月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャック達『ジャック達ショー!』 @ 新宿ニューベリー

<<   作成日時 : 2010/04/03 06:12   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像 画像

ずいぶん時間が経っちゃったけど、先週日曜日のことを軽くメモ。ニューベリーでの、ジャック達ワンマン。セットリストのせいもあるのだと思うけれど、いつになくあまく、せつなさ募る夜で。大切な宝物を手のひらに載せてあらためてじっと見るような、そして内側から衝かれるように「やっぱり大好き」と思うような、そんなライブだったな…。

2010/3/28(日) @西新宿Newbury
『ジャック達ショー!』
出演
ジャック達&大田譲(from CARNATION )
時間: OPEN18:00/START19:00
料金: 前売 3,000円/当日 3,500円(1DRINK付)


【第一部】
BBSに一色さんがセットリストをあげてくれていたけど、前回ライブの夏秋さんセレクトに続き、この日はキハラさんセレクトの曲目だったとのこと。これがね…、思いもよらず、夏秋スペシャル!!だったな。だって、いきなり「EASTEND JUKE BOX」「オンボロ」「キッチンでデート」だよ!?もれなく、ドラムスに爆破されちゃうような曲ばかり。夏秋さんのドラム、ほんとうにいい音してるなあ…。こればっかりうわごとみたいにくり返してておかしいけど、そうなんだからしょうがない。たぶん、スネアだけいつものsonorを使ってたのかな。しなやかにして破壊的な音。なんど聴いても、信じられないほどの。

「第一部はなぜかファーストとセカンドからばっかりなんだよなー、なんで?」とキハラさんに問う一色さん、キハラさん「いい曲が多いから」だって(笑)。ひさしぶりにこんなにまとめてファーストとセカンドの曲聴いて、なんだかきゅん、と胸が痛くなるみたいだった。これは個人的なこと。「MOTORCYCLE JUSTICE」、そして「MY BEAUTIFUL GIRL」…だなんて、ね。間奏の、一色さんのすさんだギターと大田さんのベースのやさしい音を追っていると、胸が熱くなる。

「I KNOW,SHE KNOWS」は、アレンジが大胆に変わっていて、すごくびっくりした。例えが適当か自信がないけど、「YESみたい…」って思ったよ。幻想的に煙る森や泉が思い浮かぶような、プログレッシヴでとてもうつくしいアレンジ。こんな世界まで描けるのが今のジャック達なんだな…。聴けてよかった。そして第一部のラストが「WHAT'S NEW LOVE SONG」って…、もう、早くもとどめ刺しすぎでしょ…。あいかわらず、あきれるほど、いろいろ思う。どうして私はこのバンドがこんなに好きなんだろうってこととか。好きになってからの長くてあっというまの月日のこととか。フラッシュバックするたくさんのライブのシーンとか。そんなふうにして融解しかけたココロに、あの夏秋さんのドラムが刺さって、一気に崩壊させられる。“Hello, What's New Love Song?”…、うん、そうだね。私にとってジャック達は、いつもそんな存在。

【第二部】
休憩をはさんで第二部。「スクーターガール」、ひょっとすると大田さんのベースでははじめてだった?「PICNIC FAMILY」もそうだけど、大田さんのベースが、そして前とはちがう今の一色さんキハラさん夏秋さんが、すべての過去の曲を、あざやかに塗り替えていく。今まで気づかなかった魅力がキラキラ光るのに気づいて、ドキドキする。

BBSでさんざん騒いだ「JACKFRUIT SINGLES 曲順会議」の発表(けい子さん、工市蝋さん、おめでとうございます!しかし「帯に短し賞」「たすきに長し賞」って、うれしいのかビミョウなネーミング…笑)をはさんで、次がまた「スーパーソニックトースター」「東京一悲しい男」「Unhappy Birthday To You Song」って!あまりにもジャック達すぎてぶっ倒れる。ハッキリ断言できるけど、こんな3曲を連続して演奏しようとするバンド、世界にジャック達しかいない。バカバカしすぎるし無謀すぎるしカッコよすぎる。何にせよ限度を知らなさすぎる。

耳慣れなかった曲は、新曲「ニセモノ」だったんだね、1月のライブでも演ったはずだけど、まるではじめて聴くみたいだった。一色進のメロディって、そのぐらい、ドラスティックに「新しい」。生まれる曲生まれる曲が、野蛮な動物のようですぐには馴れない。キハラさんのギターのフレーズ、メロウでいいな…。「Arcade Cascade」、ああやっぱり、今日は夏秋スペシャルだー。この曲の夏秋さんのドラムは、抗えない磁力。どうしてだろうって謎が解けないままぎゅんと引きつけられる、ぶつかってそのまま破壊しそうなぐらい。今聴ける夏秋さんのすべてのドラムの中で、いちばん好きかも…。さらに「JUMPER」で乱暴にドライヴして第二部終了。

【アンコール】
アンコールがまた「禁断のチョコレート・エンジェル」「ア・イ・ノ・チ・カ・ラ」って、つくづくイカレたバンドだよねー。「ア・イ・ノ・チ・カ・ラ」のエセファンクぶりは見事のひとこと、聴きながらあらためて惚れ惚れした。あんなにカッコイイ大田さんのベースをもってしても、ジャック達のファンクはやっぱり嘘っぽくてペラペラで貫禄なくて、もうサイコー!好きすぎる!

とどめの再アンコールに「水溜り画廊」…。演奏する「4人」がよく見える曲。またいろいろな感情があふれてきちゃう。言葉にできない思い。重ねられた時間。


…と、なんとなくね、メロウでしょ、感想文も。なんだかそんなライブだった。たくさんの時間といろんな変化を経た「今のジャック達」の輝きを、手のひらに乗せた宝石を眺めるように、あらゆるカットから覗きこませてもらったような感じ。そして、いいバンドだな…、大好き。って、初恋のように痛切に思う。



*セットリスト

「ジャック達ショー」2010/3/28@NEWBURY

【一部】
01 EASTEND JUKE BOX
02 オンボロ
03 キッチンでデート
04 MOTORCYCLE JUSTICE
05 MY BEAUTIFUL GIRL
06 I KNOW,SHE KNOWS
07 WHAT'S NEW LOVE SONG
【二部】
08 スクーターガール
09 PICNIC FAMILY
10 スーパーソニックトースター
11東京一悲しい男
12 Unhappy Birthday To You Song
13 ニセモノ
14 Arcade Cascade
15 JUMPER
【EN1】
16 禁断のチョコレート・エンジェル
17 ア・イ・ノ・チ・カ・ラ
【EN2】
18 水溜り画廊


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
やあ。待ってましたよ、ライブレポ。
なんだかしみじみしちゃってますね。
なんかこう、SINGLESでさんざん大騒ぎした後だけに祭りの後的感慨(寂しいってのはちょっと違うけど)もあり、祥子さんたちとの今後の展開とかいろいろ期待もあって。バンドの区切り的な印象から『メロウ』になっちゃうんでしょうか?(あ、例のライブ盤、もうすぐ手元に届くはずなんだー。)

そうそう。いっしきさんがつぶやいてらした( http://twitter.com/1ssiki2sssiki34/status/11100526594 )前日に出来た新曲は流石になかったのかしら?
marumi
URL
2010/04/03 08:39
おはようございます。
夏秋スペシャル、はは、キハラさんのギターより、リズム隊の方が暴れてましたね。
第1部は『I Know〜』を筆頭にはじめて聴いたかのように衝撃的!
『ニセモノ』ですが、私も「1月にやったハズなのに気がつかなくてジャックヘッヅとしてハズカシー!」と頭をかかえていたのですが同じひとがいてよかったです(汗)
『水溜り画廊』のエンディングのカラミまで最高にイカレたロック絵巻でした♪
ジョッキ立ち飲み
2010/04/03 10:23
■marumiさん
やっほう!こんなタイミング遅れの記事を読んでくれてコメントまで、いつもながらありがとー!うん、私が勝手にメロウになってる一方で、一色さんはふだんどおりくだらないギャグ飛ばしてたけどね(笑)。そうだね…、去年からのJackfruit Singles完結〜祥子さんとのAXライブ〜レコーディング!っていう展開があって、この先にはmy Sweet Surrenderの発売や祥子さんライブが見えてて、その合間の踊り場で、ふと来た道を見て胸がきゅんとしちゃったような感じ。まあ私は「WHAT'S NEW LOVE SONG」演られるとだいたいダメになっちゃうんだけど…。twitter私も見てた〜、さすがに新曲はなかったみたいだね(笑)。

■ジョッキ立ち飲みさん
わーーー、いったいドコでジョッキ立ち飲んでらっしゃいました?謎だなー。そうそう、前回の夏秋さんセレクトのセットリストではキハラさん大暴れで、今回のキハラさんセレクトのセットリストでは夏秋ドラムの見どころ炸裂で、おもしろいなあって。ファーストとセカンドの曲、別モノみたいでしたよね。「水溜り画廊」のエンディングはね…ヤバイです…。ちぎれていくキハラさんのギター、荒れる一色さんのギター、大田さんのベースの気丈さ、夏秋さんのドラムの熱っぽさ、4人が無茶に好き勝手に駆け出していく真ん中に、命綱みたいな信頼感が見える気がして。
moonlightdrive
2010/04/03 16:00
わー、いつの間にーと思ったら相変わらずスゴイ時間に書いてらっしゃる(笑)。この日のジャック達はなんかちょっと変わってたよね。私的にはキハラさんが足りなかったけど(爆)、新アレンジもあり、1st、2nd の曲を大田さんが弾いてたから、てのもあったのかな。休憩のときはなんか、きょとん、ていう感じだった。「ニセモノ」は私も気づかなかったデス。曲名見て、あれ?て思ったけど。ていうか自分も書かないと〜!
あや
2010/04/03 17:08
■あやさん
コメントありがと!って、熱はだいじょうぶなの? スゴイ時間ね、これ朝6時じゃなくて深夜30時だもんね…(笑)。うん、何か、いつもとちがうジャック達。どこがどうってうまく言えないけど。このあいだの1月がプールだとしたら、今回は水槽みたいだったかな…。覗きこんで映る、光のせつなさ。やっぱりセットリストのせいかな?次はまたプールにドボンみたいのもいいなー。ジャック達は4月、5月と祥子さんがあって、次は6月か〜。もう初夏だ…!
moonlightdrive
2010/04/04 02:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジャック達『ジャック達ショー!』 @ 新宿ニューベリー 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる