犬CDと犬バッジ

画像今日、都内某所より連れ帰りましたー。

まだぱらっと中を開いただけだけれど、インナスリーヴがずっしりと重くてびっくり。そのまま、博文さんの歴史、なんだよね…。そして、私が20年来、その音に心を熱くしてきた何人ものミュージシャンたちの名前が、細かい文字でビッシリと。やっぱり、私のすべてのはじまりはここにある。

この音源の中で実際にライブを観ているものは、私の場合、たぶん数えるほど。でも、博文さんの音楽がなかったら私の人生はまったくちがったものだった、ということは確かだから…。

時間のあるときに、ゆっくりゆっくり、聴きたいと思います。

この記事へのコメント

2007年06月26日 20:46
あ、もう出てるんですねー。
うちでは博文は奥さんが担当なので(笑)、買ってくるのを待ってます。バッジいいなぁ。
moonlightdrive
2007年06月27日 13:50
石ばしさん、コンニチハ~。
家庭内担当制なんですね、いいなー(笑)。このCD、いろんなとこにいろんな表情のバクちゃん(だよねコレ)がいて、すっごくカワイイ。聴いたらまた語りあいましょう!

この記事へのトラックバック