月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS ポップでキュートでロックな夜

<<   作成日時 : 2005/02/24 15:01   >>

トラックバック 2 / コメント 4

行った!行けました!「気楽にやろうぜ Vol.3」カーネーション with 堂島孝平、DAUGHTERーっ。ポップでキュートでロックな夜でしたよー。このシリーズ3回目にして初めて私は開場前に到着したのだけど、会場のCLUB PHASEそばの神田川沿いに人がずらーっと並んでる、まさかコレじゃないよね〜と近寄ってみたら果たしてコレでした。しかし女子度高いよ、しかも若っけーよ、と思ったら、どうも堂島くんファン多数ご来場だったようだ!

その、堂島くんがトップバッターだったのだけれど、いやこれまたポップで!キラキラで!愛くるしくて!私も20歳若ければ(←仮定としてもさかのぼり過ぎだが)間違いなくワン・オブ・堂島ギャルでしょう!堂島孝平くんって、私のような音楽の聞き方してれば目にしない筈のない名前なんだけど、今まで音にもご本人にも触れる機会がなかったからウレシかったっすよ〜。とーってもブリティッシュテイスト、私のいいかげんな基準で言えばマンチェスターな感じの甘〜い極上ポップが気持ちイイー。堂島くんはなんと前日に誕生日を迎えて29歳になったそう、若いっす。(全っ然関係ないんだけどキャプテンストライダムの永友くんも2/22が誕生日だそうで、しかも同い年みたいだ!直枝・青山の「826」と並ぶ才能さんの特異日か?)ちょっと鼻にかかった胸キュンボイスでキャッチーなメロを歌う堂島くんと、フリつけながら楽しそうに踊るファンの子たち見ていて思った、いつの時代にもポップスターって必要なんだよね、って。10代の私が佐野(元春)くんや杉(真理)くんに熱をあげていたように。そうやってイイ音思いっきり抱きしめて、そのまま音楽に酔い続ける30代40代になれるといいよねって。そのころには私ゃ60代ですが。ええ、共にしつこく音楽に酔い続けるババアになる覚悟。

堂島くんが6〜7曲演奏して去ったあと、スクリーンにビデオクリップが流れる。堂島くんの新曲「ナイトグライダー」。DAUGHTERの「いつのまにか」。そそそして右上に「九段会館」ってテロップが出て、あのときの、「Ooh!Baby」が…。これって1曲目だったよね。今見てもサイコーにカッコイイよ、こんときの直枝さん。矢部さんの後ろから客席を映すカメラもあって、あーここに私もいたんだなって、あの日のことを思い出してかなり泣きそうになる。そして「おそろいのお気に入り」〜「Garden City Life」まで。途中でスクリーン上がり、DAUGHTER登場〜。

私にとっての初DAUGHTER。男性アーティストのストライクゾーンはめっちゃ広いくせに、聞ける女性アーティストの激・少ない狭量な私の耳に、どう響くのかなーって興味半分不安半分だったのだけれど、うん、直枝さんが最初のMCで言ってた「ふたりキャロル・キング」なんて紹介フレーズをナットク。女声×2の鍵盤×2、なのに、ベタッとせず、スコーンと空に抜けるような音。それは彼女たちのキャラもそうで。だから、(これはもちろん私の個人的な好みだけれど、)やっぱりカーネーションがバックに入った後半が、彼女たちの魅力がより際立つような気がした。カーネーションの荒っぽい演奏といっしょになると、キュートな彼女たちの底にあるざらっとした感触が(そこがとてもキャロル・キング的)、ひときわ引き出される感じがして。それにしても、こんな音楽を姉妹でやれるなんて楽しいだろうなー。

そしてDAUGHTERがソデに去ると、休憩ナシでそのままカーネーション!うをーカックイーイントロ、「スペA」だーッ。聞けば聞くほど好きになる曲。もんのすごいロックなくせに、途中からとんでもなくせつなさをはらみ始める、ほんとに直枝さんにしか書けないメロディ。そして引き続き「あらくれ」!そうきたかー、ゴツいなー、ロックだなー。その後のMCで直枝さん「岡本喜八監督追悼の気持ちもこめて今日は荒くれたステージで」と。うん、そんな感じだった。そのあとはところどころMC挟みながら(曲順不確か、ヌケもあるかもしれないけど)「ハイウェイ・バス」「ハッピー☆アンラッキー」「獣たち」「REAL MAN」「学校で何おそわってんの?」そして「SUPER ZOO!」…こないだのアルバム最初のこの曲は、2004年のいろんな記憶や混沌とした思いまで、いっしょくたに私の中から引っ張り出してしまう。さらにさらに「Angel」。直枝さんの「降ってきた」という表現がぴったりの、しみじみ自然で美しいメロディ。どこまでもロックなのに、人を抱きしめるゆるやかなやさしさを必ず持っている。こんな歌を生み出せるのは、カーネーションだけだよな…と思いながら直枝さんの声を追う。

アンコールがまたレアだったような気が。「気楽にやろうぜ」を、DAUGHTERのコーラスで!これがね、なんともフシギな味わい。直枝さんの色っぽいボーカルと、DAUGHTERのカラッとしたコーラスっていうのが、なんか新発明のジャンルのような。妙に魅かれました。そしてDAUGHTERと入れ替わり堂島くん登場。堂島くんの持ち歌をいっしょにやったのだけど、演る前に大田さんのコーラスについて直枝さんが「ボーカリストの声に似せるのが天才的にうまいんだよ。今日は堂島孝平だよ。最近オレだったじゃん?ちょっと前は青山陽一とかさ。」大田「鈴木博文とかね。」個人的に大ウケ。私はどの大田さんも好きよー、ふふ。そして、アンコール大ラスは…「あの日どこかで」でした。メロウな思いがひとかたまり、冬の名残の解けない雪みたいに、心の中に残る。

私は12月の九段以来のカーネーションで、あのスペシャルなライブとはまたちがった近さと粗さが、なんだかうれしかった。次の「気楽にやろうぜ」は6月だそう。またここで「近い」カーネーションに会えるといいな。(なんだかまた無意味に長くなっちゃった…読んでくれた方いらしたらスミマセン。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ポップでキュートでロックな夜」について
「ポップでキュートでロックな夜」について 気楽にやろうぜVOL.3 行ったのですね☆moonlight driveさん!! 私も行きましたよ。高田馬場phase! カーネーション・ライブ!! 良かったですね。堂島君の歌は、初めて生で聴きましたが、 29歳だというのに若いし、可愛い!?★ popで、聴きやすくて、声が男の子!?って感じでしたね。声変わりした?? mcも面白かったし、何か若いエネルギーを貰った感じでしたよ。 おばさんとしては。。思っていたより曲調とかしっかりしてい... ...続きを見る
一人静@WebryBlog
2005/02/25 00:38
2/23 『気楽にやろうぜ』Vol.3 高田馬場CLUB PHASE
今回は随分チケットが売れたみたいだ。一部プレイガイドでは売り切れという話も聞いた。うーん、堂島効果か?最終的には会場に入りきれないくらいだったらしい。 整理番号順に入場のとき、路上に「オレたち人類のアニキ」中森さんを発見。思わずコンニチハとお辞儀をすると.. ...続きを見る
気楽にやりすぎ?
2005/02/25 01:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはー。私もさっき記事書いたとこです。
さすがmoonlight driveさん!そうなのか、ちゃんと音楽知ってる人が見るとそうだったのか、と思いながら読みました。なんか自分の記事、ヘンなとこばっか見ててやんなっちゃうなぁ…といいながらもトラックバックさせてもらいますね。

あぁ、ツアーが楽しみだ〜。
あや
2005/02/25 01:16
あやさん、コンニチハ!あー同じ会場で直枝さんの声を聞いてたのですね〜。九段の反動で1月は廃人同様(笑)だったという直枝さん、昨日のライブでエンジンかかってる感じ伝わってきましたよね。カーネーションもあやさんもRunnin' Wildな日々の始まりですね!
moonlightdrive
2005/02/25 09:40
moonlight driveさん、TBとコメント有難うございます^o^
私も中森さん、会場で見掛けました。
後、エイベックスのプロデュサー!?の方も。。九段の時は、隣に居ました。
カーネーションは、私達を幸せにしてくれますね♪
今回は、ワンマンじゃないから、少し物足りなかったけど体力は限界。。
次回、また楽しみましょう。。
4月のカーネーション・ムーンライダーズ他のライブ、勿論!行かれますか??
連れが見付けられなくて、迷っていましたが、席有りという事で、
一応、予約しましたが。。一人でライブって少し緊張するんですよね。。
それに、ムーンライダーズは、アルバム4枚程しか聴いていませんし。。
でも、カーネーション聴きたいので、指定席でじっくり聴こうと思います。
ライブへ行って、ラッシュの様な詰め方に少々、嫌になっていて、
年齢がいっているから余計、ゆったり、余裕で乗れるロックが有ったって良いじゃないかと思っているこの頃です。。
一人靜
2005/02/26 20:37
一人靜さん、コンニチハ。12月の九段のときはハーフムーン(3人)だったけど、今度はフルですからねー。5月発売の新譜を引っさげての初ライブということだし、対バンがカーネーションだなんてこれまた凄い。

>それに、ムーンライダーズは、アルバム4枚程しか聴いていませんし。。
一人靜さん、4枚聞いてりゃ十分ですよ(笑)!私は、10代の頃からライブっていうと大体ひとりだったので(同じような趣味の人が周りに皆無で…)、今ネットのおかげで同じような嗜好の人とこうやっておしゃべりできるのがホントありがたいです〜。
moonlightdrive
2005/02/27 11:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ポップでキュートでロックな夜 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる