プレイリスト「雨にとじこめられて」

梅雨の季節ですね。水瓶座の生まれだからというわけではないだろうけれど、雨に降られるのは嫌いじゃない。ただひたすら落ちる雨音に、会話がとじこめられてしまうようなあの感じ、好き。というわけで、プレイリスト「雨にとじこめられて」、作ってみました。雨の歌ばかりでもなくて、私が「雨」や「水」を感じる曲を集めてみた。かなりの雨量です。雨というよりはもう、水の中に塗りこめられちゃってる。身体も指先も水に侵されて、水槽の中の金魚みたいな気分。ゆらゆらです。ああ、気持ちいい。

A side

画像1. 「服を脱いで、僕のために」ムーンライダーズ
(アルバム『月面讃歌』98年 より)
といいながら、あんまり雨っぽくない曲でスタート(笑)。でも、「水の音がする」…だよね。たゆたってる。作詞・鈴木博文、作曲・かしぶち哲郎、という組み合わせの名曲。たまらなく大好き。このアルバム『月面讃歌』と、その裏セルフカバーアルバムである『dis-coverd』、私はどちらも好きなのだけれど、この曲に関しては、断然こっちのバージョン。
画像2. 「センチメンタル通り」はちみつぱい
(アルバム『センチメンタル通り』73年 より)
一気に25年の時を遡るけれど、さすがにムーンライダーズとはちみつぱい、違和感ない(笑)。あまりにも有名な曲だけれど、このなんともいえない揺らぎを味わいたくて選んじゃった。冒頭で「海岸通りは大粒の雨」。降ってます降ってます。
画像3. 「十二月の雨の日」はっぴいえんど
(アルバム『はっぴいえんど』70年 より)
はちみつぱいからさらにはっぴいえんど。はっきりと「12月」の歌だけど、入れちゃった。この曲を聴いたときの衝撃って、今でも身体が覚えてる。今でも、これ以上に「雨の匂い」をリアルに感じる曲って、ないと思うな。
画像4. 「金魚鉢 Live version」
(オリジナルサウンドトラック『Don't Trust Over 30』03年 より)
03年にケラさんが手がけたミュージカル『Don't Trust Over 30』のオリジナルサウンドトラックより。タイトルはもちろんムーンライダーズのアルバム名からで、音楽監督が鈴木慶一さん、劇中生バンドのベースは鈴木博文さん、というお芝居だった。これについて語ると記事3つぐらい書けちゃうのでそれはまた。こんときのユースケ(サンタマリア)さんには、マジ惚れた。この曲は、芝居に出演もしていた知久寿焼さんの作品。ものすごくせつないメロディ。
画像5. 「蜜柑水」クミコ
(アルバム『AURA』00年 より)
松本隆さんと鈴木慶一さんがプロデュース、というクミコさんの00年の『AURA』より。うーん、見事なはっぴいライダーズの流れ(自己満足・笑)。この曲はcobaさん作曲。水分たっぷり、ゆらゆら、たぷたぷ。深くまで潜る。
画像6. 「Iron Rain」The SUZUKI
(アルバム『Everybody's In Working Class』97年 より)
A面の最後はThe SUZUKIで。博文さん作詞作曲の「Iron Rain」。窓を雨が伝い続けている。とじこめられて、外には出られない。この曲も大好きで、勝手に、別BLOG(「子めくりかれんだー。」)のHNに使っちゃってるほど。

B side
画像1. 「タンポポの微笑」パール兄弟
(アルバム『TOYVOX』89年 より)
B面は、パール兄弟から。パール兄弟のせつなさとはかなさが出てるこの曲、大好きだ。地下採掘場で撮ったPVも最高にカッコよかった。一見晴れていそうなタイトルだけど、「塵や雨が地球を変えていく」「水や罪が星を変えていく」…ね。そういえばそのPVでも、たしか黄色いレインコート着てた。
画像2. 「Water Pistol」チューインガム・ウィークエンド
(アルバム『KILLING POP』98年 より)
実は、このセレクトをしてみようかなと思った発端が、チューインガム・ウィークエンドのこの曲。広くて深い水の中にゆったり身体ごと包まれてしまうような、本当に素晴らしい曲。どうして彼らの音楽は、こんなにせつないんだろう。ほっとくと泣きそうになっちゃう。「解けない魔法がまだ 胸で鳴り止まない」…。
画像3. 「扱いにくいコップ」ハイポジ
(アルバム『4n5』99年 より)
コップ、で、水つながり。もりばやしみほさんって人は、キュートでカワイくて、同時に相当な危険人物だ。この曲の柔らかさと鋭さったら。
画像4. 「安楽のスレイブ」上田ケンジ
(アルバム『青』06年 より)
ぐらんぐらんと私を揺さぶるような曲ばかりでヤバイ。この曲も、視界ごと水槽の中。上田ケンジさんの曲は、このアルバムタイトルどおり、寒色系のイメージ。やっぱり、北海道出身ってこともあるのかな。彼の中の水も空気も冷たくて、でもなぜか、やさしいんだ。
画像5. 「19世紀の人魚」青山陽一
(アルバム『Sings with the Blue Mountains』90年 より)
うーん、いいつながりだなあ(自画自賛)。青山陽一さん独特の、不思議に反射する水の中で泳ぐ気持ちよさ。いちど味わってしまうと、戻れないんだよね。
画像6. 「ヤヤ・ブルー」タイツ
(アルバム『ラジオ・デリカテッセン』89年 より)
最後は、タイツ。「水の惑星」を入れようかなと思ったのだけど、今まで選びすぎてるので、「ヤヤ・ブルー」で。これも、たまらない名曲だなあ。もう、かなり降りこめられている感じ。この先どうしようか、困惑したこんな様子のまま終わるのも悪くない。タイツだなあ。好きすぎる。

もう、水という形をとるしかない湿度の高さ。全身ズブズブでびしょぬれで、シャツの中にも長靴の中にも水がしみこんで、視界も揺らいで青い。ビルの頭まで水に浸かった街で泳ぎ続けてる。自分で作ったプレイリストだから当たり前だけど、かなりヤバイです。せつなさに圧倒されそう。雨や水の曲はたくさんあるんだけど、今日私が選んだこれは、どっかすさみや歪みを抱えてる曲たち。傷を抱えながら透明なものに向かう感じを、今の私が好きなのかもしれない。とじこめられたまま、ここにいてもいいかな。

この記事へのコメント

2006年06月08日 23:12
むう~。やられました。今回のこのセレクトは凄いなぁ。知らないものも聴いてみたくなりました。一緒にズブズブと水瓶座のテンションの高さと湿度好きなあの感じ、共有したいですね。私も考えようかな。それとそろそろ上半期ベストも考えなきゃね。「タンポポの微笑」、マイりました。
moonlightdrive
2006年06月09日 10:04
祥さん、コメントありがとー!うふふ、今日も朝から自作のこのプレイリストの雨にアタマからざばざばと打たれてます…よすぎてヤバイ…(←大バカ)。そうそう、湿度好きなのかも。どんどん深くまで潜ってっちゃって止まんないよ。祥さんのセレクトもすっごい興味あるなー。
moonlightdrive
2006年06月09日 10:22
今ふと気付いたけど、パル兄とタイツのこのジャケ、似てるね。4人だし。魚泳いでるし。しかもどっちも89年だし。並びが、ドラマーとギタリストが逆だけどね。情けなくてせつなくて嘘っぽくて最高にロックで、両方とも大好きだー。
moonlightdrive
2006年06月09日 10:30
『TOYVOX』と『RADIO DELICATESSEN』っていうタイトルも、そういえば視線の向け方に共通するものあるよね。フェイクに満ちた世界の中で、それでも、ひとかけらの“ホント”を、バカみたいに探さないではいられない、一色さんもサエキさんも、そんな人なんだよなーーーー。ああ、好きだ。(ってまた妄想入ってますが…)
2006年06月10日 14:47
A-side B-sideってこだわるのよーくわかる。
もりばやしさんってこんど3人でなんかするみたいだねぇ。
moonlightdrive
2006年06月11日 15:55
夏子、コメントども~。
そうそう、最初は「タンポポの微笑」をA面に入れてたのに、はっぴいライダーズの流れを活かすべくB面に移動したり。「う~ん、これじゃA面が分数長すぎるな…」と悩んだり。実際カセットにいれるわけじゃないのに(笑)。しみついた習性ってのは抜けないもんです…。

この記事へのトラックバック