「どーせ、死ぬんだ!2021」 @ 吉祥寺MANDA-LA2

このライブのお知らせがあったのが3月のこと。一色さんの告知ツイートにあった名前を見て心臓が止まりそうなぐらい驚いて、大変!と思ってあわてて手帳を開いたら、4/17のところにもう「一色」(呼び捨て)と鉛筆で書いてあった。この日は一色さんがMANDA-LA2の日程だけ先に取っていたそうで。だから先に「この日あけといてね」と告知があり、私は手帳に書いていたのだな。

どーせ死ぬんだ!MAN2.jpg
2021年4月17日(土)
吉祥寺MANDA-LA2
「どーせ、死ぬんだ!2021」
17:30開場 18:00開演
¥4000+drink
出演:一色進/光永巌/泉水敏郎/宮崎裕二/松田信男


でもメンバーどう見てもタイツだけどタイツと名乗らないのは、今回不在のみかよさんが加わった「最強の6人タイツになったらタイツって名乗るよ。」と、前日のブログで一色さんは言ってたのだけど、この日出てきて3曲演奏して、あっさり「こんばんは、タイツです!」って(笑)。タイツじゃん!!!!

ヤッバーーーイカッコイイーーー!!!!タイツ、最高すぎないか!?!?知ってたけど!ステージに出てきた瞬間からカッコよくて、セッティングするメンバー見ながら「カッコイイ…」と思わず声を漏らさずにいられなかった。一色光永宮崎松田泉水。5人揃って凄すぎたよ!それは死を意味したよ!はーーーーたまらーーーんもーう!

宮崎さんのギターが目の前で鳴ってた、天国かと思った。泉水さんが最強のドラム叩いてた、ヤバかった。しかもGUNちゃんが全世界を惚れさす佇まいでベース弾いてて、松田さんがセンスあふれまくりの鍵盤弾いてて、あろうことか一色進が真ん中で歌ってる。これが一度に起こるんだよ、タイツ最高すぎる…。

タイツ、カッコよさに遠慮がなさすぎてどうかしてる。どの楽器の音もセンスがよすぎてクラクラする。ほんとに一色進という人は独占禁止法に違反してるんだよ、こんないいミュージシャンばっかり集めてバンドつくって自分が歌っちゃって。全世界のロックボーカリストを嫉妬で狂い死なせて余りある…。(しかも、何百回人生やったって人が普通もてないようないいバンドを2つももっちゃってさ…タイツとジャック達なんて…!)

あとから配信アーカイヴも聴いたけど、すっごいバランスのとれた音になってたね。当日、現地では、泉水さんのドラムの音がマン2の入るビルを倒壊させる勢いだったんです(笑)!それにしても泉水さんは何か悪魔と取引でもして不老不死の薬を手に入れてしまったのでしょうか?見た?あのキラッキラのビジューがくっついたゴツイネックレスを!70年代の不良ミュージシャンですか?という白いジャケットとサングラスを!胸元まではだけたシャツとそこに光る汗を!それであんなクソカッコイイドラム叩くんだよ、イカレてる!!!!『ラジオ・デリカテッセン』再発記念のクロコダイルで、泉水さんのドラムに塵も残らないぐらい爆破され尽くした記憶も新しい(2013年のことだけど)松田さん曲「こんなんなっちゃった」。いやこの日のドラムもとんでもなかったな…即死して墓標。完全に埋まりました。はーーーー。

久しぶりに観たGUNちゃんは、色気をいっこうに減らすつもりもなくむしろ大増量してて、あいかわらず罪な人。「夢の中のリディア」のイントロのベースだけで惚れ死にそうに…!松田さんはピアノでキーボードでと、なんてことない顔して軽々と凄フレーズ弾きまくってた!しかし何といっても…宮崎裕二さんのギターよねえ…。ほんっっっとに好き!気が遠くなるぐらい好き!トムとジェリーのジェリーがチーズの匂いに誘われてフラフラ~っとついてっちゃうみたいに、宮崎さんのギターの音聴くだけですべての思念がゼロにリセットされて、来世までついていきそうになっちゃう。「グッド・ルッキン・ナイト・ガール」のストロークのカッコよさ…「夢の中のリディア」のちゃららっちゃちゃちゃ~んの高揚感…。なんて複雑でメロウなコードなの!なんて魅惑的でポップな音してるの!はーーーー。位置取り的にも目の前で宮崎さんのギター浴びられて夢のようだった。宮崎さんだけの響き、まぎれもないタイツの音。

「棘」のGUNちゃんの歌パートからの間奏、泉水さんのスネアと歌い上げる宮崎さんのギター。私の大っ好きな一色節。一色進の楽曲のために惜しげもなくこんな演奏ができるミュージシャンこそ世界でいちばん信用できると思う、音楽は何に捧げられるべきかということを最高の演奏で回答してる。そして一色さんも開けっぴろげなぐらいミュージシャンを信頼してるんだよなーとも思った、じゃないとこんな間奏書けない。

一色さんがメンバーひとりひとりに「またやる?」と聞いたら、みんな「やる」って答えてた。ひゃっほう!なんか勝手にタイツは「過去のバンド枠」に入れてたけど、どうしてそう思ってたんだろう、ってハッと目がさめるぐらいに、「現役バンド」だったもんこの日のタイツ。そうだよ、タイツ、やってもいいんじゃん!やればいいじゃん!うわーーーー「タイツ」と「ジャック達」の両方が存在する世界に自分がもしかしたら立ってるの!?って思ったら、急に動悸息切れがしてやばい感じになってしまった!

興奮が収まらない…あまりにカッコよすぎて帰りに一色さんに「毎月やってください!!!!」と頼んだけどさすがにそれは無理だと(笑)。タイツカッコイイよーまだ聴きたい曲いっぱいあるー!宮崎さんの歌もGUNちゃんの歌も聴きたい!次は「紅茶の温度」「シリアスアワー」もお願いします!

タイツ最高!!!!また早く聴けますように。コロナも早く収束して、全世界のリスナーがタイツに会いにマンダラ2に殺到できますように。


セットリスト

01 最低さ
02 ファン・ファン・スキッド・ロウ・ファクトリー
03 変な身体
04 モンキー・ロリータ
05 君の中のヘヴン
06 グッド・ルッキン・ナイト・ガール
07 こんなんなっちゃった
08 夢の中のリディア
09 棘
10 彼女は誰かの彼女
11 バンコック・ホテル
12 人・人・人
13 どーせ、死ぬんだ!

en. ハロウィン


1616006848471.jpg

この記事へのコメント