For Our Elegant Caste

画像ふぅ…。あいかわらず、日々of Montrealのことしか考えてません。なんでこう極端かなー。of Montrealのメロディにどっぷり沈みながら、明け方までかかってケヴィン・バーンズの英文インタビューを読みふけったりと、やってることまるで中学生みたいさ…。

07年1月の前作『Hissing~』の発売から、あのヘヴィーなツアー日程をこなしつつよくもたった1年9カ月のインターバルでこんな新譜を完成させたな…と信じられない思いでいたのだけど、ケヴィンいわく、アルバムは自分の手を離れてから実際の発売まで数カ月~半年はかかってしまうから、新譜が世の中に出るころにはもう次のアルバムが半分ぐらいはできちゃってるんだ、って。グレイト。

それにしてもケヴィンの言葉は、インタビューで語られるそれもとってもうつくしくてうっとりする。私の英語力じゃインタビューを読んでる時間より辞書を読んでる時間のほうが長くて、それで睡眠時間も削られてしまうんだけど。彼の詞を拾うときと同じように、アルファベット26文字の組み合わせの中にこんなに複雑でうつくしい単語がたくさんひそんでいることに驚かされてばかり。

昨日、リビングで子どもたちの宿題を見てやってる夕方、「ケヴィンかっこいー…」とかつぶやきながらイラスト走り描きしてたら、10歳娘に「やだー、ケビンきらい。だってほっぺにハムつけてるんだもん」とからかわれ、ほっぺとセリフ落書きされた…。くそー。
画像


ま、「ほっぺにハム」まちがってないんですけどね。
画像

ちなみに「マイクたべたいな」は、ケヴィンがコーチェラのときにやってたパフォーマンス。ほんとにマイク、ばくって口に入れてたからね。子どもの目にはよほどヘンに映ったらしい。いや大人の目にもヘンか…。



動画一発!「For Our Elegant Caste」。あんな曲をアコースティックでできるなんて、思いもしないけどね。
(※最初に20秒ぐらい大きめな音でコマーシャルが入ります)
画像
of Montreal played an acoustic version of For Our Elegant Caste

カメラをチラ見のケヴィン、チャーミングすぎる…。それにしてもこの人の、オンステージでのクレイジーさとオフステージのはにかみがちな微笑との落差って、いつ見ても驚異的だな。


この記事へのコメント

かう
2008年12月05日 01:19
動画いいねぇ。みんななんかかわいいねぇ。後ろの3人なんか楽しそうに拍手しちゃって。ちょっと癒されました(笑
新アルバムあんまり好きになれなかったんだけど、動画見てると良くなってきました。
3月の来日楽しみですね!
moonlightdrive
2008年12月05日 18:48
■かうさん
どーもハジメマシテです。of Montrealのエントリーにコメントいただけるなんてうれしいな、ありがとうございました。ね、動画かわいいですよね~(笑)。こんな、とてもアコースティックで演奏できそうにない曲をこういう形で弾き&歌い倒されると、あらためてKevinの「メロディの力」を感じてハッとします。来日ね…楽しみですよね、でもそのこと考え始めるとドキドキしすぎて何も手につかなくなるので、ふだんはなるべく意識から遠ざけるようにしてます…(笑)。

この記事へのトラックバック