トーマス・ドルビー「AIRWAVES」カバーの破壊力!

画像また何の脈絡もなく、夏秋文尚さんカテゴリーのCD~。って、もうずっと前からこのカテゴリーに脈略ありませんが…。『CLASS of the 80's ORANGE』というタイトル(「ORANGE」と「GREEN」があるらしい)の、99年のコンピレーション。その名のとおり、80年代の洋楽をいろんな人がカバーしてる。で、この1曲めを、夏秋さんが手がけてます。ドラムももちろん叩いてるんだけど、その他アレンジも録音もミックスも(だと思う)夏秋さんという作品。

何を演ってるかというと、「Airwaves」トーマス・ドルビーのカバー。ああ、トーマス・ドルビー!エイティーズ!「彼女はサイエンス」!あと、キョージュとコラボレーションとかもしてたよね、「Field Work」だっけ、これカッコよかったなあ、レコ箱探せば12インチ持ってるような気もする。

で、この「Airwaves」も、聴けば「あ、これ!」と思い出せるヒット曲。でも、この夏秋さんバージョン聴いても元は思い出しにくい、だってものすごい大胆にリメイクされてるんだもん(笑)。でもこれが最高。メロディアスでAORテイストな原曲を、破壊的にラウドなギター・ロックに変貌させてて、素晴らしくカッコイイ!イントロで炸裂するギター、そしてドラムの響きだけで、もうリクツ抜きにブッ倒れる。そしてそこに入ってくるボーカルが、サウンドと相反するようなウィスパーボイスで、まためちゃくちゃいい感じ。これが絶叫系や歌姫系(どんな系だ)だったらたぶん興ざめ。クレジットによると、演奏は「Drums 夏秋文尚、E.G,E.B 山田直毅、Violin 武藤遊生、Vox 伊藤友美」とのこと。ギターの山田直毅さんは、たぶん昨年書いた加藤紀子さんの「ひとり気ままに旅をするのさ」を作曲した方だよね。間奏の武藤さんのエレクトリックバイオリンが、空気を割くようなクレイジーさでまたカッコイイ。トーマス・ドルビーの元曲もいいメロディなのだけど、その、楽曲が持つ輝きにすがりついてるのじゃない、こういう自由で気迫あふれるカバーは大好きだなあ。実はそれこそがいちばん難しいことなのだと思うけど。そしてなんといっても(こればっかでバカみたいだが…)、夏秋さんのドラムやシンバル…。この響きに、参る。これを聴くとしみじみ、やっぱり私は夏秋さんが自分の好きなように叩いているときのドラムがいちばん好きなんだなーと実感する。具体的にどこがどう、と言えないのだけれど、ね。この響きに、どうしても反応しちゃう自分がおかしい。


ヒトリゴト。ちょっとね、ここ2日ぐらい勝手に元気なかった。とある人にとあることでたぶん迷惑をかけてるなってことに急速に気付いて(いや、前からわかってたけど)今さら落ちこんでた。この、気持ちだけ階段を転げ落ちていく感じ、慣れてるけどツライ…。うん、でもちょっと元気出てきたかな。私は私で、誰の思いとも関係なく、自分の責任で自分をtreatしてかなきゃね。バカなままは相変わらずとして。ってよくわからないつぶやきだけど…。また「Airwaves」リピート。意味以前に、そこにある音の圧倒的な存在感にただ撃ち抜かれて、今の私は少し、自分勝手な気塞ぎから解き放たれる。


このアルバム、他にもヒックスヴィル木暮晋也さんの「YOU SPIN ME AROUND」(デッドオア・アライブのカバー)とか、高野寛さんの「I CAN'T GO FOR THAT」(ホール&オーツのカバー、高野くんハマリすぎ!)などが入ってて、なかなかナイス。中でもやっぱりこの「Airwaves」は、わざわざCDを探してまでも聴く価値アリだと思うな。


*『CLASS of the 80's ORANGE』VA


この記事へのコメント

ぜん
2006年01月11日 08:54
そりゃ、アンタ、これだけ長期に渡って勝手に「夏秋さん祭り」を開催してりゃ、本人は迷惑だわな。何事もホドホドというものが・・・って、違う?その迷惑じゃないの?
moonlightdrive
2006年01月11日 09:34
ハイハイ、ナイスツッコミありがとうございますよ~。もう元気になったのでこんぐらいじゃへこたれません(笑)。いやでもホントにねえ…迷惑だよねえ…、一般人の妄想を受けて立つミュージシャン、大変です、かなり反省…。あ、でもぜんさん、これすでに「祭り」ではなく「通常営業」の一環ですから!(←全然反省してないじゃん)
nakamura8cm
2006年01月11日 23:21
うーん、これは聴いてみたいですねえ。選曲もかなりよさげ。
…買っちゃおうかな。デッド・オア・アライブかぁ…かなり気になる(笑)
「通常営業の一環」って!(爆笑)
moonlightdrive
2006年01月12日 00:57
nakamura8cmさん、コンバンハ~。うんうん、一緒に痩身ドラマーにキャーキャー言いましょう!あ、違うか…。このコンピの解説にも書いてあるんですけど、80年代のヒット曲ってメロがいいですねえ、しみじみ。
2006年01月15日 23:32
今なんて言ったの~。キミを抱いて~いいの~好きになってもいいの~。「いい!オゲー!」…すんません。青山さん記事に反応しようと思いつつも未だに手に入れてないのでどの記事に反応しようか迷いに迷って1月も半分過ぎてしまいましたがようやく見つけた!トーマス・ドルビー!!わーおっ!「彼女はサイエンス」!わーーーーおっ!こんな素敵なアルバムがあったなんて知らなかったわよ~。というか、トーマス・ドルビーのあの辺は通りました。しっかりとね。あ、オフコースは私も一枚も持ってないんだけど(テープのみ)歌えるのが不思議だよ。
moonlightdrive
2006年01月16日 01:26
うわははは、祥さんようこそ~。「今何て言ったの~♪」いやホントいきなり問いかけるってスゲー詞だ。…とオフコースは置いといて(笑)、80年代といえば祥さん!よねー。トーマス・ドルビー、言われないと忘れがちだけど(苦笑)、この「Airwaves」とかホントいい曲。しかし見回すとみなさん、エイティーズだ90年代渋谷系だスティーリーダンだ夏秋さんだ(笑)って、時代と無関係にそれぞれ勝手に祭りやってておかしすぎる…。どうなってんの、これ(笑)。
nakamura8cm
2006年02月03日 00:45
買っちゃいましたよ。中野をさまよった日に別の街のTSUTAYAで。300円コーナーにあったので迷わず購入。カッコいいっす!ところでオリジナルどんなんだったっけ?聴いてるとは思うけど思い出せません。
夏秋さんのリーダー作って他にもあるのですか?ドラマーのリーダー作ってジャズではありふれてるけど、ロック界ではあんまり聞いたことないですよね(歌うドラマーは除いて)
moonlightdrive
2006年02月03日 10:42
ををっ、nakamura8cmさん、買っちゃいましたか~。ね、コレ、カッコイイでしょ!!(って私がいばることじゃないが。)トーマス・ドルビーのオリジナル、ここ↓
http://music.msn.co.jp/artist_page.aspx?aid=a2JV8
で視聴できるみたいだよ(WMPのみ)。夏秋さんはね、ソロCDを自主制作で1枚出してて、これがもう、ものすっごくいいんだー。(私はこないだのesqのライブ時に買わせてもらったんだけど。)歌も歌ってるんだよ。いつか月ドラで書きたいと思いながら、もったいなくて書けない…(笑)。夏秋さんのソロ作品をもっともっと聴きたいなっていうの、私の願いだなー。

この記事へのトラックバック