ドラムとジャケを愛でるのだ『souvenir』

画像ジャック達の次がコレかよ!というツッコミは置いといて、ハイハイもーどんどんいっちゃいますよ、夏秋文尚さんカテゴリー。(←開き直ってるし。)加藤紀子さんの98年のアルバム、『souvenir』。この中で1曲、夏秋さん叩いてまーす。

土曜に行った esqのライブでは、三谷泰弘さんが、バンドメンバー一人ひとりをじっくり紹介するコーナーがあって、三谷さんに「最初に会って一緒にやろうってことになったとき、なんか躊躇してたよね?(笑)」と振られた夏秋さんが「いや、嫌だったってわけじゃないんだけど…ほんとにこれでいいのかなって…」と、ボソボソッと答えるシーンなどがあり、私のミーハー心を超うれしがらせてくれたわけなんだけど(笑)、その中で、ギターの飯塚さんの話だったかに、この加藤紀子さんの名前も出てきてた。それはたぶん三谷さんが作曲・編曲をした「出会えてよかった」というナンバー(ちなみに、夏秋さんドラム、飯塚さんギター、沖山優司さんベース)の話で、96年の『flower diamond』というアルバムに入ってる。esqつながりってことでいえばこっちなんだけど、この『sovenir』のほうがジャケがカワイイので今日はこちらで。

画像だって、アート・ディレクションがあのgroovisionsですから!(クリエイティブ・ディレクターは川勝正幸さん。)インナースリーヴも、写真、イラスト、色合い、いちいちカワイイ。中の写真でチャッピーも登場してまーす。7年前のジャケットでも、全然古い感じしないのはさすが~。

で、このアルバムの中の「ひとり気ままに旅をするのさ」って曲に、夏秋さんが参加。このドラムがねー、もうイントロからゴッキゲンで素敵~!まあ歌うのが加藤さんだからアルバム通しておおむね深刻な歌ってことはないんだけど(偏見?)、これは中でもポップな曲。そこで鳴る夏秋さんの朗らかなドラム、あーいい音だなー(泣)。途中、ちょっとしたブレイクがあって、ドラムソロがフィーチュアされる、もーここだけでも涙モノにカッコイイ!ほんと好きだ…。もしこのアルバムを中古屋ででも見かけたら、夏秋さんのドラムを聴くためだけに買っても損はないです。あ、あとね、この曲、ペダルスティールをあのメトロファルスの、あの青山陽一さんバンドの、あのロンサムストリングスの、あのウクレレ・カフェ・カルテットの(←これは全然「あの」じゃないか…)、まあとにかくその、田村玄一さんが弾いとりますですよ。あーもう、ミュージシャンクレジット・フェチにはたまらない…。

いやしかし、アイドル(加藤紀子さんってアイドルだよね?)のアルバムが出てくるとは思わなかった…。私、よほどのことがないとアイドル系のCDは買わない(慶一さんプロデュースの美奈代ちゃんとか、カーネーション絡みの森高とか…)ので、まあ、夏秋さんのドラムは「よほど」です。キッパリ。って、私の「よほど認定」が出されたからってご本人には何のいいこともありませんが。

*『souvenir』加藤紀子


この記事へのコメント

ぜん
2005年11月23日 07:11
ミュージシャン好きが高じて、とうとうこういうところまできちゃいましたか。
いわゆる、つける薬がない状態ですね。
私も、例えば松本隆さんが好きですけど、聖子ちゃんは別としてアイドルの
レコードは買いません。ダリエさんが好きですけど、CMを担当している
おむつや生理用品を買いません(あたりまえか)。
壊れっぷりを見ていて、ある種の爽快感(決して正常とは言えないが)を
感じますので、このまま壊れ街道を突っ走ってくださーい!
2005年11月23日 07:28
わははははは!ホント、極めちゃってますねー(笑)。でもわかります!茂さんを追っていったらどんどん自分の中ではありえないものにまで手を伸ばしはじめた自分が過去にいたので…。この人のこの甘っちょろい声は苦手なんだけど(むしろ嫌い…この人というのは伏せさせていただきます・笑)バックのあの茂さんの控えめながらも自分を主張するあの「きゅい~んきゅきゅきゅきゅい~ん」ってのが聴きたいがために買っちゃったし、あの時はさすがにこんなバカ、他にはいないだろうなぁ~(泣)と思っていたというのに…イター!めっけたー!(爆笑)。しかも、あら、元ハガキ職人仲間のmoonlightdriveさんじゃないですかー!わはははははー!どうして私たちってこんなに…そしてどこまで…(以下略)。
このアルバムは覚えてますよー。聴いてないのが残念ではありますが、このこじゃれたジャケットを見た瞬間に「くぁー!絶対にいい音が入ってるんだろうなぁ…」と思ったのを覚えとりますよ。そか、川勝さんだったんだ!こじゃれてて仕方あるまい(笑)。ちなみに三谷泰弘さんもあのバンド時代、すごく好きでした。
moonlightdrive
2005年11月23日 11:42
>ぜんさん、コメントありがとです~。
「壊れ街道」(笑)、走ってるほうは爽快なんですが、周りから見ると、ねえ…。ま、正常といえないのはお互い様!っていうかぜんさんのレコ棚の方がよほど怪しいと思うなあ、いないいないばあっ!のCDの隣にソフトマシーンがあるんでしょ…。

>祥さん、たくさんコメントありがとー!
>ありえないものにまで手を伸ばしはじめた自分
うわはは、「ありえないもの」!ほとんど超常現象の世界(笑)。ねー、ハガキ職人だったしねー。バカは治んないってことね。で、祥さんスタレビも守備範囲だったの?スタレビとローザが両立する祥さんってば…。
2005年11月23日 19:21
ええ。スタレビとローザと近田春夫とサエキけんぞうと角松敏生が同居してましたよ(照)。
popholic
2005年11月23日 21:27
このアルバム、買おうか迷ったんだよねぇ…。結局買わなかったけど。
しかし小西康陽作の彼女のシングルは持ってます…。
nakamura8ccm
2005年11月23日 21:51
いやいやいやいや。別にフツウでしょ。いいイミで(笑)
音楽を少しでも系統立てて聴こうとする者にとって、避けては通れぬ試練なのです。どこに線を引くか、なんてのは初期の問題。とにかく夢中になったら全部集めるしかないんです。もう、諦めましょう(笑)
プリンス好きの私は、コヒー(小比類巻かほる)のアルバムに手を出すかどうかかなり真剣に悩んだりしましたし。結局買わなかったけど。ん、今ならブックオフで250円で買えるかも!探してみよう!
…ってひとりで盛り上がって申し訳ない(笑)
moonlightdrive
2005年11月23日 23:07
あーありがたい方々のありがたいコメント。みなさまに黙ってついていきますよ、私は!

>祥さん
ああ、その同居ぶりというか雑居ぶり!祥さんちの茶の間のなんと広いことよ(笑)!いやーいいですわ。「角松君、ちょっと醤油取ってくんない?」「近田くーん、電話ー!」「ね三原、先風呂入る?」…とか言って。どんな家だよそれ(笑)。

>popholicさん
あはは、迷ったんだ。じゃ今度見かけたら買いましょ。彼女も、周辺作家陣ゴウカですよねえ。このアルバムもゴンチチとか参加してるし。

>nakamura8cmさん
フツウですか!いい意味で!(笑)師匠にそういってもらえると心強いなー、何か道踏み外してる気もするけどー。一線を越えちゃうと、もうあとは平気なんでしょうね、って何のハナシだ(笑)。
fullmoon
2005年11月26日 22:11
私は道踏み外して、そっちも本道になってたりしますが、
アルバム「flower diamond」と同じ月リリースの、
シングル「冷たくして下さい」のカップリング
「さよならLazy Days」という曲(アルバム未収)が、
三谷さん作詞作曲編曲なので、これにも夏秋さんが参加しているかも。
ミュージシャンのクレジットはありません。
打ち込みではないドラムは確かに入ってるけど、確証はなし。
いくら、moonlightdriveさんでも、
こんなもんまで探さなくていいと思いますけど。

あと、ぜんさん向けに、
94年にワーナー時代に出したシングル「電車のひと」は、
ダリエさん作曲ですね。
moonlightdrive
2005年11月27日 03:38
おお、アイドルといえばのfullmoonさん、ようこそ!お待ちしておりました(笑)。いえ、fullmoonさんぐらい堂々と歩んでいれば、もう高踏派といっていいでしょう(笑)。そうですか~三谷さん作詞作曲編曲、それは気になるので今度聴いてみます。こういうことを話せる人が周りにたくさんいると道踏み外してることに気付かないなあ、いいのか悪いのか(笑)。

この記事へのトラックバック