テーマ:グランドファーザーズ 青山陽一 西村哲也

マーシーホテル @ 吉祥寺MANDA-LA2

やっぱり桁違いのバンドサウンドだった。西村哲也さんとマーシーホテルの音。軽くメモ。 2011/09/10 Sat. MARCY'S HOTEL @吉祥寺MANDA-LA2 開場 18:30 / 開演 19:30 前売 2500円 / 当日 2800円(ドリンク別) MARCY'S HOTEL are Vo.&EG…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

西村哲也『ORANGE』発売記念ライブ @ 吉祥寺MANDA-LA2

今作ってますよという話を聞いてから、ずいぶん長ーく待っていて、まだかまだかとやきもきしていた西村哲也さんの新譜『ORANGE』が晴れて発売!めでたい!レコ発ライブは、大盛況でした~。 2010/11/12 Fri. 西村哲也『ORANGE』発売記念ライブ @吉祥寺MANDA-LA2 開場~18:30/開演~19:30 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

西村さんレコ発行ってきた!

は~楽しかった!!!!西村哲也『ORANGE』レコ発ライブ@吉祥寺MANDA-LA2。あのメンバーがあんなに楽しそうに演奏してるのを観れたら、もうそれだけでシアワセ。 ほんっとにひさびさのマーシーホテルも、ジャック達も、すごくよかったけど(よかっただけに、どっちも、もっともっと観たかった!けど)、それはまたゆっくり書くとして、途中…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

グランドファーザーズ、シネマ @ 赤坂グラフィティ

日曜日の夜、赤坂グラフィティでグランドファーザーズとシネマ。昨年10月の『Drive to 2010』のときの対バン、再び。青山さん曰く“ともにブランクから蘇って活動を再開したバンドによる2マン・ショウ”、なるほどそうだ。 『SOURCREAM SHUFFLE BAZAR』 5/30(sun) 赤坂グラフィティ 出演: CI…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

西村哲也&MARCY'S HOTEL @ 吉祥寺MANDA-LA2

西村さん50歳おめでとうライブを遅ればせメモ。 2009.12.15.Tue 吉祥寺MANDA-LA2 『西村哲也&MARCY'S HOTEL』 出演:西村哲也(vo.g)、大田譲(b,cho)、夏秋文尚(dr)、美尾洋乃(vln,mdln,perc,cho)、伊藤隆博(key) ゲスト:青山陽一(g,vo) OPEN …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MANDA-LA2行ってきた!

西村哲也さん50歳記念ライブ。詳細はまた書きますが。とにかく、西村さんがうれしそうで楽しそうではじけてて、それ見てるだけで、この場にいていっしょにお祝いできてよかったな…と。客席もずっとニコニコ、楽しくていいライブだったな。 気づけば、私、ものっすごく久しぶりのマーシーホテルだったんだなあ。(っていうか、今年マーシーホテルよりグラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グランドファーザーズ、シネマ、架空楽団『Drive to 2010』 @ 新宿LOFT

行ってきました新宿ロフト。グランドファーザーズとシネマと架空楽団、『Drive to 2010』的なイメージからは外れるバンドばっかりで、イベントの中ではむしろ異色の日のような気もしたけど、ポップ裏街道の凄みみたいなものを感じるいいライブだったな。そこはかとなくムーンライダーズつながり的な共通点はありながら、3バンドとも個性バッラバラな…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

グランドファーザーズ @ 京都拾得

関東以遠に飛び出した私のはじめての遠征であり、ずっとあこがれていたライブハウス・拾得に足を踏み入れるはじめての機会でもあり、しかもそれが20代のころ大好きだったグランドファーザーズのライブであって、まして解散ライブや90年代の再結成を観れていない身には20年ぶりの彼らのワンマンライブでもあって、まあ仮にグラファンという記憶を抜きにし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ありがとう京都!

グランドファーザーズ、最高でした!! 拾得で鳴る2009年のグラファンの音、最高にカッコよかったよ…! ほんとに来てよかった。 会場で会えたたくさんの方、どうもありがとう! いいライブをいっしょに観られてうれしかったです。 それに私の大騒ぎを心配してくれた方、どうもありがとう。 おかげさまで行ってこれました! …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

最新のグランドファーザーズ

わぁ…、グランドファーザーズの最新のプロフィール写真、かっけーなーーー!!今日(12/20付)の青山陽一さんの日記にも載ってるし、ついこのあいだ開設されたグラファンのMySpaceにも今掲載されてる写真。一昨日ぐらいにあったというリハ時の写真なのかな。85年ごろの結成から数えて20余年、91年の解散から数えても17年、彼ら、まさに今がい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

西村哲也+MARCY'S HOTEL @ 吉祥寺MANDA-LA2

この日も西村バンドは凄かった…。もうね、最初のたった3曲で、優にライブ1本ぶんぐらいの衝撃はあったもん…。これは誇張でもなければレトリックでもない。とてつもなく密度の高い演奏を、リスナー力のすべてで受けとめる体験。破壊力ありすぎて、3曲終わったところで息も絶え絶え…。なんという法外な質と量が、このバンドの演奏には凝縮されてるのか!新曲が…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

青山陽一、他 「怪しい隣人vol.13」 @下北沢CLUB Que

木曜の夜、青山陽一さん観に下北沢行ってきた!青山さんのバンドライブ、私はほんとにひさしぶりだったー。 2008.6.26(thu) 青山陽一Series Live「怪しい隣人vol.13」 Place: CLUB Que(下北沢) 出演: 青山陽一&The BM's Guest: Small Circle Of Fri…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

メトロファルス LIVE 2008春 @ Shibuya O-West

ああ、メトロファルス、最高~ッ!!ほんっとにカッコよかった…。そして西村さんのギターすごすぎ、惚れまくって戻れない…。あーできることなら来週の大阪も行きたいぐらいだよーーー。(以下、ネタバレ要素アリの感想文です。) 2008年4月18日(金)   東京 Shibuya O-West   OPEN 18:45/START 19:…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

あ、青山さんてば…。

もーっ、カンペキだまされた(笑)!青山さんの日記! やーぜんぜん気付かなかった。エイプリル・フールなのはもちろん知ってたけど、それにしてもぜんぜん気付かなかったなー。信じこんじゃったよ~、青山さんの「さらばメガネ生活」~(笑)! 以下、4/1の日記を読んだときの私のココロの声。 『ええっ、青山さんの顔からトレードマークとも…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

相変わらずグランドファーザーズ祭り

この日・月は、久しぶりにお休みをとったダンナさんにずっとお付き合いしてたので(うちのダンナさんは超家族ラヴ・奥さんラヴな人なので、休みというと一緒に過ごしたがる)、リアル音楽は聴けないでいたのだけど、脳内ではそりゃもうタイヘンなグランドファーザーズ祭り。ひっきりなしに鳴りまくってました。うううー、2008年のGF'sの「ROUGH MI…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西村哲也、グランドファーザーズ @ 赤坂グラフィティ

金曜の夜、赤坂グラフィティで西村哲也祭り。あーーーもうほんっとに楽しかった!!!!西村さんのソロもさることながら、やっぱりグランドファーザーズの衝撃が…。ナマのグランドファーザーズが目の前にいて、グランドファーザーズのナンバーを、あの頃をはるかに超える演奏で放ってる。こんな光景を見られることの信じられなさ。もううれしすぎてどうにかなっち…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

西村バンドの名前がっ…

今ふと西村哲也さんのサイトに行ったら、表紙の「西村哲也&マーシーホテル」という文字がパッと目に入って、『あ~西村さんまた新しいバンドと対バンするのねー』とか思ったら、そうじゃなくてこれ、西村さん自身のバンドの名前じゃん!!!!ずーっと「名前あったほうがいいね」と西村さんも言ってたしファンの私たちもそう思ってた、この西村バンドin東京のグ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あのバンドが

青山陽一さんの3/2付の日記に、東京の片隅でひとり大コーフン…。 西村哲也さんが面影ラッキーホールのliveサポートのために上京したのに合わせて、3/21の西村さんソロライブ@赤坂グラフィティのリハをしたそうで。このライブ、当初から青山さんゲスト、というのが告知されてて、こんなの500%私が行かない理由がないんですが…。で、西村さ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

My 1989

この記事、書きかけのままほっぽらかしてたものなんだけど。前記事のコメント欄がタイツ×GYMバナシで大変なことになってたり、「子めくり」のほうにタイツ流れでコメントくれた方があったりで(その後前記事にもコメントくださいました、ありがとう!)、気持ちがグッと“東京メトロサウンド”寄りになってしまい、タイツの『RADIO DELICATESS…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

メトロファルス 2007 LIVE『ざわめきのささやき』@表参道FAB

去年、念願だったナマを初めて観ることができて感激したメトロファルス。あれから1年ぶりのこのライブが、2007年最初で最後のメトロファルスだそうです(笑)。というわけでさらっと、感想、メモ書き。 メトロファルス 2007 LIVE『ざわめきのささやき』 2007年11月12日(月) 表参道FAB メトロファルス:  BOSS…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

表参道より帰宅

やーもう、西村さんのギターの凄まじさったら…。ほんとおっそろしいギター弾いてた、今日の西村さん!はー。すごかったなあ…。鳥肌どころの騒ぎじゃない。なんかここのところ、西村さんのギターどんどんおそろしさを増してる気がするな…。ふう。もちろんバンド本体もありえないカッコよさ。メトロファルス、サイコー!!!! というわけで、メトロファル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メトロトロンライブに行ってきた

メトロトロンライブ、行ってきた。はー。タメイキ。そして大泣き。えーんヤバイ、完全に崩壊した~(泣)!!!!何がって…グランドファーザーズ!!!! 何度めかのセッティング替えで、マイクスタンドが正面に3本並んでその前にモニターアンプばんばんばん!って3組並んだ時点で「これはもしや…」って気付いちゃって、口から心臓が飛び出しそうなぐら…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

メトロトロンライブのチケ届く

ほんとは昨日届いてたのが、不在で受け取れず、さっき郵便屋さんとご対面。ラヴー。よくきてくれました!あ、郵便屋さんではなく、チケ。 封筒を開けると、チケットと、公式サイトの先行予約特典である特製エコバッグが出てきた。うれしー。で~、このエコバッグが!デザインもカワイイんだけど、このぐるりの中に、ちっちゃく出演者の名前がローマ字で書い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

タマコウォルズ、西村哲也@赤坂グラフィティ

もう10日も経っちゃった…。遅きに失してるけど、メモだけはしておこうね。赤坂の地盤が崩壊するかと思ったあの夜のライブ。 2007年9月15日(土)@赤坂グラフィティ 『第3次マダラ紛争』 出演: ●タマコウォルズ(西池崇 EG,Vo、鳥羽修 EG、河野薫 Bass、中原由貴 Dr、高橋結子 Per、佐藤友亮 Keyboards)…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

赤坂から帰ってきたんだけど

おっそろしい思いした…。ヤッバいよほんとこの2バンド…。西村哲也バンドとタマコウォルズ、この組み合わせ、どう考えてもおそろしいことになるだろうとは思ったけど、想像を絶してた…。 特にタマコウォルズ、ほとんど初見のようなもんだったぶん、衝撃も大きかった。あれ、やばいよ。人死ぬよ。グラフィティが壊れるんじゃないかと途中からマジで心配に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

来週、赤坂に音の嵐が

諸事情により今年はすっかりライブに行けない人になってる私…(まーこれがふつうか…)、でも来週末のこのライブは、行けるかな~やっぱりなんとか行きたいな~、と。 ■2007年9月15日(土)@赤坂グラフィティ 『第3次マダラ紛争』 出演: タマコウォルズ(西池崇 EG,Vo、鳥羽修 EG、河野薫 Bass、中原由貴 Dr、高橋結子 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

またしてもグランドファーザーズ熱

やーん、どうしよう。ちょっとプチ・グランドファーザーズ祭りかも…(なんでプチなんだ・笑)。夏秋さんのドラム聴きたい気持ちと、このあいだの西村さんのライブの余韻との相乗効果で、トレイに載せたグランドファーザーズ『BBB』(91)。ああ、これまで何百回も言ってるけど、これからも何百回でも言うけど、ほんっとに名盤だね、コレ…。何度聴いてもマイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西村哲也『ハンナと怪物達』発売記念ライブ@吉祥寺MANDA-LA2

このバンド、やっぱり、はっきりと、「最強」でした!もう、今思い返しても鳥肌…。特に、前半の「砂のコリン」と、後半の「HEY HEY(赤い汽車に乗って)」は、おっそろしい演奏だった。いくら腕利きミュージシャンが4人揃ったからといって、ここまで想像を絶する演奏できるもんだろうか。「HEY HEY」の途中、4つの楽器が一瞬の目くばせから、ガッ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more