月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS The Apples In Stereo『NEW MAGNETIC WONDER』にマイってます…

<<   作成日時 : 2007/05/11 17:08   >>

トラックバック 0 / コメント 7

画像of Montrealを買ったり聴いたりするようになってからというもの、amazonでもlast fmでも「あなた、たぶんこれも好きでしょう?」って感じで毎度おススメされるのが「The Apples In Stereo(ジ・アップルズ・イン・ステレオ)」というバンド。そこまで言われると気になる…ので試聴してみたところ、お、いいかも!で、買ってみた最新作、コレ、超ド真ん中ストライク!!やーすっごいイイです。2月に出たばかりの『NEW MAGNETIC WONDER』というアルバム。私にとって人生で4枚めぐらいのリアルタイム洋盤、かな(笑)。

洋楽に疎い私はもちろんまったく知らなかったけれど、The Apples In Stereoって、オブ・モントリオールなんか聴く人だったら当たり前に知ってるアーティスト、なんだよね、たぶん。アセンズ出身のグループで、「Elephant6」というインディレーベルで活躍してて、of Montrealもその周辺に含まれると。なんとなく日本で言えば、湾岸を中心にしたカーネーションとかグランドファーザーズみたいな感じなのかなー。カーネーションとグランドファーザーズがいつも「湾岸」というワードと一緒に語られるように、アップルズ・イン・ステレオもオブ・モントリオールも、今でも常に「エレファント6の…」と言われてるみたい。

で、この『NEW MAGNETIC WONDER』はそのThe Apples In Stereoの5年ぶり5枚めのフルアルバムだそうで。これ、日本盤(Pヴァイン)は、ボートラついたじつに全26曲入り!(しかも2100円!) 26曲の中には、15秒とか30秒とかのジングルっぽいトラックがかなりの数含まれているのだけど、それを抜きにしても、15曲はある。それだけでも驚愕なのに、そのどれもが掛け値ナシの極上ポップチューンだからどうしよう!イキのいいビートを叩き出すドラム、遠慮なしにギャンギャン鳴るギター、ときにとっぷりと甘く揺れ、ときに小気味よく疾走するグッドメロディ、あちこちに仕込まれたキンキーなアイデア、ポップにつぐポップのとめどない大洪水!!1曲めの「Can You Feel It?」から「Skyway」、「Energy」、「Same Old Drag」、「Sunndal Song」、「Play Tough」…と(これでもまだアルバム前半)、怒涛のようにこっちを襲ってくる音符のイカシてること!あんまりスゴすぎて、聴くほうの息が続かねー。

それともうひとつ、そのすべてにも増して魅力的なのが、ソングライターでボーカリストのRobert Schneider(ロバート・シュナイダー)の声。痛快なロックビートに乗っかるそのボーカル、甘くてキュートでイタズラっぽくて、まるで舗道の反対側から投げられるウインクみたい。いったいどんなナイスガイなんだろ?と想像してたら。
画像
こんな人でした(真ん中)!うはは、キャラ立ちすぎ!

名曲目白押しの中でムリヤリひとつ挙げるなら、5曲めの「Same Old Drag」が素晴らしい。(ココで音+映像が見られます〜。)私などはもう、イントロで一撃、サビで墜落。なんてことないラブソングが持つ、この破壊的な甘さとせつなさったら!これ1曲聴けばすべてがわかる…とも思うけど、あーでも、「Skyway」の威勢のいいバンドサウンドとか、「Sunndal Song」の笑っちゃうほど蒼いリズム&メロとか、「Open Eyes」のヘヴィーでラウドな音(かっちょいいーーー!泣)とか、「Radiation」のあまりにもメロウなソフトロックっぷりとか、「Beautiful Machine Parts 1-2」の60’sビートバンド的疾走感とか、「Beautiful Machine Parts 3-4」のクレイジーに壊れてく世界観とか、もうとにかく、すべてが素晴らしい。言葉をいくら尽くしても足りない。

私のようなバンドサウンド好き、ポップチューン好き、グッドメロディ好き、キンキーサウンド好き、ガレージロック好き、B級風味好き、のツボにハマりまくるアルバム。やーコレだけの要素が揃ってて、私が参らないわけがないよな…、つくづく。


おまけ。The Apples In Stereoロバート・シュナイダー氏と、いとしのof Montrealケヴィンくん(はぁと)の共演映像〜。やっぱり仲よしみたいで、よくゲストに呼んだり呼ばれたりしてるみたいだね。あー、ケヴィンくん、カッコイイーーーッ!ほんと素敵だなーーー。(って、そっちかよ)


*『NEW MAGNETIC WONDER』The Apples In Stereo


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
オブモン聴いているヒトはThe Apples In Stereoも聴く展開になってしまいます(笑。眠気を吹っ飛ばしてくれる素敵なポップアルバムですよね〜。私も好きです。次は誰がオススメされているか興味深いです。
zuma
URL
2007/05/12 11:33
zumaさん、どもどもです!うはは、そういう展開が運命づけられてるんですね(笑)。やー、amazon他のおススメなど見てるとどれもこれも気になっちゃって大変!でもこんな音と出合えるのはウレシイですね。それにしてもzumaさんはほんっとにありとあらゆる新譜を聴かれてますねー、すごい。
moonlightdrive
2007/05/12 11:54
ぶわっはっは〜っ!このヴォーカリスト、仲間だ、仲間だよ。ハゲ、デブ、メガネ中年オヤジ。こうやって一歩ずつ免疫をつけ、痩身以外にも好みの幅を広げていってチョーダイ。
>日本で言えば、湾岸を中心にした〜
つまりソフトマシーンであれば、同じカンタベリー系のキャラバンやハット・フィールドなんかと同じなんだろうなあ。
ぜん
2007/05/12 12:24
前はアップルズが好きな人はオブモンも…って感じだったけど、最近は逆転してるみたいで。アップルズの方がちょっと地味になっちゃった。やっぱり見た目にハンデがあったかな(笑)
ここにきてのエレファント6ブームはちょっと嬉しい!そしたら次は、オリヴィア・トレマー・コントロールですね♪(さりげなく誘導)
石ばし
2007/05/12 16:01
>ぜんさん
何よろこんでるんですか(笑)!ぜんさん、ネットなどで自分を語るときに「USインディーバンドThe Apples In Stereoのボーカリスト、ロバート・シュナイダーに似た風貌の…」とか言うと、一瞬カッコよさげで相手を騙せるかも!(ってそんなとこで騙してどうする…)
>つまりソフトマシーンであれば
だ〜か〜ら〜(笑)。

>石ばしさん
「オリヴィア・トレマー・コントロール」あーそれそれ!それもめっちゃすすめられてます、amazonとか方々で(笑)。もう、どんどん広がっていってキリがないよー。洋楽初心者なのに…。でも、of Montrealが1月に新譜出して、Applesが2月に5年ぶりの新譜出して、なんて、ハマるのにはグッドタイミンだったかもですね。さー次は何を買うべきか…。
moonlightdrive
2007/05/12 18:36
>さー次は何を買うべきか…。
アップルズのヴォーカルの衝撃!
大丈夫。次はザッパにいきましょう。
アタシと一緒に夢の世界へゴー!(勧誘)

2007/05/13 00:18
祥さん、ども〜。アップルズファーストに溺れた記、読んだよ〜。祥さんにもそんな過去があると聞いては、やはり見逃せないね。
>大丈夫。次はザッパにいきましょう。
ええぇぇぇ、何がどう大丈夫なの〜(笑)?しかしほんと私だけがうぶな素人みたいなもんで、私の周辺のみなさま音楽的に濃すぎてコワイです(笑)!洋モノインディーバンドの話題でこんなにコメントいただけるなんて普通じゃないような…。
moonlightdrive
2007/05/13 11:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
The Apples In Stereo『NEW MAGNETIC WONDER』にマイってます… 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる