きたよ萌えジャケ

画像とうとうきちゃいました、萌えジャケ(笑)。いいのかこんなことで、このBLOG…。『「ギャラクシーエンジェル」キャラクターシリーズ:05 フォルテ・シュトーレン』(01年)というCDっす。夏秋文尚さんが叩いてるはずの、夏秋さんカテゴリーの1枚。「はず」っていうのは、ミュージシャンクレジットがないから(笑)。

一応このCDのことは、夏秋さんご自身のサイトのディスコグラフィーページでも『ギャラクシーエンジェル』と、ボッソリ(笑)紹介はされてるのだけど、ひと口に「ギャラクシーエンジェル」といっても、ものすごい数のCDがあるんですってば!01年に出たこの「キャラクターシリーズ」ひとつとっても、エンジェル隊主要キャラ5人の「ミルフィーユ・桜葉(さくらば)」「蘭花(ランファ)・フランボワーズ」「ヴァニラ・H(アッシュ)」「ミント・ブラマンシュ」「フォルテ・シュトーレン」の5枚があり…って、あー、こんな知識ばっか増えていくーッ(笑)!

ま、その中で、夏秋さんと縁の深い飯塚昌明さんが作編曲されてるのはこの「フォルテ・シュトーレン」1枚だし、発売月も合ってるのでまず間違いないと思われ。しかし、アニメ系CDってミュージシャンクレジットないこと多いよな…。そんなとこに注目してるの少数派か…。収録されてるのは「太陽は燃えている」という曲とそのカラオケ、そしてドラマが2編なので、曲としては1曲のみ。でも、ここで聴けるこのドラム、やっぱり夏秋さんに間違いない!って思う。イキナリドラムで始まるイントロ、あ~この響き、夏秋さんだよね!たぶん飯塚さんによるチャカポコギターに、80年代ブラス風味のキーボード。そしてちいさい「ッ」がどうにも私を悶えさせるどっか変テコなドラムパターンと、ときどき左のほうで聴こえるシャーンっていう派手なシンバルの音は、どこをどうとってもやっぱり夏秋さんとしか思えない…。あーダメ、夏秋さんが叩いてる姿思い出すとそれしか頭に浮かばなくなる…(惚)。CDの最後に収録されてる「オフ・ボーカル」バージョン(要するにカラオケ)がめちゃカッコよくて、ついそればっかり聴いちゃう。

ドラマの中では、このフォルテさんというキャラクターがエンジェル隊ただひとりの20代(22歳らしい。他の4人は10代)ってことで「大変ですねえ」と言われてたり(笑)、おでん屋で一杯やるのが好きなオヤジキャラであったりすることがわかる。わかってどうというものでもないが。

他にもあるんだよなー、夏秋さんが叩いてると思われるんだけどクレジットがないCD。こんど「夏秋文尚さん(のはず)」というカテゴリーでも新設するか…。っていうか、当初ひっそりと始めたはずのこのカテゴリー、記事数多いっつーの(笑)!他カテゴリーはみんな複数人数で担ってるんで、ひとりあたまにしたらダントツ。って、こんなことでダントツにされても迷惑か…。申し訳ナシ。

あ、それと、飯塚昌明さん、今日がお誕生日!Happy Birthday To You~♪ おめでとうございます!!これからもステキな音楽とスバラシイギターとカッコイイ弾き姿をめちゃ楽しみにしてまーす。


『「ギャラクシーエンジェル」キャラクターシリーズ:05 フォルテ・シュトーレン』


この記事へのコメント

nakamura8cm
2006年02月23日 00:10
うわあああ、やっちゃったよ!この界隈ではアニメに詳しいほう(か?)の私でも、最早フォロー不能ですっ!(笑)
このCD買ってカラオケばっか聴いてるのは、宇宙でねーさんただ独りだと思いまーす!(爆笑)
…それにしてもスゲー胸だ。重そうね…
monnlightdrive
2006年02月23日 09:47
nakamura8cmさん、小まめなコメントどもです~(笑)。「やっちゃった」ってそんな…。いやジャケはこんなですが、ドラムはカッコいいんだってば!宇宙は広いですからね、私以外にもいるでしょう、たぶん(笑)。ほんと夏秋さんの叩く音聴いてるとシアワセになれる…。この胸ねー、モノには適量ってもんがあるよねえ。

この記事へのトラックバック