notes of 2008

あけましておめでとです。月ドラ4度めのお正月ですね。検索されやすいワードもなければ万人が好むようなトピックもまったくないこのBLOGに、昨年も訪れてくれた人アリガトウ!今ためしに見たら、TOPページと記事ページの合計カウンターがいつのまにか25万を超えてました。私、月ドラの過去記事よく読むのでカウンターの数字のかなりは自分自身が回してますが、それでも25万、弱小ブログには重みのある数字です。ほんとにみなさまアリガト。

で、2009年最初の記事は…。思いきり去年の振り返りからです。というか、ほんとは年内にエントリーしようと大晦日の夜までがんばってたのだけど、間に合わなかった…。ライブ振り返り記事やベスト・ディスク記事に入らなかった、2008年その他音トピのメモ。


画像
プログレっぽい幕開けの2008
2008年最初に買ったCDは、今思えばBRAND Xとジェネシスとクリス・スクワイア(YESのベーシスト)のソロだった。聴いてみたらどれもかなり「好き!」で、なんとなくプログレ熱再燃を予感させる幕開け。でも実際の2008年は、意外にそっちには行かなかったなー。

画像
weezerにハマる
2008年いちばん大きかったデキゴトのひとつ。まるで10代の若者みたいに、朝から晩まで聴きっぱなしだった。勢いでアルバム一気にぜんぶ揃えたのだけど、ブルーアルバムにハマりすぎて、今でもそこから先へあまり進めないでいるモラトリアムっぷり。「The World Has Turned And Left Me Here」や「In The Garage」聴くと、春ごろのあの不安定な風が吹いて心が揺らめく。

画像
ギタポでパワポでオルタナでエモ
どこらへんがギタポでどこまでがパワポでどこからがオルタナか、なんて、たぶん線引きできないと思うけど…。とにかく去年の私、荒れたギターが鳴りまくってるような音楽ばかり欲しかったんだなと思う。weezerと同時進行でTeenage FanclubとかJellyfishとか。The Verveの過去アルバムもよく聴いたし、エモと呼ばれるThe Get Up Kidsなんかも。これもきっと好きだろうと踏んでDeath Cab For CutieやTRAVISも聴いたりしたんだけど、タイミングの問題でハマるまではいかなかった。この辺は中途半端に追いかけたままなので、またあらためて旅したいな。

画像
遅く来たLABCRYブーム
記事としては書きそびれちゃったんだけど、2月ごろ、三沢洋紀さんのソロアルバムをきっかけに、彼がやっていたバンド・ラブクライを聴き始めたら、これがもう激しくよくってノックダウン。ディスコグラフィーを一気に買い集めて聴きまくっていた。もしリアルタイムで出合っていたら「運命のバンド」になっていたかも、と思うほど好きな詞・好きな音。(三沢さんの現バンド「LETTER」のデビューアルバムも、先行試聴の時点でブッ飛んで知人にメールしてしまうほど衝撃的だった。でも肝心の購入後、タイミングがうまく合わず聴き込めないまま…。)

画像
イギリス発のインディーな音
イギリスのインディーバンドTellisonのアルバム『Contact! Contact!』は、07年の発売じゃなければ「08年ベスト・ディスク」に入れたかったぐらい昨年よく聴いた。Tellisonと対バンをしていたつながりで知ったのが、ベストディスクに選んだThe Maple State。どちらもマイナーなバンドだけど、「あ、好きだな」っていう感触は距離を越えてピンポイント。この流れではSTAPLETONとかDartz!とかも聴いた。

画像
洋モノな気分
洋楽では他にも、The TroubadoursやJason Falknerをマメに追いかけたりした去年、気づけばCDの購入枚数、邦楽よりも洋楽のほうがずっと多かった。41年の人生でたぶんはじめてのこと。これは事件です…。MySpaceやLast.fmのおかげで、私のような洋楽に疎い人間でも海外の音楽にリアルタイムでアクセスするチャンスが増えたからだと思う。

画像
ジャック達メンバー脱退&再起動
もうなんども書いているので今さら繰り返すまでもないのだけど、2008年の私にとって、音楽的にいちばん大きいできごとは、ジャック達からオリジナルメンバーのピートさんが脱退したこと、そしてその後の3人での「再起動」だった。バンドってやっぱり完成品ではありえずいつでも「現在進行形」で、ファンもつねにその現在を目撃し進行形を共にしているんだなっていう実感。再起動ジャック達のタフさ。それらは、泣きそうなぐらい貴い体験だった。



2008年、私のそばで鳴り続けたのは、ハードなギター、ソリッドなビート。静かなため息の底に激しさを隠し持つ、そんなバンドの音、だった気がする。どうしてもそういう音が欲しかったし、そういう音じゃないと私の中にむりやり入ってこれなかった。それがどうしてなのかもなんとなくわかってる。

どんな音を求めるかは、当たり前だけど、心が決めること、なんだね。理屈や論理じゃないんだなと思う。そして、2009年のことは、まだ私にもわからない。


この記事へのコメント

2009年01月04日 07:52
姉さん、あけましておめでとうございまする。
昨年は忙しいとか、眠いとか、顔が重いとか、うんちゃらかんちゃらととにかく言い訳ばかりして自分自身のブログの更新も最悪でしたが、ココを見る度に刺激されちゃうんだよね。もう辞めようとかそんな気持ちが吹っ飛んじゃう。今年も一発目からゾクゾク書きたい欲をかきたてられてしまったじゃないですか!
そっか、ねーさんの流れはこーいった方向だったんですね。しかもweezer全部揃えてたんだ!すごっ!私はグリーンアルバムまでしか聴いてないけど、やっぱブルーアルバムの破壊力というか衝撃は凄いよね。10年以上経つけど、未だにこの盤から逃れられないよ。TFCとかね。いいよね。そーいうのを心が求める時、私もあったよ。わかる。あのギターの衝撃は私を真っ二つに裂くほどの勢い、だけどそれを求める時ってあるよね。心がね。それに驚いたのは買ったCD、洋楽の方が多かったとは!
まさに心が決めることであって、理屈じゃないんだよね。私もどっちに行くかはわからない。だけどねーさんとはどこかで繋がってる。そんな気がしてる。
今年もどうぞヨロシクお願い致します。
marumi
2009年01月04日 21:04
 あけましておめでとうございます。
 昨年は、思い立って自分もブログをはじめ、月ドラさんとも交流できて楽しく過ごせました。正直、誰かとのコミュニケーションがなければ、ブログなんて続けられないですよね。
 お陰様で、音楽リスナーとして“現役”感が出てきました。(子供が生まれてからは、余裕も無いし以前の資源を聴きなおすだけでいいか~という気にもなってたんですけどね。)
 今年もよろしくお願いしますね。
ぜん
2009年01月05日 06:47
いきなりブランドXのジャケがあってびっくりしました。そういえば去年はそういう流れもあったよね~。もうちょい深みにはまってくれるかと思ったのに。たぶんweezerのせいだな。確かにワタクシも時々ああいうロックの原点みたいな場所に帰りたくなります。
今年もヨロシク!
2009年01月05日 11:13
明けましておめでとうございまーす!

>どんな音を求めるかは、当たり前だけど、心が決めること、なんだね。

か、かっこーいー!
いっつもこんな風にしびれさせてもらったり、笑わせてもらったり、とことんええものもらってます、月ドラさんから。

今年もmoonlightdriveさんの心が誘うサプライズいっぱいの音楽ドライブ、楽しみにさせてもらいます。
今年もどうぞよろしくお願いしますね!
moonlightdrive
2009年01月05日 14:56
みなさま、あけましておめでとうございます!コメントありがとーございます。

■祥さん
をー心の妹よ。グレノスは、更新頻度は減っても中味の濃さ熱さはぜんぜん減ってないじゃん(笑)!お互い世の中のトレンドとは無関係な暴風に乗っかって遠くへと旅するばかりで、どーなのよと思わなくもないけど、ココロに素直にしたがうとこうなっちゃうの、仕方ないね。今年はどうなるかな? どうぞヨロシクね!
moonlightdrive
2009年01月05日 14:57
■marumiさん
嫁的正月からの帰還、お疲れさまでした!2008年のmarumiさんとの出合いは衝撃だったしうれしかったな~。都市部から離れた地で暮らす幼児持ちの奥さんの中にこんなおそろしくディープな音楽ファンがいる、こういうことがこれからのポップスやロックを逞しくしていくと思ってるから。まちょっと鼻息荒く言えばね。そうそう、私も子どもがもっと小さくて社会との接点が薄れてた頃、ネットという窓が送り込んでくる「今の風」に、ずいぶん現役方向に戻してもらった記憶があります。あの風がなかったら、今こんなふうに音楽聴いていないしBLOGもやってないしいろんな人とも知り合ってなかっただろうな。こちらこそ今年もヨロシクです!

■ぜんさん
あけましておめでとう~。昨年もお世話になりました。そう、いろんな方向へ漕ぎ出しかけるんだけど、湾を出たあたりで大海の荒さにひるんで戻ってしまったり…。洋楽不案内な身に、ぜんさんのような存在は心強いです。聞けば何でも答えてくれるしね。ま、なんとなくプログレ方面に誘導しがちな案内人だけど…。今年もいろいろよろしくね。
moonlightdrive
2009年01月05日 14:57
■モスコさん
わーいおめでとです!いやいつもシビレさせてもらってるのは私のほうで。モスコさんの、音楽への愛にあふれたエントリー、ほんとうに楽しみにしてます。モスコさんの文章は、まったく知らないバンドやジャンルやCDでも、文字の向こうから音が聞こえてくるようだから。いろいろヘヴィーなこともあったりするけど、そのときどきにいつもそばで鳴ってくれる音楽があることをよろこびつつ、2009年も駆けていこー!

この記事へのトラックバック