オブ・モントリオール@東京も観た!

はぁ、終わっちゃった…。でも、日本に来てくれてありがと、オブモン!ほんと、ずーっと(といってもここ2年だけど)夢だったから、ナマのof Montreal観るの。すてきだったなー。観られてよかった。

昨日の夜は、渋谷のDUOで。大阪ではブライアン寄りの右手からステージを眺める感じだったんだけど、今回はちょっと後ろめの、ちょうどケヴィンとブライアンの中間あたりで。もう、踊りくるった!!DUO、ダンスフロアみたいだったね。っていうか、それよりもっと激しかったかも。楽しかったー。

ステージングがもう書ききれないぐらいスゴくて、これこそ今のof Montrealなんだけど、書ききれない中でひとつだけ。もー見た瞬間ブッ飛んだ、ケヴィンのコスプレのかわいさ!「October Is Eternal」でいったん引っ込んだケヴィンが着替えて出てきたのが、モコモコ毛皮のクマみたいな衣装で!もう、あまりのカワイさにぶっ倒れそうになるー。しかもこの毛皮の衣装、後ろにホースが付いててそこから送られたスモークがカラダ中からもわもわ出てくるの、もう笑ったー、クレイジーすぎる(笑)!カラダからスモーク出しつつ歌ったりギター弾いたりしてるんだよ、なにそれ(笑)!ああ、ケヴィン、ラヴー。愛せるー。

画像

ぜんぜんうまく描けてないんだけど、こんな感じだったのだ。もう、キュートにもほどがある。今回ケヴィンのギターは、ほぼ黒に近いぐらいのパープルのSGだったな(たぶん)。ほんとは、あの"Arlene"の引っかきキズのある黒のSG見たかったんだけどね。


というわけで、私以外にとってはどうでもいいような長い感想文、はまた別に書くと思います。(そうそう、東京は、客席もちょっとトキめく感じだったよ~)


Kevin、Bryan、Davey、James、Dottie、ありがとう!!!!ダンサーもクルーも。また日本に来てね!(できればまた単独で、このぐらいのハコで!)

この記事へのコメント

2009年03月13日 22:27
なんなのよー、ねーさん。あ、ゴブサタしてます。つーか、なんなの?この盛り上がりっぷりは!しばし体調悪化で1週間ほど休みを頂いてましたが、なんなのよー、ねーさんのこのカーニバル状態は!面白すぎる!前回そして今回共に究極の2記事ですよ。よかったね、生ケヴィンくん堪能できて。なんか自分の事のように嬉しいよ。てか、スモークがカラダ中からもわもわ出てくるの、ワタシもみたーい!こーいう情熱熱風記事を読むとさ、音聴くのを主とする地方モノのワタシだけど、やっぱライブっていーよなーって思う。もわもわの向こうから見える王子にヨダレでまくりだったでしょ、ねーさん。つんつん。
moonlightdrive
2009年03月15日 01:05
■祥さん
おお、コメントありがと!んー体調心配だよ~大丈夫?それなのにいつも私の恋路を気にかけてくれて(笑)ありがとう!もー何か今でも夢みたいなんだーーーー、いつもいつもすごく遠くにいると思ってたケヴィンが、スグ目の前でナマで歌ってる!ってことが。とろ~ん。もわもわがどんどん出てきてカラダ中を包むのおっかしかったなー、それでも王子なの、もー(惚)!ほんとすてきだったよー。大阪も行ってよかった。2度観れてよかった。はー、思い出すだけでタメイキ…。
2009年03月15日 22:02
いや~スゴイですね。ツアー追っかけって、20代のオンナノコみたい!! イラストも愛がにじみ出てるし…。ホント王子様なんでしょうね。
しかし私も最近いろんなとこ(ネット上のね)で「of Montreal」をレコメンドされることが多いです。印刷物好きとしては、変形ジャケが気になるのでこれはダウンロードでは買いたくないので、実物を見かけたら買うかも~。

ところで、最近はじめて遠征!というのには私も軽くカルチャーショックでした。
島育ちの高校時代までは、ライブなんて遠い世界の夢のできごとで、大阪への進学を口実に長い遠征に出た気もするし(笑)。大阪時代も何度か東京へ行ったし、島へUターンしてからも数回は東京まで行きました。
やっぱり東京は「首都」なんですね。羨ましい~。

私も身軽に気軽に「遠征」したり、島にお目当ての人を招聘したりできるようがんばらなきゃな~。田舎在住だからって、アレコレ諦める人生にはしたくないですもん。
moonlightdriveさんの身軽さに勇気づけられた気がします。うざい長文すみませんでした。
moonlightdrive
2009年03月17日 19:02
■marumiさん
わぁ、温かさと闘志にあふれる長文コメントありがとー。うふふ、「追っかけ」と言うには若さと真摯さにちと欠けますが…。でも、いろんな意味でココロにドカーンと残るライブになりました。こんなに情報網が発達した時代でも、海を渡らないと会えない人に近距離で会えたウレシさってインパクトあるんだなって。そっか~、marumiさんも「遠くのライブ」を自力で近くしてきた人なんだね。その辺、私はモトが恵まれすぎてるぶんヘタレだー。でも、「気持ち」のあるところに人や物は引き寄せられる!と信じてるので、「島にお目当ての人を招聘」も夢物語じゃないと思うー。力のわく夢ならどんどん見ちゃっていいよね、たとえ人にはソレが“妄想”に思えたとしても(笑)。私はやっぱりもういちど(でも何度でも)of Montrealに会いたいなーーー♪(今はソコ!)

この記事へのトラックバック