テーマ:カーネーション

やべさん、おだいじに

カーネーションの公式サイトで、ドラムの矢部さんが、「持病の椎間板ヘルニアによる神経麻痺の治療のため」年内のバンド活動をお休みする、という知らせが出たね…。そうか、そうだったんだ。矢部さん自身の文章から窺える満身創痍の様子は、読んでいてつらくなるほど。 ドラマーってやっぱり、相当きつい仕事なんだな…と思うと、せつなくなるな。彼ら・彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年目のカーネーション「都まつり」 @ 東京キネマ倶楽部

ちょっと遅ればせの感想文。この日もカーネーションは当たり前に最高だった。で、最高なのが当たり前になっているという、考えてみれば空恐ろしい局面で、このバンドがふと見せる「最高でもない部分」に、個人的にはなぜか魅かれたりもしたライブだったなー。 25年目のカーネーション「都まつり」 日程:2008年 7月12日(土) 会場:東京 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年目のカーネーション「シュガータウンの荒馬」 @ 渋谷CLUB QUATTRO

ちょっと遅いけどカンタンに自分用メモ。金曜日のカーネーション。 Carnation 25th Anniversary 25年目のカーネーション「シュガータウンの荒馬」 2008年4月11日(金) 渋谷 CLUB QUATTRO Open:18:00 Start:19:00 私にとってはメトロトロンライブからほぼ半年ぶりの…
トラックバック:2
コメント:9

続きを読むread more

カーネーション@クアトロ観てきた

スゴイよほんとあの3人…。ちょっと尋常じゃない。“日本最高のトリオロックバンド”の称号はすでに当然としても、あの年齢で、あの熱量・あの密度・あの疾走感のライブ…、まったく信じ難い。だって、ただの若造なんだもん、ライブの熱さだけ見たら! 25周年の大御所感なんか、どこにも、これっぽっちもありゃしない。ああ、カーネーション、最高すぎる。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『GONG SHOW』の情けなさが好き

amed-recさんのこの記事を読んだらすごく聴きたくなっちゃって、今日は久しぶりにカーネーションのセカンドアルバム『GONG SHOW』(88)を引っ張り出してみた。ああ、やっぱり好きだなー、このアルバム。amed-recさんの記事のコメント欄にも書いたのだけど、私はこのアルバムが初めてのリアルタイムのカーネーションだったから、勝手な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

政風会ツアー2007@青山 月見ル君想フ

土曜の夜、政風会を観に月見ル君想フに行ってきました。私にとっては、3月の月見ル、10月のメトロトロンライブ、先月のタワレコインストアに引き続き、なにげに今年(というか生涯)4度めの政風会。でも、これまでの3回はすべて予告編のような感じでもあったので、フルでガツンと、は初めて。 ■「政風会」ツアー 東京公演   日程:2007年12月…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

政風会インストアライブ@新宿タワーレコード

政風会インストア、観てきましたー。ただし、やむない事情にて子連れだったので(トホホ…)、ひっそりめに後方観戦にて。ハハが都会へ向かう目的をちっとも理解していない9歳娘&6歳児が「ありさと同じメゾピアノの消しゴムとキャップ買って欲しいー」だの「昨日の運動会がんばったごほうびにトミカ買うー」だの主張するのに、ハイハイ…と付き合っていたら、到…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

買った!

買った! カーネーション『The Sound of ROCK LOVE』。 そしたら ついてきた! マウスパッド。カワイイ。 ディスクユニオンオリジナル特典だったようだ。特典はぜんぜんチェックしてなかったので、思いもよらないオマケでうれしー。でもこのマウスパッド、CDケースとほぼ同じサイズなので、マウスを動かすスペースはあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The End Of Summer

たぶんそれは博文さんのライブ盤で若い彼らの演奏と直枝さんの声を聴き返しちゃったせいだと思うけど、ふだんなら思い出しもしないようなナンバーなのに「防波堤のJ」の直枝さんのタメイキのようなボーカルが頭の中を巡り出して止まらなくなり、昨日は久しぶりに『Young Wise Men』を聴いて、私の中の“なにか”をたしかめて眠りについた。そしたら…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

鈴木博文『THE DOG DAYS』Disc1に思う

メトロトロンレコードのミュージシャンやその音楽について語るとき、私の文章はどうしても「我、人生を語る」みたいな大仰で大上段なことになってしまって、「『いつみても波瀾万丈』じゃないんだから…!」と自分で自分にツッコむことになるのだけれど、まあ、それは仕方ないかな。(今でも少し)後追い感があっていつも「遅れてきたファン」であることを自覚させ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

直枝政広、政風会@月見ル君思フ

土曜の夜、家庭内ひな祭り行事をすっ飛ばしてライブに行ってきました。昨年末バンブルビー・クリスマス・ディナーショーを見逃してしまったので、どうしても今回の政風会は見に行かなくては!と思って。直枝さんソロもブラウンノーズも政風会もスゴかったなあ。1曲めから「す、すげー…」と圧倒されつつも、次の曲が始まるたび新たな「す、すげー…」にスグとって…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

カーネーション「ROCK LOVE」@渋谷AX

一昨年の九段会館、昨年の「HURRICANE NIGHT」に引き続き、恒例になってきた感のある年末のカーネーションスペシャルライブ。チケ代高めなので買うときいささかひるむんだけど、終わってみるとやっぱり来てよかった…といつも思う。以下、感想カンタンに。 カーネーション「ROCK LOVE」 日時:2006年12月9日(土)  会場…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

カーネーション『WILD FANTASY TOUR 2006』@恵比寿リキッド・ルーム

楽しかったなーーー。昨夜行ってきました!カーネーションのライブ。 LIQUIDROOM 2nd Anniversary 「CARNATION WILD FANTASY TOUR 2006」 2006年 9月3日(日) 恵比寿LIQUID ROOM バンブルビーのライブや、ライダーズ関連ライブ、西村哲也さんのライブなんかで、直枝…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

カーネーション『WILD FANTASY』 ~5日後のメモ~

カーネーション『WILD FANTASY』。発売から4日のあいだに、聴く時間を多くは取れないでいるのだけれど、触れ始めて間もないこの感じを、書きとめておくのもいいかなと思ってちょっとだけ書くね。いや、文字にできるかも自信がないほどの大きな衝撃を、すでに受け取ってしまっているのだけれど。 曲ごとの感想を詳細に述べられるほど聴きこんで…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

湾岸が彼らに伝えたもの

「ロック画報」カーネーション特集、昨日電車の中で読みましたよ。昼間の都営新宿線の青いシートで、乗り換えの調布駅のプラットホームで、何度もどっと泣きそうになりながら。ヤバいヤバい…。直枝さんのインタビュー、音楽との出合いから現在までをたった6ページで駆け抜ける!その1行1行の背後にある、直枝さんの「リアルな時間」の果てしない濃さと重さを思…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「ハリケーン」on『GGKR ORIGINAL RECORDINGS vol.1』

用事があって、吉祥寺へ。で、用を済ませた後いそいそとタワーレコードの階段を昇る。22日に発売になったばかりの『GO-GO KING RECORDERS ORIGINAL RECORDINGS vol.1』目指して。昨年12月のライブ「HURRICANE NIGHT」で、カーネーション+青山陽一さん+香取良彦さんの「ハリケーン」にブッ倒れ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

さらに妄想する「有り得たかもしれない未来」

青山陽一さん関連の妄想ついでに。昨年12月のカーネーションのライブ「ハリケーン・ナイト」に青山さんがゲスト出演したとき、その後の日記で、当日やった曲「ハリケーン」への思い入れを語ると共に、ふっとすごいこと告白してたよね。「実は、坂東次郎さんの後任でカーネーションのギタリストになりかかっていた」って。たぶん、もうそれにまつわる誰の思いの交…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バンブルビー・クリスマス・ディナーショウ'05@横浜サムズ・アップ

はー。年末だというのにココロここにあらず。どうしましょ。カッコよかったなー、ジャック達…。ってことで、書けるかな、言葉足らずに決まってんだけど、昨日のライブの感想など。 『バンブルビー・クリスマス・ディナーショウ'05』@横浜サムズ・アップ 出演:直枝政広(カーネーション)/上田ケンジ/ジャック達/神園さやか/椛沢崇昭トリオ …
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

キターーーー(壊)

うぎゃーーーっ。ゴッゴメン、ただ今激しく取り乱しております。ブブブブッ倒れた…。だってだってだってー。カーネーションのDVDがーーー…!って、カーネーションにじゃなくDVDのごく一部に反応してるんで邪道もいいとこですが…。そもそもね、「ハリケーン・ナイト」のときの記事で、一足先にDVDを見たnakamura8cmさんやあやさんやけすいけ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

冬のドラマー祭り!

というタイトルで書き始めちゃうんだけど、私、ほーんと楽器オンチで、もちろん、ドラムのことは何も知らないワケです。ドラムセットの中に、どんなものがいくつあるのかも全然わかんないし(人によっても違うんだよね?←超初心者…)、まあ音の違いもたぶんよくわかってない。そんな私に「ドラムの音が好き」とか言われても、言われたほうは困っちゃうだろうとは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カーネーション「HURRICANE NIGHT」@渋谷AX

日付を2つ通り過ぎちゃったけど、12月10日、カーネーションのライブ「HURRICANE NIGHT」@SHIBUYA-AXに行ってきたー。もう、ブッ飛ばされポイント多すぎて、何が何だか。あまりの濃さに、記憶は直後で既に息切れ状態。あったことを、時間軸に沿ってしっかりと、なんてとても書けそうにないから、メモ程度に。他の人が読んでも役に立…
トラックバック:2
コメント:13

続きを読むread more

超ウレシーーーーッ

12月のライブ参戦の見通しが全面的にダークトーンで、手元のこの7770円のチケットも、もしやあきらめねばならないのか…とまで思っていたのだけれど、各方面に大迷惑かけつつ、行ける見込みをムリヤリつけたところさ!そこに、きたよきたよきちゃったよ、スゴイニュースがーーー。 SPECIAL GUEST出演決定!! 青山陽一 (Gtr/Vo)…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

♪ワォ ♪イェイ 『RUNNIN' WILD LIVE』!!

爆音で聴いてるぜー!カーネーション『RUNNIN' WILD LIVE』。カーネーション好き~と言いながら、結局今年のこの「RUNNIN' WILD」ツアーにはひとつも参戦できなかった私…。でもありがとー、こんなライブ盤届けてくれて。全7曲、あっという間ではあるんだけど、カーネーションの今の勢いと深み、ワイルドさとメロウさを、ギュッと凝…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

よく聞く、あるいは特別な思い入れのあるカーネーションの5曲

さんざん逡巡したすえにやっぱ選んでみようと取りかかったはいいけど、ヤバイよ、この企画…。聴きこんじゃって聴きこんじゃって全然前に進みません!カーネーションで5曲、難しいとは思ったけどこんなに難しいとは…。だってアルバム1枚から好きな曲ピックアップしてるとそれだけでもう5つ越えちゃうんだもん…。何よ、何なの、この名曲度! でね。逡…
トラックバック:2
コメント:11

続きを読むread more

闘うバンド、ムーンライダーズ

ちょい時間があいてしまいましたが22日の「EARTHDAY LOVE & MUSIC DAY」at渋谷AX、キリングタイム、カーネーション、ムーンライダーズ…の感想などを。このライブはテレビ放映もされていたようなので、サラッと、ね。(のつもり。) 新歓コンパ待ち合わせの若者であふれかえる4月の金曜の渋谷をすり抜けて、やっとの思いで…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ポップでキュートでロックな夜

行った!行けました!「気楽にやろうぜ Vol.3」カーネーション with 堂島孝平、DAUGHTERーっ。ポップでキュートでロックな夜でしたよー。このシリーズ3回目にして初めて私は開場前に到着したのだけど、会場のCLUB PHASEそばの神田川沿いに人がずらーっと並んでる、まさかコレじゃないよね~と近寄ってみたら果たしてコレでした。し…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

恋するバカの「恋は底ぬけ」

前々記事へのfullmoonさんのコメントでカーネーションの「恋は底ぬけ」という曲名が出てきた。倒れる私。そう、カーネーションとの出逢いの曲なのです、コレ。だからものすごく思い入れがあるし大好き。それは、とあるカセットテープの1曲目だったのだ。 A 1 恋は底ぬけ/カーネーション  2 ハンバーガーですね/カーネーション 3 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

EDO RIVERを漂いながら

相変わらずカーネーションと九段会館とその周辺をうろついてる、日常と私の思い。moonriders.netの中の鈴木慶一さんの日記(「鈴木慶一の暮らしの手帖」12/12付)を読み、またじーんとしてしまう。『カーネーションは3ピースになった直後も見たが、大変な勇気だと思う、今までとまったく違った楽器編成で音楽に取り組むという事は。そして骨…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

詩集とTシャツと九段の余韻

奥付に「発行日 2004年12月12日」と記された、手にしっくりなじむ形と重さの「COLD RAIN & SNOW」というその詩集を繰りながら、直枝さんのやさしさも強さも大好きだけれど、私はやっぱりこの人のイカレたとこにたまらなく魅かれてるんだ、と思う。静かな視界のはしっこが、どこかねじれて歪んで溶け出してる。でもそのイカレた風景の底…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

九段でカーネーションにクラクラす

九段下の駅を降りてすぐ、闇の中に浮かぶ九段会館を見ただけで、それだけで、来てよかったと思った。この場所にこだわった3人の思いが、この格式ある建物を包んでるような気がして。“21年目のカーネーションSPECIAL”。それぞれ別に取った席が13番と15番だったとりりんと中で落ち合い、14番の人に席を替わってもらって観戦。(14番の方、あり…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more