プレイリスト「冬の散歩道」

めぐる季節の中で、いつごろがいちばん好き?って聞かれれば、迷わず、冬。ピンと張りつめた空気、白い吐息、少し重たいダッフルコート。曇るガラス窓と、タータンチェックのスカートと、コーヒーの湯気と直線の風。ただでさえ言葉少なな彼と言葉足らずな彼女は、凍りかけた池の冬鳥を眺めながら、きっといつまでも黙ってるんだろう。でも、それでいい。きみがいて、私がいる、それだけが何よりいとおしい季節。言い出しかけてはやめてばかりの空白は、そのままやさしさに読み替えて、ポケットの中へ。急がなくていいから、冬の中を、宛てもなくただ歩いていこうね。

プレイリスト「冬の散歩道」、作ってみました。つめたい空気を分け入る歩幅に似合う歌たち。私が勝手に「冬」を感じるものも入ってるから、正確には冬の歌じゃないのもあるけど、ね。好きな季節だけあって、ほんとに大好きな曲ばかり並んじゃった。そしてなぜだろう、どことなくフォークロックな感じ。


Side A
画像1. 「モリスンは朝、空港で」佐野元春
(シングル『グッドバイからはじめよう』83年 より)

これは、ひとえにこのジャケを並べたくて。いい写真。83年3月、ちょうどナイアガラトライアングルvol.2の1年後に出たシングル盤のB面から(のちに『No Damage』なんかにも収録)。佐野くんの曲のどうにも外国的な匂いは、その当時ものすごく衝撃的だったけど、今聴いてもやっぱり日本人離れしてるな。さざめきの中、街が目を覚ます。
画像2. 「WHITE STEAM」グランドファーザーズ
(ベストアルバム『GOLDEN HARVEST』99年 より)

ニューヨークから一気に日本の田舎町へ。オリジナルは87年のインディーズ盤。詞だけ読むとものすごく土着的なんだけど(今気付いた…)、メロディはどこでもない国をふわふわ漂っていて、どっか不穏な感触といい、つくづく青山さんだ。
画像3. 「カノン」上田ケンジ
(アルバム『青』06年 より)

去年のベストアルバムの1枚に選んだばかりのウエケンさん『青』から。中でもいちばん好きな曲。いつかひとりで札幌に行くことがあったら、この詞の中に出てくる白樺の「若草公園」を訪ねてみたいな、なんて思ってる。
画像4. 「シュプール」松尾清憲
(アルバム『SPIN』04年 より)

ぼくら 逃げる うさぎだった
生きるだけで 精一杯の


松尾清憲さんのこの曲、歌詞を鈴木慶一さんが書いているのだけど、これが本当に素晴らしくって。情けない詞を書かせたら慶一さんの右に出る人、ほんといないな…(ホメてます)。胸が痛くなるほどの、白一面の世界。
画像5. 「真冬のランドリエ」大江千里
(アルバム『未成年』85年 より)

個人的に、過去のねじれた恋を2つほど思い出さないわけにいかない曲…だね。私が知ってるかぎりの大江千里くんのナンバーの中で、いちばん好きかも。この何気なさが、たまらなくいい。
画像6. 「月曜のバラッド」青山陽一
(アルバム『DEADLINES』06年 より)

詞の中には冬を示す言葉は出てこないけれど、どうにも、寒い朝の白い吐息を感じさせる曲。大好き。チェックのネルシャツや、大きなベッドや、背の高い郵便受け、冷たい敷石の舗道、歌詞にない映像までさまざまに浮かんでくる。

B side
画像1. 「紅茶の温度」タイツ
(アルバム『GET CULT』93年 より)

ああ、フォークロックだなあ。なんども書きまくってるけれど、タイツナンバーの中でもとりわけ好きな、宮崎さんボーカル曲。すれちがう恋ばかりしてる私には、一色さんの書く詞のエピソード、痛いほどわかるよ。
画像2. 「A FROZEN GIRL,A BOY IN LOVE」ムーンライダーズ
(アルバム『DON'T TRUST OVER THIRTY』86年 より)

タイツつながりで、滋田みかよさん作詞のこのナンバーを。言うまでもない、私の運命のアルバム『ドントラ』に収録の、武川雅寛さんの名曲。そう、冬にかわされる「約束」ほどせつないものってない。
画像3. 「代官山エレジー」藤井隆
(アルバム『ロミオ道行』02年 より)

松本隆作詞・堀込高樹作曲。のちにキリンジのセルフカバーも出たけど、ここはオリジナルの藤井隆バージョンで。こっちのほうがAOR度が高いような気がするね。枯葉とトレンチコートと乾いた風、「ルビーの指環」の系譜にある世界。
画像4. 「君の胸に抱かれたい」キリンジ
(アルバム『3』00年 より)

で、キリンジ。これはまったく冬の歌じゃないんだけれど、ひそやかな魔法を閉じこめてるような曲調が、冬に似合う気がして。おとぎ話を、いつもより少し信じられる季節。つめたい空気の中、届くはずのないものに、ふれられたらいいな。
画像5. 「おてちょ。(Drop Me A Line)」矢野顕子
(ライブアルバム『グッド・イーブニング・トウキョウ』88年 より)

これも、冬の空気にすごく似合う(と勝手に私が思う)曲。このライブバージョン、ほんとに好きで好きで。87年12月の東京厚生年金会館、私は2日とも観に行ってて、その「バンドサウンド」のありように心底ブッ倒れたライブ。高橋幸宏、小原礼、坂本龍一、窪田晴男、吉川忠英、って、まあブッ倒れるなっていうほうがムリ。
画像6. 「駅は今、朝の中」ムーンライダーズ
(アルバム『ANIMAL INDEX』85年 より)

最後はもう1曲ムーンライダーズ。どうかな、季節は冬じゃないかもしれないけれど。これもなんども書いているけど、博文さんのこの詞は、私にとってのひとつの「答え」。たったこれだけの数の何気ない言葉が、届く場所の致命的な深さ。もたらす痛みの複雑さ。もう20年もずっと。

以上全12曲のプレイリスト。あー聴けば聴くほどいいな。そしてなぜだか全体に、ものすごくアコースティックギターが鳴ってる感じ。おもしろいね。つめたい風を感じながら散歩を続けるって、フォークロックな行為なのかもしれない。並べた曲、じつに83年から06年までの幅があるのに、ぜんぜん違和感なく聴けるのもスゴイ。しみじみ、素晴らしい音楽に恵まれてるな…。

冬。自分ってどうしようもなく「独り」なんだなってことを引き受けながら、それでも、指先を伝わってくるきみの体温を信じないではいられない季節。たとえ瞬間のできごとでもね。そんな冬が、大好き。


この記事へのコメント

yoiko
2007年01月08日 20:36
moonlightdriveさんあけましておめでと!今年もお互い妄想炸裂させようね。あぁ、私なんか情緒も何もないので「冬って生命の危機を感じるな…」とか思っちゃうんだけど(笑)すてきだな。「月曜のバラッド」冬だね、完全に。しかも雪降った翌日の晴れた朝。なぜならそんな頃出たから(さいてー)いや、ほんとそう思うんだぁ。キリンジ「3」も冬っぽい曲多いね。「代官山エレジー」は泣ける。しかも藤井隆って少年性秘めてる気するから、そこもなんかね…(冬と関係ないか)
nakamura8cm
2007年01月08日 23:47
「駅は今、朝の中」えっ、冬でしょ?と思って歌詞を見なおしてみると確かにはっきり冬とは分からないですね。次の「僕は走って灰になる」が完全に冬って言ってるから引っ張られてたのか…でも冬ですよね、絶対。
『グッド・イーブニング・トウキョウ』ライブ!てことは大村憲司さんも見られたのですね。いいなあ。
元春のシングルも持ってる!いいですよね。A面も好き。
moonlightdrive
2007年01月09日 00:38
コンバンハー。コメントどもどもです!

>yoikoさん
あけましておめでとー!妄想仲間だからね~今年もヨロシク。
>「冬って生命の危機を感じるな…」とか
うはははは!まあ実感レベルではね(笑)!なんか歌詞で「冬」って言ってないのに冬を勝手に感じちゃうとか(ま、妄想だが)そういう音楽の力って素晴らしいなーなんて思ったり。そうそう「3」はね、yoikoさん印の「千年紀末に降る雪は」もあるし。「むすんでひらいて」もなんか冬っぽい。

>nakamura8cmさん
ね、そうなの。あらためて詞を眺めると冬でもなかったり。そうそう「僕は走って~」が冬だし、でそんなイメージ。でも…きっと冬だよね。アッコちゃんライブ、そうなんだよね、ゲストで大村さん。六本木ピットインの矢野×大村も何回か観てるんだけど、これ!というしっかりした記憶がなくて。もっとちゃんと見ておけばよかったです。佐野くん、最初は「グッドバイからはじめよう」を入れようと思ってシングル引っ張り出したんだけど、B面のほうが「散歩」っぽかったのでこうなったのだ。うん、両方好き。
2007年01月10日 22:58
やさしくすればするほど~はなせなくなるぅ~いっそふかくきずつけてしまえるならぁああぁああ~真冬のランドリエにぃ砂まじりのおんぷう~♪(←ノリノリ熱唱中)
…あ!失礼(汗)。ついつい自分とこの気になって歌ってしまいましたよ。ハハハ。名曲っすね~、「真冬のランドリエ」。だいたい、このジャケからソソルでしょ、姉さん!今年は大江千里、密かに聴きまくりたいと思ってます。それに佐野さんもいいなぁ。佐野さんは冬が良く似合う。「カフェボヘミア」あたり、12月~1月に猛烈に聴きたくなるもの。
正月の一番大荒れの日のぶらり東京レコツアー(←バカだよ、バカ)の準備やらナニやらで遅くなっちゃいましたけど、今年もどうぞよろしくお願いします。
moonlightdrive
2007年01月11日 10:53
うわはは、歌いながら来るし(笑)。ハイハイどもども~、大江千里くんで反応してくれるのは祥さんだよね!『未成年』のこのジャケ、当時飯島真理のアルバムにも似たのがあって、ふたりの仲がラジオで噂になってたりしたなー(笑)。東京レコ買いツアー、収穫アリだったようでよかったねー。でもあんまりチョコミントちゃんやおでかけちゃんを心配させちゃダメだよー。

この記事へのトラックバック