esqライブの記憶に浸る

先週末のesqライブ、ほんとうにすばらしかったな…。あの後からずっとプレイヤーでは、ライブで演奏されたナンバーを中心にesqの曲をとっかえひっかえ流しっぱなし。esqはカタログがすごく多いので、私のような後発リスナーは、古いアルバムを聴く取っかかりが意外に見つけにくかったりするのだけど、ライブの感動が火を点けちゃった感じで聴きまくってます。

esqの何が凄いって、デビュー(95年)から今に至るまでのオリジナルアルバムの録音メンバーと、ライブでの演奏メンバーが同じなので、CDの音とライブの興奮がストレートに行き来すること。CDに刻まれたクオリティの高い音世界がバンドライブでもそのまま構築されるし(それって腕利きミュージシャンだからこそできることだと思うけど)、逆に、記憶にしまわれたライブのエキサイティングな空気がCDを回すだけでリアルに立ち上がってくる。「ああ、夏秋さんのドラムカッコイイー…!」とか「これこれ、飯塚さんの超絶ギターーー!」とかCDプレイヤーの前で悶え死にそうになるワケです…(そんなんばっか)。

画像『One And Only』は、97年のアルバム。このあいだのライブであまりにステキすぎて崩壊寸前だった「あいをしんじて」や、まさにスケールの大きいメロディを描く「Melody」、アンコールラストに演奏された「One And Only」などが入っていて、あらためて超名盤ですね、これ。そしてこの、録音だからこそ可能なんだろうと思える奇跡的な演奏を、あのメンバー、生でも平気でブチかましちゃうんだからおそろしい。たとえば「Melody」のこのイントロをナマで聴く高揚感って、ちょっと絶頂に近い体験。心底すっごいバンドだと思う。

前に“夏秋さんプレイリスト”にも入れた大好きな「砂の上のBlues」も、このアルバムの曲。うー、やっぱり好きだ…。繊細なドラムのパターン、囁くようなシンバルの音、もう夏秋さん以外の何者でもない。中盤の「チチチ、チッ…」っていうシンバルの音、ストンと刺さるようなスネアの音、聴いてるだけであまりに狂おしく、息が止まりそうになっちゃう…。飯塚さんのギターも肌をなでるような色っぽさで、BARAさんのベースはなまめかしく動き、公樹さんのサキソフォンはやわらかく艶っぽく、三谷さんのピアノはとっぷりとゴージャスで。もう、ホテルのスイートルームで口説かれてるような音楽。これは女子にとってヤバすぎる…。いつかライブでこの曲聴いてみたいなー…。

そしてもちろん、こうしていろいろな曲を聴いていて驚くのは、三谷さんが作る曲という曲のクオリティの高さ。三谷さんの頭の中にある「理想のポップス」って、ものすごく着地点が高く遠いんだと思う。それを、この手練のメンバーとともに実際の音にしていくのが、三谷さんにとってすごく楽しくてエキサイティングなことなんだろうなー。

それにしても三谷さんってもう40代後半だと思うんだけど、ほんとに素敵さが衰えないどころか、ますます磨きがかかってるみたい。ライブで間近に見て、魔法にかかったようにそう思った。声も少年っぽいままだし、見ためも爽やかでキュートだし、ね。終演後のサイン会に女子の長い列ができちゃうのもナットクだなー。


*『One And Only』 esq

この記事へのコメント

より
2008年05月20日 19:48
こんばんは~。いつか書き込みさせてもらったよりちゃんですー。
バンドツアーが終わったあとのお楽しみは、moonlightdriveさんの感想(?あれ?なんて言うんでしょうか?感想でいいですか?)なのですよ。

昨日の記事(あ!記事か)は読んでいて、うれしくて感動して涙目でした。
素晴らしい記事をありがとうございます!

esqの音を一緒に構築してくださるなっちーさんはじめとしたバンドにも大感謝です!やっぱりバンドっていいっスね!くぅぅ(泣)

ちなみに子カレも更新お願いします~。
moonlightdrive
2008年05月21日 00:55
■よりさん
わーわーまた来ていただけて、うれしいです~!そんなもったいない言葉までー。記事はもうキャーキャー言ってるだけでお恥ずかしい限りですが…、ライブは本当にすばらしかったですね!あの記憶を手放したくなくて、日々esqサウンドにどっぷりです。“なっちーさん”(いいなーこの呼び方・笑)も飯塚さんもBARAさんもともさんも公樹さんも、個性的で素敵でかつ音楽的にはイッちゃってる(笑)人ばかりで、ほんといいバンドメンバーだなと思います。その真ん中で楽しそうに歌う三谷さんがまた最高ですよね!

>ちなみに子カレも
そこ来るとは思わなかった…(と、夏秋さんMC(昼の部)風に・笑)。見てくださってるなんて、ありがとうございます~。忘れたころにまた更新できるかな…がんばりまーす。
2008年05月21日 06:43
ちょいとお久し振りです~(^^;
感想、読ませていただきました。相変わらず夏秋さんへの愛情あふれるコメントが眩しいのはもちろんのこと、moonlightdriveさんってバンドが好きをひしひしと感じる素敵な文章ですね。。。@
土曜日、素晴らしいライブでしたよね。早くも次のフルメンバーバンドライブを望む私って、贅沢すぎかも。。。
moonlightdrive
2008年05月21日 09:12
■えすた~さん
こんにちはー。えすた~さんの記事、待っておりました!三谷さんはもちろんのこと、飯塚さんへの熱い視線に妬けちゃうぐらい(笑)。ね~、ほんとにすばらしいライブ、あんな贅沢な時間&空間をこれだけの人数で独占しちゃっていいのかなーって、夢のようでした…。だって、あんなに間近なステージにフルメンバーが揃っていて、爆裂バンドサウンド鳴らしてるなんて!ほんと、すてきすぎた…。このメンバーでのバンドライブが1~2年に1回じゃほんともったいないです、いろいろハードルあって大変だとは思うけど、せめて半年に一回ぐらい観たいなー。チケ代が2倍でも3倍でもたぶん行っちゃうと思う…。

この記事へのトラックバック