月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 下北沢で青山さんの音に酔う

<<   作成日時 : 2005/03/07 13:59   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像
土曜日、青山陽一さんのライブシリーズ「怪しい隣人vol.6」at下北沢CLUB Queに行ってきましたー。考えてみたら私、青山さんのライブは昨年7月の「ODREL」レコ発ソロ以来というご無沙汰ぶり…(西村さんのライブの飛び入り、九段のカーネーションのアンコール飛び入りは見たけれど)。せっかく小まめにライブをやってくれている方なのにこんなファンでは仕方ないなあ、と反省しつつ。でも久しぶりに青山さん+BM'sのナマ音に身を任せて、やっぱり私この感じがたまらなく好きだ〜!と思う。

今回のゲストは、以前に青山さんと事務所が隣同士で「実際に怪しい隣人だった(笑)」という黒沢秀樹さん。ドラムスとベースを従えてのトリオで登場。実は私、L⇔Rって大好きだったのですー。「左利きの真実」とか「ロスト・レアリティーズ」とか、その当時聞き倒してた。でもその後私自身が音楽リスナーの地を滑り落ちちゃったので、今日に至るまで黒沢兄弟の活動どちらも触れる機会がなく、初めてのナマ黒沢さん体験。だったのだけど、いやーL⇔R時代の胸キュンポップ路線は健在ですねー。ここんとこすっかりサンフランシスコに持ってかれてた私の魂が、ちょいとイングランド方面に引き戻されちゃいましたっ。コード進行がね、うつくしくも胸キュンなんだよね。「盛り上がる曲がなくって」なんて言いながら淡々と繰り広げられる音から、ひとつひとつちいさな景色が浮かび上がるようで。堪能しました。

そしてセッティング替えを挟んで、青山陽一さんご登場〜。ヘンリーネックの長袖シャツで相変わらずの「普段着系」。今日のBM'sは、ベースにいつもの千ヶ崎学さん、キーボードにいつもの伊藤隆博さん(と言いつつ私はもしかすると初・ナマ伊藤さんかもー)、そしてそして本日はなんと女性ドラマー、最近ではセロファンで叩いている中原由貴さんですよー。いやこれが。ドラムが。めちゃカッコよかったッす!まなざし鋭く、叩きっぷり男っぽく、惚れちゃったなー。すっごいよかった。ぜひぜひ今度は、夏秋さんと中原さんのツードラで!ってゼイタクな望みですが。青山さんは声もギターも調子よく(青山さんのギターが調子悪いときなんてなさそうだけど)、ゆるゆるしつつも要所がキマリまくる圧倒的なグルーヴが、キモチよく会場を巻き込む。コーラスにゲストの真城めぐみさんfromヒックスヴィルも登場。あーホントにいい声〜。こりゃミニマムな精鋭でマキシマムな魅力だなあ。

「Quick Talk」「電波組曲」「Rainbow」大好きな「Free Bird」などなど、オリジナル曲の数々もそりゃカッコよくて参ったのだけれど、今回「怪隣」シリーズならではのカバー曲が、レアかつ珠玉の輝き。真城さんが「青山バンドでやったらカッコイイと前から思ってた」という細野さんの「イエロー・マジック・カーニバル」!コレ、すんごくよかったですよ。ティン・パン・アレイの原曲は異国サウンドって感じだけど、青山バンド+真城さんのボーカルに料理されると、もっとアーシーで骨太な雰囲気の曲に変貌。1回きりじゃもったいない〜、と思うくらいハマってた。青山さんから真城さんへのリクエストだというフリートウッド・マックのカバーもドンピシャな気持ちよさだったし。それから、アンコールで青山+真城+黒沢で披露してくれた黒沢さん曲「Welcome To Dreamsville」(ドリームズヴィルのコンピレーションに収録)も、素晴らしかった。バブルガムなメロディに個性的な美声×3のハモり、もー背筋がゾクゾクしちゃいました。さらに3人で最後はニール・ヤングの「Cinnamon Girl」ですよ!かっちょえー。青山さんのギターソロも炸裂、見事にノックアウト〜。

何かね、うーんうまく言えないんだけれど、細野晴臣からニール・ヤングまで、均等に同じ肩の凝らなさでこなしちゃう青山さんを見ていて、はっきりと、どの世代ともどの場所ともちがう、この時代の日本のロックが、ここにあるんだなって強く思ったのだ。海の向こうのよき音のエッセンスを豊かに自分の中に持ちながら、同時にごく自然に日本のロックの支流でもある、そんな青山さんが生み出す音楽は、他のどの場所でも聞けないオリジナルのロックだなあって。だって、今の時代、こんな音をこんなふうに鳴らしてる人、日本で稀なだけじゃなく、世界でもそう多くはないでしょう!遠くアメリカやイギリスや過ぎ去った60年代や70年代に、私を含む音楽ファンはつい憧れてばかりいがちだけど、青山陽一という稀有なアーティストが鳴らす音に(しかもナマで)身体を預けられるなんて、2005年の私はとんでもないシアワセを手にしてると思った。何かね、青山陽一という人、今の日本の音楽シーンで、とても特異で、しかもとても大切な場所にいるような気がするのだ。彼がいるおかげで、日本の現役の音楽はものすごい深さと豊かさを持てていると思う。

そして、そんな存在の貴重さとまったくカンケイなく、青山さん本人はMCで「みなさんは花粉症大丈夫ですか?」なんてぼそぼそと客席に話しかけてたりするのがすっごく可笑しい。その飄々としたところがまた、彼のたまらない魅力だよね。いい音がたっぷり満ちる空間。シアワセな下北沢の夜でした。

*「ODREL」青山陽一

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
moonlight driveさん、今晩は★
カーネーション繋がりで、青山さんが気になり、何枚かCD買ってみました。
odrel も買いましたよ。
直枝さん繋がりで、sings with the bluemountains は、どうしても欲しくて、つたやで、注文して2ヶ月も掛かりましたが、手に入れました。
独特なハスキーな声と摩訶不思議な詞?とブルースな人だなと思ってしまう
深い曲達。。良いですねぇ〜〜。
飄々とした感じですね。
昔から私のタイプは、飄々とした人ですが、身近には居ないものです。。
九段会館の最後の飛び入り??で、拝見しましたが、自然体の方ですね。
着飾らないし。。普段のままって感じで!?
一度は、青山さんのライブを経験したいなと思っているのですが、
連れが。。見つからない。。そんな事言っている場合じゃないですね。
いつか行きます!?
一人靜
2005/03/08 00:22
一人靜さん、コンニチハ!
「ODREL」も「Sings〜」も、よいですよねー。「飄々とした人」がタイプなら、間違いなく青山さんにヤラれますね!ライブ、ぜひ。CDの印象よりも、もっとロックでもっとブルージーなバンドサウンドが味わえます。こんな大人のロックを生で体験できるなんてシアワセだなーって、いつも思っちゃう私です。
moonlightdrive
2005/03/08 09:45
昔から憧れだった痩身ギタリストの勇姿に触れ、「はっ!私は最近
なぜあんなむさ苦しいバンドになんか夢中になっていたんだろう?」と
正気に返ったのではないでしょうか。

でも、青山さんもデッドも、ロックの根っこのところでつながって
いるもんね。いずれはたどり着く道だったのですよ。
ぜん
2005/03/08 21:05
「むさ苦しいバンド」…ぜんさんも好きなくせにぃー。今の私には、昔からずっと憧れている痩身ギタリストの青山さんも、つい1ヶ月前恋に落ちた痩身ギタリストのボブ・ウィアーも、痩身とはいえないギタリストのジェリー・ガルシアも、みーんな白馬に乗った王子様に見えます。ああ、うっとり…。(←大バカ)
moonlightdrive
2005/03/08 23:22
moonlightdriveさんこんばんは〜。
このライブ最初行こうかと考えてたんですけど
結果、大風邪ひいて無理だったんです…。
ゲストもいいし絶対かっこいいカバー聴けるんだろうなぁと。
ティン・パンなんて最高ですね。この地方ではもう青山さんのライブ
やらなくなったんですけど、そうですよ!青山さんかなりの花粉症ですよね。
この季節のライブでは鼻かみタイムがあった事思い出します。
確かに、洋楽って言うとどうしても60〜70年代のもの中心に聴きがちで
やっぱり憧れはそこにあるんだけど、今もちゃんと青山さんみたいな
音楽やる人がいるって結構貴重ですよねぇ。それにしてもウチの周りに
デッドにハマってる人なんて知りませんよ〜(笑)濃くて素敵ですね!
yoiko
2005/03/11 22:34
yoikoさん、ようこそ〜。あーそうだったのですかー大風邪とは(T-T)!
きっとまた土日にやってくれることもあるだろうから、よい機会が巡ってくるといいですねー。

>今もちゃんと青山さんみたいな音楽やる人がいるって結構貴重ですよねぇ。
うんうん、最近すごくそう思うんですよー、
60〜70年代の音源を聞くのも勿論ステキなことなんだけど、
そのエッセンスを底辺に持ちつつ、日本の、2005年の言葉でうたわれる歌を
聞けるって、素晴らしくうれしいことだよなーって。

>それにしてもウチの周りにデッドにハマってる人なんて知りませんよ〜(笑)
いえいえyoikoさん、「ライフログ」のコーナーに
エイプリル・フールやAlzoを並べてる人も珍しいかと…(笑)。
(Alzo、私は買ったはいいけど聞こうと思ってる間にDEADの大波が来てしまって
まだ封を開けずじまい…。そのうちまた語り合ったりさせてください〜!)
moonlightdrive
2005/03/12 00:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
下北沢で青山さんの音に酔う 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる