月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャック達「MONTHLY SPECIAL LAST SHOW」 @ 赤坂グラフィティ

<<   作成日時 : 2008/03/14 00:55   >>

トラックバック 1 / コメント 4

画像今さらな感想文だけど、自分用メモとして。先週日曜日、ジャック達のライブ@赤坂グラフィティ。ゲストに神園さやかちゃん!
2008.03.09.Sun
ジャック達 月刊「HILAND」
「MONTHLY SPECIAL LAST SHOW」
@赤坂グラフィティ
出演:ジャック達 with 西村純
ゲスト:神園さやか


じつはこの日、私の一生の不覚があり。ううー、「遅刻」してしまったのでした…。やむをえない事情があったとはいえ、他でもないジャック達のライブに遅れるなんて、もう脚に錘つけてカスピ海に身投げしたいぐらいのショック…。いまだに落ち込んでます。セットリストによると、たぶんアタマの3曲半ぐらいを見逃してる。はあ…(後悔のタメイキ×∞)。

■ジャック達前半
でも気を取り直してそこから先のメモ。「東京一悲しい男」のエンディングはすごく印象的なので、もれなく、これを初めて演ったときの「字余り」バージョンを思い出してしまい可笑しくなる。もちろんこの日は余ってませんでした。キハラさんのギターのフレーズはほがらかで自在で相変わらずすてきだなー。

そして今日も新曲、だって!!ここでちょっと整理すると、この6カ月のマンスリーライブ期間、一色さんは毎回新曲を書いてきてて
10月「今すぐ帰りたい」
11月「Jet Set」
12月「東京一悲しい男」
1月「アンハッピー・バースデー・ソング」
2月「謎の帽子屋」
という具合になってるわけです…。こんなに毎月新曲を仕上げてきて聴かせてくれるバンド、他にあるんだろうか…。で、今回の新曲は「アーケード・カスケード」。キハラさんのギターが印象的な(っていうかジャック達の曲、キハラさんのギターが印象的じゃない曲なんてないんだけど)イカシた曲だったなあ、これも。そして「アンハッピー・バースデー・ソング」。この日、なんだかいつもよりも一色さんのギターが前に出てる印象があって、この曲なんか、まさにツインギターバンド!!の様相。いや、ジャック達はできたときからツインギターなんだけど。それにしてもこの曲も、途中、オイオイどうしてそっちに行くかねえ…っていうジャック達的道草フレーズがあって、ほんっとおもしろいんだよね。いろんな意味でいっつもドキドキさせてくれるバンドだ。

「やっと新曲の演奏が終わってホッとしたね」というMCがあって、次が「キャンセル」。これだけの新曲を立て続けに聴いた後だと、「キャンセル」、ホームグラウンドみたいに思えてホッとするなあ。たった半年前に出たばかりのアルバムの曲なんだけどね。そしてそういえば、2008年初めてのナマの「キャンセル」だったんだ。どれだけ聴きたいと願ってたか。間奏のギターソロ、いつもドキドキしすぎて呼吸がほぼ止まったような状態で迎えるんだけど、ふっと入ってくるギターの最初の一音がそのたび違った音色をしてて、「あ、これが今日のキハラさんなんだな…」って感じる。全身に「今日だけのキハラさん」のギターの音がしみわたっていく。それを受け取れるのが、とっても貴重なことだな…って思う。

■神園さやかちゃんコーナー
ここで、サポートキーボードの西村純さんfromヨシンバ、登場!さらにバンドが次の曲のイントロを演奏し始めたとこで、ゲストの神園さやかちゃん登場〜!!うわっ、ベビーピンクのふわふわトップス+目のやり場に困るほどのフリフリ超ミニスカ…!さやかちゃんーーー(悶)。しかもアップテンポのこの曲は「キューティー・ハニー」!!♪ハニ〜フラッシュ!!!!

それにしても。このジャック達+神園さやかちゃんというバンド、ほんとにおもしろいよ。演ってる曲は「フレンズ」とか「I DON'T KNOW」とか下世話なほどポピュラーなんだけど、歌がメチャクチャ巧いうえに、演奏もメチャクチャ巧いでしょ、そのせいで、ものすごく孤高なオリジナリティ持ったバンドになっちゃってる。その巧さも、できあいのデパ地下デリみたいなのじゃなくて、お互い叩き上げの巧さだから、血が通っててものすごくおもしろい。こんなバンドに似てる音楽を、ちょっと他に思い当たらないんだよなー。この路線は行けるとこまで突き進めてみてほしいとか思っちゃう。見たこともないバンドになりそう。

今回もさやかちゃんがジャック達の曲をカバー、前回やった「恋はこりごり」、そしてなんと「スクーター・ガール」!さやかちゃん歌うっめーなーーー。カッコイイなーーー。もちろんキーもちがうわけだけど、いつもと同じバンドが演奏してるのにまるでちがう曲に聴こえる。そしてこの、ジャック達+神園さやかバンドのなんともいえない底知れなさが凝縮してるのが、「地図にない道」だよね。船がゆったりと港を出るように始まる三拍子の曲なんだけど、そこから先の数分間の航海が凄い。雨と嵐にもまれたうえに、その先に虹の水平線が広がるような、そんな壮大なスケールを持った曲。3巻仕立ての長編小説読みきったような、そんな重たい感動につつまれる。大げさじゃないんだ、ホント。ああ、この曲、音源になったらいいな…。せめてi-Tunes限定とか、どうだろう。

■ジャック達後半
「地図にない道」の感動を引きずったまま、さやかコーナーは終わり、ジャック達with西村純セットへ。「乙女座ダンディライオン」。大大大好きなこの曲の夏秋さんのドラムが目の前で鳴る。ダメだ…、カッコよすぎ…。西村さんのキーボードが炸裂するのをワクワクして待ってたんだけど、全般に私の席からはキーボードがあまり聴こえなくって、ちょっと寂しかったかな。さらに前回ピートさん祭りで聴かせてくれた新曲「謎の帽子屋」。聴くたびにしみこんでくるタイプの曲。「ロッカバラッド・クロック」は、いつもキハラさんのギターが燃えるところで西村さんのキーボード燃え上がる!のバージョン。次の「MY BEAUTIFUL GIRL」で、前々記事に書いたように、私はグッときちゃってどうしようもなくなった。一見派手なところのないこの曲の、魅力をやさしく引き出して、こんなにキラキラ輝かせられるバンド。それがジャック達なんだな…って。

さらにたたみかけるように「ハイランド」。うー夏秋さんのタムとキハラさんのストローク、カッコよすぎる…。と、マイッてるうちに、これで本編終了。ジャック達のライブは、いつもドキドキしたまま圧倒されっぱなしだから、終わってみるとすごく短く感じるー。ファンって勝手だね…。

■アンコール
アンコールの拍手。ステージに戻った4人+西村さんで、待ってました、「今すぐ帰りたい」!!もーこれは前々記事や前記事のコメント欄でも語りまくってますが、ホント大好き!!!!ジャック達空前の代表曲になってしまうのではないかと予感してる。スリリングな演奏、クールな疾走感、印象的なギターリフ、心をとらえて離さないメロディ、甘くせつないコード展開、それに魅惑の全員コーラス(うるさいね私も・笑)、もージャック達の魅力がこの1曲にぜんぶ入ってる!!特にコーラス…この日も全員にマイク立ってたからやってくれるかな?と期待してたけど、この曲のキハラさんピートさん夏秋さんの胸キュンコーラスは絶品!みなさまふだんは多少のことでは動じもしないクールなミュージシャンなくせして、ことこの曲のコーラスに関してだけは、なーんかあぶなっかしいというか(笑)、夏秋さんなんかいつも入りを1回は忘れるし、3名さまとも初々しい感じでホント見てて悶えるーーー(すみませんマニアックな感想で…)。

そして次で、さやかちゃん再登場!さっきの衣装の上に、なんとジャック達Tシャツ着用〜。超ミニスカの裾がちょっぴり見え隠れするぐらいの丈で、あやさんが思わず「さやかちゃんエロい…」とつぶやく(笑)。そう、全世界の男子あこがれの「彼氏のシャツ借りちゃった♪」的キュートなエロさ爆裂でね、もーホントさやかちゃん…カワイすぎます。そこでいよいよ「君の瞳に恋してる」。サビの「I love you, baby〜」のところで後方のさやかファンのヲタ芸炸裂!いい年したオッサン(たぶん…)たちが心から楽しそうに振り付けまくって踊る図!やーん、おっかしーーー、ステキすぎるーーー!客もみんなそっちにクギ付け、もはや誰もステージなんか見てません(笑)。ああ、おっかしかったなー。さらに大ラス「愛のさざなみ」、どかーん!やーカッコイイねカッコイイね〜。

と、ほんとに楽しいライブでした。こんなに素敵にマンスリーラストを盛り上げてくれたさやかちゃん&さやかちゃんファンのみなさん、そしてサポートの西村純さんに感謝!きっとジャック達の4名さまも心おきなく地下に潜伏できることでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たったひとつだけ、ジャック達オタクの心の声としては、潜伏前にワンマンもういっかい観たかったな……、と思うんだけどね。どこをどう切ってもジャック達、もういいよってぐらいの極上メロの嵐で、もういいよってぐらいキハラさんがギターソロ弾きまくって、もういいよってぐらい一色さんがすべりまくりのMCして、ピートさんと夏秋さんは…まあいつもどおり淡々としてて、ステージを端から端まで眺めてみてもやっぱりこの4人しかいなくって、ジャック達ってバンドはこの4人でやってくしかねーんだなー、しょーがねーか…、なんてあきらめぎみに思っちゃうような、サイコーにショボくてサイコーにカッコイイ、そんなワンマンライブが…観たいです。4人、っていうのは、やっぱりすごく特別な意味があるから。でも、ワンマンもきっとまた観れるだろうし、ね。待ってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはそれとして、ジャック達+神園さやかちゃん、このコラボはなんだか、得体の知れない魅力を発し始めちゃってると思うよー。今後のメタモルフォーゼから目がはなせない。もうぜひぜひ、次回もありますように!(次はさやかちゃんのバックでニューヨーク…か?笑) それまでには、ジャック達ファンもヲタ芸部作んなくちゃね!!



*セットリスト、ジャック達BBSより

1.オンボロ
2.水溜り画廊
3.JET SET
4.東京一悲しい男
5.アーケード・カスケード
6.アンハッピー・バースデー・ソング
7.キャンセル
8.キューティー・ハニー
9.フレンズ
10.I DON'T KNOW
11.恋はこりごり
12.スクーター・ガール
13.地図にない道
14.乙女座ダンディライオン
15.謎の帽子屋
16.ロッカバラッド・クロック
17.MY BEAUTIFUL GIRL
18.ハイランド
19.今すぐ帰りたい
20.君の瞳に恋してる Can't Take My Eyes Off You
21.愛のさざなみ



神園さやかさんファンの中@ももこさんのとてもとても素敵なレポはコチラ〜♪ 画像付きです!
http://www.sayaka-kamizono.com/20080309-1.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
3/9 ジャック達 「MONTHLY SPECIAL LAST SHOW」 @赤坂グラフィティ
出演:ジャック達 with 西村純(ヨシンバ) ゲスト:神園さやか 去年10月のレコ発から始まったジャック達月刊 「HILAND」 、第6回目は最終回~。ああー第4回を逃したのが未だに悔しくて悔しくて仕方がない! ついでに言うと、去年のさやかちゃんのお誕生日(with ジャッ.. ...続きを見る
気楽にやりすぎ?
2008/03/15 01:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
レポ、期待しておりました。
予想以上のキチガイっぷり(笑)が読んでるだけで相当嬉しいです。
つーか、そんなんなっちゃうくらいの、本当に素晴らしいライブでしたよねぇ。コラボレーションの威力とはこういう事か!!っていう。
私もmoonlightdriveさん以上に、大遅刻をかましまして…
中に入ったら「ハニー」の途中。もうマヂで死ねばいいのに>自分。
あんな鉄壁なバンドサウンドありませんよね。さやかちゃん超歌うまいし、キュートだし、超ミニスカだし、もう最高!
あぁ、私も早く次回が見たくてもうダメですわ〜。
snowy
2008/03/14 13:02
■snowyさん
お〜っ先日はどもー。ほんとジャック達+さやかちゃんのコラボサイコーでした!バンドの音あんなにソリッドでタイトなのに、フロントはフリフリのミニスカで♪だってだってなんだもん♪って(笑)。しかもそのボーカルがハンパなくうまいときてるから、今までの(少なくとも私の)辞書にないバンドの風景で混乱する(笑)。さやかちゃんの歌は、変な小細工や逃げグセがついてなくって堂々としてて、あんなカワイイのに貫禄さえ感じるよね。いいライブだったなー。次のジャック達も早く観たいし、次のジャック&さやかも早く観たい…。
moonlightdrive
2008/03/14 14:16
朝一で読んだんだけどコメント遅くなったー!
ほんと、同じような時間に同じようなこと書いてる。新曲の整理とか(笑)。けど、いやーさすがだなぁ。読んでると憶えてたこと以上に鮮明に思い出すよ。
さやかちゃん可愛かったね。この80年代なバンド、おもしろかったなー、いろんな意味で。ヲタ芸は参った。私たちも何かやんなきゃね! 次はニューヨークか・・・(笑)。
あや
2008/03/15 01:37
■あやさん
コメント&TBありがとー。そうそう、4人だけの濃いジャック達が観たい…とかブツブツつぶやいてるのも同じで可笑しくって(笑)。ほんとこのバンド不思議な引力があるなー。次はもっともっとたくさんの人に観てほしい!ヲタ芸すごかったね、ああいうの見る機会ないからほんっと楽しかった。次はニューヨークね、さやかちゃんとジャック達が無事セントラルパークで待ち合わせできるといいんだけど…(笑)。
moonlightdrive
2008/03/15 12:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジャック達「MONTHLY SPECIAL LAST SHOW」 @ 赤坂グラフィティ 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる