Liverpool Sceneとパーシー・ジョーンズ

毎年そうなのだけれど、12月ってただでさえ忙しい(まず私のシゴトがいつも繁忙期だし、オットは商売やってるので12月なんか休みさえロクにない)のに加えて、好きなアーティストのライブなんかがこれでもか!って集中することが多くて、毎日が渋谷のスクランブル交差点の真ん中を突っ走っているみたいなあわただしさ。それに比べて1月は、そこからふっと松濤に抜けたように静かになるよね…。で、ふだん棚の奥に入りっぱなしのCDにまで手を伸ばすような余裕が、なんとなくある。

画像少し前に引っ張り出して聴いてた、そんなCDのうちの1枚がこれ。Liverpool Sceneというバンドの再発CD。彼らのファースト『Amazing Adventures Of』(68年)とセカンド『Bread On The Night』(69年)の2in1。たぶん3~4年前に買ったんだと思う。なんでこんなCDが私のレコ棚にあるんだ、というシロモノではありますが…。このバンド、ベースがあのパーシー・ジョーンズなんだよね。「あの」と言っても、私がパーシー・ジョーンズについて語れることなんて、当然ひとつもないけど。

ものすごく久しぶりにこのCDを聴いてたんだけど、変な音楽だなあ、コレ。元々はポエトリー・リーディングから発生したバンドらしく、どうも幾人かのポエトリー詠みがいるみたい。最初のメンバー3人が67年に1枚ポエトリー・リーディングのLPを出したのが有名DJジョン・ピールの目に留まり、バンドのアルバム製作につながったとか。このファースト&セカンドを聴く限りでは、ポエトリー・リーディングあり、王道フォークロックあり、ブルーズあり、ジャズ・ロック風あり、かなりメチャメチャでおもしろい。ファーストなんて、「Amazing Adventures Of Che Guevara」なんていうリーディングが延々パート1からパート4まで入ってたりして、いつの時代も、思いが過剰でどっか破綻してるロックバンドはおもしろくてカッコイイなあ。

でもアイデアだけが先走りしているかといえばそうでもなくて、ギター、ドラム、ベースの響きは意外なほど確かでうつくしく、ただバンドの音として聴いても屹立した存在感を放ってる。だからこそこうして後の世でアルバムが再発されたりするんだろうけど。「Happy Brual Blues」「The Entry Of Christ Into Liverpool」「Come Into The Perfumed Garden Maude」あたり、ジャズとブルーズとロックとリーディングが無分別に混じった感じ、すさまじくもカッコイイ。いつもどこかに尖鋭的な苛立ちがあるのも、いかにもリヴァプール的でいいな、と思ったり。

で、言うまでもなくなにしろ、パーシー・ジョーンズのベースなわけで。洋楽のことなんにも知らない私でも、倒れますねコレは。ファーストの1曲めの「Tramcar To Frankenstein」、パーシー・ジョーンズのベースから始まるんだけど、ももも悶えるー。すっげーなー…。他の曲ももれなく、この人のヘンテコなベースに耳がいってしょーがねー!ネット上で見つけたパーシー・ジョーンズのインタビュー(管理人さんが日本語に訳してくれてるものです、すごい!)を読んだら、このLiverpool Sceneのときはまだフレットレス・ベースを買う前で、自分でG弦側の端だけ削ったベースを使ってた、って…。す・すげー…。

というわけで、パーシー・ジョーンズのベースがあまりにカッコよくて、私もとうとう(…ってこともないけど)、Brand Xへと突入~。このあいだ「輸入盤CDどれでも3点買うと25%オフ」キャンペーンで3枚買ったうちの1枚がソレなんだけど。洋楽オンチ、しかもインストモノ苦手、とさんざん騒いでるのにねー。でも、別ルートで最近Genesisにもマイッてたし、これはもういくしかないだろうと(笑)。


で、Brand Xですが。…カ、カッコイイーーー!!!!今さらだけど…。これはまた別記事で書けたら書きます。


*『Amazing Adventures Of/Bread On The Night』Liverpool Scene

この記事へのコメント

ぜん
2008年01月30日 18:29
ん?パーシー・ジョーンズ?ひょっとしてソフトマシーンでちょこっとベースを弾いたこともある、あのパーシー・ジョーンズ?
説明しよう。9枚目の「ソフツ」と10枚目の「アライヴ&ウェル」の間の短い期間だけ客演していたのだよ。残念ながらオリジナル・アルバムに演奏は残されていないものの、76年10月29日、ニューキャッスル・ジャズフェスティバルでのライヴ演奏のDVD(テレビ放送を録画したブートらしい)があるのだ。最後の方でファンキーなソロをとって「おや!」と思わせる。
ふっふっふっ、私が予言したとおり、ソフトマシーンへの道を着々と進んできてるじゃん。ほら、ゴールはすぐそこだよ~!
それにしてもキミって、何故にそこまで王道をはずすかなあ。敢えて避けているとしか思えません。最近再評価高まるばかりのツェッペリンとかぜんぜん知らないのに、パーシー・ジョーンズかよ・・・。
moonlightdrive
2008年02月01日 11:11
うははは、ソフトマシーンを語る人が来た。うっすーい記事の100倍ぐらいマニアックなコメント、ありがと(笑)!へえええソフマ(だからそうは略さない)でも演奏してるんだー、パーシー・ジョーンズ。といってもパーシー・ジョーンズ自体をほとんど知らないんですが…。で~、王道外れちゃうのは私のせいというより、100%、私に指南してくれる周りの人のせいだと思うんだけどね…。
2008年02月01日 14:53
リンクありがとうございます。
今日のパーシーをご確認になるのでしたら、是非Tunnels関係のCDをチェックしてみてください。
moonlightdrive
2008年02月02日 12:27
a-fool-studies-englishの管理人さん、こんにちは!こちらまでコメントいただきましてありがとうございます!
彼の今のバンドがTunnelsなのですね。管理人さんの最新の紹介記事も読ませていただきました、ジャケ、どれも綺麗ですね~。パーシー超初心者なんですが、ぜひ聴く機会を作ってみたいなと思います。ありがとうございました!

この記事へのトラックバック

  • Percy Jones Interview (3)

    Excerpt: 原文はこちら 「ここの訳間違ってるぞ、こうだ!」と言ったコメント、歓迎です。 今回は楽器の構造に関する話が登場します。こちらもよく分からない部分があ.. Weblog: A Fool Studies English racked: 2008-02-01 14:50