「オフィス大都会ラジオ」こんどはウエケンさん!

画像前々回記事にした、バンブルビーレコードの「オフィス大都会ラジオ」(http://voiceblog.jp/daitokai/)、早くも第8回がアップされてますね。『面白くもなんともない前回を早速悔い改め』って、自分で言わなくても(笑)。今回は、こないだ私も聴きに行った(→記事)、上田ケンジさんのインストアライブ@新宿タワーレコードの音源~。ゼイタクにもあの時演奏した4曲全部をアップしてくださってます、うれしー。音質は相変わらず劣悪ですが(笑)、ウエケンさんの歌とメンバーの演奏は素晴らしい…。

とっつきの「今日のメンバーを…」という台詞で笑いが起こってるのは、ウエケンさん、もう演奏に入るよって体勢になってから、思い出したようにおもむろにメンバー紹介したからなんだよね。この、穏やかなのにブッキラボーな彼のキャラ、すごくいい(笑)。そして何度も言うけど、ウエケンさんの声って素敵だなあ…。普通にぼそぼそ喋っているのを聴くだけでも、うっとり夢見てるような気分になっちゃう。こんな声に口説かれてみたいけど、ウエケンさんみたいな人の前では口説かれるより先に陥落しちゃうね、女子は(…って何言ってんでしょう私)。

その声で、いいメロディたちが歌われる。上田さんはけっして「巧い」という形容はされない歌い手さんだと思うのだけど、揺らぎを含んだ声が素っ気なくメロディをなぞるこの感じ、たまらなくよくって、やみつきになる…。岡村さんのバイオリンと十川さんのキーボードが、あらためて聴いても素晴らしいサポートぶり。雑然としたあの売り場の片隅で、こんな清冽な音鳴らすなんて。ウエケンさんの歌、また、生で聴けるといいな…。


ところで、ウエケンさんはご自分のサイト(http://ueken.uccello.jp/)も持っていて、BLOG「ueken murmurs」(http://blog.livedoor.jp/uekenweb/)もやっていらっしゃるのだけど、このBLOG、最近は更新頻度低めながらも、すんごくおかしくて同時にせつなくって、もう大ファンです。最近さかのぼって一気読み。ずいぶん前の記事で、彼が出身地である北海道に帰ったときの話題があるんだけど、「若草公園」バックに撮った写真が載っててね。そう、「カノン」の歌詞に出てくる公園。歌詞カードの上の文字と現実をつなぐ糸に思いがけず触れて、ちょっとキュンとした。ウエケンさんの文章はなんともいえない味があって、当たり前といえば当たり前なんだけど、いい歌詞を書く人って、素でもいい文章書くよなあってしみじみ。博文さん、直枝さん、ウエケンさん、みんなそう。使い捨てた鼻紙にも詩があふれてるんだ。


とまあこんな俄かウエケンファンがキャーキャー言っててすみません。にしても、パンクスに恋したのは私の人生初かもね(笑)。「元」がつくのかな、どうなんでしょうウエケンさん。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック