「かりん」でお祝い♪(…になってないかも)

忙しい…って書いといてナンなんですが、ちょっとだけ書いちゃお。というのも、今日2月22日はギタリスト飯塚昌明さんのお誕生日なんですよね。ひっそりと、おめでとうございます♪ 飯塚さん、じつは私と同じひつじ組(のハズ)なんだけど、相変わらずとんでもなくカッコよくてとても同い年とは思えない…。去年はウクレレカフェカルテットのライブと、esqのライブで拝見できましたが、ほんと素敵だったなー(はぁと)。私がドキドキできる唯一の革ジャン系ミュージシャンかも(笑)。

画像ということで、お誕生日記念の意味もこめてこんなCDを聴いてみたり。これでお誕生日を祝ってることになるんでしょうか…(たぶんならない)。まいいや、コレもまたなんだかすごいアルバムではありますが。『TVアニメーション「かりん」Soundtrack&Drama Album』(06)というモノ。その名の通り「かりん」というアニメの、いわゆる劇伴を集めたアルバムですね。1分とか2分とかのインスト(やドラマ)が28曲も入ってる。例によって、ドラマー夏秋文尚さんが何曲か叩いてるので買ったCDですが…。飯塚さんもギター弾いてます!

夏秋さんが叩いてるトラックは、15「爆発!気分爽快」、17「逃げろ!」、22「蝶よ花よ」、24「決意の戦い」の4曲。うはは、なんか簡潔なタイトルが劇伴ぽくていいな。で、この15と17の2曲はギターが飯塚さん。「爆発!気分爽快」のほうは、もーギターもドラムも爆発しちゃってます!重たいリズムに轟音ギター、バリバリの王道ハードロック。カ・カッコイイーーー!!でもあんまり「爽快」って感じではないかな…(笑)。「逃げろ!」のほうは、逃げてるだけあって、メッチャ速い(笑)。私が知ってる夏秋さんのプレイの中では、最速の部類かも。もうコレを叩いてる夏秋さんを想像するだけで、カッコよすぎて(←想像の中で)熱出る…。うー…。飯塚さんのギターも瀧田イサムさんのベースもすっごいことになってて、これ聴けただけでも買ってよかったです(キッパリ)。

「蝶よ花よ」は一転、ゆったりとしたボッサ風味の曲。繊細なシンバルとブラシの音が素敵。「決意の戦い」は激しくロックな曲。イントロのティッティキティッティキ…っていう速いシンバル、そのあと本編になだれこむときの叩きっぷり、あー夏秋さんすぎてドキドキする…。と、たった1分49秒の曲でもめっちゃ堪能できる私(笑)。それにしてもアニメの劇伴とはいえ、夏秋さんや飯塚さん、他にも渡辺等さんや小倉博和さんや鶴来正基さんというような名うてのミュージシャンたちが参加してて、なにげに豪華ですこのアルバム…。

というわけで(どういうわけだ)、今年も永遠のギター青年(笑)・飯塚さんの超絶ギタープレイや超絶ウクレレプレイをいろんなところで楽しめるといいなー。特に私、ウクレレカフェカルテットのフルアルバム&フルライブを希望してるんだけど…。まあ、願うだけなら勝手なので、願っときます。いつかかないますように!


*『TVアニメーション「かりん」Soundtrack&Drama Album』


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック