月夜のドライブ

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャック達「ROMANTIC LABORATORY」発売記念ライブ @ 吉祥寺MANDA-LA2

<<   作成日時 : 2011/03/11 00:44   >>

トラックバック 0 / コメント 3

あの「ジャックフルーツ・シングルズ」から約1年
ジャック達がお届けする2011年第1弾シングル!
「ROMANTIC LABORATORY」発売記念ライブ
2011年2月25日(金)
@吉祥寺MANDA-LA2
出演:ジャック達(一色進/宙ggpキハラ/夏秋文尚)& 大田譲(from CARNATION)
開場19:00 開演19;30 前売3000円 当日3500円



*セットリスト

1 WHAT'S NEW LOVE SONG
2 スーパーソニック・トースター
3 東京一悲しい男
4 MY BEAUTIFUL GIRL
5 ここで手をつなごう
6 キャンセル
7 I KNOW SHE KNOWS
8 みみずく
9 水溜り画廊
10 ニセモノ
11 禁断のチョコレート・エンジェル
12 JUMPER
13 RAMANTIC LABORATORY
14 アーケード・カスケード
15 UNHAPPY BIRTHDAY TO YOU SONG
16 エルドラド

en1 謎の帽子屋
en2 今すぐ帰りたい


(あやさん方式でとりあえず当日のつぶやきだけ書き留めとく)

ワンマン、どこ切ってもジャック達だけ、私が欲しかったの、これだったんだなあとあらためて思う。あんな曲をあんなふうに演奏するバンド、ジャック達だけだろうな…。正解か不正解かっていったらたぶん不正解のほうだけど、でも、そんなバンド・ジャック達が世界でいちばん好きだ!「この4人が、ゲストもなく、楽器を持ち替えるでもなく、ただたんたんと演奏するだけのライブ」(by一色)ああ、それが最高だった。

「想定内の“規格外”」なロックが多い中、ジャック達みたいに本気ではみ出しちゃってるバンドはアウトローにならざるをえないけど、その演奏はむしろロックの王道、本道、まっとう、であるのが不思議。あんな凄まじくロックなギターソロが、こんなに長く聴けるバンド、今ない。それから…、「アーケード・カスケード」の歌い出しは、90年代以降のすべてのロックの中でいちばんカッコイイ、と確信した。「ロック・ミュージックは 鳴り止んだのか」…どきゅーーーーーん………!

一色さんの爆笑名言もいろいろあったなー。客席見渡して「今日のお客さんは…」何を言うのかと思ったら「…なかなかこう、高齢化社会を反映した客層で」って、客に向かって(笑)! 「今日はゲストのお客のこととか気にしなくていいからいいね」ってのも可笑しかった。

(以上、つぶやきより)


もうさ、1曲めがいきなり、私がジャック達への恋に落ちた運命の「WHAT'S NEW LOVE SONG」で、2曲めがジャック達のブリティッシュハラスメントな名刺ともいえる「スーパーソニック・トースター」で、3曲めがイントロもメロディも破格なうえに歌詞が何しろ規格外の(あらためて思った、だって「かに歩きする中央線」だよ、「魚(うお)の臭い」だよ…!)「東京一悲しい男」で、4曲めが雨上がりにかかる虹のような奇跡の名曲「MY BEAUTIFUL GIRL」で、5曲めが新曲で、6曲めがあーもうキハラさんのギターにブッ倒れる「キャンセル」で……って、1曲1曲がレアで個性的でキラキラでドキドキで目が離せなくて…。そんな特別な体験が、最後まで1曲の例外もなく、続くんだもの。ジャック達のワンマンって、つまり、そういうことなんだ。

「禁断のチョコレート・エンジェル」「JUMPER」の2曲連続は、もう機銃掃射に遭うような有様で、あとには草木ひとつ生えてないって感じだった。オーディエンスを見境なしにギターで撃ち沈めていくんだもん、とんでもないことしてくれる。さらに本編ラストに「アーケード・カスケード」「UNHAPPY BIRTHDAY TO YOU SONG」「エルドラド」と3曲並んだサマもそうとう狂ってたなあ。ジャック達の表現は、ファニーで狂ってて粗暴でいきすぎてて、いきすぎてるために、稀にうつくしさに裏返ってしまう瞬間があって…。震撼とする。「エルドラド」のようにね。

アンコールの「謎の帽子屋」も「今すぐ帰りたい」も、ジャック達にしかできない曲。というか、「ジャック達にしかできないよな…」っていう曲だけが、ジャック達の曲。一色さんの生み出すメロディと歌詞は、誰かに似るっていうラクなことができないから、しょうがない。キハラさんのギターも夏秋さんのドラムもそう。ジャック達、最高すぎる。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとうございます。首を長くして待ってました!(笑)
休憩なしで2時間半やってくれましたね(MC一色さんは文字通り水を飲む暇もなく(^-^;)
ですよねー。音楽理論を超えて、この音がキモチいいから鳴らすんだ。
トッドも言ってましたが、それがロックですよね(外れるのが王道というのも変ですが)
ポップなガレージというか、とにかく出したい音を出しまくってましたね。
なんというか、ジャック100%、まさにハダカのジャック。
音楽に限らず余計な武器を持ちたがる人が多すぎる世の中。
ジャック達だけはこのままでいてほしいです(^-^)
ジョッキ立ち飲み
2011/03/11 12:09
とりあえず、ジャック達のニューシングルが地震に負けず、早く世に放たれることを待ってる!
わくわくして。
marumi
2011/03/15 16:23
どもどもです!ボーッとしてて返信遅れました〜。

■ジョッキ立ち飲みさん
どうもです!コメントの日の午後の地震、ジョッキさんやご家族は大丈夫でしたでしょうか?あの日のライブがなんだかすごく遠い日のことのように思えますが、2時間半、100%ジャック達、のステージは本当にカッコよかったな。どう見てもメインストリームにいないバンドが、確実にロックど真ん中の音を鳴らしてる、ホントもっとたくさんの人に聴いてほしいなと思うー。知らない人は損してる!

■marumiさん
だねだね。3月30日、もうあと少しだ!目に見えるものを生み出すことも力だし、目に見えないものを人の中に生み出すのも力。音楽が太刀打ちできないこともあるけど、音楽にしかできないことも、きっとあるんだよね。
moonlightdrive
2011/03/21 12:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジャック達「ROMANTIC LABORATORY」発売記念ライブ @ 吉祥寺MANDA-LA2 月夜のドライブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる