妖精には心でなる

オブ・モントリオールの公式サイトで、こんなコメントとともにピックアップされていた映像。
"Okay, not the official video, but damn cool. "
(オフィシャルビデオではないんだけど、超カッコイイんだ!)

(…ってこんな訳でいいのかな…)
この映像を今日の昼間見ていたら、急に涙がボロボロ出てきて止まらなくなっちゃった。


Of Montreal - A Sentence Of Sorts In Kongsvinger

音楽って、こうだよね。そう、音楽って、こうなんだ。

ケヴィンもこのビデオのこと"Very cute!"って言ったって。ちなみにこの曲は、of Montrealの前作『Hissing Fauna, Are You The Destroyer?』の中の「A Sentence Of Sorts In Kongsvinger」。キラキラしたメロディ、永遠のアドレッセンス。大好き。新譜の「An Eluardian Instance」の前編みたいな作品、たぶんどちらもケヴィンが今の奥さんのニーナと出会い過ごしたノルウェーでの日々のこと歌ってるんだと思う。
画像


さ…仕事しなきゃ。昨日も9徹(9割徹夜)だったんだけど、まだ終わらず今夜もこれから。ま、こんな映像とかさんざん見てるからいけないんだけどね…。こんな私もいったん火がつくとエンデバーの2つや3つ打ち上げられるぐらいの爆発力で仕事するんだけど(そんなときは自分でも惚れ惚れ)、そうなるまでアルバム何枚も聴いたりネット何巡りもしたり緑茶を何杯も飲んだり何時間もボーッとしたりしなきゃいけないので、結局のところ使い勝手が悪い。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック