栗コーダーカルテットはやはりロックであった

画像「音楽DVDどれでも2枚買うと20%オフ」キャンペーンってことは、前記事の久保田洋司さん以外に、もう1枚買ったわけです。これ、栗コーダーカルテット~。9月に出てて、ずっと欲しかったのをやっと買った。『吉祥寺MANDA-LA2×5Days=10Years』という名のライブDVD。そのタイトルのとおり、去年の夏、栗コーダーカルテット結成10周年を記念して吉祥寺マンダラ2で5日間行われたライブを、ダイジェストで収録したもの。ダイジェストとはいえ、計2時間の力作DVD。このときのライブ、私は鈴木慶一さんがゲストだった5日めに見に行ってて、拙ブログ最初の記事がその感想なのだ(このころの文章ってあっさりしてるなー、わはは)。

オマケ映像まで含めて一気に2時間見ちゃったけど、うーん、このDVD、素晴らしい!ゲストとの共演もひたすら贅沢な内容だし、ただライブの記録というだけでなく、オフショットなんかもふんだんに入ってて、栗コーダーカルテットの、そしてメンバー4人それぞれの、壮大なドキュメントになってる。この2時間に閉じこめられた音楽の豊かさ、そして音楽への愛情の深さといったら、とてつもないものがある。

そもそもゲスト陣の豪華な5日間だったんだけど、私が見た、慶一さん+久住昌之さん以外のゲスト映像も、ものすごい感動の嵐。これ、5日間全部見た人もいると思うけど、その日ごとに全然ちがう趣で、飽きなかっただろうなー。初日のゲストだった知久寿焼さん、そこにさねよしいさ子さんも加わっての「鐘の歌」(知久さんの曲)は、背筋ゾクゾクするほどのすごさ。それから2日めの吉沢実さん(栗Qのリコーダーの師匠)を迎えての「くつやのマルチン」にもびっくりする。私なんてリコーダーといえば栗Qのしか(笑)聴いてないから、本職の方のリコーダーって、こんな音色がするんだ~!と。(いやそれはそれでいいんだけどね、栗原さんも「栗コーダーはあんまりうまくなっちゃまずいなと思って練習しないようにしてる」とMCしてたし。笑) 吉沢先生のリコーダーは、ひとつの楽器とは思えないようなものすごい表現力で、圧巻。その他、客入りのMCを担当してた寒空はだかさんのしゃべりとか、4日めのゲストだった春風亭昇太氏の噺とか、内容たっぷり。

そして何より、栗コーダーカルテットの演奏!やっぱり私は、栗コーダーカルテットというこのグループに、ひたすらロック魂を感じちゃうんだよねー。「癒し」とか「なごみ」とかいう言葉で語られることが多い音だし、実際、リコーダーの響きは懐かしくあたたかいのだけれど、その底に流れる破壊的なほどの音楽衝動には、目を見張ってしまう。DVDには4人それぞれのインタビュー映像も挟み込まれているんだけど、それを見てても、壮絶ささえ感じるんだよね、彼らの音に賭ける思いと行動に。なんというアグレッシヴさに支えられたお気楽さなんだろう。誰にでもマネできそうな栗Qの音が、誰にもマネできない、唯一無二のものであるゆえん。

…とまあそんなことを考えなくても、ホント2時間文句なしに楽しめる!いったい4人でいくつ楽器持ち替えてるのやら、という演奏の場面は、もちろん圧倒的に素晴らしいし、美男子ギタリスト好きは、いっちばん最初のほうで、近藤研二さんが自転車乗ってマンダラ2に現われるショットなんかもう、悶えちゃいます~(笑)。メンバー4人のプライベート映像なんかもあるんだけど、近藤さんのスタジオがまた、整理整頓されててきれいなのよー。さすが美男子って感じ。(なんだそれ。)

でね。さらにとんでもないことが。このDVDでもまた、夏秋さんに出会っちゃいましたー(笑)!もう、全然不意討ちすぎてどうしよう(笑)!川口義之さんへのインタビューの中で、川口さんが参加してるいろんなバンドの映像がちょこっとずつ紹介されるんだけど(渋さ知らズとか東京中低域とかたくさん)、わーーーウクレレカフェカルテットがーーー!飯塚さん、玄さん、そしてウクレレをつま弾く夏秋さんのキラースマイル~!!キャーーー(壊)。夏秋さん映るの5秒ぐらいなんだけどね(笑)。もうすでにさっきから、ウクレレカフェカルテットの映ってるこの1時間12分36秒~48秒あたりまでばかり何度もリピート再生してる自分をどうしよう(笑)。映像の中の4名さま、こないだ記事にも書いたウクレレ・フォースの「オージーの大楽隊」演ってますね。別の場面ではライオンメリーさんとか青木孝明さんも映ってて、私のような者はまた悶える。

というわけで、全世界の栗コーダーカルテットファンのみならず、全世界のウクレレカフェカルテットファン(笑)、そして全世界の音楽好きな人ならきっと、めちゃ楽しめるDVD。音楽をこれだけ深く愛してる4人の心意気に、じーんとしちゃうなあ。栗コーダーカルテット、素晴らしい。


*『吉祥寺MANDA-LA2×5Days=10Years』栗コーダーカルテット


"栗コーダーカルテットはやはりロックであった" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント