「SUPER FUJI DISCS制作メモ」にジャック達のエントリーが

先日わざわざ月ドラのコメント欄に出向いてくださって、ジャック達のことを「キング・オブ・KY・ロック」であると(笑)、至言を放っていかれたdisk union金野さんのブログに、ジャック達のことが書かれてまーす。
SUPER FUJI DISCS制作メモ(日本)金野記
該当記事はコレ

相変わらずな金野さん節、一色進を指して「おそらくあんまり考えていないんでしょうが」って(笑)。でも、金野さんの文章を読むと、気づかなかったこととか見えてなかったこととかいろいろわかって、同じ音楽を聴くのにも少しだけ深くなった耳で聴けるような気がしてうれしい。やっぱりレコード3000枚以上所有者の言うことは聞いてみるもんだ。

金野さんも書いている、ライブのアンコールで演ってくれた「今すぐ帰りたい」が、ほんとに凄い曲だった。キャッチーにもほどがあるだろうってギターリフ。人の心をせつなさに突き落とすコード進行。前々記事のコメント欄にも書いたけど、なんか、今までのジャック達の曲の中で、いっちばんマジョリティに訴えかける魅力があるんじゃない?とさえ思ったんだけど。マジで、ふつうに売れちゃいそう。タワレコのエスカレーター脇にポスター貼られちゃいそう。ああ、どうしよう…ドキドキ。(妄想中)

そんなジャック達、10月以降はしばらくのあいだ「月刊化」されるらしい!うれしくてブッ倒れそう。この勢いで、東京以外でも、隔月刊…はムリでも、季刊、ぐらいになるといいんだけどね…。(ま、東京でもワンマンは半年ぶりだったけど。)

画像

ライブでもらったチラシ。ちょうかっこいい!!!!あーもう大好きだぜジャック達!!!!

この記事へのコメント

Sugar
2007年10月17日 01:07
一番気になるのは金野さんは
吉どんで食べたのはしょうゆ味か塩味かなんですが、
他の方々にはどうでもいいことですね(笑)。
moonlightdrive
2007年10月17日 09:25
わはは、Sugarさん。そこがいちばん気になるのか(笑)!直接金野さんに聞いてみてください。で、わかったら一応報告してもらおうかな、ちょっとは気になるので(いやならないならない)。
金野です
2007年10月17日 09:57
吉ドンは、しょう油(ニンニク)派です。
生卵を温泉卵にチェンジ、そこにカウンター上の
豆板醤(多)、おろしニンニク(多)、マヨネーズ(多)を入れ
かき回してから食います。もはや何を食べているのかわかりません。
食後、本当に気持ち悪いです。
帰路東横線車中隣の女性はずっと鼻を押さえていました。
言うまでもありませんがたいへん臭いです。
当夜一緒に行った平澤さんは糖尿病由、
血管切れるのではと心配しましたが残さず食べましたので、
糖尿にもやさしい食べ物なんですね。
最近下北沢にも下北丼できましたので、そちらもどうぞ。
moonlightdrive
2007年10月17日 10:52
うわ、金野さん、世界中でSugarさんだけが知りたいことのためにわざわざコメントありがとうございます…。圧倒的な描写力で私まで気持ち悪くなってきました(笑)。東横線の女性、何の罪もないのに気の毒だなあ。でもマジな話、金野さんとか平澤さんとかそんなもんばっか喰ってないでカラダ大事にしてくださいませ…。ジャック達「7作目あたり約1000枚くらいのスマッシュ・ヒット」になるぐらいまでは、うるさくしててくれないと、ね。
金野です
2007年10月18日 00:52
お気遣いありがとうございます。平澤さんには伝えます。
しかし、ロハス系に早死に多し(当社比)とは、こはいかに。
当社比!これも一色さんネタでありましたね。
「お好みトークベスト」ではVol.1のトラック7難波ベアーズの巻が
マイ・ベスト・トラックです。

moonlightdrive
2007年10月18日 01:31
ロハス系に早死に多し…(爆笑)。つくづく金野さん、敵を作る発言が得意だなあ。食生活よりも、そっちに気をつけたほうが長生きできるかもです…。うわ、ベスト・トラックを選べるほど聴きこまなくちゃいけないのか…、でもそれで聴きまくったりすると、長っげー「トークベスト全トラック語り!」なんか書いて嫌がられかねないからなあ…私。
ぜん
2007年10月19日 06:33
音楽を四方八方、あらゆる角度から深く鋭く検証するこのサイト、ついにこのような角度から切り込んできましたか。これがまた面白いときてる。吉ドン、私もいつか挑戦してみたい!
今後もますますの精進を期待しております。
moonlightdrive
2007年10月19日 12:14
ぜんさん、ども~。えっと…「このような角度」って、金野さんの吉ドン(笑)? いやもうぜんさん含めここにいらっしゃるような錚々たる音楽通の方々におかれましては、今後もドンブリ的角度からでも何でも果敢に音楽に切り込んでいただきたいと切に願いますよ。ま、糖尿や痛風に気を付けながらですが…。
ぜんさん、こないだはシゴトで出張取りやめになっちゃってほんとザンネンでした…。至近距離で拝見する美尾さんの美しかったこと(傷口に塩)!終演後にちらっとお話しした美尾さんのステキだったこと(さらに塩)!あ、ジャック達もよかったんだけどね。26日は3度めの正直で美尾さんとの赤い糸(一方的)が結ばれるとよいね。
けすいけ
2007年10月23日 23:18
金野さんの捉えどころのない可笑しみのある文章、密かにファンです。読む度になぜか“やられたぁ”と思うのですが、今回のジャック達の記事はいつも以上に“やられたぁ”と思いました。ちょっと感動しましたよ。で、その下の下の記事を読んで買いました加川良『アウト・オブ・マインド』、紙ジャケでなくレコードですが。これものすごい好きです、「ラブ・ソング」沁みるわぁハックルバック素敵。て、ここで書くことじゃないですね。『お好みトークベスト』難波ベアーズ編を聴いてたら、あの時の他のトークまでも鮮明に思い出してきました、曲の細かいことはあまり覚えてないけど(笑)。なので、早く関西来て下さいね~。て、これもここで書くことじゃないか。
moonlightdrive
2007年10月25日 09:20
お~けすいけくん、どーも。わはは、相変わらず20代の青年とは思えないことを平気でしゃべってるな(笑)。金野さんの文章は感動するよね。ちゃんと相手を見て、心の底から思ったことを言ってる、ってことがわかるから。ま、口は悪いんだけど(笑)。そうだよね、今関西でジャック達のライブを待ってる人、ほんとにたくさんいるよね。4名さまとも超東京っ子で(キハラさんはご出身はちがうけど)シャイで外に出たがらないときてるからナカナカ大変だけど、せっかくあんなに素晴らしいセカンド出したんだもん、関西ライブもぜひやってほしいよね。来年早々とか、どうだろう?(って誰に持ちかけている)

この記事へのトラックバック