかもしれないですよね。
そしてやっぱり、こうして回り道してる人間をも再び惹きつける、
カーネーションの磁力ってスゴイなあ、と。しみじみ。

それにしても2ndをアナログで、っていうのも珍しくないですか?
いや私も持ってるんですけど(笑)。つくづく近いものがありますね。
けすいけ
2005年07月05日 02:44
moonlightdriveさん、こんばんは。企画にご参加ありがとうございます。うーむ、実にメロディアスな選曲ですね。おおっ、YWMアナログ持ってるんですか!これは羨ましすぎる。あの靴底ジャケはホントかっこいいですからねぇ。ていうか、その頃からのファンだとは、それがまた羨ましすぎる。『天国と地獄』から2曲ですか!「おはよう」僕も大好きですよ。「The End of Summer」はカーネーション流「Hey Jude」ライブは特に感動的ですねー。“ぼくのなにかひとつを信じてほしい”なんて言ってみたいもんですなぁ。「十字路」には僕もいつも励まされてます。
moonlightdrive
2005年07月05日 11:04
けすいけさん、コンニチハ。このたびは素敵な企画をアリガトウ。
こういうのやりたいと考えても、怠惰な私はひとりじゃ中々
取りかからないだろうと思うのでありがたかったですよ。

>「The End of Summer」はカーネーション流「Hey Jude」
なるほどー。洋楽と邦楽を並行して聴いているけすいけさんの視点は
いつもすっごくおもしろくて刺激になりますね。
あの靴底ジャケをカッコイイと感じるけすいけさんのロマンティシズムに
乾杯しつつ(笑)これからもよろしくです。
yoiko
2005年07月05日 19:37
うお~「天国と地獄」大好きです!ってゆーか、一番最初に買ったのが
このアルバムです。ガキんちょだったので「やらしい歌多いな」と
感じてた記憶が(笑)「地球はまわる」が好きでした…。
あぁ~「ごきげんいかが工場長」はもっと好きかもしれない(笑)
青くて胸苦しい!moonlightdriveさん~まだまだこの企画続いてます!
aoyamaさま。ブログ内で青山さんファンを始めて発見したのが
moonlightdriveさんで、急いで書き込んだんだ(笑)
そんなこんなで信頼の意味をこめて楽しみです。
moonlightdrive
2005年07月05日 23:22
あ~yoikoさん、コンバンハ!
>ってゆーか、一番最初に買ったのがこのアルバムです。
またしてもyoikoさんおそるべし…。最初に買ったのが「天国と地獄」って!
そんなガキんちょいませんよー(笑)。
シュビシュビラン…「地球はまわる」もねえ、入れようか迷った。
ほんとすげーアルバムだなってあらためて思っちゃった。

で、ねー。青山さん。yoikoさんのツウな5曲も拝見しちゃったしなあ。
私も今うんうん唸ってる(というか唸ってるつもりがつい聴いちゃう…)ので、
できたら(いつになるのやら)トラバしに行きますねー。
nakamura8cm
2005年07月05日 23:47
調子に乗ってもう一回だけ。そろそろ悪いマニアと呼ばれそうですが(笑)。
題して「The BandあるいはCrazy HorseとしてのCARNATION」

①「フレデリック」鈴木祥子 音盤化希望。
②「いつのまにか」DAUGHTER キーボード姉妹。
③「みんな夢の中」加藤いづみ こんな記事を書きました。http://blog.goo.ne.jp/nakamuranaika/e/82926d8fe1ac794169f6eac5bd79cb53 
④「うちにかぎってそんなことはないはず」森高千里 この曲から鳥羽さんが参加。うーん、名曲過ぎる…
⑤「Motel」鈴木博文 今は廃盤?First compact discのみで聴けるライブバージョンが震えるほどカッコいい!

何だか分からないけど、今私の中でWan-Gan King大ブームが来ちゃってます。いやーいいアルバムですぜ、ってmoonlightdriveさんに言うセリフじゃないですね(笑)。
moonlightdrive
2005年07月06日 11:02
nakamura8cmさん、コンニチハー。
うふふ、クレイジー・ホースとしての、ね。これまた名演奏ばかりなり。
高田馬場での「気楽にやろうぜ その壱」のとき、直枝さんが博文さんに
「博文さん、ソロアルバム作りましょうよ!オレたちバックやりますから!」
って熱く語りかけてたんだよねー。実現してほしーーーーっ。

この記事へのトラックバック

  • よく聞く、あるいは特別な思い入れのあるカーネーションの5曲

    Excerpt: けすいけさんとこで素敵な企画をやっていたので勝手にバトンを奪ってきました。先日のMUSICAL BATONで私は独自のルールとして1アーティスト1曲という事にしていたのでカーネーションから1曲を絞るの.. Weblog: グレイトノスタルジア racked: 2005-07-04 07:11
  • よく聞く、あるいは特別な思い入れのあるカーネーションの5曲

    Excerpt: やってみようと思っていたら、他にも同じこと考えている人がいまして、遅ればせながら勝手にそちらの企画に乗っかることにしました。けすいけさん、祥さん、勝手にいただきやす。 っていうか、もうだいぶ盛り下が.. Weblog: 気楽にやりすぎ? racked: 2005-07-04 09:16