ヤバイ、こんどはメトロファルス・ブームだ

画像何だろう、これは、言ってみれば個人的な「東京アンダーグラウンド・ロック・ブーム」なのだろうか?なーんてね。その辺は全然詳しくないのだけど。ここのところ、いろんな話の中で「田村玄一」「石坪信也」「ライオン・メリィ」なーんて名前がさりげに頻出していて、そこに、最近とりわけライブ音源にたぎる血潮(笑)が重なって、とーーーっても聴きたくなっちゃったのが、これ。で、買いましたよ、メトロファルスの2枚組ライブ盤『狂風記~極楽座で君を待つ~ Live 1994-2002』。今のところメトロファルスのもっとも新しいCD、でもある。

聴いたら、あーやっぱり、うれしくなっちゃうぐらい今の気分にぴったり!最高に妖しく、かつ素晴らしいバンドアンサンブル!うーん、ゾクゾクする。2枚組全22曲というボリュームの中に、94年から02年までのライブテイクが入っているのだけど、基本のメンバー(たぶん今現在の正式メンバー)は伊藤ヨタロウ(vo)、石坪信也(dr)、光永巌(b)、田村玄一(g他)、ライオン・メリィ(key)。それに加えてテイクによって、横川タダヒコさん(99年までのメンバー)、川口義之さん、HONZIさん、西村哲也さん、上野洋子さん…といった錚々たるミュージシャンの音や声が重なって、なんともまあ賑やかなサウンド。特に、アコースティックギター(ロックバンドなのに、全体にエレキよりアコースティックの方がフィーチュア度高いのがおもしろい)、ペダルスティール、マンドリン、バイオリン、バンジョーといった弦の使い方がとても鮮やかで印象的。

ほんとカッコイイなーーー。そして、やっぱりものすごーーーくヘンだ。ミュージシャン一人ひとりの腕のたしかさはもう言うまでもないし、それが絡み合って生まれるグルーヴ(というか、「ノリ」って言葉のほうが近い)ったらとんでもないものがあるんだけど、それぞれのミュージシャンが、どっかちょっとずつ“正しく”デタラメで、それでものすごく狂ったサウンドになってる。そこに乗っかってくるのがヨタロウさんのけったいな詞と放埓ボーカルだもん、まさにメトロファルス以外のどこにもない世界。こういう音楽にこそ「オリジナル」って言葉を使うべきなんだろうな。

22曲のすべてにわたって尋常ならざる気迫とトライアルがあって素晴らしいんだけど、今の私に特にガツンとくるのは、なぜか、メトロファルスだけで演奏してるテイクが多い。たぶん、メトロファルスっていうバンドの芯にある、ロック的な図太さがストレートに出てる演奏に、今の私は魅かれるんだな。「宇宙アンファンテリブル」の、ヨタロウさんボーカル+巌さん玄さんメリィさんタダヒコさんのユニゾンコーラス、んもー男臭くてちっとも華やかさがなくて(笑)こういうの大好きだー!玄さんのペダルスティールにのってヨタロウさんがゆるゆると酔っ払いのポエトリーリーディングみたいな歌を披露する「東京憂愁酒場」は、後半bossiさんのドラム+各楽器が入ってきて、とんでもないことになってきちゃう、くそーめちゃカッコいいぞ!うはー「風来坊とアーティチョーク」のドラムもすげー。この演奏の迫力、そこらのロックバンドじゃおっかなくてとても近寄れないよ…。

うわーほんと、メトロファルスのライブってすんごく楽しそうで気持ちよさそうでショック大きそう。行ってみたい…。メトロファルス、活動再開してくれないかなー。そしたら絶対ライブ行くよーーー!2月には毎年恒例(といっても私は行ったことないけど)の企画モノ「東流会(東京流れ者会)」があるみたいで、ヨタロウさん率いるメトローマンスホテルや、巌さんメリィさんbossiさんも出るようなのだけど、うーん、初心者がイキナリ東流会はちょっと敷居が高いよな…(←臆病者)。

本当に、東京の秘宝としか言いようがないな、メトロファルス。私はいまだにムーンライダーズはもしかしたら売れることがあるかもしれないとしつこく思っている人間なんだけど(笑)、もしメトロファルスが売れることがあったら、心底驚く。でもね、売れなくてもいいんだ。ただ、シーンのどこかでこういう音が鳴り続けていることが、すっごく大切なこと。こういう奇天烈なものを内に存在させることができるかどうかってのが、「文化」だと思うから。あ、もちろん売れてもいいんだけどね(笑)。しかし困ったな、持ってないCD買い集めたくなってきた…今度はメトロファルス・ブームかよ…。


*『狂風記~極楽座で君を待つ~』メトロファルス


この記事へのコメント

fullmoon
2006年01月20日 00:58
面白いなあ。今度はメトロファルスですか。
日本一ポルカのうまいロックバンド。
売れないということで言えば、
96年から97年くらい、
たしかソニー系列からアルバムリリースの話があったのに、
ソニー側の方針変更、ディレクターの配置転換などがあったらしく、
話がなくなってしまうという不運なこともありました。
その後で「米の歌」がNHK「みんなのうた」に使われて、
シングルCDもリリースされた時が、
世の中に知られる運気だったと言えないこともないかな。
その時期に、このヒット曲のないベテランバンドが、
今では信じられない、ON AIR WEST で7日間連続ライブ
なんてのもあったし。

東流会は、以前何度か行きましたが、
出演者が多すぎて、しかも有名無名、面白いのつまんないのいろいろで、
トリのヨタロウの出る頃には、
終電の時間を気にしなきゃならない、なんてことが多かった。
最近行ってなかったけど、今回は、東流会にしては珍しく、
メトロのメンバーも出るんで、行こうか迷ってはいます。
ぜん
2006年01月20日 06:50
うわっ、こんなライヴ盤がでていたの?これ欲しいなあ。

ヨタロウさんといえばそりゃもうダリエさん(うっとり)も加入していたホーカシャンですね。ダリエさんの美しすぎる歌声に絡む野獣のような、いや、いわば爬虫類的と言ってもいい、「それ以上近くに寄らんといてーっ!」と叫びたくなる、史上最高に危険なデュエット。
ノーマルな世界からどんどん離れていくのは音楽の世界だけにしといて、日常生活は普通の主婦でありますことを、極寒の北の地から祈念しております。
moonlightdrive
2006年01月20日 08:56
うはは、メトロファルスの記事にレスがくるなんて普通じゃない。

>fullmoonさん
さすがfullmoonさん、「行こうか迷って」るんだ(笑)。fullmoonさんはメンバーの変遷とか、そらで言えたりしそうだなー。しかし「ヒット曲のないベテランバンド」、お互いこんなのばっかりに心奪われてますよねえ…(笑)。

>ぜんさん
>「それ以上近くに寄らんといてーっ!」と叫びたくなる
えーとそれは単純に、ヨタロウさんに嫉妬してる、ってこと?(笑)そして、ぜんさんがダリエさんと同じぐらい好きな(って気の多さではぜんさんも人のこと言えないじゃん!)上野さんも、このライブ盤で美しくも妖しげな声を披露されてますよー。

>普通の主婦でありますことを、極寒の北の地から祈念
はい、私自身も祈念しておりますです…。
snowy
2006年01月20日 12:25
オー ドコマデ コクナルンダロー!このblogってば。

私もこのアルバム知らなかったクチ。お恥ずかしや。買います。
#ジャケのaltに吹き出しましたよ(笑)

東流会はfullmoonさんがお書きの通り、年寄りにはかなりつらい
イベント(5時間くらい立ちっぱなしみたいな)でして、
演劇系の客も嫌いだし、足が遠のきすぎてた次第です。
今年はそんな感じなら久しぶりに行ってみようかな~。
2006年01月20日 15:38
お邪魔します。
ヨタロウさんのお顔しか知らない初心者ですが、
ジャケ画(逆柱いみり、かな?)とmoonlightdriveさんの熱い文章、
そして皆さんのライブ情報に、心乱れ始めております(笑)
トモロヲさんゲストじゃないですか!
決めた!チケぴ、行ってきます。
5時間たちっぱ、というのは、つ、つらいかもですが……。人誘えない(笑)
moonlightdrive
2006年01月20日 18:46
うわーメトロファルスの話題でコメント欄がこんなににぎやかになるなんて!みなさん因果な方ばかりです(笑)。

>snowy女史
いきなり「買います」宣言(笑)。いやこれは間違いなくsnowyさんのためのアルバムでしょう、だって玄さんのアコギ+西村さんのマンドリンの濃厚な絡みシーン(笑)なんて、snowyさんの大好物ですもんね~。

>眼福さん
すげー、逆柱いみり、ピンポンです!さすがサブカルの女王(笑)!東流会は5時間たちっぱという以前に人誘えない気が(笑)。でも今年はトモロヲさんやらポラリスのオオヤユウスケさんやら出ちゃうみたいで動員は結構あるかもですねー。どんななるんだろ?

この記事へのトラックバック