ジャック達、7th Floorのライブ映像が

あ~もう、すてき!!カッコイイ!!はぁー、まじヤバイ、ジャック達…。とか、なんどもヒトリゴト言いながらうっとりと映像鑑賞…。ジャック達MySpaceにアップされた、『2009/01/18 JANUARY 18 SPECIAL@渋谷7TH FLOOR』のライブ映像です。大田さんがベースのサポートに入って3度めの、このときのライブ。

まずは「スーパーソニック・トースター」。

SUPER SONIC TOASTER


あーなんというジャック達成分の高さ!カッコよすぎでしょ!私がはじめて聴いて驚いてから、CDも含めもう何百回も耳にしているナンバーだけど、なんど聴いても、この曲の新鮮さって少しも薄れない。ほんとに毎回はじめて聴くみたいにドキドキする。思うんだけど、コレって毎回水揚げしてる新鮮さだよね、保存料使ってたらぜったいにこうはならない。そのたびごとに新鮮な演奏で曲をライブにかけるって相当ハードでめんどくさい労働のはずだけど、このバンドはそれをやってんだなー。

はぁ~それにしてもギター弾くキハラさんのカッコイイこと…。これはあやさんじゃなくても倒れちゃうよね…。このノイジーでやんちゃなギターの音、たまらん…。そして、ときどき画面からいなくなりそうなぐらいに動きまくるキハラさんの反対側で、どっしりとベースを弾く大田さんのこれまたカッコイイこと!!もうすべてをおまかせします!どうにでもして!と身をゆだねちゃいそうなぐらいの、この安心感…。もーね、このキハラさんと大田さんのコンビネーションが、これまでのたった3回のライブの中でも、回を追うごとに恐ろしいことになっていて、あーーーもうどうしよう!次を想像するだけで失神しそう…(あ、エロいせりふ)。この2人のギターとベースがそれぞれゴキゲンに疾走しちゃってるときの気持ちよさって、たとえばこの曲の最後のほう(3分あたり)の演奏に出てる気がするんだよねー、ああ、鳥肌立つ。

そして、ライブの1曲めだった「オンボロ」!

オンボロ


はぁ~…、ヤバイって。まじヤバイでしょこれは…。ドキドキドキドキ…。大田さんが入ってはじめて実現したこの4人での禁断の「全員コーラス」もあらためてうっとりするけど、キハラさんの弾きっぷりにもクラッとするけど、一色さんの最初のMCにも笑っちゃうけど、もーこの曲は、なんといっても夏秋さんだ…。ダメだ、ほんと倒れる…。なんであんなに静かに淡々と、あんなおっそろしい場所に行っちゃうんでしょうかこの人は。いちばん控えめに見える人が意外にやることいちばん大胆だったりする、そのもっともラディカルなタイプだと思うな。危険すぎる。はぁー…(深いタメイキ)。

困ったなー。この映像のおかげでまたしばらくジャック達にココロを占領されてしまうー…。




"ジャック達、7th Floorのライブ映像が" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント