♪ワォ ♪イェイ 『RUNNIN' WILD LIVE』!!

爆音で聴いてるぜー!カーネーション『RUNNIN' WILD LIVE』。カーネーション好き~と言いながら、結局今年のこの「RUNNIN' WILD」ツアーにはひとつも参戦できなかった私…。でもありがとー、こんなライブ盤届けてくれて。全7曲、あっという間ではあるんだけど、カーネーションの今の勢いと深み、ワイルドさとメロウさを、ギュッと凝縮して見せてくれるような、とっても濃いCD。

何しろもう!1曲めの「スペードのエース」で、いきなり彼方まで吹っ飛ばされるでしょ、これ…!直枝さんの噛みつくようなカウント、そして何、この3人の演奏のチンピラみたいな暴れっぷりは!これをガレージバンドと言わずして何と言おう、ああ40代半ばにしてこのジャンクさ落ち着かなさ、サイコー!20年やってても大御所の「お」の字も出やしない。ほんとサイコー。

で、2曲めの「気楽にやろうぜ」でメロメロにされる。ああこの甘さ、どういうこと。渡辺シュンスケさんのピアノが、ものすごく妖しさ加えてるよね。この、けっして派手とはいえない「気楽にやろうぜ」っていう曲、ライブで、レコーディングで、磨かれるうちにどんどん魅力的になってきた感じがする。直枝さんには最初からちゃんと、曲がこんなふうに色っぽく開花したときの姿が見えてるんだよな、んもー。

最後の“Shu Shu…”のコーラスが照れちゃうぐらいキュートな「サンセット・サンセット」、これまたカーネーションの幅広さを見せてくれるようなインストナンバー「さよならマーティン・デニー」、イントロの荒くれたギターにドキドキしちゃう「SUPER ZOO!」、どれもサイコー!なんだけど…。「ぼうふら漂流族」。ライブバンド・カーネーションの真骨頂。いやーもう、直枝さんの叫び声が!がぉーッ!って。なんちゅー46歳だ。矢部さんのドラムがまたおそろしいことになってるし。(でも本人涼しい顔で叩いてるんだろうな…いつもながら。)で、途中からゆっるーくなるとこがまた最高。エフェクトかかった大田さんのベースのリフが…ヤバい、どっか別次元に連れてかれそう…。けすいけさんも書いてたけど、まさしくデッド的、これもカーネーションのアナザーサイドだよね。あんだけポップな曲があるんだからそれだけやってりゃ一般受けもよかろうに、と思うけど(笑)、これもやっちゃうのが、カーネーションの業(ごう)っていうか。このすこぶるバランス感覚に欠けた突っ走りぶりがまた好きなのさ!

…と、ここまでの6曲でも十分素晴らしいんだけど、「PARADISE EXPRESS」!!ライブで先にこれを聴いた人たちのぶっ倒れぶりをあちこちで読んでいたから、いい曲なんだろうなと期待はしてたけど。これ、もう…イントロだけで名曲。胸の奥が痛いぐらいキュンとする。イントロのたった10秒余りの中に現れる、ドラムとギターとピアノとベースの音、完璧だって思わない?どっかシュガーベイブを思い出させる、せつなさとハッピネス。音楽へのピュアな衝動が閉じこめられた音。40過ぎのバンドが、今、こんな音を繰り出せることが素晴らしい。

メロディも、すごいよね。つくづく直枝さんにしか書けないと思う。官能から恍惚へスライドしていく旋律、終わりのないジェットコースターみたい。ちょっと待って、っていうぐらい。そして詞が、音と同時進行で胸に蹴りこまれる。言葉が持つ、“届きたい”って願いの強さが、そこらのロックもどきとはけた違い。「思い通りに景色変えてみせようか」「過ぎ去ったひとすじの風を俺は追いかけてんだ」…。そして、「考えこむ前に俺を見て笑って」。あー、また直枝さんに名セリフ飛ばされちゃった…。もうさ、抱きしめられるしかないじゃん、こんな言葉には。そしてこの歌は、またこの先ずっと、私を支え続けてくれるんだろうな。不安なとき、ふさぎこみそうになったとき、「俺を見て笑って」って。


私が最後にナマで彼らを見たのは4月のアース・デイのイベントだけど、そんときのカーネーションと、このCDの中のカーネーションは、もう全然別モノだもんね。これこそ、ローリング・ストーン。転がって転がって、どこまで行くんだろう。手に汗握りながら、ついていくしかないな、こりゃ。


*『RUNNIN' WILD LIVE』カーネーション

この記事へのコメント

あや
2005年10月08日 00:31
うわぁ、すごいすてきな文章だわぁ。
でしょでしょ? こんなすごいライブ盤なんてそうはないと思う。本当にあのライブの興奮がぎっしり詰まってる。先日のラジオによると、この音はなんもいじっていない、スピーカーから出てる音そのまんまなんだそうです。つまり、お客さんが聴いてる音と全くおんなじ。エンジニアのカーネーションへの愛情がひしひしと伝わってくる・・・と、やはりエンジニアのパーソナリティの方が言ってました。

> 官能から恍惚へスライドしていく旋律、終わりのないジェットコースター
すごい!この曲にピッタリなフレーズだわー。セールスコピーにしてほしいくらい! 
moonlightdrive
2005年10月08日 09:51
あやさん、コメント&TBありがとう~!遅くなっちゃったけど書きました。RUNNIN' WILDツアーを観まくったあやさんにとってはことさら、このライブ盤は特別な存在だろうなー、いいないいな!この音、ホント圧倒されるよね。PAのこととかまったくわからないんだけど、最終的に私たちに届く音がこんなに素晴らしいのも、周囲のスタッフの愛情の支えがあるから、と考えると泣けてくる。そういうひとつひとつが積み重なって、今のカーネーションになってるんだものね。あやさんは今夜から大阪~名古屋ね!またはじけてきてー!
nakamura8cm
2005年10月08日 15:12
このふたつのライブ、私も現場で聴いてました。会場と同じ音量で聴いたら近所から怒られそうなので、やってはいませんが(笑)、リアルな音ですよね。あやさんのコメント見て納得。ふたつのライブ会場の音の落差がハッキリ出ていて、一枚のアルバムとしての整合性より臨場感を優先したことが分かります。
そして「ぼうふら」!私はやっぱりこの曲に、はっぴいえんどの影を見ます。
moonlightdrive
2005年10月09日 00:44
うわ、そうか8cm師匠もコイツの現場に!そりゃもう涙モンの思い出CDですねー。そうなんだね、変にあとからいじったりしない、そのときそのままのカーネーションが刻印されてるってことなんだ。ホントあやさんが記事に書いてたように、5曲めになると急に音が「近く」なって、ドキドキするもんね。しかし…あのせっまいCLUB PHASEでこの「PARADISE EXPRESS」聴いたとは、あらためて、うらやましい!
けすいけ
2005年10月09日 19:59
昨日ボロフェスタで打ちのめされたけすいけです、どうも。「ぼうふら~」このバージョンよりさらに凄さまじくなってたんですけど、あの人たちかなり危険です!
>このすこぶるバランス感覚に欠けた突っ走りぶりがまた好きなのさ!
“すこぶるバランス感覚に欠けた”ってのがいいですね。いや、ホントそう思いますよ。それはきっと音楽欲がハンパじゃないんでしょうね、あれもやりたい、これもやりたい、で、全部やらないと気が済まないという。だからこそ飽きないし、僕の音楽世界も随分広がってくれました。カーネーションが僕にとって最高の音楽の教科書なんですよね、ありがたや。
それでまたもや「ぼうふら~」なんですけど、nakamura8cmさんのおっしゃる“はっぴいえんどの影”というのは僕も感じてます。最初聴いたときから、カーネーション流「はいからはくち」だと思ってます。
moonlightdrive
2005年10月09日 23:11
わ~けすいけさん、おかえりなさい!
怒濤の勢いのレポ、感動しつつ読みましたよー。(あまりに熱く濃い内容だったので、あちらへのコメントはあらためてゆっくりさせてね~。)いやほんとけすいけさんやpopholicさんのレポを読むにつけ、「ほどほど」ってことを知らない人たちだなあと(笑)。いつでも力の限り疾走、それが彼らをまた次のとんでもない場所に連れて行くんでしょうね。
>カーネーション流「はいからはくち」
ああ、なるほど!けすいけさんもnakamura8cmさんもほーんとおそるべき慧眼の持ち主だなあ。そう、はっぴいえんどというと何かウェットで思索的な(もちろんイイ意味で、だけど)面ばかり取り上げられがちだけど、「はいからはくち」のむしろ考えなさすぎなぐらいのブチ切れた勢いが、特に“バンドとしての”はっぴいえんどの本質のような気もして大好きでね。うんうん、ぼうふらはカーネーション流「はいからはくち」かあ。
nakamura8cm
2005年10月10日 00:00
そうそう、「はいからはくち」ライブ盤のあらくれ具合、間違いなくあの3人は意識してるはず。

で…関係ないことで恐縮ですが「遠藤兄弟」の件、どうも私の勘違いだったようです。「勉強になる」とまで言っていただいて、恥ずかしいやら、申し訳ないやら。よろしければうちの「カレーライス」の記事をもう一度見ていただければ幸いです。見ている人は見ているんですねえ。ありがたいことです。
moonlightdrive
2005年10月10日 07:32
おおそうか、はいからはくち。8cmさんはやはりそう思ってたのですね~。うん、ライブではこの曲荒くれてますよね、大好き。

わざわざお知らせ、律儀な…。私なんかもっとすごい勘違いばんばんやってるので大丈夫です(笑)。っていうかこの妄想BLOG自体が大いなるカンチガイかもなあ…。

この記事へのトラックバック

  • 「Runnin' Wild Live」

    Excerpt: RUNNIN' WILD LIVE/カーネーション こいつはすごいライブアルバムですよ。こんなリアルにステージの息遣いが伝わってくるなんて、もう最高です。最高です。聴いてるだけで会場に飛んでいけま.. Weblog: 気楽にやりすぎ? racked: 2005-10-08 00:35
  • カーネーション 『RUNNIN' WILD LIVE』('05)

    Excerpt: そんなハリケーン宣言後初の作品がこの『RUNNIN' WILD LIVE』、スピーカーからまさにハリケーンが吹き荒れる超強力なライブ盤です。今年5月の「RUNNIN' WILD JAPAN」ツアー最終.. Weblog: ゆる~く行こうぜ♪-からまわる世界で- racked: 2005-10-09 19:41