NEW YORK ROCK & ROLL ENSEMBLE

画像ジャック達仲間(…なんて目上のかたに気安く言っていいのかわかりませんが)のtacarinさんが、ご自分の日記で“2007年総括「CD&DVD編」”という記事を書かれていて、「日本のROCK&POPS」に選ばれている中のジャック達とシネマの堂々2枚が私のベストと重なっているわけですが(笑)、今日の記事の主眼はそちらではなく。tacarinさんが選ぶ「REISSUE部門」で“ダントツの1枚”“これぞ待ちに待った逸品中の一品”という強力なコメントとともに紹介されているのがNEW YORK ROCK & ROLL ENSEMBLEというアーティスト。「あれ…このバンドのCD、私持ってたような気がするなー」と気になって(だって、私のようなヘタレ音楽ファンがtacarinさんみたいな音楽通と同じCD持ってたらそれだけで事件だ!)、さっき部屋をひっくり返したら出てきました。私が持っていたのは、tacarinさんが紹介している69年の『Faithful Friends...』ではなく、その次作にあたる70年の『REFLECTIONS』だったけど。

これ、3年ぐらい前に、とある人物にすすめられて買ったのだ。こんなアーティスト、ふつう人にすすめないと思うんだけど…。たしかAmazonから入手して、えらい高かった覚えがある。そのときは聴いても今ひとつピンとこなくて、今日までしまいっぱなしになっていたのだけど。もちろん、このバンドについてはきっぱり何も知りません。ジャケの通りメンバーは5人で、クレジットによると「キーボード&オーボエ/ドラムス&オーボエ/リズムギター/リードギター/ベースギター&チェロ」という、基本のバンド形式をしていながらビミョウにクセのある編成。そして、メンバーではないのだけど、アレンジとアンサンブル、オーケストレーションでクレジットに名を連ねている「Manos Hadjidakis(マノス・ハジダキスって読むのかな?)」という人がクセモノなんだと、このCDをすすめてくれた人からは聞いたような気がする。

クレジットのとおり、ちょっとクセのある音楽。Wikipediaの説明を見ると"classical baroque rock"なんて言葉が出ていて、このワードから私が連想するのは大好きなThe Left Bankeなのだけど、(このCDを聴く限りでは)レフトバンクよりはクラシック成分高めのような。あ、Wikiの説明をもう少し読むと「ジュリアードの学生3人とロックミュージシャン2人」のバンドだって書いてある。なるほどー。もうちょっとメロディがポップだととっても好みなんだけどなー。でもこのどよーんとしたとこが魅力なのかも。他のアルバムだとまた感じがちがうのかもしれないしね。インストの2曲「Dance Of The Dogs」「The Three Answers」はものすごくカッコイイ!!ロック文脈で聴こえるハープシコードの音色大好きだー。「The Day」「Love Her」あたりもドキドキするアンサンブル。せっかくだからtacarinさんが書いているアルバムもこんど聴いてみようかなー。

このジャケットは文句なしに美しい傑作ジャケットだね。前に書いた、プロコル・ハルムの『Grand Hotel』のジャケに通じるものがある。


こんなふうに、買ったままちゃんと聴けていないCDもたっくさん山になっているので、また徐々に、そういうのにも手をつけていこうかなーとか思ったり。部屋の大掃除もかねて…。(←遅い)


*『REFLECTIONS』NEW YORK ROCK & ROLL ENSEMBLE

この記事へのコメント

tacarin
2008年01月09日 16:01
驚きました!まさかNYRREのREFLECTIONSをお持ちだとは!!!地味なんですけれど滋味深いグループで、持っているのはワタシと弟くらいだと思っていました(笑)。花子さんにNYRREを奨めた人がいるというのも驚きです。花子さんとは不思議なご縁だなぁ。Faithful Friendsは素焼きで良かったらお送りします。…と言うかワタシの手持ちのNYRREは全部素焼きしますよ。mixiでメッセージしてください。アー驚いた。アーうれしい(笑)。
moonlightdrive
2008年01月09日 17:25
わ~tacarinさん、ただ「持っている」ということだけを延々述べている(笑)このようなヘタレ記事にわざわざコメントありがとうございます!「NYRRE」って何だろう?と思ったら略称だ(笑)。それにしても
>持っているのはワタシと弟くらいだと思っていました
うはは、tacarinさんとこは弟さんもそんなマニアックなんですか。おそるべし。NYRREって(と早速使ってみる)そんなにアルバム出てるんだー。私程度の耳でもその滋味深さが味わえるといいんだけど…。ではでは近いうちメッセージさせていただきますねー。
saru
2008年01月11日 10:15
このアルバムはいいでしょう。ギリシャ人マノス・ハジダキスは映画『日曜はダメよ』で有名です。目を閉じて聞いてくださいな。
moonlightdrive
2008年01月11日 12:17
あ…コメントアリガトです。そうだ、その映画だ。目を閉じて…ね。そうしてみます。
P福島
2008年01月15日 03:42
昔1stのアナログを買って(名前とジャケ買い)よく聴いてたんですが全く正体がわからないバンドだったんで気になってたんです。
1stのリイシューレビューをつい最近古いレココレで見まして、やっと正体がわかった所にココで話題になってるのでビックリです。
moonlightdrive
2008年01月15日 09:12
うわわ、ピートさんだ…。コメントどうもです!
マニアックな人がまたここにも1人…(笑)。1stのアナログを買って聴いてた、ってすっごいですね。まさにこのあいだのジャック達のライブのときにtacarinさんからこのバンドのこと聴いてたトコです。69~70年あたりのレコードって魅力的なの多いですね。
それはそうとピートさん、4針な足のほうはもう大丈夫なのでしょうか。お誕生日イベントまで1カ月切って準備タイヘンだと思いますが、リハetcがんばってくださいねー。

この記事へのトラックバック

  • 2007年総括「CD&DVD編」

    Excerpt: 昨年のCD&DVDの購入分析については「元旦の日記」をご覧いただくとして、印象に残った作品について列挙したいと思う。新たに設けた「◆日本のROCK&POPS」以外の項目は前年に準拠した。なお.. Weblog: tacarin的瘋癲徘徊流浪出没転変曲折散財浪費余録 racked: 2008-01-09 16:03