『ウクレレジブリの森』とウクレレカフェカルテット

画像ウクレレカフェカルテット、というバンドをご存知でしょうか? メンバーは田村玄一(Lonesome Strings、LITTLE TEMPOなど)、飯塚昌明(GRANRODEO、Bloody Rubyなど)、川口義之(栗コーダーカルテット、渋さ知らズなど)、夏秋文尚(ジャック達、こまっちゃクレズマなど)、…という、月ドラ的にはモーレツドキドキな4名さま。なので、この月ドラには調子に乗って「ウクレレカフェカルテット」というカテゴリーまであるんですが…。去年の2月に『ウクレレ 北の国から』が出たあと、このカテゴリー、パタッと記事がやんでいて(ま、基本的に滅多に活動しないグループなので…)、このままいくと08年は「記事ゼロ」か?とあやぶんでいたところ、彼らが参加したこんなアルバムが12/10に出ました!『ウクレレジブリの森』。あーよかった(ってそこか)。

タイトルからわかるように、スクリーンで涙したあの名曲の数々を、ウクレレサウンドでふたたび!…ってなコンセプトのアルバムかと思いますが、じつは私、ジブリの映画ってひとつも観たことなくて…。子どもいるのにねえ。メジャーな感動をついつい避けてしまう傾向がこんなところにも影を落としてるんだなー。というわけで、スクリーンの感動をよみがえらせたりすることもまったくなく、純粋に音楽的にしか聴けないリスナーとして遠慮がちに聴きました。

このアルバム、まず、1曲めでブッ飛ぶ!総勢46名(←クレジットの名前を数えた)のウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン(指揮・キヨシ小林)による、「崖の上のポニョ」。4パートに分かれての分厚いウクレレ・オーケストレーション!一発録り…ではさすがにないかもしれないけど、クレジットに重複する名前はないのでまさに46の別々の音が重なってるのだと思う。ウクレレでオーケストラでポニョ。おもしろい。

今回、ウクレレカフェカルテットは4曲に参加する活躍ぶり。2トラックめの「バロンの歌」、中盤からの華麗なウクレレソロは飯塚さんかなー、なんだかウクレレなのに超ドライヴしてる、ロックな音!ウクレレカフェカルテットには飯塚昌明、田村玄一、とふたりの本職ギタリストがいるので、巧いウクレレソロはたいがいこのどちらかだと思われるのだけど、さすがに私もウクレレでは飯塚さんと玄さんの音聴きわけられず悔しいなー。10トラックめ、SEとともにウクレレが深閑とした世界を描く「風の伝説」。ひんやりとしてうつくしい。今回のアルバム、曲ごとに演奏者が使ったウクレレの種類まですべてクレジットされていて、眺めててとても楽しいのだけど、以上の2曲では夏秋さんの演奏楽器「KOMElele」となってます。わはは、また振ってるー(笑)!ちなみに「KOMElele(コメレレ)」は、ウクレレのサウンドホールにお米?を入れた夏秋さんオリジナルのパーカッションだという話(笑)。夏秋さんはこのウクレレ(コメレレ)を、弾かずにシャカシャカ振るのだ。私はいちどだけナマで見ました。14トラックめ「テルーの唄」。もしかしてこれ…、確信はないんだけど…、イントロのソロ、夏秋さんかなー…? なんとなく、この部分の演奏にみなぎる激しい緊張感からそんな気が。どうだろう。15トラックめの「ふたたび」もウクレレカフェカルテット。公園の子どもたちの歓声を遠巻きに聞くようなSEとともに、ノスタルジックなメロディが奏でられる。

ウクレレカフェカルテット以外にも、あの栗コーダーカルテットの近藤研二さんが単独で3曲参加しているのが(いつもの彼のギターと同じく)うるわしさにあふれててステキだったり、キヨシ小林さんやIWAOさんやバンバンバザールといったおなじみのウクレレ巧者たちの演奏がすばらしかったり。そんな中でウクレレカフェカルテットの演奏を聴くと、やっぱりどうにも「ロック」の3文字(英語なら4文字)を感じてしまうんだけどね。音がハードだし、曲の解釈と再構築の仕方がロックだと思う。

ウクレレカフェカルテットかっこいいな。08年、月ドラのウクレレカフェカルテットカテゴリーの記事がゼロ、という事態を最後で回避できたのをよろこびつつ、「ウクレレカフェカルテットのライブまた観たい!」ってのと「ウクレレカフェカルテットのオリジナルフルアルバム聴きたい!」ってのを、来年の願い事の上位に入れとこっと。



『ウクレレジブリの森』
Various Artists
GNCL-1187
定価¥2,940(税抜¥2,800)
ジェネオン エンタテインメント
[演奏]
ウクレレカフェカルテット、キヨシ小林、近藤研二、IWAO、
バンバンバザール、ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン
★収録曲(全16曲)★
01.崖の上のポニョ(「崖の上のポニョ」より) /ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン
02.バロンの歌(「耳をすませば」より) /ウクレレカフェカルテット
03.海のおかあさん(「崖の上のポニョ」より) /キヨシ小林
04.時代の風 -人が人でいられた時-(「紅の豚」より) /近藤研二
05.ねこバス(「となりのトトロ」より) /ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン
06.人生のメリーゴーランド (「ハウルの動く城」より) /近藤研二
07.わたしのこころ(「魔女の宅急便」より) /キヨシ小林
08.ギブリーズのテーマ(「ギブリーズ episode2」より) /IWAO
09.フジモトのテーマ(「崖の上のポニョ」より) /バンバンバザール
10.風の伝説(「風の谷のナウシカ」より) /ウクレレカフェカルテット
11.飛行石(「天空の城ラピュタ」より) /近藤研二
12.風のとおり道(「となりのトトロ」より)/バンバンバザール
13.アシタカとサン(「もののけ姫」より) /IWAO
14.テルーの唄(「ゲド戦記」より) /ウクレレカフェカルテット
15.ふたたび(「千と千尋の神隠し」より) /ウクレレカフェカルテット
16.崖の上のポニョ(「崖の上のポニョ」より) /キヨシ小林

この記事へのコメント

めるば
2010年03月10日 03:11
はじめまして。
GRANRODEOの飯塚さんのファンで、そこから検索してたらこちらにたどり着きました。昔の某CMでウクレレ弾いてたという話をされていたので氏のウクレレ演奏を聞いてみたいと思っていたのですが、まさかウクレレバンドのCDまであったとは。
内容もジブリとかウルトラマンとかなかなか面白そうなのでぜひ買って聴いてみたいと思います。
こちらにたどり着かなかったら知らないままだったかもしれません。良い情報をありがとうございます!
moonlightdrive
2010年03月10日 06:32
■めるばさん
ハジメマシテ!こんな辺境BLOGを訪れてくださったうえに、コメントまで残していただいてありがとうございます!わ~GRANRODEOのファンの方ですか、グラロデの飯塚さん、カッコイイですよねえ(いやいつもカッコいいけれども特に)。飯塚さんのウクレレ一回だけナマで見ましたが、あんな小さな楽器相手にモーレツカッコイイソロ弾き倒して(笑)ましたよ~。アルバムもし聴かれたらまたぜひ感想教えにきてくださいね。コメントありがとうございました!

この記事へのトラックバック