『The Gay Parade』の謎が解けた

えっと…of Montrealのことばっかり考えてるみたいだけど、そうでもないんです…。まあ、ちょっとはそうだけど…。一応、昨日(4日)は湖のほとりのロッジに泊まりに行くなんていうGWの家族らしい行事もこなしたりして、ハハとしての責務を絶賛全う中!!…いや、少しだけどね…。

画像で、オブ・モントリオールの話なんだけど(って、やっぱりそこに戻るのか…)、5/4のめんちかつさんの日記でof Montrealの99年のアルバム『The Gay Parade』のジャケ画像が出ていたので、ついうれしくなってコメントしたあげく、「あ~『Gay Parade』いいよねー、聴いちゃおーっと」と、プレイヤーを立ち上げ聴き始めたのだ~。うーん、にぎやかでヘンテコでチープでかわいくて、素敵なアルバムだー。Kevin、ラヴ。

でもね、このアルバム。ジャケに書いてある曲目はぜんぶで「17曲」なのに、リッピングして表示される曲数は「16曲」なんだよね。そこがどうも気になる…。このアルバムの中で私がものすごく好きな曲があって、そのタイトルを私は「My Friend Will Be Me」だとずっと思ってたんだけど、どう聴いても最初のトコで「favorite boxer」って歌ってるよね、コレ…(「My Favorite Boxer」は次の曲のタイトル)。オブモンって、アルバム内の複数の曲でひとつのモチーフを共有してたりするから、これもそうなのかなと勝手に納得してたんだけど、うーん、やっぱりタイトルと曲の表示が合ってないかも。

で、いろいろ調べてみたんだけど(こんな夜中にそんなどうでもいいことを…でも私にとってはものすげー大事なこと)、結論から言うと、CDで「8トラックめ」になってる曲が、どうも「Y The Quale And Vaguely Bird Noisily Enjoying Their Forbidden Tryst」(ケヴィン、タイトル長げーよ!)と「I'd Be A Yellow Featherd Loon」という2曲ぶんみたいだね。この8トラックめ、最初に「ア~~ア~~ア~~」というコウモリの鳴き声みたいな(聴いたことはないけど…)ケヴィンのキモチ悪い(笑)コーラスが10秒ほど入るんだけど、それがどうも「Y The Quale~」みたい。でスグ“Yellow Featherd Loon”って歌詞が出てくるもんね、よく聴くと。この8トラックめに2曲入ってるせいで、9トラックめが10曲めの「The Autobiographical Grandpa」になり、10トラックめが11曲めの「The Miniature Philosopher」になり…と、どんどんズレていって、最後の16トラックめが17曲めの「The Gay Parade Outro」になるわけね。これならナットク。私が好きだと思ってた曲はやっぱり「My Favorite Boxer」だったんだ。もっと早く気付け、私。

でもね、各オンラインショップの商品ページ見ると、日本のamazon本国amazonHMVタワーも、表示、まちがってるっぽい…。そもそもすべてのサイトが全「16曲」表示になってるんだけど、誤表示のしかたに2パターンあって、12曲めの「My Friend Will Be Me」が無くて全16曲になってるのと、最後の2曲を「Nickee Coco And The Invisible Tree / The Gay Parade Outro」と16トラックめでひとつにしちゃってるのと。どちらにしろ、試聴で聴ける曲が部分的にタイトルと合ってないんだよね…。こんなことあるんだねー。ま、オブモンの現所属レーベルのPolyvinylのサイトでも『The Gay Parade』の発売レーベルのBAR/NONE RECORDSのサイトでも16曲表示になってたからな…。

とまあ、こんな、普通の人には超どうでもいい(しかも英米人が聴けばすぐさまわかるであろう…チェッ、)謎を解くのに、人生の貴重な時間を3時間ほど費やしました、ハイ…。私って相変わらず無為・無駄・無益を愛する三無主義者だぜ…(意味不明)。でも、これ調べてるあいだずっと『The Gay Parade』聴いてて、やっぱり好きだなーって。ケヴィンのボーカルがキュートでクレイジーな「Fun Loving Nun」、タイトルだけでも素敵すぎてクラクラする「A Collection Of Poems About Water」(あ、この曲途中で日本語っぽい音が聞こえるなーと思ってたら、ほんとに「Umi ni ukande means floating on the sea」って歌ってると判明~)、「The Miniature Philosopher」も「My Favorite Boxer」もつくづくヘンな、でもとんでもなくカッコイイメロディ。聴けば聴くほどケヴィンの才能の迷宮にハマる…。

というわけで、『The Gay Parade』の曲タイトルの謎(これ悩んでたの私だけかなあ…?)が解けてスッキリ。キッカケをくれためんちかつさん、ありがとです~。


*『The Gay Parade』of Montreal

1 Old Familiar Way
2 Fun Loving Nun
3 Tulip Baroo
4 Jacques Lamure
5 The March Of The Gay Parade
6 Neat Little Domestic Life
7 A Collection Of Poems About Water
8 Y The Quale And Vaguely Bird Noisily Enjoying Their Forbidden Tryst
9 I'd Be A Yellow Featherd Loon
10 The Autobiographical Grandpa
11 The Miniature Philosopher
12 My Friend Will Be Me
13 My Favorite Boxer
14 Advice From A Divorced Gentleman To His Bachelor Friend Considering Marriage
15 A Man's Life Flashing Before His Eyes While He And His Wife Drive Off A Cliff Into The Ocean
16 Nickee Coco And The Invisible Tree
17 The Gay Parade Outro



この記事へのコメント

ぜん
2007年05月07日 06:43
わかるわかる、その気持ち。私もそういうの、よくあるもんね。例えばソフトマシーンのライヴでよく演奏される「Esther's Nosejob」という曲があるんだけど、これはセカンド・アルバムのラスト4曲のメドレーなのだ。つまり「Pig」「Orange Skin Food」「Adoor Opens And Closes」「10.30 Returns To The Bedroom」が途切れなく演奏される。レコードだとその境目がぜんぜんわかんないけど、セカンドをCDで聴くとちゃんと表示され、なるほど~、ここから変わるんだ!とわかるしくみになっています。リズムが変わる瞬間がそれっぽいとはいうものの、曲の中でのリズム・チェンジはソフトマシーンにとって日常茶飯事のことゆえ、・・・あ、どうでもいいか、そんなこと。あ~あ、誰か私とソフトマシーンについて3日連続くらいで語り合ってくれる人いないかなぁ。
moonlightdrive
2007年05月07日 17:11
うははは、無駄に知識と愛にあふれたコメントありがと!ソフトマシーンの曲名そんなに並べられても私にはわかんないっつーの(笑)!いやでも、その世間的にはどうでもいいことに宝石の輝きのようなヨロコビを見出す、そこに人生の意味はあるよね…(ほんとか?)。じゃあぜんさんはソフトマシーンについて語り合える人を、私はオブ・モントリオールについて語り合える人を、大募集中ってことで。でも、3日間も時間を割けるヒマな人はいないかな…。
2007年05月07日 20:34
え~、僕が買ったCDがなにやらお役に立ったようで何よりです(^^;)というか、iTunesで取り込んだ曲目を謹んで訂正させていただきましたよ(^^;)彼らは2005年のボロフェスタに来てたんですよね~(^^;)また呼んでくれないかな~(^^;)
moonlightdrive
2007年05月08日 00:30
めんちかつさん、わざわざコメントまでありがとです~。ハイ、おかげさまで謎が解けました。曲目、「たぶん」ですけどね。そうそう、Kevinくん日本が好きらしいし(笑)、また来てくれるといいな。夏フェスとかだと(私は)行けない可能性高いので、ふつうにポツリと来てほしいんだけど…(ワガママ)。

この記事へのトラックバック