最新のグランドファーザーズ

わぁ…、グランドファーザーズの最新のプロフィール写真、かっけーなーーー!!今日(12/20付)の青山陽一さんの日記にも載ってるし、ついこのあいだ開設されたグラファンのMySpaceにも今掲載されてる写真。一昨日ぐらいにあったというリハ時の写真なのかな。85年ごろの結成から数えて20余年、91年の解散から数えても17年、彼ら、まさに今がいちばんカッコイイと言い切れるよね!?わー、ほんとに眺めてるだけでドキドキする…。

画像この月ドラではいやっていうぐらいなんども書いているので、もーお前うるせーよ!って言われるのもわかっててそれでも書くんだけど、グランドファーザーズは、私にとって「運命のバンド」です(キッパリ)。好きなバンドはそれこそたくさんあるけど、運命のバンド、と言い切れるのはGF'sとあとひとつぐらい。人生とリンクするほど特別な存在。

でもね、まさか2000年代に入ってのこの活動の再活発化は予想だにしていなかった。ま、本人たちも予想してなかったと思うけど…。2004年にこの「月夜のドライブ」というブログを始めたときに、「グランドファーザーズ 青山陽一 西村哲也」というカテゴリーを勝手に作って、青山さんのことや西村さんのことを書くとここに突っ込んでたのは、私が青山陽一・西村哲也というミュージシャンのことをやっぱり「グランドファーザーズ出身」と思いたいというややノスタルジックな心象と、私が音楽がらみで書く文章となれば20代のときにいちばん好きでいちばんライブに行っていたグラファンの思い出話は相当出てきちゃうだろうなという個人的事情からのみそうしただけであって、世間的にはグランドファーザーズという名前は完全に「過去のもの」だったと思う。ときどき再結成めいたことはあったとはいえ、青山さんだって西村さんだって大田さんだって、過去のバンドのことなんかいちいち持ち出さなくても済むほどの音楽的キャリアを、それぞれ既にじゅうぶん積んでいたわけだし。

ところが、2005年の夏に西村さんの初ワンマンライブが下北沢440であったときに、サポートに青山・大田がいたところで何度めかの「プチ再結成」となり、2007年のメトロトロンライブでまさかの「グランドファーザーズ」としての演奏があり、今年の3月には完全復活の狼煙とも言える(だって、「新曲」まであった!)ライブがあって。そしてついこのあいだ、グランドファーザーズとしてのMySpaceまでできちゃって、来年1月にはとうとう京都拾得でワンマンライブだ。「2009年にグランドファーザーズのワンマンライブ」!!夢じゃないと思える言葉が「に」と「の」しかねーよ。

これは私の妄想含みだけど、今回のグランドファーザーズの活動の再本格化は、あのクアトロでのメトロトロンライブのときの「拍手」が大きなキッカケじゃないかな。そう思えるぐらい、あの日グランドファーザーズに投げかけられたオーディエンスの声援は感動的だったんだ。あのときクアトロに沸き起こった嵐のような拍手と歓声はどう考えても、過去のバンドへの賞賛なんかじゃなく、今の彼らに、「今のグランドファーザーズ」に向けられた熱い思いだった。「今、求められている」という実感、それが、彼らの活動再開を後押しした大きな理由なんじゃないかな。そんな気がしてしょうがない。

というわけで、どう考えても1月の拾得は必見でしょう。世界中のどんな辺境に住んでたって駆けつけるしかありません、こんなライブ。まあ、家や職場を離れづらいとか、子どもを置いて行ける状況にないとか、病人を抱えていて厳しいとか、そういう諸々の事情がない限り、ですが……………(とほ)。行ける人は行こうぜーーーー!!!!


Grandfathers Live
2009.1.11(sun)
京都拾得
出演: 青山陽一(Vo,Gt), 大田譲(B,Vo), 西村哲也(Gt,Vo), 夏秋文尚(Dr)
Open: 17:30 / Start: 19:00
前売: ¥3,000- / 当日: ¥3,500



*怒られちゃうかもしれないけど、キロクのためにちっちゃく載せさせてー。ほんとカッコイイ、この3人の立ち姿。
画像
大きい写真は
http://www.myspace.com/grandfathersbbb
でどうぞ。

この記事へのコメント

くまー
2008年12月22日 00:00
拾得、当然行きますよ!楽しみですー。
moonlightdrive
2008年12月22日 02:45
■くまーさん
おお、くまーさん、どうもです!「当然」ですね、力強い(笑)。関西でのワンマン自体が初だって青山さんの日記に書いてありましたね。現役時代にもやらなかったライブを今、なんという時空のねじれ具合なんでしょうか(笑)。
あや
2008年12月24日 14:13
ちょいと出遅れましたが。
グランドファーザーズについては大田さんがカーネーションの前にやってたバンド、くらいの認識しかなかったけど、2005年夏の 440 に足を運ぼうと思ったのは月ドラがあったからです。そして、このライブをきっかけに、青山さんや西村さんやジャック達、それから広がってくいろんなミュージシャンのライブにに行くようになったのよ。ジャック達 1st 買ったのこのときだからね。そこから今回の本格再結成に向かう様子ずっとみてきて私もすごく嬉しいわ~。すべては月ドラのおかげ。ありがとうねぇ!
moonlightdrive
2008年12月25日 10:31
■あやさん
コメントどーもありがと!や~05年の下北沢440、今思えばあのライブは私自身にとってもエポックメイキングだったなー…。あのときの3人観て、ああ、やっぱりグランドファーザーズっていいバンドだなあと過去形じゃなく現在形で強く思った。それにしても「ジャック達 1st 買ったのこのときだからね」って、わはは、今思えばあやさん、そうか!まさかそこで買った人がこんなにもジャック達にハマることになろうとは、CD持ってきた人(たぶん夏秋さん)も思ってなかっただろうねえ(笑)。でも、青山さんも西村さんも大田さんも、古いファンだけを相手に昔を懐かしがりながら演奏するなんてつまんないこと、絶対にしない人たちだから、むしろ、私があやさんや新しいリスナーの人たちに感謝!だよ。まちがいなく、そういう人たちがあっての再結成だもん。
Sugar
2008年12月25日 22:06
職場でCDの検索とか仕事を頼まれて知ったのですが、
『ゴールデン・ハーベスト』は現在入手困難になってるんですね(泣/青山さんの『SONGS TO REMEBER』も同様)。

もー、ビックリですよ。


各社カタログは日々是要チェックだと実感した出来事です。
moonlightdrive
2008年12月27日 00:14
■Sugarさん
どーもです!私がこの『GOLDEN HARVEST』を手に入れたのは2年前だったのだけど、そのときもすでになかなか見つからない盤、だったものね…。グラファンの2枚のオリジナルアルバムは今もちゃんと新品が買える状態にあるみたいだから(メトロトロンレーベルえらいなあ…)よいとはいうものの、この盤でしか聴けないテイク(「石のうさぎ」liveバージョンの西村さんのギターは震える…!)もあるから、やっぱりいつでも誰でもが聴ける状態であってほしいよね。いろいろ難しいのもわかるけど、良質な音楽に対する、ファンの永遠不変の願いです。

この記事へのトラックバック