声優さんCDの中の痩身ドラマーと長身ギタリストに (惚)

画像なんだかアニメの館みたいになってます(笑)。ここは2HEARTSのファンブログかっていう…ま、いいか。このCDも夏秋さんがドラム叩いてるので夏秋文尚さんカテゴリーですが、むしろどちらかっていうとギターの飯塚昌明さんにドキドキ要素が大きいかも…。って何しゃべってんだかわかんないですよね、もーほっときましょう(笑)。

『EVER FREE』(04年)。このあいだ記事書いた2HEARTS(声優の立木文彦さんと森川智之さんのユニット)のファーストアルバムに続く、マキシシングルでっす。初回盤はCDとDVDの2枚組。CDのほうは、ファーストにも入っていた「EVER FREE」で始まるんだけど、プレステのソフト「真・三國無双3」のイメージソングになったということで、「musouバージョン」らしいですよ(って、どうでもいい知識ばっか増えてくな…)。夏秋さんのシンバルの音、そしてタムの連打にうっとり~。また次の「ギャンブラー!」がすっげーハードな曲で、ドラム、かっちょえええーーー!もう、あの知的で静謐なイメージの夏秋さんが、こんな激しいドラム叩いてるってとこに、ブッ倒れちゃう。えーん、カッコよすぎ(泣)。そしてどこかに必ず含まれる“夏秋文尚”成分に、あーやっぱり、ってクラクラしちゃうのだ…。飯塚さんのメロディも素敵なんだよね。彼の書くメロディは、どんなタイプの曲でも、いつも上を上を希求してる感じがして、彼のストレートでほがらかなキャラクターがとてもよく出ていてスゴクいいなって思う。それは、飯塚さんの弾くギターのフレーズもそう。

でね、2枚組のもう一枚ってのが、2HEARTSのファーストライブ@Zepp Tokyoを収録したDVDなんだけど、いやーこれ、いろんな意味でスゴイ。まず、その客層が~!見渡す限りの女子女子女子。うわ~こんなにたくさんの若い女の子にキャーキャー言われたら男子はウレシイだろうなあ。バックをつとめるのがネオロマのライブではおなじみ(らしい)の飯塚昌明さん率いる「BLOODY RUBY」なんだけど、キャーーーもう、飯塚さんの200%ロックミュージシャンなたたずまいにドッキドキですよ、カッコイイーーー(惚)!(←ってまた惚れてますけど。)スラッとした長身に、顔にかかる長めの髪、花柄のシャツを胸の真ん中まで開けて着ちゃって、黒の革のパンツ、で木目のレスポールをギュインギュイン言わせるこの姿、音楽系女子はまちがいなく惚れるでしょう!!足長げー。指の動き速えー。途中のギターソロで、でかいクロスのネックレスした胸元がアップに…あーもうヤバすぎです…(悶)。ま、こんなカッコイイ飯塚さん、実は私と同い年なんだけどね(笑)。中年の星(笑)。私、基本的にギタリスト好きなんだけど(←どうでもいいか)、だいたいがオウト・オブ・メイン・ストリームな音楽ばっかなんで、この飯塚昌明さんはその中では、いっちばんロックギタリスト然としたギタリストかもなあ。マジカッコイイっすよ。でも、飯塚さんのサイトの日記とか読むと、ものっすごい気さくでおっかしい人で、そのギャップがまたたまらない。うはは。

と、CDの中の痩身ドラマーやDVDの中の長身ギタリストにキャーキャー言ってるばっかでメインアーティストである2HEARTSに全然触れてませんでした…。ま、これだけの女子に「ふ~み~ん!」「トシ~~!」なんて黄色い声飛ばされてれば私の地味な声援など不要でしょうが。でもこのおふたり、歌うまいし、やっぱり何といっても声がいい。ハスキーヴォイスとスウィートヴォイスのタッグは強力。下手な歌手より全然ステキです。

というわけで、結論としては、何だろう、やっぱり夏秋さんと飯塚さん参加の「ウクレレカフェカルテット」をナマで見れたら大変シアワセかなー。…って、そこでは夏秋さんドラム叩いてないし飯塚さんギター弾いてないんだけど(笑)。見たい見たい。


*『EVER FREE』2HEARTS


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック