塀の上で

画像カレンダーが赤文字エリアへと突っ込んでからは、否応なしに子どもたちと公園へ動物園へという毎日を過ごしていて、少々ヘトヘト。でも、アタマの中ではぼんやりと、野音のムーンライダーズ30周年記念liveのことを相変わらず思い返したり。もう、1週間経つんだなあ。出演したすべてのゲストについて詳しかったわけではないけれど、思ってきた深さと長さでは、やっぱり私の中では肩を並べるもののないバンドだから、あのライブで演奏されたほとんどの曲(=ムーンライダーズナンバー)には、いちいちいろんな感慨がつきまとう。

たとえば、遠藤賢司さんとともに歌われた「塀の上で」。これ、以前に『特別な思い入れのある5曲』にも入れたぐらい好きな曲。ムーンライダーズの、というよりは、はちみつぱいのナンバーだね。

どっちがより好きか、なんてことは到底(たぶん一生)言えないけれど、はっぴいえんどと同じくらい、はちみつぱいが好き。はっぴいえんどだって当時はけっしてメジャーな存在ではなかっただろうと思うけれど、ヴァイオリンやペダルスティールを入れた編成で自らのサウンドをよりローカライズしながらも、その場所からロックの「永遠」に届こうとした、はちみつぱい独特の意固地なチャレンジのありように魅かれる。そしてそのかたくなな美意識が実際に手に入れた、『センチメンタル通り』というたった一枚のオリジナル盤の、あまりの美しさと哀しさ。何度聴いても、言葉なくただ打たれる。

特に、「塀の上で」と「センチメンタル通り」。もう、ただただ、美しいとしか言えない曲たち。この2曲を生み出したって功績だけで、たとえその後のムーンライダーズの歴史がまったくなかったとしても、鈴木慶一という人はロック史に名前が残っていいと思う。こんな名曲を2つも書いたら、それで十分なぐらいでしょ、ほんとは。そして、もうひとつ好きなのは「月夜のドライブ」。この曲への思い入れについては過去に書いた(→記事)。そういえば、このアルバムの「月夜のドライブ」間奏でのクレイジーなサキソフォンは、若き日の坂田明さんなんだっけ、なんてこと思い出して、その息子である坂田学さんが今ライダーズのサポートドラマーをつとめることに、時間がメビウスの輪のごとくねじれてつながるような、不思議な感慨をおぼえてしまう…!

イントロの美しさが絶品の「月夜のドライブ」、アウトロから次の「センチメンタル通り」につながる部分も、何度通過してもせつない感じに襲われる。表題曲「センチメンタル通り」も、イントロ、メロディ、慶一さんとかしぶちさんが回しあうボーカル、すべてがたまらなくいい。でも、先述の『特別な思い入れのある5曲』に、「塀の上で」を入れてしまったのは、やっぱり、この詞があるから、なのかな。
『羽田から飛行機でロンドンへ
ぼくの嘆き持ってお嫁に行くんだね』

今の世の中ではリアリティを持つとも思えないこの言葉が、今でもリアルで痛切な思いを胸に投げ込んでくるのはどうしてだろう?そんなこと思いながら、あの日も、慶一さんとエンケンさんがつぶやくこの歌詞を、ひとつひとつ大切に聴いてたんだ。


一昨年から去年の始めあたりにかけて、私に、空前の「はちみつぱいブーム」が起きていたことがあって、あれはいったいどういうわけだったのか自分でも不思議なのだけど、たしかそのころ、慶一さんがそういうモードだったのか、ぱい時代のナンバー---「月夜のドライブ」とか「こうもりの飛ぶ頃」とか「たばこ路地」とか---をライダーズやThree Blind Mosesのライブでよく演っていたんだよね。今、はちみつぱいのCDで普通に手に入るのは『センチメンタル通り』とライブ盤の『SECOND ALBUM(in concert)』の2枚だと思うんだけど、熱に浮かされた私のいつもの癖で、そのとき、手に入りそうなはちみつぱいの音源はすべて探して買ったんだった。春一番とか、フォークジャンボリーとか(たとえばこの記事)、再結成ライブのCDとかVHSとかね。その後出た、『ワン・ステップ・フェスティバル』(74年の郡山でのライブを収録した4枚組CD、はちみつぱいが数曲入っている)なんてのは、さすがに買っていないのだけれど…。でも、そんな私を今すごく悩ませてるブツがこれ。『春一番BOX』…。ここに入ってるはちみつぱい4曲のうち、これまでのオムニバスで出てるのはたぶん「塀の上で」だけなので、他の3曲、聴きたいなあ…。ごまのはえも武蔵野たんぽぽ団もフォージョーハーフも、すごーく聴きたい…。がしかし18900円なあ。うーん悩む…。


*『センチメンタル通り』はちみつぱい


*そうそう、このはちみつぱい記事は、nakamura8cmさんとこの記事のコメント欄で「武川さんソロで『月夜のドライブ』やってましたよ」と教えてもらったことと(知りませんでした!)、モスコさんとこの記事のコメント欄で「はちみつぱいの『月夜のドライブ』聴きましたよ」と話題に出してくれたことが、メチャキッカケになってます(記事は「塀の上で」だけど)。おふたりとも、どうもありがとう!

この記事へのコメント

2006年05月07日 16:30
わ~。こちらこそ、本文中にありがとうって言ってくださって、どうもありがとう!(リンクも!)
今も聴いていますよ、「月夜のドライブ」!私が借りたのはオリジナル・アルバムではなくて「喫茶ロック・ビクター編」ていうのだったので、はちみつぱいはこれしか聴けないのが、何とももどかしくなっています(「塀の上」聴きたい!)
「喫茶ロック」なんて言葉、なんだかヤなカンジですが、はちみつぱいの他にも、ごまのはえ、六文銭とかも入っていたので、選びました。と言ってもホントここら辺、全然聴いたことないんですよね~。だから新鮮だし、とてもイイんで、楽しいです!アエラのFolk特集読みながら、ちょっと盛り上がっています。「春一番BOX」ってスゴイなぁ。あまり価値を分かっていない私でも、思わず欲しくなっちゃいますね、これw
が!春一番って今、まさにやってたんですね!しかも大阪で!ガビンッ!そーゆうこと、何にも知らなかったから、気づくの遅かったです。ちょっと見たかったなぁ。
moonlightdrive
2006年05月07日 20:12
モスコさん、こちらにまでコメントありがとうございます~。うふふ、モスコさんのひょんなひと言がこんな文章に発展しちゃいました。「喫茶ロック」だったのですね~、それにしても古今も和洋も難なく飛び越えるモスコさんの聴きっぷりには、いつも惚れ惚れします、見習いたい!この辺の70年代の日本のフォーク~ロックも、ハマり始めると底無しですよね、私もちょっぴり知っているだけなんで、まだまだ旅を続けたいと思いますー。
2006年05月07日 22:35
「塀の上で」はその歌い出しの美しさについて、エンケンが絶賛していたのを前にどこかで読みました。でもまさかエンケンの歌う「塀の上で」が聴けるとはね、驚きと感動でした。僕ははちみつぱいのアルバムを聴いて、最初に好きになったのが「月夜のドライブ」なんですよー。思い入れたっぷり。武川ソロも味があってステキでしたよー♪

『春一番BOX』は僕もちょっと興味ありです。でもこないだURCボックス買ったばかりだし、なにより値段が値段だし。悩ましいなぁ。
moonlightdrive
2006年05月07日 23:57
石ばしさん、どうも!
私、ずーっと日本のロックばかりを聴いてきてるくせになぜか遠藤賢司さんってこれまで一度も聴いたことがなく、先日の野音がほんとに初めての体験だったので、いろんな意味でうわーって感じでした。「塀の上で」で、はちみつぱい~ムーンライダーズと(歴史的にも精神的にも)クロスする部分を、そして持ち歌でそれとは離れた彼らしい部分を、と同時に見せてもらったみたいな気がして、たった2曲だけど圧倒されましたね。武川さんソロも、今さらだけど、聴きたかったなあ。30年も前からずっと、武川さんは「月夜のドライブ」のあのイントロのヴァイオリンを弾いてるんですよね~。
2006年05月08日 00:06
僕はもちろんはっぴいえんども好きだけど、はちみつぱいの方がもっと好きです。ぱいは無骨と言うか不器用と言うか、どうしても感情がはみ出ちゃって暑苦しくなってしまう感じがグッときて泣けます。後半3曲も圧巻ですが、「塀の上で」「土手の向こうに」「僕の幸せ」の頭3曲の流れが特に好きですね(号泣)。『春一番BOX』は買い・・・。
moonlightdrive
2006年05月08日 09:59
うふふ、さすがけすいけさん、若いのにホント激渋好み!でも、けすいけさんもご自分のBLOGで言っていたけど、渋いといわれる彼ら、この当時20代なんだものね。やっぱり現代の大人が幼稚すぎるのかも。慶一さんがはちみつぱい解散ライブの「塀の上で」で、名台詞『さよなら、ロックンロール少年、ロックンロール少女…』を飛ばしたとき、弱冠23歳だよ。凄いよね。あー「春一番BOX」どうしようかなあ。
nakamura8cm
2006年05月08日 22:19
エンケンは何やるのかなあ、とドキドキしていたのですが、これか!
慶一さんが歌いだしてからエンケンが「ちょっと待って!」と止めに行ったのはオイオイでしたが、よく考えるとエンケンの音楽に対する真剣さが現われていたのだと解釈。ハモニカと歌のみでギターを手にしていないエンケンというのは、初めて見たレアな絵でした。そして、エンケンの囁き系のほうのヴォーカルスタイルで切々と歌われる「塀の上で」痺れました。やはりギターなしでは終われないエンケンの、次の曲での暴れっぷりは、2曲でキッチリ自分を見せる!という気合に溢れていましたね。
(「はちみつぱい」や、「月夜のドライブ」については既にここの他の記事で語っていたので、エンケン・ファン視点からコメントしてみました・笑)
nakamura8cm
2006年05月08日 22:23
そうそう、坂田学って坂田明の息子なんだ!勉強になります!
昨年の細野バンド(東京シャイネス)に高田渡の息子さんがいたことを思い出しました。
moonlightdrive
2006年05月09日 09:43
nakamura8cmさん、ども!エンケン・ファン視点のコメント、うれしいっすよー、知らないこと多いので。そうそう、あの2曲の中でのエンケンさんの変貌っぷりもオモシロかった。あの幅が、彼なんですね~。衣裳もギターも、度肝抜かれたなあ。

「二世」ってどの世界でも私あんまり好きじゃない…っていうか、かなりの偏見持ってるんですけど、ホントに才能ある人は、そんなちゃちな偏見も軽く蹴っ飛ばしますね。坂田学さんのドラムは、父上のサックスと通じるものあるなあって(よく知ってるわけじゃないけど)すごく感じます。やっぱりはちみつぱい~ライダーズの世界には合ってるのかも。
moonlightdrive
2006年05月09日 13:49
もうちょっとちゃんと考えてみると、私は「二世」が好きじゃないのではなく、二世だってだけで浮足立つ「周囲」がキライなんだな。才能のある本人には何の関係もない、周りの過剰な雑音がね。

この記事へのトラックバック